grape [グレイプ]

結婚式を挙げるときのお金を借りることはできる?

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

結婚で挙式する場合、ある程度まとまったお金が必要になります。前もって貯金が出来ればいいのですが、貯金がなくてもお金を借りれば安心して式を挙げることが出来ます。そこで話題になっているのがブライダルローン(ウェディングローン)ですが、最近では利用者が増えています。この記事では、結婚式のためにお金を借りることを考え中の方に役立つ情報をご紹介します。

結婚式を挙げるためにお金を借りることができる

結婚資金は全額貯金から出す必要はありません。今の時代は色んなタイプの結婚式プランが用意されていて、大きなまとまったお金が必要なタイプや、少人数制の結婚式も人気があります。

それでもまとまったお金を用意しなければならないのは同じなので、お金がないと結婚式を挙げられない?と心配になります。ご両親からお金を借りる方もいますが、今はブライダルローンを利用してお金を準備するカップルも珍しくありません。

男性も女性も結婚後も働くという共稼ぎ世帯が当たり前になったので、ローンの支払いに特に心配がないのも利用者の数が増えている理由のひとつかもしれません。

ブライダルローンは結婚に関連するものに使える

ネーミングを見ても分かるように、ブライダルローンは結婚式を挙げるために必要なお金を借りることが出来るものです。しかし、結婚に関するすべてのものに使うことが出来るので、挙式や披露宴はもちろんのこと、婚礼衣装をはじめ結婚指輪、新婚旅行、そのほか二人の新しい生活に必要な家電や家具、住宅入居にかかる費用までも該当します。低金利に設定されているので、若いカップルでも共稼ぎで返済が出来るのが魅力のひとつではないでしょうか。お金がないから結婚式を挙げるのが難しいという悩みを解決してくれるので利用する方も増えています。

ブライダルローンの限度額はいくら?

ブライダルローンを取り扱う金融業者によって限度額は様々ですが、一般的に300万円前後が多いことが分かっています。これは、結婚式の相場がおよそ300万円前後であることが関係しています。挙式の費用だけを借りるのであれば、300万円あれば十分であるという理由から限度額が設定されているのです。

ブライダルローンの金利はいくらぐらい?

一般的なローンと比較しても、金利が低く設定されているのが特徴的です。結婚式のためにお金を借りるカップルはこれからの生活にお金がかかりますから、金利が低いのは助かります。地方銀行や大手銀行を見ても、ブライダルローンの金利は5.0~7.0%ぐらいが相場でしょう。中には3.5%という驚くほど低い金利を設定している金融業者もあります。

返済期間はどのくらい?

返済期間は金融業者によって違いますが、長めに設定している業者が多いようです。例えば楽天銀行であれば、借入期間は最長で8年4ヶ月です。ちばぎんの場合は最長10年に設定されているため、非常に余裕を持って返すことが可能です。

返済期間を決める上で大事なこと

金融業者によって定めている期間に違いがありますから、自分達が結婚式のためにお金を借りるときは返済計画を立ててから申込をするといいでしょう。月々いくらぐらいずつだったら返済できるのか計算してみてください。

利息に注意

当然のことですが、返済期間が長ければ長いほど利息を払う期間が長くなります。その分金利が付いてしまうため、借りるお金が同じ金額でもトータルすると返済期間が長いと返済総額も増えてしまいます。早く返済を終えて支払い総額を抑えたいか、それとも返済期間を長くして月々の返済を少なくすることで毎月の生活にかかる負担を軽くするか、二人でじっくり話し合いをして決めましょう。

ブライダルローンの申込方法

業者によって多少違いがあるものの、一般的に業者の窓口に出向いて申込を行う方法と、業者が運営している公式サイトからネット申込をする方法と、電話申込方法、この3つが主な方法です。

ネット申し込みが便利

二人とも働いていると休みのタイミングが合わないことが多く、結婚式のためのお金を借りるために二人一緒に行きたいけれど難しいと言う場合でもネットなら時間も場所も問わず申し込めるので便利です。事前審査の結果が気になるところですが、業者の中には最短で当日審査結果を知らせてくれるところもあります。ネット申込はスマホやパソコンから簡単申込が可能です。

ブライダルローンを申し込む際に必要になる書類

結婚式のお金を借りるためにに必要な書類はいくつかあります。まずひとつめが本人を確認をするための書類です。各業者で指定しているのは運転免許証、保険証、パスポートなどのコピーです。本当に本人が申込をしているのかどうか確認するためです。

そのほか申込をする人に安定した収入があるかどうか確認するために源泉徴収票や給与明細書、所得証明書、課税証明書などのいずれかを提示します。毎月安定して支払いが出来ることを証明するために必要になるのです。

そのほか借入をしたお金の使い道が分かるものも用意してください。利用目的を結婚に関することと定めているため、例えば結婚式場の見積書や予定表、同じく新しく住む場所の不動産から発行してもらえる請求書や見積書なども準備しましょう。これらの書類は結婚式場や不動産屋に伝えれば用意してもらえます。

どのぐらいでお金を準備することが出来るのか

これも業者によって様々です。例えばブライダルローンの中には式場と提携しているところがあり、審査が通ったら直接料金を結婚式場に振り込まれるというタイプがあります。この場合、自分が借りてから結婚式場に支払うという二度手間がないのでとても楽ですし安心できます。もちろん提携していない会社もありますが、この場合は申込をしてからお金を借りるまで2~3週間程度日数を要することもあります。式場と提携していない金融業者からお金を借りる場合は、事前に支払日の調整を行いましょう。

ブライダルローンの審査基準

申込をした後に行われる審査ですが、結婚式のためのお金を借りるときに一番気がかりなのが審査のことと答えるカップルはとても多いです。この審査に通らなければお金を借りることができないためです。まず本人確認のための書類が正しいかどうか、虚偽の書類ではないかどうかを確認します。

次に勤務情報を確認します。どんな仕事に携わっているのか、勤務先、勤続年数、雇用形態なども見ていきます。そのほか住居情報を確認しますが、持ち家なのか賃貸なのか、持ち家の場合は誰の名義になっているのか確認します。最後に申込をしたブライダルローンのほかに借入があるかどうかもチェックしていきます。これらは業者によって多少違いがあるものの、この中で一番重要視されるのが返済能力があるかどうかです。そのため、毎月どのぐらい給料が振り込まれているのかという情報のほかに別でローンを利用しているかどうかも判断材料にひとつになります。

これを踏まえて考えると、月々の給料と月々の支払いが申し込み段階でギリギリという場合は審査に通りにくい可能性が出てきます。このあたりは一般的なカードローンと同じといえます。

おすすめのブライダルプランをご紹介

結婚式のためのお金を借りるなら安心できる業者、信頼できる業者に申し込むのが一番です。こちらでは知名度も実績もある業者をご紹介していきます。

千葉銀行のブライダルローン

申込み条件:千葉、東京、埼玉、茨城、横浜市、川崎市に住んでいる方が対象
限度額:最大500万円
金利:年5.00%〜5.20%
(2017/12/05時点)

ちばぎんのブライダルローンは、結婚式以外のお金を借りることができます。すでに支払い済みの費用にも使えるので便利です。使いみちを確認するための書類を提出する必要があるので、結婚資金をちばぎんで借りようと思っている場合は、予め式場にそのことを伝えておきましょう。

楽天銀行のブライダルローン

限度額:300万円
金利:年7.0%
(2019/2/26時点)

楽天銀行のブライダルローンは、結婚式以外のお金を借りることが可能です。しかし限度額が300万円までなので、式場の費用を借りるのがメインとなるでしょう。新婚旅行だけの費用を借りることはできず、その場合は目的型ローンを利用することになります。結婚式場にきちんと借りたお金を振り込んだことを証明する書類の提出が必要です。

ライフエンジェル

限度額:1万円以上〜見積金額総額
金利:8.70%〜15.90%(1回払いの場合は14.60%〜20.00%)
(2017/12/05時点)

ライフエンジェルのローンは限度額は設けていません。その理由は結婚式場と提携しているためです。結婚式にかかった費用が限度額となります。式場から貰った見積書を提出して審査するので、その見積書に記載されている費用の全額を借りることができます。また支払い方法に、一回払いを設けている点が特徴です。これは先にローンで結婚費用を借りて、式の後にご祝儀で一括返済するためのものです。非常に便利な返済方法ですが、金利が高くなるので注意が必要です。

ジャックスブライダルローン「プレシャンテ」

限度額:500万円
金利:6.50%
(2017/12/05時点)

プレシャンテは、全国に約400ある式場と提携しているブライダルローンです。プレシャンテと提携している式場であれば、その見積書や請求書を利用して審査が可能です。審査結果は当日もしくは翌日に分かるため、式の直前でお金が足りないことがわかったときに役に立ちます。基本的には結婚式の費用しか借りることができず、挙式と披露宴の費用が含まれていることが必須条件です。

ブライダルローンのタイプを決めよう

結婚式のためにお金を借りるなら、ブライダルローンのタイプを先に決めるといいでしょう。大きく分けて、次の2通りのタイプに分類されます。

  • 申込者の口座にお金が振り込まれるタイプ
  • 式を挙げる結婚式場に直接お金を振り込んでくれるタイプ

この二つがあります。結婚式前後はバタバタと忙しい日が続くため、うっかり振込みするのを忘れた、支払いを忘れていたとなっては大変です。特に新郎新婦二人が仕事をしている場合はめまぐるしい毎日を送ることになるでしょう。うっかり支払い忘れが怖いという場合は、式場と提携している業者を選択するといいかもしれません。

何を基準にブライダルローンを選んだらいいのか

元々ブライダルローンそのものは金利が低いことで知られています。そのほかのメリットもいくつかチェックして、ひとつでも多く該当する業者を選んでみてはいかがでしょうか。これから始まる新しい生活に負担がかからないように慎重に選びましょう。

  • 金利が低いかどうか
  • 借入金額を自分で設定できるかどうか
  • 式場に直接支払いをしてくれるかどうか(借りることと振り込むことの二度手間をなくせます)

この三つを確認してください。

ブライダルローン以外に方法はあるのか

お金を借りる方法としてブライダルローンが注目されていますが、ローンを使わない場合は両親からお金を借りたり、式を挙げたときに頂くご祝儀で支払うという方法もあります。結婚式は色んなタイプがありますし、参列する方の人数によってご祝儀の金額も様々ですからお金が間に合うときもあれば足りない場合があるかもしれません。ご祝儀で支払う場合は後払いが可能な結婚式場でなければNGなので注意しましょう。

挙式以外のお金を借りたい人は?

結婚は挙式だけではありません。新生活を始める準備であったり、新婚旅行や出産費用など、色々とお金がかかるものです。それらのお金を借りたい場合は、カードローンやフリーローンの利用を検討しましょう。フリーローンであれば、結婚資金を借りるという理由でも申込みが可能です。限度額が7〜800万円に設定されているので、挙式の費用以外も十分まかなえます。結婚に関するすべてのものを借りたお金でまかないたいという場合は、限度額を高めに設定している業者がおすすめです。それぞれの業者では公式サイトに返済シミュレーションを用意しているので、自分達がいくらぐらいお金が必要で、月々どのぐらいだったら返済できるか計算してみましょう。

まとめ

突然まとまった大きなお金が必要になる結婚式ですが、お金を借りる理由の多くは資金の準備が間に合わなかったというものです。授かり婚が増えているため間に合わないという話は珍しくありません。結婚式以外にも引越し費用や新居に必要な家具、電化製品なども必要になるので、結婚を目的としたブライダルローンは心強い味方になります。

Share Tweet LINE

page
top