grape [グレイプ]

生命保険でお金を借りる!生命保険貸付制度の基礎知識

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

銀行や消費者金融のカードローンは審査が厳しく、誰でも簡単にお金を借りることができるわけではありません。このため審査落ちすることも珍しくありません。どの金融業者からも融資を受けられなかったときに、最初に考えるのが生命保険の解約ではないでしょうか。

ところが実は生命保険の解約をせずにお金を用意する方法があります。それが生命保険貸付制度です。

  • カードローンとは何が違うの?
  • いくら借りることができる?
  • 審査は厳しいの?それとも借りやすい?
  • 保険を解約するのとどう違うの?

ここではそんな疑問を解決するために、生命保険貸付制度の基礎知識についてわかりやすく説明します。カードローンで借りられなかった人は、ぜひ参考にしてください。

契約者貸付制度とは

契約者貸付制度は加入している生命保険の解約払戻金を利用した貸付制度です。本来は満期を迎えることで満期保険金を受け取ることができますが、満期にならなくても解約払戻金として、これまで積み立ててきたお金を受け取ることができます。

このため、お金に困ったときに保険を解約するという人がたくさんいます。そうなると保険会社は顧客が減りますし、保険加入者はお金に余裕ができて再度加入したとしても、これまでよりも高い保険料を払わなくてはいけなくなります。解約してしまうとどちらも損をします。

そこで解約払戻金の一部を貸し出せるようにしたのが、契約者貸付制度です。保険加入者は解約することなくお金を用意できますし、保険会社は顧客を失わなくて済みます。しかも仮に返済されなくなっても、貸したのは積立金の一部なので保険会社に損失が発生しません。

ちなみにカードローンの違いとしては次のようなポイントが挙げられます。

  • 低金利で借入できる
  • 返済に追われない

銀行のカードローンは低金利と言われていますが、100万円以下の融資の場合は金利が10%を超えることがほとんどです。ところがこの制度を利用してお金を借りると、1~6%くらいの金利で融資を受けられます。

また、返済日が設定されていないため、契約期間内であればいつ返済しても構いません。もちろんその間利息は増えていきますが、お金に余裕ができるまで返済を待ってもらえるのが大きな違いのひとつです。

契約者貸付制度を利用できる条件

この制度を利用するためには条件が2つあります。保険に加入していたら誰でもお金を借りることができるわけではありませんので、自分がその条件に適合しているかチェックしてください。

  • 解約払戻金のある保険に加入していること
  • 契約者本人であること

まず、そもそも解約払戻金のない商品の場合は借入れができません。自分が積み立てたお金の一部を借りるだけですので、そもそも積み立てのない掛け捨て型に加入している場合には、1円も借りれません。

そして、利用するためには担保も保証人も必要ありません。これまでの積立金を担保にしているようなものですので、新たな担保や保証人は不要です。

また、ローンは安定した収入が必須ですが、この制度にはそのような条件もありません。とはいえ収入がなければ返済ができませんので、利用するときには収入を得られるめどを立ててからにしましょう。

借入方法

借入方法はいくつかありますが、多くの保険会社が採用している方法について紹介します。

インターネットから借入申込をする

最近の生命保険のほとんどが契約者専用サイトを用意しています。そこでは支払状況や現在解約したときの解約払戻金などを確認できますが、ここで契約者貸付制度の申込みもできます。借入したい金額と振込先を入力すれば、最短即日でお金を借りることができます。

電話で借入申込をする

電話で申し込みをする方法は、大きく分けて2種類あります。

  • 自動音声案内での借入
  • オペレータによる借入

利用するにあたって不明点がなければ、自動音声案内に従って申し込めばすぐに指定口座に振り込んでもらえます。不明点があったり、初めての利用で不安な場合には、オペレータと話をして振り込み処理をしてもらうことも可能です。

また、電話で手続きに必要な書類を取り寄せて、書面での手続きをする方法もあります。この場合には郵送に時間がかかるためお金を借りるまで時間がかかってしまいます

店頭窓口で借入申込をする

お金を借りるのはきちんと人と向き合ってからでないと不安という人のために、店頭窓口での借入申込が可能な保険会社もあります。営業時間内の受付となりますが、対面で質問しながら融資を受けたいという人におすすめです。

ATMから借入申込をする

保険会社のカードを持っている場合には、そのカードを利用してATMから即日融資を受けられます

通常の借入と違って審査が無い

銀行や消費者金融のカードローンであれば厳しい審査がありますが、生命保険貸付制度を利用してお金を借りる場合は審査はありません

借入方法からも分かるように、手続きをすればすぐに指定口座にお金が振り込まれます。保険加入者は審査なしで、いつでも自由にお金を借りることができます。

審査がないため、ブラックでもお金を借りることができます。そもそも自分が積み立てたお金を一時的に引き出しているようなものですので、保険会社には一切リスクはありません。ほぼ100%回収できる貸付ですので、時間をかけて審査をする必要がありません。

このため、カードローンの審査に通らないような人でも、該当する生命保険に加入しているだけですぐにお金を借りることができます。

貸付限度額と貸付金利

生命保険貸付制度は、積立金を担保にお金を借りるようなものですので、保険会社のリスクがとても低いという特徴があります。このため低金利で借りれますが、無制限に借りられるわけではありません。利用できる限度額や、どれくらいの金利で借りられるかについて説明します。

貸付限度額

一般的には、解約払戻金の7~9割くらいが貸付限度額として設定されています。割合に幅があるのは、保険会社によってバラツキがあるためです。返済期間が定められていないため、借りっぱなしにしてしまうと利息がどんどん増えていきます。そうなると融資額は解約払戻金を超えてしまう可能性があります。

その状態で債務整理などをされると保険会社に損失が発生しますので、そうならないように貸付限度額は低く抑えられています。

貸付金利

貸付金利は保険商品によって変わります。通常は「保険商品の予定利率+1~2%」くらいに設定されています。このため現在の貸付金利は1~6%くらいが相場です。ちなみに予定利率というのは契約者に約束した積立金の運用利回りのことです。

いくら借りるかにもよりますが、小口融資であればカードローンよりもかなり低い金利で融資を受けられるのが、生命保険貸付制度の魅力のひとつです。

借入期間

カードローンであれば、借りた翌月もしくは翌々月から返済が始まりますが、生命保険貸付の場合はいつから返済が始まるのでしょう?また、いつまでに完済すればいいのでしょう?

この制度の特徴のひとつとして、「返済に追われない」と紹介しました。そこでも説明しましたが、保険が満期を迎えるまでに返済するなら、いつ返してもかまいません。いくら返済するかも自由です。借りた翌月から毎月1万円ずつ返すということもできますし、満期ギリギリに全額返済してもかまいません。

カードローンなどは毎月の返済日が決まっていますので、生活が苦しくなると、返済のための借り入れをしなくてはいけなくなることがありますが、この制度であれば必要以上に借り入れをしなくても済みます。生活が苦しいときに無理に返済する必要が無いのは嬉しいですよね。

返済方法

いつ返してもいいため、カードローンのように自動引落には対応していません。このため、振り込みなどを利用して返済するのですが、その方法は保険会社によって違います。

  • 契約者専用サイトとネットバンクを利用して返済する
  • 指定口座への振り込み
  • 用意された振込用紙を使って返済する
  • 保険会社の窓口で返済する
  • 保険会社のカードを使ってATMから返済する

ほとんどの保険会社が複数の返済方法を用意しています。自分に合った方法で計画的に返済をしていきましょう。

保険を解約することとの違いは?

生命保険貸付は自分の積み立てを一時的に引き出しているようなものですので、だったら解約してしまえばいいじゃないかと思うかもしれません。でも解約するよりもこの制度を利用したほうがメリットがあります。

  • 満期保険金のほうが払戻率は高くなる
  • 保険への再加入は保険料が割高になる

生命保険は満期が近づくほど払戻率が高くなります。仮に30年で満期を迎える保険に加入しているとします。15年経過時に解約したとしても、解約払戻金は満期保険金の半分もらえるわけではありません。途中で解約すると支払った額に対して、戻ってくる額の割合が少なくなるため、損をします。

また解約をした後に、保険に再加入したくても、前回加入時よりも年齢が上になっているため月々の保険料が上がってしまいます。年齢や健康状態によっては保険に加入できない可能性もあります。

解約することにメリットがあるとすれば、今後保険料を支払わなくて済むということくらいです。ただし、保険には未加入の状態ですので、何かあったときに医療費を払えないなどの問題を抱えることになります。

生命保険貸付を利用すれば、手にすることができる金額は減りますが、これらの問題をすべて解決できます。1円でも多く手元に欲しい場合や、これからの保険料の支払いが難しい場合を除いて、解約せずにこの制度を利用することをおすすめします。

返せなくなった時はどうなる?

とてもメリットの多い生命保険貸付ですが、利用する人が唯一心配することがあるとすれば、満期までに返済できなかったらどうしようということですよね。これは2つのケースが考えられます。

利息を含めた借り入れが解約払戻金を超えた場合

借りたものの一切返済ができず、利息がどんどん積み重なって解約払戻金を超えた場合には、保険が失効もしくは解除になります。失効の場合は、定められた期間内に返済をすれば保険を復活させることができますが、その状態での完済は難しいので、実際には解除と同じ状態になることがほとんどです。

返済できないまま満期を迎えた場合

返済できないまま満期を迎えた場合は、満期保険金から利息を含めた貸付額を差し引いたものが給付されます。このためギリギリまで借りている場合には、満期を迎えても手にすることができるお金はかなり少なくなります。

契約者貸付制度を使う注意点

ここまでの説明で契約者貸付制度はメリットが多い制度だと感じている人も多いかと思いますが、利用するにはいくつかの注意点があります。人によっては大きなデメリットに感じるかもしれませんので、借入前にきちんと頭に入れておきましょう。

利率は少なくても利息は増えていく

年利3%で100万円を借りたとします。1円も返済しなければ、1年後の返済残高は103万円です。大した額ではないと思うかもしれませんが、10年間返済しなければ、返済残高は1,343,916円にもなります。100万円借りて134万円も返すというのはかなり損をしています。

返済期日がないことに甘えてしまうと、かなり大きなお金を失うことになります。期日がなくても自分で毎月コツコツ返済してください。また、長期間返済できないのであれば、解約するという選択肢も頭に入れた上で利用検討してください。

死亡保険金と相殺される

生命保険貸付を利用中に契約者が死亡してしまった場合、その死亡保険金の一部が返済に充てられます。返済残高が100万円、死亡保険金が500万円だったとします。本来は遺族が500万円受け取れるはずですが、100万円の借金があるため遺族には400万円しか渡りません。

それほど頻繁にあることではありませんが、残った家族のためにと思って加入した保険なのに、ほとんど残せなかったということが発生します。このため、借入れをするときには家族に相談してから行うようにしましょう。

まとめ

急にお金が必要になったけど、カードローンなどからお金を借りられない。生命保険に加入していれば、生命保険貸付制度を利用してお金を借りることができます。あまり知られていない制度ですが、ここまでの説明で概要は理解できたかと思います。復習のためにも最後に重要なポイントだけまとめておきます。

  • 解約払戻金のある保険の多くが生命保険貸付を利用できる
  • 審査なしで解約払戻金の7~9割まで借りられる
  • 低金利で融資を受けられる
  • 契約満期までに返済すればいい
  • 返せなくなったら保険が失効もしくは解除となる

通常の金融商品とは少し性質が違う貸付であることを、しっかり頭に入れておきましょう。自分がこれまで積み立ててきたお金を担保に融資を受けますので、積立金以上の額は借りられません。さらに、低金利が魅力ですが返済を遅らせれば遅らせるほど利息が膨れ上がります。

使い方を間違えると大きく損をしてしまう制度です。きちんと返済計画を立てた上で、無理のない利用を心がけてください。

Share Tweet LINE

page
top