grape [グレイプ]

転職は審査に悪影響?それでもお金を借りる方法は?

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

お金を借りる際、金融機関には必ず勤務先を申告しなくてはいけません。しかし転職活動中や転職直後にお金がなくなってしまった場合、一体どうすればいいのでしょうか。今こんな疑問を抱えていませんか?

  • 転職直後にお金を借りることはできる?
  • 転職活動中にお金を借りたい時はどうしたらいい?
  • 審査に響かない方法を知りたい

この記事は、そんな疑問の全てにお答えしています。この記事さえ読めば、転職前後のお金の心配がなくなります。

お金を借りるなら転職前がオススメな2つの理由

もし、これから転職をしたいと思っている人は、仕事を辞める前にお金を借りることを強くおすすめします。なぜかというと、転職後は審査に通りにくくなるためです。それには、以下の2つの理由があったのです。

  • 審査には勤続年数が大きく影響するから
  • 転職直後は審査に通りにくいから

これから、この2つの理由について詳しく説明していきましょう。

審査には勤続年数が大きく関係する

銀行カードローンや消費者金融の審査で重要視されることの一つに「勤続年数」があります。

お金を借りた後は、毎月一定の金額を返していくことになりますね。毎月なんらかの収入がないと返済のための金額を支払えません。
返済が途絶えるということは金融会社にとっては絶対に避けたいことですので、審査の際は「収入が安定しているかどうか」を非常に重要視しています。

同じ会社にずっと勤めている人と、転職を繰り返している人、どちらが収入が安定していると言えるでしょう。長い間ずっと同じ会社で勤務しているほうが、簡単に仕事をやめず、収入も安定していると見なされます。

そのため、転職直後は勤続年数が少なくて審査に通らないのです。逆に、同じ職場に長く勤めていれば、年収がそう高くなくても信用度の部分でプラスに判断されて審査に通るケースがあります。

もし転職を考えているなら先にカードローンを契約しよう

転職をする予定がある場合、いざという時に備えて転職よりも先にお金を借りておきましょう。すぐにお金を借りる予定がない、という方はカードローンを契約しておくことをおすすめします。カードローンの契約だけなら年会費などはかからないので、とりあえず契約しておくだけでも転職活動中にお金のことで悩むことがなくなります。

しかしすでに仕事をやめた、もしくは転職をしたばかりの方は、「今頃言われても…」と感じるかもしれません。転職前にお金を借りていなかった方やカードローンを作っていなかった方はどうすればよいのでしょうか。次の項目で説明をします。

転職活動中にお金が必要になった!借りることはできる?

「仕事を探している最中なのにお金が必要になった!」という方はどうすればよいのでしょうか。結論からお伝えすると、現在無職の場合はカードローンの申込みができません。その理由と考えられる対策を本章では紹介します。

仕事をしていないと申込できない!その理由

残念なことに、仕事をしておらず収入がない方は、金融機関ではお金を借りられないのが現状です。先述の通り、お金を借りる際に一番重要視されるのは収入の安定性。仕事をしていない人は返済能力がないとみなされ、申込の時点で断られてしまいます。つまり、転職活動中で前職をすでに退職してしまっている人は、カードローンの申し込みができません。

また、消費者金融には総量規制というものがありますね。年収の3分の1を超える金額は借りられないという決まりです。少しでも収入があれば最高で年収の3分の1までの金額が借りられる可能性がありますが、年収がなければ基準となる金額がゼロなので、借りることはできないと法律で決められてしまっているのです。

次の会社が決まっていれば内定者専用ローンがオススメ

地方銀行や地方労金などには「内定者向けローン」というものがあります。仕事をしていなくてもお金を借りることができるローンですが、その名前の通り既に内定が決まっている人向けです。

金融機関によっては新卒者限定だったり、30歳未満までなどの年齢制限があったりします。条件に当てはまる方は検討してみるとよいかもしれません。どれにも当てはまらない人がお金を借りるためには、これから紹介する方法があります。

配偶者が仕事をしていれば借りられるカードローンもある

既に結婚をしていて配偶者に安定した収入がある場合、楽天銀行やイオン銀行など、一部銀行のカードローンを借りられる可能性があります。

配偶者の勤務先を申告するのは抵抗がある、と心配になるかもしれませんが、楽天銀行などは配偶者の勤務先は申告不要のようです。もちろん在籍確認もありません。プライバシーにも配慮していますので、家族にバレる可能性は低いでしょう。

仕事をしている方本人が申込むカードローンに比べ、上限金額は50万円までと低くなります。しかし仕事が見つかるまでの一時しのぎには良いでしょう。該当する方は候補に入れてみてはどうでしょうか。

公的機関に頼るという手もあるが、日数がかかる

市役所などの自治体に相談をすると、低所得者や無職の方が低い金利でお金を借りられる制度を申し込める場合があります。

しかしそのような制度は、高齢者など転職活動さえ難しい方が優先されるため、なかなか審査に通りません。手続きに手間がかかる上、実際にお金を借りられるようになるまで数週間以上かかることもあるので、転職活動を優先したほうがよいでしょう。

このように、すでに退職して転職活動を行っている人がお金を借りるためには、相当高いハードルを超えなければいけないことがわかります。退職前にカードローンを契約しておく重要性が分かる結果となりました。もし、どうしてもお金が必要ということであれば、クレジットカードでお金を借りる(キャッシング機能の利用)もオススメ。限度額は最大でも50万円程度ということが多く、あまり使い勝手はよくありませんが一時的な金欠には十分です。次章では、無事に転職が決まって働き出した人がお金を借りる方法について詳しく説明していきます。

転職直後にお金が必要になった場合、借りることはできる?

無事に転職が決まり、就職すると金融機関にローンを申し込めるようになります。しかし転職した後は勤続年収が少ないため、審査に通らない、もしくは借りられるお金が低くなることが実情です。では、審査に通りやすくするにはどうすればいいのでしょうか。この章では転職直後にお金を借りる方法について紹介していきます。

転職直後はいくらぐらい借りることができる?

まずは転職直後と転職後で、実際に借りることができるお金の目安を確認しましょう。

転職直後は「10万円」

転職直後は金融機関から見ると「収入が安定していない」とみなされます。特にアルバイトやパートの場合、簡単に仕事を辞めることができ、会社も簡単に解雇ができるので、金融機関も審査に慎重になります。契約社員や派遣社員の場合も、働く期間が決められていることが多いため、同様のことが言えます。

転職直後に融資を受ける場合、「しばらくの間は利用可能額を低めに設定して様子を見る」という対応を取られるケースがほとんど。アルバイトやパートの場合、大手消費者金融の場合は限度額は最低10万円からなので、そのあたりが相場となるでしょう。

転職直後でも、正社員の場合は簡単に解雇されるということがなく、アルバイトに比べると仕事をすぐやめる方が少ないので、これよりももう少し高い金額を借りられる可能性もあります。

転職前は「50万円」

消費者金融において、所得証明書なしで借りられる上限は50万円です。そのため、年収200〜300万円程度の方が新規申込をした際、初めに借りられる金額は30万〜50万円程度であることが多いです。アルバイトやパート、契約社員の方は正社員より少し低めになります。
(※あくまでも目安です。実際は金融機関や審査の状況によって異なります)

転職前後で、借りられる金額に約40万円の差額が生まれることがわかりました。それだけ金融機関は「勤続年数」を大事にしているということがわかります。それでは、勤続年数が基準をクリアするためには一体どれくらいの期間が必要なのでしょうか?次章で詳しく説明していきます。

最低でもどれくらいの期間働く必要がある?

銀行のカードローン審査においては、1年程度勤務していると「収入が安定している」とみなされる傾向があるようです。それ以下だと審査に通過する可能性が下がります。

また、銀行のフリーローンや目的ローンなどでは「勤続年数○年以上」と明確に条件を定めている場合があります。フリーローンはカードローンよりも大型の融資で審査が厳しいため、1年半〜2年以上は勤務しないと難しいのが現状です。

消費者金融は銀行に比べるとアルバイトやパートの顧客が多く、年齢層も低めの傾向があるため、勤務期間が1年より短くてもお金を借りられる可能性があります。

このことから、消費者金融なら半年以上、銀行なら1年以上の勤続年数が望ましいということがわかります。「転職直後でお金が足りないのに、1年も待てない!」という人のために、次章では少しでも審査を有利に運ぶ方法を紹介します。

転職直後であっても審査を有利に運ぶ方法は?

審査に通りやすくするためには申込までしばらく期間を置くのが一番です。しかし転職直後は給与がすぐに出ないということもあり、「どうしてもお金を借りたい!」という状況になる方も多いはずです。転職直後でも審査に通るにはどうすればいいでしょうか。転職直後にカードローンを申し込むとしたら、以下の3つの対処法があります。

  • 消費者金融に申し込む
  • 借入希望額を低くする
  • 多くの金融機関に申込をしない

この2つについて、詳しく紹介していきましょう。

消費者金融に申し込む

先述の通り、消費者金融は銀行に比べるとアルバイトやパートの契約者が多いという特徴があります。近年は銀行のカードローンが台頭している影響もあり、消費者金融も新規顧客をできるだけ獲得したいと考えています。そのため、審査が厳しく勤務年数を重要視する銀行より、消費者金融に申込することをおすすめします。

銀行のカードローンは勤務年数1年以上経てば審査に通る可能性が上がるので、それまでは消費者金融を利用し、後で解約をして銀行のカードローンを作り直すというのもよいでしょう。

借入希望額を低くする

金融機関は借りる人の計画性も重要視しています。多くのお金が必要だったとしても、転職直後に沢山の融資を希望することは計画性に乏しいと判断されてしまいます。

そのため最初はまず低い金額(10万円程度)から申込をすることを強くオススメします。最初は低い金額しか借りられなくても、取引を続けていると融資可能額が上がる場合があります。期日通りの返済を続けることで「この人は信頼に値する」と判断されるのです。

消費者金融では自分から増額の申込もできます。年月が経てばその分勤務年数も延びますので、ちゃんと返済をしていれば増額できる可能性はかなり高くなるでしょう。最初は低い金額での利用に留めましょう。

多くの金融機関に申込をしない

「消費者金融がおすすめとは言うけれど、もしかしたら銀行の審査に通るかもしれない」と考える方もいるでしょう。銀行のカードローンのほうが金利が低く利用可能額も高いので、消費者金融よりも魅力的に見えますね。

転職直後の方の中には、いくつかの銀行に申込をして、ダメだったら消費者金融に申し込もう…と思っている方もいるでしょう。しかしキャッシングにおいて「申込ブラック」というものが存在することを忘れてはいけません。

私達が金融機関に申込をすると、金融機関は必ず個人信用情報を参照しますね。その際に「申込をした」という記録が信用情報に残ります。申込情報は最長で6ヶ月間記録されます。

一般的に1ヶ月間に3〜4か所以上申し込みをすると「申込ブラック」とみなされ審査に通過できないと言われています。(※実際の基準は金融機関によって異なります)実際に私達も、たくさんの知り合いに「お金貸して!」と言っている人にお金を貸す気にはならないはずです。

つまり、絶対にお金を借りたいなら申込件数は少なくしなくてはいけないということです。どうしても困っている場合は、勤務年数が重要視される銀行より、最初から消費者金融を選んだほうが無難です。

こうしたことから分かるように、転職直後で審査に通るためには「ここと決めた消費者金融1社に10万円を限度に申し込む」ということです。これなら、審査に通る確率は大きくなるでしょう。

まとめ

転職は生活における大きな岐路です。これから仕事を替える予定のある方は、万が一の時に備えてカードローンを作っておくことをおすすめします。

既に仕事をやめてしまった場合、まずは収入がないと申込ができないので仕事探しを優先しましょう。

就職をすれば申込ができるようになりますが、銀行などの金融機関に申込をしても勤続年数が足りず、審査に通らない可能性が高くなります。転職直後は銀行よりも消費者金融を選ぶことがポイントです。

この記事に書いてあることを実践すれば、一時的な金欠であれば抜け出すことが可能になります。

Share Tweet LINE

page
top