grape [グレイプ]

携帯でお金借りる誰でもできる便利な方法

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

今の時代はパソコンより携帯電話やスマホユーザーが多くなりました。いつも手元にある便利なアイテムなので手放せないという方も多いでしょう。そんな携帯を使ってお金を借りることが出来たら便利だと思いませんか?

実は、多くのカードローン業者が携帯を使って申し込み可能になっているのです。かつては何度も店頭に足を運ばなければいけなかったのですが、今ではそんな必要はありません。この記事では、携帯を使ってお金を借りる方法を紹介していきます。

携帯でお金を借りるメリット

今はインターネットに繋がる携帯電話やスマホがあれば簡単に申し込める時代になりました。ほぼ全てのカードローン会社は公式サイトを運営しており、そのサイトにネット申込が出来るコンテンツが用意されています。
そこで必要事項を入力して申し込みをすれば、審査に通過した時だけカードの受け取りで自動契約機へ出向けばいいだけになりました。今までは申し込みの時点で自動契約機に行かなければ行けなかったため、審査の間機械の前で待つ必要がありました。
他にも、店頭が近くにないという場合や、郵送手続きでは時間と手間がかかりすぎるというデメリットを解消してくれます。時間や場所を問わずどこにいても申し込めるというメリットは大きいと感じる方も多いでしょう。

スマホならアプリでも申込が可能

スマホには便利で楽しいアプリがたくさんあります。私達の生活に欠かせないものになりましたが、そんなスマホでカードローンの申込みができるアプリがあるのです。各業者で操作の違いは少なからずあるものの、アプリをローンカードの代わりにすると言う点では共通です。
特に大手業者はすでに独自のアプリを開発しており、申し込み方も利用方法も便利になったと好評です。操作方法や利便性などはアプリを実際にダウンロードしてみるか、それぞれの業者で運営している公式サイトでアプリの説明を事前に確認するといいでしょう。
次の章では、スマホアプリを使ってカードローンを申し込む方法を紹介します。

スマホアプリの利用手順

まずは利用したい業者のアプリをダウンロードします。有名なところで言えば、下記のカードローン会社がスマホアプリを提供しています。

次にアプリを起動させると申込に関するコンテンツがあるのでそれを選択します。申込が完了すると必要書類の提出が求められるので、必要書類の提出が終われば審査が始まります。書類の提出もアプリ内で可能なので、その方法は次の章で紹介します。

審査が終わると電話もしくはメールでその結果が届きます。審査が通れば契約が完了となりお金を借りることが出来ます。携帯を使えばこれだけ簡単に申し込めるので、時間や場所を問わず利用できると評判です。スマホで申込をしてカードを自宅に郵送してもらう場合、送り主の業者名は伏せられているため家族と一緒に暮らしている場合は、お金を借りたことがバレる心配がありません。

本人確認などの書類提出が簡単

アプリを使って申し込みをする際にも本人確認書類の提出は必須です。その方法をここでは紹介します。申し込みが完了すると、本人確認書類の提出を求められます。その際、携帯カメラで書類を撮影してアプリからアップロードを行う方法が一般的です。
提出する書類は、免許証や保険証といった身分を証明するもののほか、安定した収入を証明するために収入確認が出来る給与明細や納税証明書が必要です。
どの書類も文字が読みにくいとNGなので、ピンボケにならないように注意しましょう。写真がボケてハッキリしない場合は再提出を求められるため、お金を借りるまで時間がかかってしまいます。写真を撮った後、必ず自分で確認してハッキリ写っていいるかどうか判断しましょう。

スマホではない携帯電話で申込をする方法

最近の主流はスマホと言っても、まだまだ普通の携帯電話を利用している人は数多くいます。そうした人が携帯でお金を借りるためには電話を使います。各カードローン会社には電話申し込み用の窓口を設けていることが多く、そこへ電話をかけて手続きを行います。
専門のオペレーターが対応してくれるので、分からない点などはその場で質問できるので便利です。伝える必要がある情報は、申込者の名前、生年月日、住所などのほか、希望借入金額です。これを元に審査が始まり、結果は折り返しの電話がかかってくるか、もしくはメールで結果が届きます。審査が無事通ると契約手続きが進みます。

書類の提出方法は2種類

無事審査に通過したら書類を提出します。これには2種類の方法があり、まずは直接店頭に足を運ぶパターンを紹介します。直接業者の店頭に出向ける場合は、必要書類を持って出向きましょう。これは無人契約機に出向く場合も同じです。このとき必要になる書類は免許証や健康保険証など本人確認が出来るものと、収入を証明するための源泉徴収や給与明細です。手続きが終わるとカードが発行されて、そのままお金を借りるというのが一連の流れになります。

次は郵送で提出するパターンを紹介します。審査が完了すると、契約のための書類が自宅に送付されます。その書類に必要事項を記入し、本人確認書類と収入証明書のコピーを同封して返送します。その書類に問題がなければ無事に契約となります。先にカードだけ送られて来た場合は、カードローン会社で利用開始手続きを行った後利用可能になります。

ここまでが携帯を使ったカードローン利用の流れです。携帯お金を借りる方法と、自動契約機を使う方法はどんな違いがあるのか、次の章で紹介します。

スマホアプリとそのほかの申し込み方の違い

携帯を使ってお金を借りる方法の他に、カードローンの申込みは店頭に出向いて手続きを進める方法と無人契約機を使った方法があります。他にも郵送という方法もありますが、手間と時間がかかりすぎてしまうため利用者は多いとは言えません。
携帯でお金を借りるというのは、正しくは「携帯でカードローンの申し込みをする」という意味になります。携帯で申し込みをする最大のメリットは待ち時間が少なく済むことです。店頭や無人契約機で申し込みを行うと、審査の間待たされることになります。携帯から先に手続きをしておけば、他のことをしている間に審査が完了します。こうした時短につながるのが最大の違いといえます。
携帯なら営業時間外でも申込みが可能なので、夜中に思い立ったとしても大丈夫です。こうした、自分のタイミングで申し込みができるというのは大きなメリットではないでしょうか?
他にも、書類の提出がカメラ撮影で済んでしまうのも魅力的です。書類をコピーして封筒に入れて郵送するというのは非常に手間です。携帯なら書類をそのままカメラ撮影してしまえばいいので、コンビニにコピー機を使いに行ったり切手を買う手間がありません。

こうした数多くのメリットから、最近は携帯を使う人が急増しています。そこで、携帯を使ってカードローンを契約したら、どうやってカードを受け取ればいいのか紹介します。

携帯電話で申し込んだ後はどうやってカードを受け取るの?

携帯でカードローンの申し込みを行ったあとは、普通の手続きと変わりません。まずは入力した情報や送信した書類を元に審査が行われます。審査にかかる時間は業者によって違いますし、申し込んだ時間によっても違います。一般的に営業時間内であれば最短で30分から1時間という業者が多いです。営業時間外に申し込んだ場合は翌営業日になります。申込当日が営業日で営業時間前であれば、その日のうちに手続きが進められます。

審査結果がOKだった場合、近くの無人契約機に出向いてカードを発行します。多くの無人契約機には提携ATMが設置されているので、そちらを使ってお金を引き出せます。提携ATMが設置されていなければ、提携ATMを設置しているコンビニなどを利用するといいでしょう。

無人契約機に行くことができない場合は、郵送で自宅にカードを送ってもらいます。これだと受け取りまで数日かかってしまうので、初回の融資は振込をしてもらいます。SMBCモビットなどの一部の消費者金融は、利用者が希望すればそもそもカードを発行しないという場合もあります。
その場合はお金を借りたい時はアプリから振込申請を行います。すると事前に登録した銀行口座にお金が振り込まれます。これならカードを持っていることで家族や職場の人に借金していることがバレないというメリットがあります。
カードローンの利用方法は各社大きく違うことがわかりました。そこで、どの業者と契約したらいいのか迷っている人のために、スマホアプリを提供しているおすすめのカードローン会社を紹介します。

スマホアプリのある業者をご紹介

携帯電話でお金を借りるのがとても身近で簡単なことをお分かりいただけたと思います。こちらでは2017年10月時点でスマホアプリを提供している業者をご紹介します。

プロミス

2017年10月はじめに誕生しました。30日無利息サービスを利用するためにはメールアドレスとWeb明細利用、この二つの登録が必要になります。新規申込はWeb完結を利用すれば申込から契約まですべてアプリで進めることができます。

アコム

アコムナビというアプリがあります。新規の申込も書類提出もすべてスマホから手続きを進められるだけでなく、よくある質問が用意されていたり近所のATMを検索できるコンテンツも用意されています。

レイクALSA

レイクの公式アプリでは新規の申込、写真機能を使った書類提出のほか、借入簡易診断ができます。返済シミュレーションも出来るので返済計画を立てて賢く利用することが出来るでしょう。

これら以外にも「みずほ銀行アプリ」「アイフル」「オリックス銀行」「SMBCモビット」などのアプリもあります。

携帯でお金を借りる注意点

携帯が手放せないアイテムとなり、いつでも手軽に利用できる時代になりました。そのため、お金を借りるのも昔に比べてとても簡単になったのは喜ばしいことですが、簡単すぎるためにお金を借りて返済する大変さをなかなか実感できない人が増えているのも事実です。どうしても必要な場合は別として、借りては返して、借りては返してを繰り返してなかなか返済が終わらないと嘆く人が増えています。しっかり返すことが出来ればいいのですが、ただ贅沢をしたいためにムダにお金を借りてしまって借金が増えてしまわないように注意しましょう。

Share Tweet LINE

page
top