grape [グレイプ]

お金を借りるならネット申し込みがおすすめな理由

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

手軽にお金を借りるためには何かいい方法がないかと考えたことはありませんか?そんなとき頼りになるのが「ネット」です。スマホやパソコンがあればいつでもどこでもネットで申し込みが可能な時代になりました。

しかし、ネット申し込みは普通と何か違う点があるのでしょうか?この記事では、ネットを使ってお金を借りる方法をわかりやすく解説しています。各社の申し込み方法や手続きに関するお役立ち情報もご紹介していきます。

ネットから簡単申し込みでお金を借りよう

インターネットがない時代は、お金を借りるために店頭に出向いたり、申込書を郵送するなど手間も時間もかかっていました。ところが今はパソコンやスマホを使ってネットにアクセスすれば、時間も場所も問わず申し込みが出来るようになったのです。

ネットで申し込みをしてお金を借りるメリットは、融資までの時間を短縮できることです。今まで書類のやり取りで時間がかかっていたものが、ネット上で完結するようになったのです。そのため即日融資可能な消費者金融が増え、結果的に利用者のメリットとなりました。

各金融業者のホームページでは、申込専用のページが用意されています。仕事で忙しい、子育てで自由になる時間がない、そんなときでもネットで申し込みが出来れば急にお金が必要になったときでも簡単に借りることが出来るので心強い味方になってくれるでしょう。そこで実際に、どの業者ならネット申し込みが可能なのかを詳しく紹介していきます。

ネット申し込みが可能なカードローンはこちら

こちらで紹介する業者はネット申し込みが出来る業者です。操作も簡単で、お金を借りる時におすすめしたい業者です。カードの受け取りに使う自動契約機があるかどうか、またそのほかの申し込み方法も合わせてご紹介します。

ネット申し込み可能な業者

○アコム
【カード受取】自動契約機(むじんくん)
【その他の申込方法】電話、店頭、郵送

○プロミス
【カード受取】自動契約機で可能
【その他の申込方法】電話、店頭、郵送

○セブン銀行カードローン
【カード受取】自動契約機が無いため不可
【その他の申込方法】ネットのみ

○SMBCモビット
【カード受取】自動契約機で可能
【その他の申込方法】電話、郵送

○みずほ銀行カードローンみずほMyWing
【カード受取】自動契約機が無いため不可
【その他の申込方法】店頭窓口

○レイクALSA
【カード受取】自動契約機あり
【その他の申込方法】電話、郵送

○三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
【カード受取】自動契約機あり
【その他の申込方法】電話

○横浜銀行カードローン
【カード受取】自動契約機が無いため不可
【その他の申込方法】電話、郵送、FAX

○楽天銀行スーパーローン
【カード受取】自動契約機が無いため不可
【その他の申込方法】ネットのみ

○ソニー銀行カードローン
【カード受取】自動契約機が無いため不可
【その他の申込方法】電話、店頭、郵送

○三井住友銀行カードローン
【カード受取】自動契約機が無いため不可
【その他の申込方法】電話、郵送、FAX

○ジャパンネット銀行
【カード受取】自動契約機が無いため不可
【その他の申込方法】ネットのみ

○千葉銀行カードローン
【カード受取】自動契約機が無いため不可
【その他の申込方法】電話、郵送、FAX

以上が主なネット申し込み可能な金融業者です。これだけ多くの金融業者がネット申し込みに対応していることがわかりました。それでは、中でも使い勝手の良い業者はどこでしょうか?多くの人が利用しているカードローンの特徴を、次の章でわかりやすくまとめて紹介していきます。

特に知名度の高い業者はこちら

初めて利用する方ならやはり安心できる業者を選びたくなるものです。そこで銀行や消費者金融の中で特に有名な業者をいくつかご紹介します。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

自動契約機のある銀行のカードローンなので、手元にお金が用意できるスピーディさでいうと消費者金融に劣りません。今すぐお金を借りる場合に味方になる銀行のカードローンです。ネット申し込みが可能なだけでなく、自動契約機があることで土日でも申し込み、即日融資が可能なのも大きな特徴です。これは銀行の中では珍しいのですが、申し込みの時間帯が遅いと審査が出来ないため翌日になることもあるので注意が必要です。

アコム

スピード審査を売りにしている業者はいろいろありますが、特にアコムは審査時間が短いことで知られています。日本全国各地に自動契約機(むじんくん)がたくさんあるため、スマホやパソコンでネット申し込みを済ませれば、あとは自動契約機(むじんくん)でカードを発行すればお金を借りることが出来ます。自動契約機(むじんくん)の傍にATMが併設されているところもありますが、なかった場合は近所のコンビニなどにある提携ATMからお金を引き出せます。

○プロミス

日本各地に自動契約機がたくさんあることで有名な業者です。そのため、ネットで申し込みを済ませたけれどカードを発行したりお金を引き出すのに苦労するということがありません。

○SMBCモビット

ネットで完結できるカードローンに力を入れているのがSMBCモビットです。ネットから申し込みを済ませて、審査が通ったらネット上から入会手続きを行います。入会完了のお知らせメールが届けばすべての手続きが完了となり借り入れが可能となります。カードを受け取る必要がなく、ウェブ上からマイページのログインをして、自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう手続きをします。

これらがネットでお金を借りることができるおすすめの金融業者です。今やネット申し込みはトレンドになっていると言えそうです。しかしなぜ、ネット申し込みを可能とする金融業者が増えてきたのでしょうか?

なぜネット申し込みが増えてきたのか

今までの時代、お金を借りるとなると消費者金融や銀行に出向いて書類を提出して手続きをする必要がありました。申込可能時間も平日昼間に限られており、どうしても仕事を休む必要がありました。しかし、お金を借りることは職場の人にはバレたくないので、できれば仕事は休みたくありません。そうした悩みを解決するために生まれたのがカードローンのネット申し込みです。

今の時代は多くの方がスマホやパソコンを持っています。特にスマホは生活にかかせないアイテムの一つになっているでしょう。スマホがあれば忙しくて店頭に出向けなくても、空いた時間に手続きができます。まさに忙しい現代人にピッタリな申し込み方法なのです。急にお金が必要になっても時間の都合上借りることが出来ない、という悩みが一気に解消されます。仕事を休まなくてもいいので、職場の人にお金を借りることがバレる心配もありません。

ネット申し込みからお金を借りる流れ

多くの金融業者でネット申し込みが可能であることがわかったら、次はお金を借りるまでの流れをご紹介します。まずは各業者のホームページへアクセスします。ネット申し込みページの必要事項を記入して、各業者で条件にしている本人確認の書類をアップロードします。

申し込みが終わると審査が始まり、その結果がメールで届きます。審査が通った後はカードを発行させるために店頭に出向くか自動契約機に出向く、もしくはカードフリーにしたい場合は振込先口座の登録手続きをします。カードを発行したあとは提携ATMなどを利用してお金を引き出します。カードレスにした場合はマイページへアクセスして自分の口座にお金を振り込んでもらう手続きを進めます。

たったこれだけの方法でお金を借りることができます。カードレスのキャッシングに対応している消費者金融であれば自動契約機に出向く必要もないため、完全にネット上の手続きだけでお金を借りることが可能です。先程軽く触れましたが、ネット申し込みをする場合は本人確認書類をアップロードして提出する必要があります。これがどういうことなのか次の章で説明していきます。

必要書類の提出方法

免許証や保険証などは、店頭であれば担当者に提示しますし、郵送ならコピーを同封します。気になるのはネットで手続きを進めるときですが、ここで各業者の提出方法をご紹介します。

○アコム
審査が通ったあとに自動契約機(むじんくん)に出向き備え付けの機械でスキャンする

○プロミス
申し込みの際にスマホなどで必要書類を撮影したものを送信する

○SMBCモビット
申し込みの際にスマホなどで必要書類を撮影したものを送信する

○レイクALSA
スマホで撮影したものをレイクのアプリもしくはメールで送信する

そのほか銀行のカードローンはその銀行の口座を開設してあることが条件となっており、口座開設の際に本人確認書類の提出が必要なため、カードローンを申し込む際に改めて書類の提出は必要がありません。それでも、口座を開設した時と現住所が異なっている場合などは改めて書類の提出を求められる場合があるので注意しましょう。

カードローンでお金を借りるときの審査基準

やはりお金を借りる時に気になるのは審査基準です。これは店頭で申し込みをしてもネットで申し込みをしても変わることはありません。お金を借りる以上、審査をクリアすることが条件になります。各業者では条件を公開しているわけではないので、あくまでも申し込みをした方々の体験談などが判断基準となります。

どの業者でも設けている基準とされるのが「安定した収入があること」「本人確認が出来ること」「他社から過剰な借り入れがないこと」などが挙げられます。申込者に返済能力があるかどうかが大きな判断基準になるため、たとえ高収入だったとしても他社からの借り入れが多い場合は返済能力がないとみなされて審査が通らない可能性が高くなります。

また消費者金融の場合は総量規制の対象なので、現在の借入額が年収の1/3以下であることが絶対です。すでに年収の半分近くの借金をしている場合は審査に落ちますので注意しましょう。しかしこれは他社のカードローンやクレジットカードキャッシングに限った話なので、住宅ローンや自動車ローンで年収以上の借金がある場合は問題ありません。

ネットで申し込めば即日融資が可能

もし、今すぐお金が必要であれば必ずネットを使って申し込みをしましょう。例えば前の日の夜、翌日にどうしてもお金が必要になった場合に前の日のうちに公式サイトから申し込みを済ませておきます。あとは翌日になって業者が営業開始すると手続きが始まるので、早ければ午前中には手続きがすべて終わり、即日融資が可能となります。この方法なら当日でも営業前に申し込んでおけば同じように即日融資が可能でしょう。
即日融資を希望するなら、必ずその日の午前中には申込みが完了していることが条件です。振込キャッシングを利用するとしても、14時を過ぎたら入金が翌日になってしまいます。こうした点を考慮して、なるべく早めにネットで申し込みを完了させておきましょう。

アプリを使ってお金を借りる方法

最近ではスマホのアプリを使ってお金を借りることができます。有名なところですとレイクALSA、アコム、プロミスなどで専用のアプリを用意しています。それぞれの業者で仕組みに違いがあるものの、アプリの中ですべての操作が可能になります。
申込みはもちろん、必要書類のアップロードもアプリを使って可能です。振込依頼もアプリからできるので、一度インストールしてしまえば非常に便利です。カードローンのカードがアプリになったというイメージで覚えておくと良いでしょう。

パソコンは家族と共有なのでネット申し込みが難しいという場合でも、アプリなら自分のスマホから操作が出来るため誰にもバレずにお金を借りることができます。アプリから指定した口座にお金を振り込んでもらうよう手続きを進めれば即日融資が可能ですが、銀行の営業時間内に限るため注意が必要です。

今では、これだけ便利な方法は数々登場しています。お金を借りるためのハードルは年々低くなり、手数料のことを考えると預金を下ろすより借りてしまった方が安いといったケースまであります。しかし、それだけ手軽にお金を借りられるようになったからこそ注意したい点があるのでお伝えします。

手軽で簡単だからこその注意点

ネットに繋がるスマホやパソコンがあればいつでも手軽にお金を借りることが出来ます。急にお金が必要になる場面は誰にでもあるので、お金が用意できた時は本当にほっとします。ところが、手軽で簡単だからこそ注意しなければいけません。借りることに慣れてしまうと、業者の融資枠が自分の銀行口座と勘違いしてしまい、借りている感覚が鈍るといいます。簡単に借りることが出来るからこそ、自分のお金ではなく借りているお金という自覚をしっかり持つことが大切です。借りたお金を返し終わる前に次の借金をしてしまうという人が非常に増えています。手軽だからこそ、自制心をしっかり持つことが大事です。

まとめ

ネットでお金を借りるというのは、言い換えればネットでカードローンの申し込みができるということです。当然審査はありますし、そのあたりの事情は普通のカードローンと何も変わりません。
しかし、申込みのために会社を休む必要がなく、空いてる時間を使ってカードローンの申し込みができるのは非常に大きなメリットです。最近はカードの代わりにアプリを使う消費者金融も増えてきたため、ますますお金を借りることは便利になりました。カードローン地獄と聞くと昔の話のように思いますが、今の時代もその地獄に苦しんでいる方は増えています。自分だけは大丈夫と過信せずに、ネットが身近な存在だからこそ十分注意しましょう。

Share Tweet LINE

page
top