grape [グレイプ]

就職内定の段階でお金を借りることはできる?

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

内定者でもお金は借りられる?

就職が決まってから実際に勤務するまでには、卒業の準備や旅行、新生活の準備など、様々な場面でお金がかかるものです。内定の段階でお金を借りることはできるのでしょうか。

「内定」は将来的に働いて安定した収入を得ることが決定しているようなものです。しかし入社するまではあくまでも無職ですので、審査には通らないんじゃないかと考える方も多いでしょう。しかし場合によっては審査に通る場合があります!

そこで、この記事では内定が決まった人がお金を借りる方法を紹介していきます。どうしてそんなことが可能なのかも解説しているので、就職することが決まっている人は必見です。

お金を借りるのに重要なのは収入

審査の際に最も重要視されるのは収入です。なぜなら、お金を借りたあとは毎月決まった金額を返済していかなくてはいけないためです。

消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングの場合、貸金業法の総量規制によって年収に対する借入金額が総額3分の1までと決まっています。年収が300万円の方は複数の会社の金額を合わせて100万円まで、ということになります。

収入がない場合は3分の1に値する金額もゼロになりますので、申込時点で年収ゼロの場合はお金を借りられません。

しかし、銀行なら総量規制の対象外なので学生でもお金を借りられるチャンスがあるのです。それについて次の章で詳しく解説していきます。

銀行のカードローンならチャンスがある

銀行の融資は先ほど紹介した総量規制の対象外です。審査によって支払い能力があると判断されれば、年収に縛られることなくお金を借りることができます。

銀行によって審査基準は異なるため、どの銀行でもお金を借りられるわけではありませんが、大手の銀行は内定者でもOKというところがあるようです。申込前に問い合わせなどをして確認しましょう。

収入がない場合、審査に通ったとしても借りられるお金は低めです。10万円~多くても50万円程度になるケースが多いようです。しかし実際に勤務を始めて安定した収入を得るようになり、延滞なく返済を続けていれば融資可能額がアップする可能性が大きいです。

学生不可のところは×

ローンは申込できる年齢に達していれば大学生でも申込ができますが、申込条件に「学生不可」と記載がある場合は採用が決まっていても審査に通りません。必ず条件を確認しましょう。

正社員でないと×

「内定」というと大半が正社員での採用を指すでしょう。しかしアルバイトの採用でも「内定」と呼ぶ場合もありますね。就職予定者がローンの審査を受けられるのは、あくまでも正社員としての雇用が決まっている場合です。アルバイトで働く予定の場合は断られます。

では、実際にどんな人なら審査に通過できるのでしょうか?詳しく解説していきます。

審査に通る可能性がある内定者はどういう人?

銀行のカードローンは年々審査が厳しくなってきています。過剰な貸し出しで返済できない人が増えているため、規制が強化されているのです。そのため、内定が決まっているとはいえ学生は非常に不利な立場になります。そこで、どんな人なら大丈夫なのか紹介していきます。

上場企業や公務員の採用が決まっている人

ローンの審査においては、勤務先の規模も影響します。万が一会社の経営が破綻すると収入がなくなって返済ができなくなるためです。

内定の場合も同じことが言えます。上場企業や公務員の内定があると、審査に通る可能性が上がるといわれています。逆に小規模の企業の場合はいくら就職が決まっていても審査が厳しくなります。

審査の時に必要な書類は?

就職予定の人が審査を受けるためには、本人確認書類とは別に4月から勤務予定であることを証明する書類「内定通知書」もしくは「採用通知書」「内定証明書」などが必要になるケースが非常に多いです。

内定証明書とは?

採用が決定すると、採用試験の結果を通知する「採用通知書」や内定が決まったことを通知する「内定通知書」が発行されます。また、内定式などで証明書を直接渡す企業もあります。正社員として勤務することを約束する非常に重要な書類です。

しかし近年では、証明書や通知書を紙で発行せず、メールの文面で内定を通知する企業も増えています。

証明書はどうやって発行してもらう?

金融機関からは、内定証明書を紙面で用意するようにと言われる可能性が高いです。企業の採用担当の部署に連絡をし、紙で発行してもらえるよう依頼をしましょう。

証明書はお金を借りる時だけではなく、部屋を借りる際にも必要になるケースが多いです。発行してもらうための理由に困ったら「部屋を借りるため」と伝えるとよいでしょう。

入社後さらに書類の提出が必要なこともある

入社して実際に働き始めてから、別の書類を提出しなくてはいけないケースもあります。金融機関によって異なりますが、以下のものを求められる場合が多いようです。

社員証
全ての企業で発行されているわけではありませんが、ある程度社員の多い会社の場合、入社後に写真入りの社員証が発行されます。

給与明細書
会社名と収入が記載されていますので、審査の大きな材料となります。金額によっては融資額が上がる可能性もあります。

勤務先の名前が入った保険証
法人で従業員が1人以上いる事務所、もしくは従業員が5人以上いて指定された業種の個人事業所は社会保険への加入が義務付けられています。会社で正社員として働くようになった場合、国民健康保険証ではなく、勤務先の名前が入った社会保険証もしくは組合保険証が発行されるはずです。

その勤務先に勤めているという大きな証拠になりますので、提出を求める金融機関が多いです。

採用先に在籍確認の電話はある?

会社に担当者の個人名で「○○さんいますか?」と電話をかけ、申込者が実際に勤務しているかどうかを確認することを「在籍確認」と呼びます。お金を借りる上では非常に重要で、審査の際には必ず行われます。

電話をするかは金融機関による

勤務予定の場所に電話をするかどうかは金融機関によって違います。不安な方は申込前に確認するとよいでしょう。実際には「○月から勤務予定の○○さんいますか」等と電話をするようです。

電話をかける際は、お金を借りる審査だということがバレないよう、細心の注意を払っています。しかし、電話に出る人によっては在籍確認の電話と気づいてしまうこともあります。その際、まだ入社前なのにお金を借りようとしているということで、イメージダウンは避けられません。

在籍確認がとれなかった時は

就職予定者は実際に会社に勤務しているわけではないので、実際に在籍確認を取るのは難しいのが現状です。そのことは金融会社の社員も分かっていますので、在籍確認が取れないことが原因で審査に落ちることはありません。

他に内定者がお金を借りる方法はある?

銀行カードローンなら内定者でもお金が借りられるものの、用意する書類や在籍確認のリスクなど、そう簡単ではありません。できればもっと簡単な方法はないかと思う人も多いでしょう。そこで、その他の方法についても紹介していきます。条件はありますが、自分がそれを満たしていれば問題ありません。

アルバイトをしていれば消費者金融も可

アルバイトなどで少しでも収入があれば、消費者金融の審査に通る可能性があります。

ほとんどの消費者金融会社において、お金を借りることができる枠の下限は10万です。総量規制の決まりに従った場合、10万の枠を取るのに必要な年収は最低30万。一般的な学生アルバイトならそれ以上は稼いでいるはずでしょう。

学生アルバイトの場合、実際に消費者金融で借りられるお金は10万~30万程度とされていますが、正社員になって収入が上がり、誠実な取引を続けていれば利用可能額が上がる可能性は非常に高いです。

配偶者に安定した収入がある場合に申し込めるカードローンもある

銀行のカードローンの場合、配偶者が安定した職についていれば申し込めるカードローンもあります。配偶者の収入で審査を行いますが、原則として会社に在籍確認行いませんので家族にバレることはありません。

借りることができるお金は会社や審査によって決まるため一概には言えませんが、10万~50万程度とされています。

☆例:楽天銀行スーパーローン(カードローン)

  • 年齢:20歳以上62歳以下(専業主婦は60歳以下)
  • 限度額:最大800万円
  • 利率:年1.9~14.5%

(2018/01/15時点)

楽天株式会社の楽天銀行が展開するカードローンです。webから好きな時に申し込むことができ、来店不要で契約を完了することができます。配偶者に安定した収入がある主婦でもお金を借りられるのが特徴です。専業主婦の場合限度額は50万円まで。

内定者向けのローン商品も増えている!

近年ではろうきんや地方銀行などで「大学卒業予定者向けローン」という金融商品が展開されています。まだ大学などの学校を卒業しておらず、就職前でもお金を借りることができるローンです。

申込期間は10月1日以降~3月までの期間限定であることが多いです。また、金融機関によって地域が限定されていることもあるので、申込前に条件を必ず確認してください。いくつか例を紹介します。

※2017年度の情報です。最新の情報はホームページを確認してください。

東京都民銀行「大学卒業予定者ローン」

【申込条件】
以下のすべてに該当する方

  • 平成29年9月~平成30年3月に大学等を卒業予定(既卒者は不可)
  • 年齢が20歳以上30歳未満
  • 4月以降の勤め先が決まっている方
  • 勤務先が東京もしくはその周辺
  • 個人信用情報センターに事故情報がない方

【申込に必要なもの】

  • 本人確認書類
  • 在学を確認できる書類(学生証、在学証明書、卒業見込証明書のどれか)のコピー
  • 内定通知書のコピー
  • 東京都民銀行の普通預金口座の通帳と印鑑

東京もしくは近辺に勤務予定の人が申し込める内定者向けローンです。旅行や自動車免許取得など、いろいろな用途に使えます。融資金額は最大50万円まで、初給与前までは元金を据置できます。金利は年8.8%の固定ですが、東京都民銀行の口座を給与振込先に指定すると金利の引き下げを受けられます。

武蔵野銀行「むさしの新卒予定者応援ローンROOKIE」

【申込条件】
以下の全てに当てはまる個人の方

  • 就職後に東京都内か埼玉県内に自宅もしくは勤務先がある方
  • 年齢が20歳以上30歳以下、完済予定時に35歳以下
  • 本年度中に大学などを卒業予定の方
  • 4月からの勤務が内定している方
  • 延滞などの事故情報がない方

【申込に必要なもの】

  • 本人確認書類
  • 在学が確認できる書類(学生証・卒業見込み証明書のコピー)
  • 既に卒業している場合はそのことが確認できるもの
  • 内定通知書
  • 武蔵野銀行の通帳と印鑑

埼玉・東京都限定の新卒予定者向けローンです。限度額は30万円まで、利息は年8.0%の変動金利制です。webダイレクトの取引や給与振込先の指定によって最大6.0%まで金利が下がります。就職の半年前から就職後の3か月までは元金の返済を据え置くことができます。

まとめ

☆銀行のカードローンなら申し込める可能性があります
消費者金融は年収によって限度額が制限される総量規制があるため不可。銀行のみであることに注意しましょう。銀行によっては内定者の申込を受け付けていなかったり、在籍確認を行ったりすることもあるので、実際に申込をする前に必ず問い合わせをすること。

☆バイトをしていれば消費者金融もOKです
少しでも収入があれば消費者金融のローンも審査に通る可能性があります。

☆内定者向けのローンもあります
地方銀行やろうきんなどでは、就職予定者が申し込めるローンもあります。近くの地方銀行の情報を確認してみましょう。

以上のように、内定者でも場合によってはお金を借りることができます。急な支出があっても慌てず、自分に合った方法を探しましょう!

すぐにお金借りたい!最短1時間融資可能なカードローン

  1. プロミス

    プロミスプロミス
    実質年率 4.5%〜17.8%
    利用限度額 最大500万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は30日間無利息
    • 郵送物なし、カードレスで誰にもバレない
    • WEB申し込みで最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  2. SMBCモビット

    SMBCモビットSMBCモビット
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 10秒簡易審査
    融資スピード 最短即日※
    • 10秒簡易審査で結果がすぐわかる!
    • WEB完結申込で郵送物/電話連絡なし!
    • 近くの銀行/コンビニで24時間利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  3. アイフル

    アイフルアイフル
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめてなら最大30日間無利息
    • 審査回答は最短30分!即日融資も可能
    • 誰にも知られずに利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  4. アコム

    アコムアコム
    実質年率 3.0%~18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は最大30日間利息0円
    • 最短30分で審査回答!
    • 最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

Share Tweet LINE

page
top