grape [グレイプ]

もみじ銀行でお金を借りるときに知っておきたいローンの種類

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

広島を中心に営業を行っているもみじ銀行。前身の広島総合銀行は大正12年に設立され、とても長い歴史があることから、今でもメインバンクとして利用している人が多いかもしれません。そんなもみじ銀行はお金を預けるだけではなく、ローンなどの融資も行っています。

  • ローンはどんなラインナップになっているの?
  • 法人で借りる場合はどうすればいいの?
  • 利用に適しているのはどんなタイプの人?

ここではそんな疑問を解決するために、もみじ銀行で利用できるローンの種類をご紹介しつつ、それらのローンを利用するための基礎知識について説明します。

もみじ銀行で扱っているローンの紹介

記事中で取り扱っている情報は執筆時点【2019/12/15】のものです。定期的に更新していますが、念のため最新情報は公式ホームページなどで確認することをオススメします。

マイカードプレミアム

金利 2.85%~11.25%(変動金利)
限度額 500万円

無担保で最高500万円まで利用限度額を設定できるカードローンです。前年度年収が200万円以上かつ、勤続(営業)年数が3年以上ある人のための商品で、派遣社員、パート、アルバイト、年金受給者、専業主婦は利用できません。メガバンクと比較しても見劣りしない金利が魅力のカードローンです。

ミニカードローン

金利 年10.5%(固定金利)
限度額 50万円

もみじ銀行の口座に貸越枠を設定できるカードローンです。公共料金やクレジットカードの引き落とし時の残高不足が発生したときに自動的に融資をしてもらえます。もちろん、ATMからの借り入れにも対応しています。

カードローン「マイカードもみじ君」

金利 年4.5%~年14.5%(固定金利)
限度額 300万円

パートやアルバイト、年金受給者でも利用できるカードローンです。契約した限度額の範囲内であれば、ローンカードを使ってコンビニATMなどから何度も借り入れできます。

新型住宅ローン

金利 年2.6%~年3.1%(固定金利と変動金利)
限度額 5,000万円

もみじ銀行のスタンダードな住宅ローンです。他社と比べると利用限度額が低めに設定されています。2つの金利優遇プランが用意されているため、ライフプランに合わせて最適なプランを選ぶことができます。

もみじ借換専用住宅ローン

金利 年2.6%~年3.1%(固定金利と変動金利)
限度額 5,000万円

他社で借りている住宅ローンを借り換えすることができるローンです。高金利で借り入れをしている場合には、借り換えをすることで返済総額を減らすことができます。こちらも2つの金利優遇プランが用意されています。

がん診断保障付住宅ローン

金利 対象ローンに準ずる
限度額 5,000万円

新型住宅ローンともみじ借換専用住宅ローンをベースにした住宅ローンです。がんと診断された場合には住宅ローンの残高が0円になります。ガンの発症で返済困難になるのを防ぎたい人のためのオプションのひとつと考えてください。

八大疾病保障付住宅ローン

金利 対象ローンに準ずる
限度額 5,000万円

がん診断保証付住宅ローンだけでは、他の疾病に対応できません。このため、さらに幅広い病気に対して保障を付けたのが八大疾病保障付住宅ローンです。5,000万円以下の借り入れ時に利用できます。

フラット35

金利 年1.30%~年2.05%(固定金利)
限度額 8,000万円

最大35年間、金利固定で利用できる人気の住宅ローンです。借入時に返済計画を立てやすいというメリットがあります。ただし、低金利な住宅ローンが増えていますので、返済総額という面では、やや不利なローンでもあります。

アパートローン(中総信保証)

金利 年2.725%~年3.100%(固定金利と変動金利)
限度額 4,000万円

賃貸向け住宅やアパート、マンションの購入やリフォームに利用できるローンです。アパート経営などを考えている人に適している商品です。

無担保住宅ローン

 

金利 年2.050%~年3.675%(固定金利と変動金利)
限度額 1,500万円

住宅を担保にすることなく、お金を借りることができる住宅ローンです。住宅のリフォームなどに利用でき、太陽光発電システムのような環境に配慮した設備を購入する場合には、優遇金利での借り入れが可能です。

空き家対策ローン

金利 年2.5%~年4.5%(固定金利)
限度額 500万円

空き家の解体やリフォームに利用できるローンです。広島県、山口県、岡山県の空き家が対象で、空き家がそのまま放置されている状態を改善するために、もみじ銀行が低金利で融資を行っています。

UJIターン者向け住宅ローン

金利 年2.5%~年3.6%(固定金利と変動金利)
限度額 5,000万円

県外から広島県内、山口県内、福岡県内への移住が確定している人で向けの住宅ローンです。居住予定物件がもみじ銀行の営業区域内にある場合に、優遇された特別金利でお金を借りることができます。

学資ローン

金利 年2.6%~年3.1%(固定金利と変動金利)
限度額 500万円

入学金や授業料の費用だけでなく、下宿代や生活費の仕送りなどにも利用できる教育ローンです。在学期間中は最長4年9ヶ月、利息のみの返済が可能です。

マイカーローン

金利 年2.5%~年3.6%(固定金利と変動金利)
限度額 1,000万円

自動車やバイクの購入だけでなく、車検費用や修理費用、そして運転免許証取得のために利用できるローンです。ディーラーでローンを組むよりも、低金利でお金を借りることができ、なおかつ車を担保にする必要もありません。

フリーローンおまかせ!もみじ君

金利 年2.8%~年13.0%(固定金利)
限度額 500万円

パートやアルバイト、年金受給者だけでなく専業主婦でも利用可能なフリーローンです。事業性資金でなければ、使用用途は問われません。このため、幅広い用途で利用できます。

多目的ローン

金利 年4.200%~年5.800%(固定金利と変動金利)
限度額 500万円

結婚資金や趣味、習い事だけではなく、医療や介護のように、まとまったお金が必要なときに適しているローンです。融資金は、もみじ銀行から支払先に直接振り込まれますので、使い込んでしまうというような失敗を防ぐことができます。

フリーローン「つかえる!もみじ君」

金利 年6.000%・年10.000%・年14.500%(固定金利)
限度額 300万円

事業性資金としても利用できる、個人事業主や法人役員向けのフリーローンです。所得確認書類も資金使途確認書類もなしで、最大300万円まで借りることができます。

不動産担保ローン「ジャンボローン」

金利 年4.500%~年8.500%(変動金利)
限度額 5,000万円

所有する不動産に第1順位の抵当権を設定することで、生活資金やリフォーム費用などを借りることができるローンです。不動産によっては、最大5,000万円まで借りることができますので、高額な借り入れを行うときに適しているローンです。

創業支援「女性活躍応援融資(愛称:イロハモミジ)」

金利 両機関所定の利率
限度額 500万円

もみじ銀行と日本政策金融公庫による協調融資です。創業時や創業から1年以内に必要となる運転資金や設備資金に利用できる、女性のためのローンです。金利や返済方法などはホームページにも記載がありませんので、利用検討時には窓口に問い合わせしてください。

もみじ銀行で法人がお金借りる方法

もみじ銀行はもちろん個人だけではなく、地元の法人や個人事業主にも積極的な融資を行っています。利用できるローンとしては下記のようなものがあります。

  • ビジネスローン「ジャストミート」
  • もみじ車輌担保ローン
  • もみじ機械担保ローン
  • 創業支援「女性活躍応援融資(愛称:イロハモミジ)」

「ジャストミート」が標準的なビジネスローンで、無担保で最大5,000万円借りることができます。新規の利用も可能ですので、これまで取り引きがない法人や個人事業主でも、3年の業歴があれば申込み出来ます。

上記のローンに加えて、シンジケートローンや私募債、債権流動化などの資金調達にも対応しています。最適な資金調達方法は、法人の経営状態などによって変わってきますので、お金が必要になったときはまずは銀行の窓口で相談することから始めてください。

もみじ銀行は広島在住の人におすすめ

もみじ銀行はいくつもの魅力的なローンが揃っていますが、第二地方銀行ですので誰にでも向いているわけではありません。どのような人の利用が適しているのか説明します。

広島在住で近くに営業所がある人

もみじ銀行のローンの多くは、居住地の近くにもみじ銀行の本店や支店があることが利用条件になっています。広島以外にもいくつかの営業所がありますが、徐々に縮小している状態ですので、将来にわたっての利用を考えると広島在住であることが理想です。

また、広島県内でも店舗の統合や移転を頻繁に行っています。近所にあるつもりが移転していたり、反対に知らないうちに家の近くに支店ができていたりするということもありますので、利用検討前には必ずホームページで最新の店舗情報を入手しておきましょう。

もみじ銀行をメインバンクとして利用している

ローンによっては、必ずしももみじ銀行の口座を持っている必要はありませんが、審査を通す上でメインバンクとして利用しているというのは、とても重要な要素のひとつです。給料の振込先として利用しているだけで、毎月取引がありますし、なによりも実質的に給料を担保にお金を借りている状態にもなります。

学資ローンや一部の住宅ローンでは、給与の振込口座に設定することにより優遇金利でお金を借りることができます。とても有利な条件でお金を借りることができますので、メインバンクとして利用している人におすすめです。

もみじ銀行でお金を借りるまでの流れ

それではもみじ銀行でお金を借りるまでの流れについて見ていきましょう。必要書類や審査基準など、申し込む前に知っておくべき情報を紹介しますので、必ず目を通しておきましょう。

必要書類

申し込みをするときに必要となる書類は次の3点です。

  • 本人確認資料
  • 年収の確認ができる資料
  • 印鑑

本人確認資料は運転免許証もしくはパスポートのいずれかです。いずれも保有していない場合には、窓口に問い合わせをして、指定された資料を用意してください。

年収を確認できる資料としては、源泉徴収票や住民税決定証明書、市県民税特別徴収税額通知書などの正式な資料が必要です。借入額によっては提出不要となるケースもありますが、いきなり提出を求められてもいいように、申込時には用意しておきましょう。

また、ローンの種類によっては印鑑が必要になります。取引がある場合には届出印と、念のため普通預金口座通帳も用意しておきましょう。

この他にもローンによっては、いくつもの資料が必要になります。特に住宅ローンでは、とても多くの資料を用意しなくてはいけません。1つでも不足すると審査が進められませんので、必要な資料についてはしっかり確認をして、すべてそろえた上で申し込みを行ってください。

申込み方法

ローンの申込方法は、インターネット申込みができる商品の情報しか公開されていません。下記の9種類はインターネットから仮審査申し込みができます。その他のローンについては銀行窓口にお問い合わせください。

  • 無担保住宅ローン
  • 空き家対策ローン
  • 学資ローン
  • マイカーローン
  • フリーローン「おまかせ!もみじ君」
  • 多目的ローン
  • カードローン「マイカード プレミアム」
  • カードローン「マイカードもみじ君」
  • ミニカードローン

審査基準

一般的に銀行は審査が厳しいと言われていますが、もちろんもみじ銀行も例外ではありません。ここでは審査を通過させるために、知っておきたい審査で重視されるポイントについてご紹介します。

  • 年収
  • 借入希望額
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 他社借入件数
  • 他社借入総額
  • 個人信用情報機関での履歴

審査では上記の7点が重視されます。どれも重要な項目ですが、最も重要視されるのは年収に対する借入希望額です。特に担保なしのローンでは借入希望額が年収の1/3を超えると、返済困難になる可能性が高いため、融資はとても難しくなります。

勤務先や勤続年数は安定した収入が継続することをチェックするのに使われます。公務員や大手企業勤めは倒産やリストラのリスクが低いため審査ではかなり有利です。反対に個人事業主やアルバイトといった収入が不安定な人や、会社を辞めやすい勤続年数が短い人は、審査ではマイナス評価されます。

他社からの借入がある場合も、審査ではマイナス評価です。借入額はもちろんのこと、借入件数が多いと多重債務者と判断される可能性があります。確実に審査を通したいなら、他社借入を減らし、使っていないローンなどは解約しておきましょう。

もちろんブラックリスト入りしている人は、100%融資を断られます。過去に債務整理をした人や、滞納履歴がある人は、個人信用情報機関の金融事故履歴が消えるまでは、借入れを諦めておとなしくしておきましょう。

借入方法

借入方法は大きく分けて3種類あります。

  • 口座への振り込み融資
  • ATMでの借り入れ
  • 支払先への振り込み

基本的には口座への振込での融資となりますが、ローンの種類によっては銀行から直接支払い先に振り込みされるケースもあります。ATMから借り入れできるのは、カードローンのみです。ローンカードやキャッシュカードを利用して、ATMから限度額の範囲内でお金を借りることができます。

返済方法

マイカードプレミアム
カードローン「マイカードもみじ君」
・毎月定例返済(基準日残高に応じて返済額が決定)
・随時返済可

ミニカードローン
・随時返済

新型住宅ローン
もみじ借換専用住宅ローン
アパートローン(中総信保証)
無担保住宅ローン
空き家対策ローン
UJIターン者向け住宅ローン
フリーローンおまかせ!もみじ君
マイカーローン
多目的ローン
不動産担保ローン「ジャンボローン」
・元利均等毎月返済(ボーナス返済併用可)
・繰り上げ返済:◯(有料)

フラット35
・毎月元利均等分割返済または毎月元金均等分割返済
・繰り上げ返済:◯(無料)

学資ローン
・在学期間中は元金返済据え置きが可能
・元利均等毎月返済(ボーナス返済併用可)
・繰り上げ返済:◯(有料)

フリーローン「つかえる!もみじ君」
・元利均等毎月返済
・繰り上げ返済:◯(有料)

創業支援「女性活躍応援融資(愛称:イロハモミジ)」
・返済方法不明
・繰り上げ返済:不明

まとめ

もみじ銀行のローンの種類について説明してきましたが、どのようなラインナップになっているのか理解できたでしょうか?ローンの種類もそれほど多くなく、住宅ローンを除けば、どんなときにどのローンを利用すればいいのか、なんとなくでも把握できたかと思います

住宅ローンはホームページを見ているだけでは、最適な商品選びがかなり難しいため、できれば申し込み前に窓口で相談してみましょう。ローンの内容をきちんと把握して利用しないで契約すると、得しているつもりで損をしている可能性もあります。

ローンは専門用語も多くて理解しづらいところもあります。ホームページを見ても情報量が多すぎて、何が重要なのか分からないという人もいると思います。そういう人も、自分でなんとかしようとするのではなく、しっかりとした知識を持ったもみじ銀行の窓口で相談してから、お金を借りるようにしましょう。

Share Tweet LINE

page
top