grape [グレイプ]

何歳からお金を借りることができる?年齢制限の基礎知識

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

銀行などのカードローン商品を見ると、20歳から65歳くらいまでしか利用できなくなっています。年齢制限の下限はどこでも同じようになっていますが、これは法律か何かで決まっているのか気になりますよね。実はこれ、ちゃんとした理由があります。

  • 何歳からお金を借りることができるの?
  • 未成年だと借りられない?
  • 高齢者だと借りられない?
  • 年齢制限をクリアしていれば必ず融資を受けられる?

ここではカードローンやクレジットカードなどの年齢制限について、その情報をまとめています。未成年や高齢者で融資を受けられなくて困っている人や、これから利用する人で年齢制限に引っかからないか不安な人は、ぜひ参考にしてください。

お金を借りることができるのは20歳から

法律上はお金を貸していい年齢というものは定められていません。小学生がお金を借りても法律で罰せられることはありません。それではどうして、カードローンのように未成年には融資をしない金融商品が多いのでしょう?

これは民法によって、未成年は契約行為を行えないと決められているからです。正確には法律行為を行えないと定められています。その法律行為に契約が含まれているため、未成年は親の同意がなければ契約を結ぶことができません。

例えば古本屋に本を売るのも、未成年は親の同意がないとできません。これも売買契約ができないためです。金融業者が親の同意なしでお金を貸すと、その契約はなかったことにされても文句は言えません。そうなると悪用する人が出てくるのは容易に想像できますよね。

このため、リスク回避のために、金融業者はローン商品の利用開始を20歳以上としています。学生ローンのように、未成年でも融資をするケースもありますが、そのほとんどが親の同意が必要で、なおかつ親が保証人になるなどの利用条件があります。

一般的には20歳以上にならないと、お金を借りることができないと覚えておきましょう。

ちなみに、法改正により成人年齢の引き下げが検討されています。選挙権が18歳からに引き下げられたのは記憶に新しいかと思います。もし実際に18歳以上を成人とするようになった場合は、ローンを利用できる年齢も変更される可能性があります

主なカードローンの年齢制限一覧【銀行編】

商品名 年齢制限
みずほ銀行カードローン 20歳以上66歳未満
三菱UFJ銀行バンクイック 20歳以上65歳未満
三井住友銀行カードローン 20歳以上69歳以下
イオン銀行カードローン 20歳以上65歳未満
オリックス銀行カードローン 20歳以上69歳未満
セブン銀行カードローン 20歳以上70歳未満
楽天銀行スーパーローン 20歳以上62歳以下
りそな銀行プレミアムカードローン 20歳以上60歳未満
りそな銀行クイックカードローン 20歳以上66歳未満

主なカードローンの年齢制限一覧【消費者金融編】

会社名 年齢制限
アイフル 20歳以上(70歳で新規融資停止
アコム 20歳以上70歳未満
プロミス 20歳以上69歳以下
SMBCモビット 20歳から69歳

クレジットカードは未成年でもお金を借りることが可能

カードローンはいずれも20歳以上しか利用できませんが、実はクレジットカードなら未成年でもお金を借りることができます。クレジットカードは買い物に使うものだと思っているかもしれませんが、実はお金を借りる機能も備わっています。

どこのお店でもカード払いができるわけではありませんので、そういうときに現金払いができるように、クレジットカードにはキャッシング枠というものが設けられています。コンビニや銀行のATMを使って利用限度額まで借りることができるのですが、このクレジットカードのキャッシング枠は未成年でもつけることができます。

クレジットカードなら未成年でも借りることができる理由は、少額融資であることと、親の同意が必要だということにあります。もし本人が返済できなくなったときに、親が代位弁済するため、カード会社はリスクなく融資できるというわけです。

ただし、どんなクレジットカードでも利用できるわけではありません。クレジットカードそのものは作れても、キャッシング枠を設定してもらえません。確実なのは学生向けのクレジットカードを利用することです。例えば三井住友VISAデビュープラスカード(学生)なら、キャッシング枠が最大5万円まで用意されています。

たった5万円と思うかもしれませんが、学生という立場で融資をしてくれるのは、ほとんどが10万円以下です。学生がクレジットカードで借りられる額はとても低く設定されているということを頭に入れておきましょう。

その他のローンの年齢制限

ここまでカードローンとクレジットカードのキャッシングについて、年齢制限を説明してきましたが、他のローン商品の年齢制限も見てみましょう。

学費ローン・教育ローン

商品名 年齢制限
三井住友銀行教育ローン 20歳以上65歳以下
JAバンク教育ローン 20歳以上71歳未満
三菱UFJ銀行「ネットDE教育ローン」 20歳以上70歳の誕生日まで
イオン銀行教育ローン 20歳以上70歳未満
楽天銀行教育ローン 20歳以上62歳以下

自動車ローン

商品名 年齢制限
三井住友銀行マイカーローン 20歳以上65歳以下
JAバンクマイカーローン 18歳以上71歳未満
三菱UFJ銀行ネットDEマイカーローン 20歳以上70歳の誕生日まで
イオン銀行自動車ローン 20歳以上60歳未満

住宅ローン

商品名 年齢制限
三井住友銀行住宅ローン 20歳以上70歳未満
JAバンク住宅ローン 20歳以上66歳未満
三菱UFJ銀行住宅ローン 20歳以上70歳の誕生日まで
イオン銀行住宅ローン 20歳以上71歳未満
楽天銀行住宅ローン 65歳6ヶ月未満で完済時年齢が80歳未満

未成年がお金借りる方法

いくつものローン商品を紹介してきましたが、未成年がお金を借りるときには年齢制限に引っかかるケースがほとんどですよね。それではローンやキャッシングも含め、どうすれば未成年がお金を借りるのかをまとめてご紹介します。

親から借りる

最もシンプルな方法は親から借りることです。遊びやギャンブルに使うお金でなければ、親もなんとか工面してくれるはずです。関係があまり良くない場合など、親を頼れないという人もいるかもしれませんが、まずは相談してみましょう。もちろんきちんと返す約束もしてください。

親に同意してもらいクレジットカードのキャッシングを使う

これはすでに紹介した方法ですが、親の同意があればクレジットカードにキャッシング枠を付けられます。借りられる額がとても少ないというデメリットはありますが、それほど多くの額を必要としない場合には適しています。

アルバイト先で前借りする

あまり知られていませんが、居酒屋グループのモンテローザでは給料の前借りが出来ます。それもスマホやパソコンから申請しますので、店長や上司にお願いせずにお金を借りることができます。店長がオーナーのような小さなお店でも、良好な関係を築けていればお願いすると、前借りさせてくれることもあります。どうしてもお金がいる場合は、ダメ元でお願いしてみましょう。

中高生がお金を借りる方法

未成年の中でも中高生が借りるとなるとかなりハードルが上がります。まず絶対にしてはいけないこととして挙げるのが「友だちから借りる」ことです。友だちから借りるなら、翌日までに返せる額までにしておきましょう。すぐに返さないと、貸した貸さないでトラブルになる可能性があります。

基本はやはり親から借りるべきですが、親に切り出しにくいときは、おじいさんやお婆さんに相談してみましょう。学業や生活に関するお金であれば学校の先生に相談するという方法もあります。先生からは貸してもらえないと思いますが、解決方法は考えてもらえます。

高齢者でもお金を借りる方法は色々ある

ローン商品の年齢制限を見てみると、商品によって上限はまちまちですが、ある程度の年齢になると融資を受けられなくなるのがわかります。これは、様々な返済されなくなるリスクを避けるためで、最大でも70歳くらいまでしかお金を借りることができません。

それでも高齢者だからこそ、お金が必要になることもありますよね。そんなときにどこから借りることができるのかについてご紹介します。

年金担保貸付制度を利用する

原則として年金を担保にしてお金を借りることは認められていません。ところが福祉医療機構の年金担保貸付制度だけは、年金を担保にお金を借りることが出来ます。借りられる額の上限がありますが、低金利でお金を借りることができます。

ただし、この制度は廃止が決定していますので、いずれなくなってしまいます。いつまでも頼れませんので気をつけてください。

生活福祉資金貸付制度を利用する

生活福祉資金貸付制度は低所得者世帯や障害者世帯、そして高齢者世帯に貸付を行う、国のセーフティーネットのひとつです。生活保護を受けるほどでなく、それでも金融業者から借りることができないときに利用できます。連帯保証人を立てれば無利子で借りることができます。

借りるまで時間がかかること、そして審査落ちする可能性がありますが、どこからも借りることができなくなったときには、この制度を頼ってください。

リバースモーゲージを利用する

あまり知られていない融資方法ですが、高齢者は自分の資産である持ち家を担保にしてお金を借りることができます。家を売却せずに、大きなお金を借りることができる制度で、契約者が死亡したときに、持ち家を売却して借金の返済を行います。もちろんそれまでに完済できれば、家を売却する必要はありません。

マンションや一部地域では利用できないなどの制限があり、推定相続人の同意が必要です。それでも、どこからもお金を借りられなくなったときの対処方法のひとつとして、覚えておきましょう。

年齢制限をクリアしても審査に落ちることがある

カードローンを利用する条件として年齢制限をクリアしているのに、なぜか審査落ちすることがあります。実は審査で見ているのは年齢だけではなく、「貸したお金をきちんと返してくれるのか」という点であり、年齢は審査を受けるための条件でしかありません。審査に落ちる理由としては次のようなものが挙げられます。

  • 年収に対して融資希望額が多すぎる
  • 安定した収入がないと判断された
  • すでに複数社からの借入がある
  • ブラックリスト入りしている

この4点が審査落ちする大きな理由です。きちんと返してくれるかどうかという点では、安定した収入があり、計画的な返済が可能であることをチェックされます。そのため、今の年収ではどう考えても返済できないような借り入れや、収入が不安定だと判断された場合は審査に落ちます。

また、他社からの借入れがある場合には、借金が増えることになりますので返済が滞る可能性があります。このため、複数社から借りていたり、借入額が多かったりする場合には、年齢制限をクリアしていても融資を断られます。

そして一番注意したいのが、ブラックリスト入りしているかどうかということです。最近では携帯電話料金の滞納でブラックリスト入りするケースが増えています。ブラックリスト入りすると、その他の条件を満たしていても、カードローンの利用はできません。

審査に通るための対策

審査に落ちる理由がわかれば、対策を立てるのも難しくありません。審査に通るためにどのような対策をすべきかについてご紹介します。

利用していないクレジットカードやカードローンは解約する

金融業者は他社からの借入れを嫌います。実際に借りていなくても、すぐに借りられる状態にあるものは「借りている」と同じ状態にみなされることがあります。このため、使っていないカードローンや、キャッシング枠のあるクレジットカードが審査ではマイナス評価となります。

それらがある場合には、すべて解約しましょう。クレジットカードの場合は、キャッシング枠を0円にするだけでもかまいません。他社から簡単に借りられる状況を改善した上で申し込みを行ってください。

融資希望額を年収の1/3以下にする

消費者金融などの貸金業者には、総量規制と言って年収の1/3までしか融資をしてはいけないというルールがあります。また、銀行でも貸し過ぎを防ぐために同じく年収の1/3くらいまでしか融資をしてくれません。さらに初めての利用の場合は、信用がないため数十万円しか融資しないという金融業者もいます。

お金を借りるときは、ついつい余裕を見て多めに借りようとしてしまいますが、これが審査落ちに繋がります。審査を通すためには、必要最低限の希望額で申告をしましょう。もちろん、年収の1/3までに抑えることも忘れなでください。

勤続年数が1年以上になるまで待つ

金融業者は安定した収入があることを重視します。入社して1年経過していない人は、会社を辞めやすい傾向にあるため、審査においても勤続年数が短い人は、かなり不利な立場です。もし、あと数ヶ月で勤続年数が1年以上になるなら、それまで審査を受けるのを待ちましょう。

どうしてもすぐに借りたいという場合には、銀行ではなく消費者金融で申込みをしてください。消費者金融は高金利にすることで、幅広く融資を行っています。決して審査が甘いということはありませんが、勤続年数に関しては銀行よりも制限が低めになる傾向があります。

まとめ

ここまで、カードローンを含むローン商品の年齢制限についてご紹介してきました。未成年や高齢者が借りにくい理由や、その対処方法について理解できたかと思います。復習の意味も込めて、ここでは重要なポイントをまとめてご紹介します。

  • 未成年は民法により契約行為ができないためカードローンなどは利用不可
  • クレジットカードのキャッシングの少額利用であれば借りられる
  • クレジットカードで借りる場合には親の同意が必要
  • 未成年が借りるなら基本は親に相談する
  • 高齢者は年金担保貸付やリバースモーゲージを利用する
  • 年齢制限をクリアしていても審査落ちすることがある

カードローンなどの金融業者が用意ししている各種ローンは、基本的に働いて収入がある人のための商品です。このため、労働者ではない人への融資は基本的に行っていません。ただし、未成年でも働いている人はいますし、高齢者でもお金が必要になることもあります。

そういうケースに対応した金融商品もありますので、ここで紹介した方法でお金を借りるようにしてみましょう。ただし、どこで借りるにしても、きちんと返済計画を立てた上で、利用申込みをしてください。

すぐにお金借りたい!最短1時間融資可能なカードローン

  1. プロミス

    プロミスプロミス
    実質年率 4.5%〜17.8%
    利用限度額 最大500万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は30日間無利息
    • 郵送物なし、カードレスで誰にもバレない
    • WEB申し込みで最短1時間融資も可能
  2. SMBCモビット

    SMBCモビットSMBCモビット
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 10秒簡易審査
    融資スピード 最短即日※
    • 10秒簡易審査で結果がすぐわかる!
    • WEB完結申込で郵送物/電話連絡なし!
    • 近くの銀行/コンビニで24時間利用可能
  3. アイフル

    アイフルアイフル
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめてなら最大30日間無利息
    • 審査回答は最短30分!即日融資も可能
    • 誰にも知られずに利用可能

    ※現在当サイトからご紹介不可となります。

  4. ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

Share Tweet LINE

page
top