grape [グレイプ]

エポスカードでお金を借りるための基礎知識

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

エポスカードはマルイのクレジットカードで、マルイでの買い物だけでなく、世界中のVISA加盟店での買い物でエポスポイントが貯まるお得なクレジットカードです。学生にも発行しているため、初めてのクレジットカードとしても人気があります。

マルイで買い物をするときに、エポスカードの発行を勧められた経験のあるも多いはずです。そんなエポスカード、実はお金を借りることもできるんです。

  • いくらくらい借りることができるの?
  • 申込はどうすればいいの?
  • 審査ではどのようなポイントをチェックされるの?

ここではそんな疑問を解決するために、エポスカードを使ってお金を借りるときに知っておきたい基礎知識についてご紹介します。

エポスキャッシング、4つの特徴

それではまず、エポスカードのキャッシングの特徴について見ていきましょう。

ATM利用手数料0円

クレジットカードを使ってのキャッシングは、ATMの利用手数料がかかるものが多いのですが、エポスカードは自社のATM以外の提携ATMでも利用手数料がかかりません。このため、国内ならどこでも気軽にお金を借りることができます。

初回利用日の翌日から30日間利息無料

初めての利用に限り、30日間利息がかかりません。この期間中に完済すれば利息を払うことなくお金を借りることができます。また、利息無料期間中は利用限度額の範囲内で何度も借りることも可能です。

海外キャッシングに対応

海外旅行で現地通貨を手にするには空港で両替をしている人が多いと思いますが、空港はレートが悪く両替手数料もかかりますので、損した気分になりますよね。ところがエポスカードでキャッシングをすれば、両替するよりもいいレートで現地通貨を手にすることができます。帰国後にすぐ返済すれば、利息もかなり抑えることができます。

また海外旅行傷害保険も自動付帯しますので、海外に行くのに保険に加入する必要もありません。

アプリで利用状況の確認ができる

若者向けのクレジットカードらしく、利用状況をスマートフォンのアプリで確認できます。一括払いをリボ払いに変更するのもアプリで簡単にできるなど、使い勝手の良さがエポスカードの魅力のひとつです。

キャッシングにかかる費用と利用限度額

エポスカードでお金を借りるときの費用と限度額は次のようになっています。

実質年利 18.0%
ATM手数料 0円
利用限度額 50万円

金利の考え方

初めてのキャッシングの場合は、初回利用翌日から最大30日間金利0円で借りることができます。利息の計算方法を覚えておく必要はありませんが、考え方だけでも知っておきましょう。

利息=元金残高 × 0.18 × 借入日数 ÷ 365日

2万円借りて4日後に返すとすると、利息は39円ということになります。ですので、4日後には20,039円返済します。

利用限度額と利用可能額

50万円が利用限度額として設定されていますが、実際に借りることのできる利用可能額は、ほとんどケースでそれよりも少なくなります。申込内容や、利用実績に応じてエポスカードが判断を行い、利用可能額を決定します。

また、総量規制の対象となりますので、最大でも年収の1/3までしか借りることができません。アルバイトなどで年収が90万円しかないという人は、最大でも30万円までしか借りることはできません。さらに、審査状況によっては実際に借りられる額はさらに少なくなります。

エポスカードはこんな人におすすめ

エポスカードは幅広く利用者を募っていますが、クレジットカードという特性上、利用が適している人とそうでない人がいます。エポスカードでキャッシングを考えている人のうち、おすすめしたいのは以下の3点に当てはまる人です。

  • マルイでよく買い物をする
  • 海外旅行をすることが多い
  • 今すぐお金が必要

基本的にはマルイでの買い物で、最もメリットを感じることができるクレジットカードです。貯まったポイントで買物が割引きになるなどの特典があります。自分がよく買い物をする店がマルイに入っているという人には特におすすめのカードです。キャッシングは、そのような便利さに加えて、時々でもお金を借りたいという人に向いています。

また、海外キャッシングに対応していますので、少しでもいいレートで現地の通貨を手に入れたいという場合にもおすすめです。

クレジットカードでは珍しく、即日発行・即日融資にも対応してます。このため、すぐにお金が必要だという場合でも、申し込んだその日に融資を受けられることもあります。急いでお金が必要だという人に適したクレジットカードです。

利用の流れ

エポスカードを利用する方法はとてもシンプルです。申込みから融資開始までの流れを簡単に見ていきましょう。

STEP1.WEBやアプリ、もしくは店頭で申込み
STEP2.メールにて審査結果の連絡
STEP3.カード受取り(店頭もしくは配送)
STEP4.ATMからキャッシング、もしくはネットや電話から口座振込

基本的にはこの4つの手順でカードの利用が可能になります。次の章では、申込方法についてもう少し詳しく紹介していきます。

申込み方法

エポスカードの申込方法はネットからの申込みとマルイの店舗での申込みの2種類あります。それぞれの申込方法についてご紹介します。

ネットからの申込み

WEBもしくはアプリから申し込みを行います。いずれも最短5分で情報の入力が終わり、申込みが完了します。この段階ではまだ本人確認書類などは必要ありません。審査通過後、1週間以内に来店してカードを受け取ってください。

カード受取時に持っていく物

  • 審査結果メール
  • 本人確認書類
  • キャッシュカード(届出印が必要になるケースもあり)

本人確認書類は運転免許証やパスポートなどの、顔写真が掲載されているものを用意してください。顔写真の付いた本人確認書類がない場合には、保険証に公共料金の領収書などを合わせて用意してください。キャッシュカードは引落し口座の手続きに必要になります。

配送での受取りの場合には、配送時に本人確認書類を提示します。その後、エポスNetもしくは口座振替依頼書により引落し口座の手続きを行います。

マルイの店舗での申込み

店舗で申し込みを行う場合は、本人確認書類とキャッシュカードを店舗内のエポスカードセンターに持参します。その場で申込書類に記載すると、最短30分でカードが発行されます。ただし、休日などで申込みが多い場合には、発行までに時間がかかることもあります。

借入方法

エポスカードでお金を借りる方法は大きく分けて4種類あります。それぞれの使い方について見ていきましょう。

ATMキャッシングの使い方

エポスカードのマークがある全国のATMでキャッシングができます。代表的なATMとして次のような場所での借入れが可能です。

  • エポスカードATMコーナー
  • セブン銀行ATM(セブンイレブン)
  • E.net(ファミリーマートなど)
  • ローソン
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行(※借入れのみ)
  • りそな銀行(※借入れのみ)

主要なコンビニであれば全て対応しているので、全国どこからでも利用が可能です。キャッシングは下記の3ステップで完了します。

STEP1.ATMにエポスカードを挿入
STEP2.「融資」「借入」などを選択して暗証番号を入力
STEP3.融資希望額を入力し、現金とお客様控えを受取る

電話キャッシングの使い方

仕事中や郊外で該当するATMがない地域でお金を借りる場合は、電話でのキャッシングも可能です。電話キャッシングの場合は、引き落とし用口座への振込をしてもらえます。その手順は下記になります。

STEP1.電話キャッシング専用フリーダイヤル「0120-0101-25」に電話
STEP2.自動音声に従って「カード番号・暗証番号・借入額」を入力
STEP3.引き落とし口座への振込み

口座への振込みは最短数十秒で完了します。ただし、銀行の営業時間外などは振込が翌営業日になってしまうことがあるので注意しましょう。

Netキャッシングの使い方

インターネットにつながる環境であれば、Netキャッシングが可能です。Netキャッシングは24時間対応で、平日の9時から14時29分までの申込みで、最短数十秒での融資が可能です。電話キャッシングと違い、引き落とし口座以外の口座への振込みも可能です。

STEP1.エポスNetにログイン
STEP2.Netキャッシング申込み
STEP3.引き落とし口座もしくは指定口座への振込み

海外キャッシングの使い方

エポスカードは海外でのキャッシングにも対応しています。VISAマークのある海外のATMが利用でき、国内のATMと同じように現地の通貨でお金を借りることができます。ATM手数料がかかりますが、利息を含めても両替をするよりも良いレートでお金を借りられることもあります。

STEP1.ATMにエポスカードを挿入
STEP2.暗証番号を入力し「WITH-DRAWAL」「CREDIT」を選択
STEP3.融資希望額を選択し、現金とお客様控えを受取る

カードが出てきたらすぐに取るようにしてください。一定時間放置していると、カードがATM内に吸い込まれてしまいます。もしカードを吸い込まれてしまったら、すぐにエポスカードに連絡してください。

返済方法

エポスカードでキャッシングをした場合は、「リボ払い」もしくは「1回払い」での返済を選びます。リボ払いは設定されたコースに従って、毎月の返済額が決まります。また、お金を借りた後に1回払いからリボ払いへの変更も可能です。ATMによってはリボ払いしか選択できないこともありますが、その場合でも後ほど一括返済が可能です。

リボ払い:月々の支払いが一定額
1回払い:1回で利用金額と利息を返済

支払い方法

キャッシングの返済は次の3つの方法があります。

口座引き落とし

支払い日:毎月4日もしくは27日

持参払い

支払日:5日/10日/15日/20日/25日/30日
返済場所:エポスATM/ロッピー/エポスカードセンター

小見出し:インターネット返済(ペイジー)
支払い日:常時

通常は口座引き落としでの返済となります。支払日は4日と27日から選ぶことができます。エポスATMやロッピーなら、現金での返済も可能です。

リボ増額払い

リボ払いにすると完済まで時間がかかってしまいます。このため、お金に余裕があるときには早めに返済しておきたいところです。そんな人のために、リボ増額払いや全額払いも受付けています。増額払いや全額払いの場合は、銀行やコンビニのATMからの返済も可能です。

審査基準

エポスカードを作るときにはもちろん審査があります。カードを作るだけならそれほど審査も厳しくありませんが、お金を借りられるようにするためにキャッシング枠を設定するとなると、審査のハードルが上がります。

そうなると審査に通過する基準を知りたくなりますよね。ただ、審査基準というのはカード会社のノウハウですので公表されていません。とはいえどのようなポイントが重視されるのかは分かっていますので、それらについてご紹介します。

申し込み条件

申し込みをするための条件が1つだけあります。

満18歳以上(高校生を除く)
※キャッシング利用は20歳以上

これを満たしていれば、誰でも申し込みは可能です。ただし、未成年の場合は申し込み時に親権者の了解が必要です。ただしキャッシング利用は20歳以上からとなっているため、未成年がエポスカードを使ってお金を借りることはできません。

安定した収入があること

インターネットの情報などでは「無職でも借りられる」というようなケースが紹介されていますが、原則として収入のない人は利用できません。ショッピングにしてもキャッシングにしても、借りたお金を返すあてのない人に融資をしてくれるカード会社はどこにもありません。

パートやアルバイトでもいいので、なんらかの収入は確保しておきましょう。専業主婦もカードを作ることはできますが、キャッシングの利用はできません。

他社からの借り入れが多額でないこと

すでに他社から高額な借入れをしている場合は、融資を断られることもあります。これは総量規制により融資できないケースと、多重債務の危険を考えて融資を行わないケースが考えられます。いずれにしても、他社からの借入れは審査において大きなマイナス評価だと考えてください。

秘密にしていればバレないと思っているかもしれませんが、金融業者は情報の共有を行っていますので、嘘をついても100%バレてしまいます。その場合は審査落ちしますので気をつけてください。

ブラックリスト入りしていないこと

当然ですが、ブラックリスト入りしているとお金を借りることだけでなく、エポスカードを作ることもできません。正確には個人信用情報機関に金融事故の履歴がある場合、融資を断られることになります。

最近は携帯電話料金の滞納などで、知らないうちにブラックリスト入りしている人が増えています。思い当たる節がある人は、審査落ちする可能性も頭の片隅においておきましょう。

エポスカードのよくある質問

エポスカードでお金を借りるにあたって、よくある質問とその回答をいくつかご紹介します。

Q1.口座は必要?

キャッシングをしたときの返済は、持参払いでの返済も選ぶことができます。この場合、銀行口座は必要ありません。ただし、インターネットや郵送での申込みの場合は、口座引き落とし(27日)での返済で設定されています。

Q2.年会費はかかる?

通常のエポスカードなら年会費も入会金も無料です。ただし、ゴールドカードは年会費5,000円、プラチナカードは年会費30,000円が必要です。

Q3.キャッシング利用可能額は増額できる?

何度も取り引きをして信用が上がれば増額可能です。増額はエポスNetから申込可能です。またエポスカードから増額の案内が送られてくるケースもあります。

Q4.キャッシング利用可能額は減額できる?

10万円単位での減額が可能で、0円に設定することも可能です。申し込みはカスタマーセンターに連絡する必要があります。

Q5.収入証明書類は必要ですか?

借入金額や申込内容によっては収入証明書類の提出を求められることがあります。その場合、提出しないとキャッシングの利用が制限されます。

エポスカードで土日にお金借りる方法

すでにカードを発行している人であれば、土日でも問題なく融資を受けられます。また土日でも即日発行即日融資を受けることができます。そのための条件は次のようになります。

  • 店舗でカードを受取る
  • ATMを利用して融資を受ける

配送でのカード受取りは1週間程度かかりますので、すぐにお金を借りることはできません。また、電話キャッシングやNetキャッシングの場合は振込みになります。銀行側が土日の振込みに対応していませんので、土日での融資を受けることはできません。必ずATMを利用してください。

また、審査内容に問題がある場合などは、カードを即日発行してもらえないこともあります。特に借入希望額が高額な場合には、審査が厳しくなりますので注意してください。

まとめ

エポスカードはマルイの買い物などで優待されるため、マルイでお買い物が多い人には必須のクレジットカードです。収入のない専業主婦でもカードを作ることはできるなど、申し込みのハードルがそれほど高くないという特徴があります。

ところが、キャッシング枠の設定をすると、審査のハードルは一気に上がります。専業主婦のように収入のない人はお金を借りることはできませんし、融資を受けられる額も最初はかなり少なめです。高額な借入れなどには向いていません。

金利も高めですので、高額な借入れを希望する人は銀行のカードローンなどを利用しましょう。それほど高額な額は必要なく、マルイでのお買い物や海外でのキャッシングなどに利用したいという人に向いていますので、その場合はぜひ申込検討してみましょう。

Share Tweet LINE

page
top