grape [グレイプ]

信用金庫でお金を借りることができるの?信金ローンの基礎知識

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

みなさんの近所に意外とたくさんある信用金庫。その存在はしっていても、利用したことのある人は少数派かもしれません。実はとても有利な条件でお金を借りることができる金融機関のひとつなのですが、それもあまり知られていません。

  • 本当にお金を借りることができるの?
  • 銀行で借りるのとは何が違うの?
  • 利用するメリットはどこにあるの?

ここではそんな疑問を解決するために、信用金庫がどういう金融機関なのかについて説明し、お金を借りるときに知っておきたい基礎知識もご紹介します。

信用金庫でお金を借りられる?

すでに簡単に触れましたが、信用金庫も銀行や消費者金融と同じようにお金を借りることができます。もちろん銀行のようにお金を預けることもでき、保険に加入することも出来ます。基本的には銀行とほぼ同じような存在だと考えてください。

銀行との違いは経営理念にあり

銀行とほぼ同じ存在ではあるものの、もちろん違いがあります。最大の違いは経営理念にあります。あまり意識したことはないかもしれませんが、銀行は株式会社ですので、株主の利益のために活動しています。

一方の信用金庫は、地域社会を活性化すること、地域社会に貢献することを目的とした金融機関です。このため営業範囲が銀行よりも限定され、さらに利益をあげることをそれほど重視していません。もちろん健全な経営を継続するための利益は得ていますが、それらはすべて地域の発展に繋げるために利用されます。

原則として会員しか利用できない

銀行は預金口座を持っていなくても借りられることがありますが、信用金庫の場合は原則として会員にならなくてはいけません。会員になるためには出資が必要です。出資といっても何十万円も用意する必要はありません。1万円くらいの出資で会員になれます。

さらにこの出資金は配当金もあり、退会するときには戻ってきます。もちろん経営破綻などがあったときには出資金が戻ってくることはありませんが、無理な経営をしていないため、経営破綻の可能性はとても低いと考えられています。

信用金庫が扱っているローンの種類

信用金庫で取り扱っているローンの種類についてご紹介します。全国に200以上あり、それぞれに扱っているローンの種類は違いますので、詳細な情報はホームページから確認してください。ここではどのようなローンがあるのかについてのみご紹介します。

住宅ローン(マイホームローン)

住宅の取得や増改築、借り替えなどの、住宅に関する幅広い用途に利用できる商品です。融資額や金利の種類に応じて、下記のようなラインナップになっています。

有担保ローン

借入れ対象物件を第一順位の抵当権に設定して借り入れするローンです。最大1億円までの借り入れが可能で、年1~3%程度の金利で借り入れできます。

無担保ローン

住宅を担保にせずに借りるローンで、抵当権の設定などが不要ですので、スピーディーに借り入れできる商品です。ただし、金利は有担保ローンよりは高く、借入可能額も1000万~1500万円程度と低めです。

フラット35

35年間固定金利のフラット35も、信用金庫によっては利用可能です。住宅を担保にすることで、8000万円まで借りることができ、金利も変わりませんので返済計画を立てやすい住宅ローンとして人気があります。

リフォームローン

住宅ローンでもリフォームに利用できますが、それとは別にリフォーム専用のローンを用意している信用金庫もあります。融資可能額は1000万~1500万円程度で、金利は年3%前後です。オール電化などのエコリフォームに関しては、優遇金利で融資してもらえるケースもあります。

マイカーローン

自動車の購入だけでなく、オートバイや電動アシスト自転車の購入、車検・修理費用、免許取得費用などに利用できるローンです。融資可能額は500万~1000万円程度で、金利は年2~3%前後です。エコカーの購入の場合は、金利が下がることもあります。

フリーローン

使用用途自由なローンで、入院や結婚式といった、まとまった出費が必要なときに適しています。融資可能額は300万~1000万円とバラつきがあります。金利も年3%~15%と申請額によって大きく変わります。一般的には融資額が大きくなればなるほど金利は下がる傾向にあります。

目的別ローン

フリーローンと同じように、最初にまとまった額を借り入れするローンですが、使用用途が最初から決められています。教育ローンやマイカーローンなども目的別ローンのひとつとして分類されているケースもあります。

カードローン

ローンカードを利用して、定められた融資額の範囲内で何度も借り入れができるローンです。使用用途が自由で、申し込みから融資開始までの時間が短いという特徴があります。融資可能額は10万~800万円くらいと幅があり、それに応じて金利も2~15%程度と開きがあります。

教育ローン

子どもや孫などが就学するために必要な費用を借りられるローンです。教育ローンは大きく分けて2種類あります。

  • 教育ローン:最初に一括で借りる
  • 教育カードローン:在学中に繰り返し借り入れする

いずれの場合も、受験費用や納付金、留学費用、教材費などの学業に関わる幅広い用途に利用できます。

ビジネスローン

信用金庫は個人だけでなく、法人や個人事業主への融資も行っています。このため商品ごとの内容に大きな違いがありますが、ほとんどのビジネスローンで、低金利かつ高額な借り入れが可能です。地域によっては自治体による制度融資にも対応しています。

信用金庫でお金を借りる際の申し込み基準は?

信用金庫は原則として会員しかお金を借りられないと説明しましたが、その他にも申し込み基準があるのでしょうか?そもそも誰もが会員になれるわけではありませんので、その点も含めて、信用金庫でお金を借りる基準についてご紹介します。

会員になるための基準

会員になるためには、信用金庫の営業地区内に住んでいるか、勤務している必要があります。ただし、下記に該当する場合は会員にはなれません。

  • 個人事業主で常時使用する従業員数が300人以上いる
  • 法人事業者で常時使用する従業員数が300人以上で、なおかつ資本金が9億円を超える
  • 暴力団員等の反社会的勢力

例えば大手である多摩信用金庫の東京都内での営業地域は次のようになります。

立川市を含む多摩全域および杉並区、世田谷区、練馬区、中野区、渋谷区、新宿区、豊島区、
港区、目黒区

このため東京在住・在勤でも品川区や大田区ですと、多摩信用金庫の会員にはなれません。品川区ですと、さわやか信用金庫や城南信用金庫などを利用することになります。近くに店舗があっても、家のある場所は営業地区外ということがありますので、気をつけてください。

会員以外でも借りられる基準

原則として会員でないとお金を借りることができないと説明しましたが、次のような条件なら会員でなくても融資を受けられることもあります。

  • 本人預金を担保とした資金の貸付
  • 700万円以下の小口の貸付・手形割引

会員でなくても預貯金は可能ですので、その預金を担保にすれば融資を受けることができます。また、借入額が700万円以下のケースなら会員でなくても借りることもできます。

ローンの申し込み基準

会員になるための条件と、会員以外でも借りる条件について説明してきましたが、ローンの申込基準も説明しておきます。

  • 20歳以上
  • 安定継続した収入がある

いずれのローンでも共通しているのはこの2点です。残念ながら未成年は利用できません。年齢に関しては上限もありますが、商品ごとに違います。一般的には65~70歳くらいまでが借り入れの上限だと考えておいてください。

また、安定した収入があることは借り入れのための必須条件です。利益重視ではないとはいえ、貸したお金が返ってこないと、経営が成り立ちません。このため、きちんとした収入がある人でないと申し込みできません。ただし、商品によっては専業主婦でも借りられることもあります。

信用金庫ローンの申込方法は?

ローンの申込方法はいくつかありますが、大きく分けて下記の2種類あります。

  • 店頭窓口での申し込み
  • インターネットや郵送による申し込み

お金を借りようと思っている信金がどのような申込方法を用意しているのか、事前に最寄りの店舗に問い合わせをして確認しておきましょう。

申し込みから融資開始までの流れは次のようになります。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡
  4. 借入申込書と必要書類の提出
  5. 融資開始

流れに関しては銀行と大きな違いはありません。それでは、審査基準に違いがあるのでしょうか?次の章では審査について詳しく解説していきます。

融資を受けるための審査基準は?

信用金庫でお金を借りるには、もちろん審査があります。事前に基準が分かっていればいいのですが、基準については公表されていません。そのため、ここでは一般的な審査で重視されるポイントについて説明します。

年収と融資申込額のバランス

審査では年収が重視されると思われていますが、実は年収そのものはそれほど重要ではありません。ローンによっては申込条件で年収設定されているケースもありますが、通常は年収に対していくら借りようとしているのかをチェックされます。

信用金庫は総量規制の対象外ですので、無担保でも年収の1/3以上の借り入れが可能ですが、実際にはそれ以上の融資はとても審査が厳しくなります。無理のない返済計画を立てて、融資申込額を設定しましょう。

他社からの借り入れ

他社からの借り入れがある場合は、審査でマイナスの評価になることがあります。1~2社程度から数万円借り入れている場合は問題ありませんが、5社以上から借りているとなると、多重債務となって債務整理となる可能性があります。

また他社からの借り入れ額が多い場合も、貸し過ぎになって返済困難になると判断されることもあります。いずれにしても審査においては不利ですので、他社からの借入れがある場合には、繰り上げ返済などを活用して、借入件数も借入総額も減らしておきましょう。

安定継続した収入がある

申込条件として安定継続した収入が必須です。その安定継続した収入の審査するポイントが、勤め先と勤続年数です。公務員や大手企業の会社員であれば、倒産やリストラのリスクがとても低いため、審査においては有利になります。また勤続年数が長い人ほど会社を辞めにくいので、収入の継続性という意味ではプラスに評価してもらえます。

ただし、信用金庫は地域の活性化を目的としていますので、個人事業主のような不安定な働き方をしている人でも、銀行よりは融資を受けやすいと言われています。

ブラックリストに載っていない

当然のことですが、個人信用情報機関に金融事故履歴がある、いわゆるブラックリストに載っている人は融資を受けられません。これは銀行や消費者金融でも同じですが、事故履歴が残っている人は、それが消えるまでお金を借りるのは諦めてください。

信用金庫で借りたお金の返済方法

借りたお金は、基本的には毎月決まった日に、返済用に設定した口座から引き落とされます。引き落とされる金額はローンの種類によって違います。

ローンの種類 返済方法
カードローン 残高スライド方式
その他のローン 毎月元金均等返済または元利均等割賦返済

いずれの場合も繰り上げ返済に対応していますが、商品によっては繰り上げ返済や一括返済の手数料がかかることもありますので注意してください。

信用金庫でお金を借りるメリット・デメリット

ここではお金を借りるときのメリットとデメリットを見ていきましょう。メリットはここまでの内容でなんとなく理解できたかと思いますが、利用してから後悔しないためにも、デメリットについてもきちんと把握しておきましょう。

メリット

  • 低金利で借りることができる
  • 出資すると配当金がもらえる
  • 小規模事業者や個人事業主でも借りやすい

大きなメリットは低金利でお金を借りることができるということです。消費者金融の場合は、法律で決められた最高金利での融資になることもありますが、信用金庫は利益重視ではないため、金利をかなり低く設定しています。

また、出資したお金は返ってきますし、さらに3~5%くらいの配当金がもらえます。銀行にお金を預けるよりもかなりお得ですので、預け損になることはほとんどありません。

地域のための金融機関ですので、小規模事業者や個人事業主への融資も積極的に行っています。会社員でない人にしてみれば、このことが一番大きなメリットかもしれません。小規模事業者や個人事業主は銀行で融資を断られても、諦めずに信用金庫の審査を受けてみましょう。

デメリット

  • 営業地区が限られる
  • 会員にならなくてはいけない
  • 手続きに時間がかかる

デメリットとして挙げられるのは、営業地区内に住んでいたり働いていたりしないと利用できないという点です。すべての信用金庫で同じローンがラインナップされているわけではありません。利率や限度額にも違いがあります。「このローンいいな」と思っても、営業地区外ですと利用できません。

また、原則として会員になる必要があります。お金を借りたいのに出資しなければいけないというのは、1万円程度とはいえ大変なことですよね。ただし、商品によっては会員外でも借りられることもありますので、最寄りの店舗に問い合わせてみましょう。

最近は消費者金融だけでなく、銀行も即日融資に対応しています。ところが信用金庫の場合は、申し込みから融資までに様々な手続きがあるため、すぐにお金を借りることができません。いますぐお金が必要というケースでは利用できないのは大きなデメリットです。

消費者金融・銀行・信用金庫、どこで借りるのが一番おすすめ?

ここまで読んでもらえれば、信用金庫がどのような金融機関なのか分かってもらえたかと思います。これまでは消費者金融や銀行ばかり考えていた人も、選択肢が広がったのではないでしょうか。反対に、どれを選べばいいのか分からなくなったという人もいるかもしれません。

「結局、どこで借りるのが一番なの?」そういう疑問もあるかと思います。とはいえ、どんな条件でも最適な金融機関というのはありません。ですので、ここでは金融機関ごとに、どのような人が適しているのかを説明して、全体のまとめとします。

消費者金融

  • 勤続年数や勤務先などのステータスが低い人
  • 借入額が少ない人
  • すぐにお金が必要な人

消費者金融は他の2つと比べると審査のハードルが低いと言われています。金利を高くすることで貸し倒れリスクを回避できるため、銀行などが貸さないような人にも融資をすることがあります。ただし、審査が甘いわけではありませんので気をつけてください。

また総量規制がありますので、年収の1/3までしか借りることができません。初回利用時はさらに低い額しか融資してもらえませんので、数十万円程度を借りたいという人に適しています。それでも、スピード感のある融資を得意としていますので「いますぐお金が必要」という人にもおすすめの金融機関です。

銀行

  • 安定した職場に勤めている
  • 低金利で高額な融資を受けたい
  • メインバンクとして使っている銀行がある

銀行は審査が厳しいことで知られています。このため、公務員や一部上場企業のような、誰もが知っている安定企業でないと審査を通過しにくいという特徴があります。低金利ですので、少しでも貸し倒れが発生すると赤字になってしまうため、絶対に返済できると判断した人にしか融資をしてくれません。

総量規制の対象外ですので、低金利で高額な借入れもできるという魅力があります。とはいえステータスが特別高いわけでなければ、メインバンクとして給料の振込先や公共料金の引き落としなどに利用している人でないと、審査はかなり厳しくなるとおぼえておきましょう。

信用金庫

  • 低金利でお金を借りたい
  • 小規模事業者や個人事業主
  • 地域のために貢献したいと考えている

信用金庫は銀行と同じくらいか、商品によっては銀行よりも低金利でお金を借りることができます。少しでも低い金利で融資を受けたいという人に適していますが、その中でも銀行から借りにくい、小規模事業者や個人事業主におすすめです。

また、経営理念である地域貢献に同意できるかどうかというのも、軽視しがちですが重要なポイントです。お金を借りることで、地域との繋がりができます。そこから大きな融資につながることもありますし、お金に余裕ができたら出資することで地域貢献をすることもできます。

地域のために何かしたいと考えている人は、利益重視の銀行ではなく、こちらで融資をうけることをおすすめします。

すぐにお金借りたい!最短1時間融資可能なカードローン

  1. プロミス

    プロミスプロミス
    実質年率 4.5%〜17.8%
    利用限度額 最大500万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は30日間無利息
    • 郵送物なし、カードレスで誰にもバレない
    • WEB申し込みで最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  2. SMBCモビット

    SMBCモビットSMBCモビット
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 10秒簡易審査
    融資スピード 最短即日※
    • 10秒簡易審査で結果がすぐわかる!
    • WEB完結申込で郵送物/電話連絡なし!
    • 近くの銀行/コンビニで24時間利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  3. アイフル

    アイフルアイフル
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめてなら最大30日間無利息
    • 審査回答は最短30分!即日融資も可能
    • 誰にも知られずに利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  4. アコム

    アコムアコム
    実質年率 3.0%~18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は最大30日間利息0円
    • 最短30分で審査回答!
    • 最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

Share Tweet LINE

page
top