grape [グレイプ]

専業主婦(主夫)はお金を借りることはできる?

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

家計を預かる主婦、今の時代は主夫もいます。まとまったお金が必要になる場面はどちらにもありますが、ここで気になるのは主婦や主夫でもお金を借りることが出来るのかということです。結論からお話しするとどちらもお金を借りることは可能です。

ただし、様々な条件が設けられています。お金を借りるならその条件を満たしている必要がありますから、どんな条件なら借り入れが可能なのか、いくらぐらいまでなら借りることが出来るのかを確認しましょう。この記事では、申し込みからお金を借りるまでの一連の流れや、即日融資に関する情報もご紹介します。

同じ主婦でもお金を借りられる人とそうでない人がいるってホント?

主婦といっても置かれている状況は人それぞれです。金融業者は申し込み条件を設けているため、その条件に当てはまらなければお金を借りることができないのです。

その条件とは、安定した収入があることや、年齢や現在の借入状況などです。安定した収入という部分ですが、主婦と言っても専業や共働きに分類されます。短時間でもパートやアルバイトをしていれば、毎月安定した収入と認められて申し込み条件をクリアしたことになります。正社員に限らず、どんな形であっても給料が振り込まれていることは審査において大きな強みです。

ところが仕事をしておらず収入がまったくない専業主婦の場合は、申込者に安定した収入がないため、申し込みの段階で断られてしまいます。安定した収入があるということは、毎月安定して返済出来ることの証になるため、審査にも通ります。収入がない専業主婦の場合は、返済能力がないとみられて申し込みを受け付けてもらえません。こうした違いが、お金を借りられるかどうかの分かれ道となるのです。

主婦の借入限度額はいくらまで?

お金を借りる場合、銀行のカードローンもしくは消費者金融を利用しますが、それぞれの業者ではいくらまで限度額を設定しているのでしょうか。

銀行はいくらまで借りれる?

銀行カードローンの場合、カードローン会社それぞれで定めている限度額があります。主婦だからこの金額までと特に設けていません。実際に申し込みをしてから審査が行われて、年収や勤務形態、勤続年数などから審査をして限度額が決められます。近年審査が厳しくなっているという背景があるため、初回の契約で10万円程度と考えておくと良いでしょう。最大限度額は、年収の1/3程度になります。

消費者金融はいくらまで借りれる?

消費者金融の場合、総量規制によって限度額に違いがあります。総量規制とは国が定めた法律で、返済に困るほどの多重債務にならないために設けられました。総量規制は年収の1/3までしか借りれないと決まっているので、年収が300万円だった場合の限度額は100万円までとなります。ただし、他ですでに30万円借り入れがある場合は、新たに別の業者に申し込んだときの限度額は70万円までとなります。全ての借入を合わせて、年収の1/3以下になるように調整されます。あくまでもこれは総量規制の話なので、申込者の状況によってそれよりも少ない金額が限度額になる可能性もあります。
銀行のカードローンも消費者金融の場合も、最終的な金額は審査によって決められます。

配偶者貸付なら限度額を増やせる?

これでは借りれる額が少なすぎると思ったら、旦那さんや奥さんの収入を申告して配偶者貸付を利用しようと考える人もいるでしょう。しかし近年、配偶者貸付は気軽に使えなくなっているので、ここで最新情報をお伝えします。

規制が厳しくなっている

テレビや新聞のニュースなどでも取り上げられていますが、銀行カードローンの規制は以前に比べて厳しくなってきました。一昔前は、配偶者貸付を利用すれば収入がない専業主婦でもお金を借りることができましたが、今では利用できないケースが増えています。

消費者金融は全て本人の年収をベースに限度額を決めるため、配偶者貸付という制度がありません。こうしたことから、今ではこの制度を利用できるケースが減っています。

利用条件も厳しい

配偶者貸付は、専業主婦または主夫が、配偶者と合わせた年収の1/3を借りることができるという制度です。配偶者に黙って申し込みをしてトラブルになるということを避けるために、必ず配偶者の同意書が必要になります。
その他、配偶者と婚姻関係にあることを証明するための書類が必要になります。住民票や戸籍抄本がそれに該当し、これらの書類の続柄の部分が確認する箇所となります。

また、場合によって配偶者の年収を証明する書類も必要になりますので、申し込みの際に必要になるかどうか事前に確認しておくといいかもしれません。いずれにしても、この制度が使えるケースでも用意すべき書類が多く、使い勝手がいいものとはいえないでしょう。

配偶者が保証人になるわけではない

中には勘違いする方もいるようですが、この制度は配偶者が保証人になるというものではありません。先ほど話した書類は同意書があることで配偶者の同意を得ていることを証明すること、配偶者であるかどうかを証明することと、配偶者の年収をもとに審査をすることに必要になるだけなので、保証人とは一切関係ありません。それでは、実際に主婦がお金を借りるまでの流れを確認していきましょう。

申込んでから融資までの一連の流れ

ここでは、主夫や主婦がお金を借りるときの一連の流れをご紹介します。申し込み前にこの流れを把握しておけば、何が必要でどんな感じで手続きが進んでいくのか分かるので不安や心配が払しょくされるでしょう。

金融業者によりますが、申し込み方法は店頭、インターネット、無人契約機、郵送を使って申し込みすることが出来ます。スマホやパソコンを持っていれば、手軽に申し込めるインターネットが一番便利でおすすめです。店頭や無人契約機で申し込む場合も、申し込みはインターネットで済ませておくと、そのあとの手続きが簡単スムーズに進めることが出来ます。

申し込みの際に必要な書類は、本人確認のための健康保険証、運転免許証、パスポートなどです。そして入力または記入が必要なのが、「連絡先」「住まい」「家族」「仕事」「希望額」「他社利用状況」などです。

連絡先は家や携帯電話の電話番号や住所、それから勤務先の電話番号なども必要です。住まいは今現在生活している家が持ち家なのか賃貸なのか申告します。家族は家族構成です。仕事は職種や業種のほかに年収、勤続年数も記入します。希望額は借り入れをしたい金額のことです。最後に他社利用ですが、申し込みをする業者以外から借り入れが何件あるか、その総額金額も記入します。

これらを申告して申し込みをした後は、審査が行われます。審査をクリアすれば融資が可能となります。

バレずにお金借りる方法

お金を借りることは悪いことではないと言っても、なんとなく後ろめたい気持ちになるのは誰もが共通していることです。一緒に暮らしている家族や勤めている職場にバレないかどうかドキドキしていることでしょう。

在籍確認で家族や職場にバレることはない

特に多くの方が心配しているのが在籍確認です。申告した職場に本当に勤めているかどうかを確認するため、金融業者は職場に電話をかけてきます。その時、ほとんどの金融業者はカードローンに申し込みをしていることがバレないように考慮してくれます。
主婦が申し込みをしたなら女性担当者が、主夫なら男性担当者が電話をかけてくることがほとんどですし、業者の名前を言わずに個人名でかけてくることもあるため、同じ職場の人にバレることはありません。自宅に電話をかけてくることもないため、在籍確認で家族にバレることはないでしょう。

家族にバレるケースがある

これで一安心と思っても、ひとつだけ注意点があります。それは支払いが遅れたときです。支払日に引き落としや振り込みなどがなかった場合、申し込みの際に記入した自宅の電話番号に確認の電話がかかってくることがあります。これで連絡が取れない場合は催促状が郵送されることもあるため、これがきっかけで家族にバレることがありますから、支払日は必ず守るようにしてください。

主婦が当日お金を借りる方法

どうしても急遽お金が必要になる場面は誰にでもあります。最近は即日融資を宣伝する業者も増えてきたため、申し込みをした当日にお金を借りることが可能となりました。しかし、銀行の営業時間などの関係から申し込みをしたタイミングによって即日融資が厳しい場合も考えられます。もちろん業者の営業時間内でなければ手続きは進められません。そこで、最短でお金を借りる方法を紹介します。

申し込みはインターネットで行うのが鉄則

主婦や主夫が即日融資を可能にするために、やはり心強い味方になるのがインターネットです。それぞれの業者の公式サイトから、ネットを通じて申し込みが出来るのでこちらを利用しましょう。
例えば朝起きてどうしてもその日にお金が必要だと気付いた場合、営業時間前でもインターネットなら申し込みが出来ます。必要事項を入力して、本人確認のための書類をスマホで写真を撮ってアップロードして、それを送信すればOKです。あとは業者が営業を始めてから手続きが進められるので、早ければ当日の午前中には融資を受けることが出来ます。

すべての手続きが終わればあとは店頭に出向くか、無人契約機に出向いてカードを発行させます。無人契約機の中にはATMが併設されているところもありますし、もしもなければコンビニなどにある提携ATMを利用してお金を引き出すことが出来ます。

カードローンの自主規制が厳しくなりつつある

カードローンを取り巻く環境は変化が生まれています。過剰にお金を借りることで返済に困ってしまう方は後を絶ちません。気軽に借り入れが出来ることは非常に助かりますが、しっかり支払い計画を立てて返済していかなければ結果的に自分を追い込んでしまいます。

そうならないために消費者金融では申込者の年収の1/3以上は貸し出しをしないという総量規制があるのですが、銀行のカードローンにはありません。ここが問題になっています。そのため、銀行のカードローンも規制強化が必要ではないかと話題にあがりはじめました。

銀行側では申込者の収入証明書の提出を強化させたり、その収入額から融資のバランスを自主的に規制するところも増えてきました。そのため収入がない専業主婦はお金を借りることができなくなりました。
パートをしていても借りれる金額は非常に少ないので、まとまった大きな金額を借りるわけではないという場合は問題ないものの、冠婚葬祭などでまとまった大きなお金が必要になった場合は融資が受けられない可能性も出てきます。

Share Tweet LINE

page
top