grape [グレイプ]

掲示板でお金が借りられる?気になる仕組みと安全性

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

今すぐお金を借りたいけれど事情があって業者から借りることが出来ないという方たちの間で話題になっているのが「個人間融資」というもの。ピンチを救う救世主と期待してしまいますが、個人間融資は違法です。どうして個人間融資は禁止されているのか、利用したらどうなってしまうのか、その危険性を紹介していきます。

個人間融資は違法

お金を借りるといえば普通なら銀行や消費者金融に申し込むのが一般的ですが、中には事情があって申し込みができない場合もあります。そんなときにネットで検索すると出てくるキーワードが「個人間融資」というもの。これは業者を通さないで個人間でお金を貸したり借りたりする方法で、インターネットの掲示板やTwitterなどのSNSを使って取引相手を募集しています。

面倒な審査がないこと、申込み条件がゆるいことが特徴ですが、結論から先にお伝えすると個人間融資は違法です。本来、お金を貸すという行為は国または都道府県から「貸金業」として認可を受ける必要があります。大手の消費者金融はこの認可を受けているため、堂々と貸金業を営めるのです。

しかし、個人で貸金業に登録している人はほとんどいないため、個人間融資は大半が違法行為というのが現状です。お金の貸し借りには貸金業法という法律が関わってくるのですが、個人間融資は営利目的ではないから合法と解釈する人もいます。

そこで、金融庁のホームページに書いてある、個人間融資が違法となる根拠を紹介します。

・ 個人であっても、反復継続する意思をもって金銭の貸付けを行うことは、貸金業に該当します。

・ 不特定多数が閲覧可能なSNS等で「お金を貸します」、「融資します」などと書き込んで、契約の締結を勧めることは、貸金業法の規定に抵触する場合があります。

このポイントを見ると、掲示板で相手を募集してお金を貸す行為は貸金業とみなされ、貸金業法に抵触する可能性があります。つまり、親しい相手にちょっとお金を貸すという程度はセーフで、それ以外は違法行為となってしまうのです。

個人間融資でお金を貸すとどうなる?

個人間融資で相手にお金を貸すとどうなるのか、これは貸金業法で「無登録営業」に該当します。さらにSNSや掲示板で「お金を貸します」と書き込みをすることは「無登録者の勧誘」となり、どちらも罰則の対象となります。

貸金業の無登録営業:10年以下の懲役若しくは3,000万円以下の罰金
無登録業者による勧誘:2年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金

これだけ見ると、「借りる側にはデメリットがない」と思いがちですが、個人間融資は借りる側にも大きなデメリットがあります。掲示板でお金を借りるとどうなるか、次章で詳しく説明していきます。

掲示板でお金を借りるデメリット3つ

個人間融資はお金を貸す側は罪に問われる可能性がありますが、借りる側にも大きなデメリットが3つあります。

掲示板でお金を借りるデメリット3つ

  1. 個人を装ったヤミ金に違法な金利を請求される
  2. 個人情報が悪用されて犯罪に巻き込まれる
  3. 利息以外のものを要求される

1.個人を装ったヤミ金に違法な金利を請求される

掲示板に書き込みをするのは個人だけではなく、ヤミ金が個人を装って高利貸しをしているケースがよくあります。ヤミ金は違法な金利でお金を貸し出すだけではなく、厳しい取り立てや金銭を要求してくる可能性が高いのです。

返済できないほどの金利を請求し、一度借りたら一生借金が終わらない可能性もあるのがヤミ金です。職場や自宅にも取り立てに来るので、借金していることが家族や職場の人にバレてしまいます。

2.個人情報が悪用されて犯罪に巻き込まれる

個人間融資でお金を借りる場合、住所や氏名の他にも、連絡先や免許証のコピーなどを求められます。これは立派な個人情報で、こうした情報を悪用されてしまう可能性があるのです。

また、個人間融資では、個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利での貸付けが行われるほか、個人情報が悪用されるなどして、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。

例えば振り込め詐欺の口座開設に名前を使われたり、別のヤミ金に情報が売り渡されてしまいます。その結果、犯罪に巻き込まれることもあり、知らない間に自分が犯罪の片棒をかつぐというケースもあります。

3.利息以外のものを要求される

もしもお金を借りる人が女性だった場合、書き込みをしたことをバラされたくなかったら裸の写真を送るよう脅されるという事件も多発しています。お金を借りる際には当然住所氏名などを伝える必要があります。その情報を基に職場に借金のことをバラすと脅す人もいます。

要求はさらにエスカレートし、「性行為に応じないとペナルティーとして利息を増やす」と言われ、借りたお金の総額約100万円の利息は、倍の200万円にまで膨れ上がったと言います。貸し手の男性には、家族や友人の連絡先、それに自分の裸の写真まで送っていたため逃げることはできず、利息を払うしかありませんでした。

ニュースにもなっていますが、「借金をバラす」と脅され、個人情報を握られている以上抵抗もできず、相手の要求を受け入れるしかないという事件が多発しています。

掲示板は申し込み方が簡単だからこそ、それに比例して危険が潜んでいることを忘れてはいけません。個人情報を握られてしまえば悪用される可能性も捨て切れませんから注意しましょう。

掲示板でお金を借りる方法

掲示板やSNSでお金を借りる方法は非常にカンタンです。その手軽さから安易に借りてしまう人がいて、トラブルが多発しているのが現状です。

掲示板でお金を借りる流れ

  1. 個人間融資の相手を探せる掲示板を探す
  2. 借りたい金額を書き込みして連絡を待つ
  3. 相手と交渉して現金を受取る
  4. 相手の指定する方法で返済をする

1.個人間融資の相手を探せる掲示板を探す

インターネット上には個人間融資の相手を探せる掲示板が多数存在しています。SNSでも「#お金貸します」「#お金貸して下さい」などのハッシュタグがあり、こうしたものを利用して相手を探します。

2.借りたい金額を書き込みして連絡を待つ

掲示板やSNSには、「どうしてお金が必要なのか」という理由を掲載し、相手からの連絡を待ちます。連絡を取る方法は、掲示板にはメールアドレスを登録し、SNSではダイレクトメッセージ機能を利用します。

3.相手と交渉して現金を受取る

個人間融資は、基本的にお金を貸してくれる人が優位に交渉を進めるようになっています。相手が融資の条件を伝えてくるので、その条件でも良ければ融資を受けることになります。人によってはネット振込を使って直接会うことなくお金を貸してくれますが、直接会うことを条件にしている人もいます。

4.相手の指定する方法で返済をする

返済方法も、基本的には相手の指定する方法となります。手渡しの場合もあれば振り込みの場合もあり、これは人によって異なります。お金の動きを把握されたくない人は、手渡しで返済を求めるケースがあります。この際に「借金をバラす」などと脅し、性行為を迫るなどのトラブルが多発しています。

どんな掲示板があるの?

個人間融資の相手を探せる掲示板は多数ありますが、有名なのが2chや5chに代表される大手掲示板です。2chの書き込みは誰でも見られるので、意外と掲示板を使ってお金を借りる人が多いことに驚くことでしょう。

その他にも、インターネット上で個人が運営する掲示板も多数存在し、こうした掲示板上で日々やり取りが行われているのが現状です。

そして、時代の流れに合わせてSNSを利用する例も増えてきており、ツイッターやFacebookを利用してお金を借りるケースもあります。この場合は個人同士のやり取りではありますが、他の人がそのやり取りを見れる状態なので個人間融資のやり取りすべてが世間に晒されてしまいます。場合によっては友達や恋人、家族、会社の同僚に見つかってしまう可能性も捨て切れません。

個人間融資の審査はどうなっているのか

前章で説明した通り、個人間融資は相手が優位な状態で手続きが進行します。掲示板を利用してお金を借りるときは、消費者金融や銀行のような審査はありません。なぜなら業者ではなく個人が相手の個人信用情報やブラックリスト情報を確認することが出来ないためです。個人間融資は審査が厳しくないと言われている理由はここにあります。

しかし、お金を貸す側もリスクはありますから、どこのだれなのか正体がわからない人にお金を貸すことはありません。住民票や運転免許証を提示して、借りる側の名前や住所を確認します。そのほかにも給与明細や納税証明書などを提示して収入を確認します。月々いくらぐらい給料をもらっているのか確認できれば、月々いくらぐらいずつ支払いが出来るかお互いに話し合う際に必要な書類のひとつになるでしょう。

「名前と住所を聞いて、写真付きの身分証を確認して、その場でストリートビューして、壁の色は何色?とか向かいの家はどんな感じ?とか聞くね。借用書を用意する人もいれば、融資の交渉を動画や音声で記録したりする人もいる」。

そのうえで、この男性は実際に会って、お金を貸しても大丈夫かどうか“審査”するというのです。

ちなみにお金を貸す側が慎重な人だった場合、給与明細に記載してある職場の電話番号を確認して、個人的に在籍確認を取る方もいます。個人融資ですから個人の名前で電話をかけるので、お金を借りることが職場にバレる可能性は少ないでしょう。

とはいえ、相手に住所氏名の他に職場の連絡先まで知られてしまうということは、非常にリスクの高いことです。消費者金融や銀行は、個人情報を取り扱う厳格なルールが存在しますが、個人にはそんなものはありません。先述したトラブルは、こうした個人情報を悪用されるというものなのです。

個人間融資の限度額や金利はいくらなのか

掲示板を利用してお金を借りる場合、いくつも確認事項があります。例えば限度額や金利です。先に限度額の話をしますが、業者ではなく個人なので特に設けられていません。お金を貸す側次第で限度額は決まるので、まとまったお金が必要な場合も、ちょっとした生活費を借りたい場合も貸す側次第でしょう。

それから金利ですが、こちらは個人だからいくらでも良いというわけではありません。会社としてお金を貸して金利を得るわけではなく、あくまでも個人が個人にお金を借りる場合でも「利息制限法」が適用されます。これは国で定めている法律なので守らなければいけません。法律で定められている金利は以下の通りです。

  • 10万円未満の場合は年率20%
  • 10万円~100万円未満の場合は年率18%
  • 100万円以上の場合は年率15%

このようになっていますが、掲示板でお金を借りる場合のほとんどが、この利息制限法の上限を超える金利で融資を行っているのが現状です。つまりヤミ金からお金を借りることと何ら変わりがないのです。相手の要求に応じないと利息を増やすと脅されるトラブルも多発しているので、金融庁でも掲示板を使ってお金を借りることはしないように呼びかけています。

掲示板以外でお金を借りることを検討するべき

掲示板を使って個人間融資を利用すると、トラブルに巻き込まれる可能性が高いことがわかりました。お金が借りられない理由はなにかを考え、掲示板以外の方法を探しましょう。

知らない人を頼らなくても、これだけの選択肢があります。お金を借りるのは生活再建など、前向きな理由が望ましいです。危険な個人間融資に手を出すより、国のセーフティーネットを活用するなど、お金がない現状から抜け出せる策を講じましょう。

Share Tweet LINE

page
top