grape [グレイプ]

債務整理中にお金を借りるのはNG?どうしてもお金が必要なときの対処方

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

自己破産や任意整理などの債務整理をしているときに、弁護士から「整理中は借り入れをしないように」と注意を受けます。しかし、お金に困っていればそうもいきません。

  • なぜ債務整理中にお金を借りてはいけないの?
  • 審査にはどんな影響が出る?
  • どんな金融業者なら利用可能?
  • 債務整理後なら大丈夫?

ここではそんな疑問を解決するために、債務整理と借り入れの関係について分かりやすく説明します。安易にお金を借りようとすると、大きなトラブルに繋がる可能性もあります。自己破産や任意整理をする人は、しっかりと頭に入れておいてください。

債務整理中と債務整理後の定義

債務整理と借り入れの関係を理解するためには、まずは債務整理の定義について知っておく必要があります。よく使われる言葉ですが、手続き中と手続き後には明確な違いがあるので定義を確認しましょう。

債務整理中とは

この期間には2つの考え方があります。始まりはいずれも弁護士などに整理を依頼した時点ですが、終わりとするタイミングの考え方に違いがあります。

  • 弁護士や裁判所の手続きが終わるまで(狭義)
  • 債務整理で定められた残りの借金を完済するまで(広義)

自己破産の場合は、手続きが終われば借金がなくなりますので、狭義でも広義でも期間は同じですが、自己破産や個人再生の場合は、手続きが完了した後から借金の返済が始まります。このため、手続き期間と返済期間の2つの期間に分けて考える必要があります。

狭義では手続き期間だけが該当し、広義では手続き期間と返済期間の両方が該当します。少し複雑なのですが、この狭義と広義の考え方を混同しないようにしましょう。

債務整理後とは

債務整理後は、全ての処理が終わってからブラックリストの履歴が消えるまでの期間を示します。どこから始まるかの考え方はいくつかありますが、この記事では借金をすべて返済した時点から、ブラックリストの履歴が消えるまでとして説明します。

債務整理中でもお金を借りることはできる

債務整理中であっても、お金を借りることは可能です。しかしリスクを伴うこともあるので、慎重な行動が求められます。債務整理と言ってもいくつかの種類があるので、それぞれのケースごとにお金を借りることができるのかについてご紹介します。

任意整理中はお金を借りることはできない

任意整理は、借金の元金だけを返済していく方法です。整理後は利息を支払う必要がなく、さらに返済可能な金額に見直してもらえます。金融業者にしてみれば、貸した額だけは返ってきますので、大きな損失が発生しないという特徴があります。

大きな損失を出してないなら、またお金を借りてもいいかというと、そういうわけではありません。任意整理は弁護士が現状を踏まえた上で債権者と話し合いをしています。

弁護士に依頼した段階で、借金が300万円あったとします。弁護士はこの300万円をどうやって無理なく返済していくかを考えて交渉をしていますので、勝手に借入をして借金が400万円に増えてしまったら、弁護士のしていることがすべて無駄になってしまいます。

これではいつまで経っても任意整理が終わりません。任意整理中をきちんと成立させるには、全てが終わるまでは借金を増やしてはいけません。

個人再生中はお金借りれる

個人再生は一部の財産を維持しながら、借金を大幅減額できる債務整理方法です。例えば持ち家の処分をしたくないけど、任意整理で返済しきれない額の借金があるようなケースで利用します。このようなときにお金を借りることができるのでしょうか?

個人再生の手続きは弁護士に依頼することになりますが、実際の判断を行うのは裁判所です。裁判所にバレなければ、融資を受けられるのでは?そう思う人もいるかもしれません。もちろん、バレなければお金を借りることができるかもしれませんが、バレてしまうと手続きが棄却されることもあります。

棄却されるかどうかは、借り入れが悪質かどうかによって変わります。基本的に、新規の借り入れは個人再生による減額の対象から外されます。その上で、同情できるような理由の借り入れではない場合、例えばギャンブルなどに使うための借入は、個人再生の申し立て自体が棄却されてしまいます。

自己破産中はお金を借りることはできない

自己破産は、借金も財産もゼロにする債務整理方法です。借金がゼロになる代わりに、持ち家などの資産も売却されてしまいます。生活をするために必要な最低限の現金や、売却しても価値のない家電や生活必需品などは維持できますが、ゼロからのスタートをするのが自己破産です。

そんな自己破産の処理中に借り入れをするとどうなるのでしょう?

自己破産をするときには、すべての借金を届け出しなくてはいけません。このため、手続き中の借り入れが発覚すると、届け出のできていない借金が発生してしまいます。この結果、免責不許可事由として自己破産が認められなくなります。

バレなければ大丈夫だと思うかもしれませんが、ほぼ間違いなくバレてしまうと考えてください。そのときのリスクを考えると、自己破産中の借り入れはほとんどメリットがありません。

債務整理中にお金を借りると手続きを進められなくなる

債務整理中の借金は、可能ではあるもののかなりハイリスクな行為と言えます。もし、その時お金を借りるとどうなってしまうのでしょうか?

まず任意整理ですが、これは弁護士と債権者が話し合いをしていますので、この途中での借り入れをするというのは、弁護士の仕事が無駄になります。依頼をしておきながら、仕事の邪魔をするようなものですので、弁護士はこの手続きから手を引くことになります。

個人再生の場合は、新規の借り入れが発覚した段階で裁判所が申し立ての棄却を行います。もちろん弁護士も、それ以上の面倒を見てくれることはありません。ただし、任意整理も個人再生も返済期間中の借り入れに関しては、咎められることはありません。手続きの最中だけ我慢する必要があります。

自己破産の場合は、すでに説明したように免責不許可事由になりますので、自己破産が認められなくなってしまいます。どうしてもお金が必要なときは弁護士に相談しましょう。

債務整理中であることは審査でバレる

債務整理中に黙ってローンを契約しようとしても、審査の際に確実にバレてしまいます。まず弁護士に手続きの依頼をすると、債権者に対して弁護士が受任通知を送ります。この段階で返済が一度止まってしまいますので、金融業者は個人信用情報機関に対して金融事故として登録します。つまり、ブラックリストに登録されるのです。

そうなると、ほぼすべての金融業者が債務整理中であることを把握できるようになるのです。大手の消費者金融や銀行は、審査の際に必ず個人信用情報機関の情報を参照します。ブラックリストに載っているとなれば間違いなく融資を断ります。金融業者は確実に返済してくれる人にしか融資をしてくれません。

ただし、世の中にはそういう状態の人たちに対して融資を行っている金融業者もあります。どのような金融業者が貸し付けをしてくれるのかについて次項で見ていきましょう。

中小の消費者金融なら債務整理中でも借りることはできる

お金を貸してくれる会社というのは、大手の消費者金融や銀行だけではありません。テレビCMなどで見かける業者以外にも、消費者金融は存在するのです。
普通であれば、安心感を重視して名の通った銀行や消費者金融を利用します。しかし既に紹介した通り、債務整理中はこうした会社のカードローンを利用することはできません。そこで、中小の消費者金融の存在が浮かび上がってきます。

中小の消費者金融は利用者が少なく、多少条件が悪くても人を選んでいる場合ではありません。ブラックリストリスト入りしていても、安定した収入があるなら融資を行ってくれることもあります。

そもそも、中小の消費者金融の中には個人信用情報機関の情報を参照しないところもあります。独自の審査基準を設けて、融資の可否を判断するのです。

このため、中小の消費者金融なら整理中でもお金を借りることができるのです。しかし、これにもリスクが伴います。もしバレたら債務整理が認められなくなる可能性がとても高くなるのです。

「借りることができる」と「借りてもいい」は必ずしも同じ意味ではないという意識を常に持っていましょう。返す当てがないお金は借りない。当たり前のことですが、お金に困ったときにはついつい忘れがちですので注意してください。

銀行や大手消費者金融が融資しないというのは、意味があってそう判断していることですので、安易に中小の消費者金融を頼らないようにしましょう。

ヤミ金業者からは絶対に借りない

そして最も注意すべき事は、弱った所につけ込むヤミ金業者の存在です。ヤミ金業者とは違法な利率で貸付を行う無許可の金融業者なのですが、問題なのは違法な利率だけでなく、言葉巧みに搾り取れるものを限界まで搾り取ろうとするその姿勢にあります。

まず金利ですが、ヤミ金業者ではトサンと呼ばれる金利が一般的です。「トイチ」という10日で1割の金利というのは耳にしたことがあると思いますが、トサンでは10日で30%もの金利が発生します。10万円借りるときには、3割の金利分を差し引いた7万円が融資され、10日後までに10万円返済しなくてはいけません。

返済できないときには、次の利息分(3万円)だけ返済を求められます。この状態になると、永遠に10日毎に3万円失うことになります。借りるときはみんな10日で返済するつもりですが、それができないような状態ですから正規の金融業者は融資を断っているわけです。

どこも貸してくれなくなると、そんなヤミ金業者ですら神様のように思えてしまいます。そしてなぜか自分だけは大丈夫だという根拠のない自信によって利用してしまうのですが、もちろんそんなうまくいくことはなく、泥沼にハマってしまいます。

ヤミ金業者は百害あって一利なしです。それを利用するしかない時点で金銭面では行き詰まっていますので、絶対に利用しないようにしてください。

債務整理後も原則として借り入れ不可

手続き中や返済中は、お金を借りることがとても難しいことは理解できたかと思います。それでは債務整理後の借り入れは可能なのでしょうか?

ず銀行や大手消費者金融ですが、ブラックリスト状態が終わるまでは借り入れ不可だと考えてください。ブラックリストだから融資を行ってはいけないというわけではありませんが、返済される可能性がとても低く、信用もゼロですので融資をする理由がありません。

また、個人信用情報機関の金融事故履歴が消えても、債務整理の対象となった金融業者や、その関連会社には事故の履歴が残ります。その金融業者はブラックリストが解消されても、審査落ちする可能性がありますので注意してください。

中小の消費者金融であれば、整理中と同様に審査を通過することもあります。過去はどうであれ現在の返済能力があるなら積極的に融資を行うという経営方針だからです。ただし、そのような消費者金融でも審査が甘いわけではありません。

返済できる可能性をきちんと審査されますので、安定した収入がない場合に融資をしてくれることはまずありません。「無職でもOK」などとアピールしている金融業者は、ほぼ間違いなくヤミ金業者ですので、どんなに魅力的でも近づかないようにしましょう。

どうしてもお金がない時は行政を頼る

銀行や消費者金融がNGでヤミ金業者もNGだとすれば、本当にお金に困ったときにはどうすればいいのでしょう?生きていくことすら諦めなくてはいけないのでしょうか?もちろんそんなことはありません。そういう人のために国がきちんとセーフティーネットを用意しています。

国のセーフティーネットだけでもこれだけの借入方法があります。この中でも一般的なのは生活福祉資金です。失業して家賃も払えないというような人に対して生活費などの融資を行ってくれます。もちろん、貸し付けですので返済が必要ですが、年収が100万円以下というような低所得状態であれば、利用できる可能性があります。

これらのセーフティーネット以外に、リバースモーゲージや保険契約者貸付などを利用してお金を借りることも可能です。銀行や消費者金融から借りることができなかったからといって、すぐに諦める必要はありません。

自分で探しきれない場合には、債務整理でお世話になっている弁護士に相談してみましょう。収入の状況に合わせて、最適な借入方法を提案してもらえますので、自分だけで悩まずに気軽に相談してみましょう。

Share Tweet LINE

page
top