grape [グレイプ]

山形銀行でお金を借りる前に知っておきたいローンの種類

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

山形県のトップバンクとして利用者の多い山形銀行ですが、お金を預けるだけでなく、住宅や自動車の購入時などにお金を借りることもできます。ところが、ローンの種類が多すぎて把握しきれなくなって、お手軽な消費者金融などから借りようとしている人もいますよね。しかし、せっかくなら金利が低い銀行で借りたいところです。

  • どんなローンがあるのか知りたい
  • 審査ではどのような点を重視されるの?
  • 申し込みから契約までの流れってどうなってるの?

そこでこの記事ではそんな疑問を解決するために、山形銀行にはどのような種類のローンがあるのかをご紹介します。また、審査を通過するために知っておくべき基礎知識についても説明します。

山形銀行で扱っているローンの紹介

この記事で取り扱っている情報は記事執筆時点【2018/02/09】のものです。定期的に更新していますが、最新の情報は公式ホームページで確認することをオススメします。

山形銀行カードローン

金利 年4.5%〜14.6%(固定金利)
利用限度額 500万円

最短2営業日で融資可能なカードローンです。契約で決められた利用限度額の範囲内で、何度も借入れが可能で、パートやアルバイトでも利用できます。山形銀行の普通預金口座を持っている場合は、来店不要のWEB完結で利用できます。

フリーローン「自由コース」

金利 年3.9%・年6.9%・年9.9%のいずれか(固定金利)
利用限度額 300万円

事業性資金以外であれば、原則自由に利用できるフリーローンです。契約後、一括で借り入れを行い、追加の借入れはできません。申し込みから融資までをWEB完結で行えます。

フリーローン「目的別コース」

金利 年2.9%・年4.9%・年6.9%のいずれか(固定金利)
利用限度額 300万円
  • 結婚費用
  • 冠婚葬祭費用
  • 医療費
  • スポーツ関連費用
  • 模型や趣味関連の購入費用
  • 家具や家電の購入費用
  • 旅行資金

上記に該当する資金であることを、山形銀行が判断した場合に利用できるフリーローンです。

フリーローン「おまとめコース」

金利 年4.9%・年7.9%・年12.9%のいずれか(固定金利)
利用限度額 300万円

複数の借金を1本化することができるローンです。月々の返済額が多すぎて生活を圧迫している人や、返済先が多すぎていつも返済に追われている人に適しています。使用用途自由な資金の借入と合わせての利用も可能です。

マイカーローン「WEB完結型」

金利 2.900%~3.100%(変動金利)
利用限度額 1,000万円

申し込みから融資までWEB完結で行えるマイカーローンです。山形銀行の普通預金口座のキャッシュカードを持っている人が融資対象で、自動車購入資金に利用できます。山形銀行からディーラーに直接振り込みの形で融資されます。

マイカーローン「来店型」

金利 2.900%~4.200%(変動金利)
利用限度額 1,000万円

自動車の購入資金以外にも、車検費用や運転免許取得費用、マイカーローンの借り換えなど幅広く利用できるマイカーローンです。

教育ローン「証書貸付型」

金利 年3.50%〜4.60%(固定金利と変動金利)
利用限度額 1,000万円

入学金や授業料などの入学時に、まとまったお金を借りるのに利用できる教育ローンです。在学中は利息のみの返済とすることも可能です。

教育ローン「カードローン型」

金利 年3.50%〜4.60%(固定金利と変動金利)
利用限度額 500万円

学生期間中に何度も必要なだけ借り入れできる、カードローンタイプの教育ローンです。仕送りや在学中の生活費などに利用できます。

教育ローンEX

金利 年2.675%(変動金利)
利用限度額 3,000万円

医師や歯科医師を目指す人のための教育ローンです。通常の教育ローンよりも低金利かつ高額な借入れが可能です。医学部・歯学部への入学金、授業料などに利用できます。

金利選択型住宅ローン「オーダーメイド」

金利 年2.100%〜4.250%(固定金利と変動金利)
利用限度額 1億円

スタンダードな住宅ローンで、豊富にラインナップされた団体信用生命保険から、最適なものを選ぶことができます。金利も固定金利と変動金利から選ぶことができ、利用する人それぞれに合わせたオーダーメイドの住宅ローンとして利用できます。

長期固定型住宅ローン「フラット35」

金利 年1.650%〜1.710%(固定金利)
利用限度額 8,000万円

35年間固定金利で利用できる住宅ローンです。金利が変わりませんので、長期にわたって計画的な返済が可能です。

無担保住宅ローン

金利 年2.600%〜4.350%(固定金利と変動金利)
利用限度額 1,000万円

新築や建売住宅、マンションなどの購入に利用できる住宅ローンです。無担保ですので融資額が少ないのですが、価格の安い中古マンションなどの購入時に適しています。「フラット35」の不足金にも利用できます。

無担保借換住宅ローン

金利 年2.200%〜3.950%(固定金利と変動金利)
利用限度額 1,000万円

他社で借りた住宅ローンの金利が高い場合、1,000万円を上限に無担保で借り換え利用できるローンです。借り換えだけでなく、リフォーム資金にも利用できます。

住宅サポートローン

金利 年2.225%〜2.825%(変動金利)
利用限度額 500万円

住宅購入にともなう諸費用に利用できるローンです。引越費用や家具・家電の購入だけでなく、「フラット35」の不足金などにも利用できます。低金利かつ担保なしで、お金を借りることができます。

新型リフォームローン「ビフォー&アフター」

金利 年2.10%〜3.20%(変動金利)
利用限度額 1,500万円

リフォーム専用ローンで、エコ関連リフォームやバリアフリー対応資金の場合は金利引下げなどの特典があります。耐震・免震などの工事や、洗面所などのリフォームなど幅広い用途に利用できます。

サンクスリフォームローン

金利 年2.40%〜4.15%(固定金利と変動金利)
利用限度額 500万円

<やまぎん>住宅ローンを利用している人専用のリフォームローンです。無担保で500万円まで借りることができ、融資期間は住宅ローンの返済期限までですので、無理のない返済が可能です。ただし、フラット35、〈やまぎん〉住宅ローン[証券化型]などでは利用できません。

先進医療ローン

金利 年2.90%〜3.50%(変動金利)
利用限度額 500万円

本人または親族が先進医療を受ける時に限定した医療ローンです。悪性腫瘍に対する陽子線治療、重粒子線治療などの治療時に利用できます。

サンクスローン

金利 年1.80%〜3.10%(固定金利と変動金利)
利用限度額 500万円

<やまぎん>住宅ローンを1年以上利用している人のための、特別金利ローンです。マイカー購入や教育資金など使用用途は自由で、やまぎんポイントくらぶのステージに応じて金利が引き下げられるおトクなローンです。

山形銀行で法人がお金借りる方法

山形銀行では個人への融資だけでなく、もちろん法人や個人事業主への融資も行っています。ローン商品としては下記のようなラインナップになっています。

  • やまぎん・ドクターローン
  • やまぎん再生可能エネルギー発電事業支援資金
  • やまぎんエコアシストⅡ
  • 税理士紹介ローン
  • やまぎん事業者ローン「ビジサポ」
  • やまぎん介護事業者向けローン「ケアNEXT」
  • 特定事業者パワーアップ資金
  • ベスト・ソリューション21ビッグ
  • ビジネスローン「ステップアップ」
  • パートナー
  • パートナーⅡ
  • ビジネスライン
  • やまぎん「いぶき」
  • やまぎんスーパーS資金

この他にも私募債やABL、山形県制度融資などの資金調達のサポートも行っています。とても種類が多く、どの資金調達方法が適しているのか、専門的な知識がないと把握しきれないかと思います。まずは、山形銀行の窓口で資金調達の相談をすることから始めましょう。

山形銀行は「やまぎんポイントくらぶ」加入者におすすめ

山形銀行は低金利で、ローンのラインアップも幅広いのですが、誰にでも適しているわけではありません。ここではどのような人に適しているのか、おすすめしたい人について説明します。

やまぎんポイントくらぶのステージが高い人

やまぎんポイントくらぶは、会費無料でステージに応じてATM時間外利用手数料が無料になるなどの特典を受けられるサービスです。山形銀行との取引に応じてポイントが付き、そのポイント合計によって3段階のステージに振り分けられます。

第1ステージでローン金利が年0.3%、第2ステージ以上で年0.6%引き下げられます。給与振込に利用するだけで40ポイントとなり、さらに公共料金の引き落としなどを組み合わせるだけで第1ステージとなりますので、メインバンクとして利用している人ほど有利な金利で融資を受けることができます。

ステータスが高い人

山形銀行のローンはいずれも低金利で、審査が厳しいことが予想されます。ローンごとの利用条件を満たしていることはもちろんのこと、公務員や大手企業に勤めているなど、安定した収入がこれからも継続されることが審査ではプラスとなります。

全国区の大手企業だけでなく、山形銀行と取引のある山形県内の有力企業でも同じく審査では有利になります。反対にパートやアルバイト、個人事業主といった収入が不安定な人ほど融資が難しくなりますので、その場合は借入額を出来る限り減らして申込みしましょう。

山形銀行でお金を借りるまでの流れ

それでは山形銀行でお金を借りるときの、申し込みから融資開始までの流れを見ていきましょう。どのような書類が必要で、どのような点を審査で重視されるのかについて確認してください。

必要書類

申し込みに必要になる書類は下記の2点です。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類は「運転免許証・パスポート・健康保険証・写真付き住民基本台帳カード」のいずれかが必要です。健康保険証は顔写真がないため、住民票または現住所が記載されている公共料金の明細などの提出も求められます。

収入証明書類はローンの種類や借入額によって不要になることもありますが、不要となっている場合でも提出を求められることもあります。事前に源泉徴収票、住民税決定通知書、所得額証明書、給与証明書のいずれかを用意してください。個人事業主の場合は納税証明書か所得額証明書を用意しましょう。

この他にローンによっては様々な書類が必要です。特に有担保の住宅ローンの場合は、とても多くの書類を揃えなくてはいけません。申し込み時に不足の内容に注意してください。

申込み方法

ローンの申込みは、インターネットからが基本ですが、電話やFAX、郵送などにも対応しています。インターネットからの申込みの場合は、WEB完結できるものと、仮審査のみ申し込めるものの2種類があります。

WEB完結での申し込みは、普通預金口座のキャッシュカードを持っていることが必須で、口座とキャッシュカードを持っていない場合は、口座開設のために来店する必要があります。

申し込みから融資開始までの流れは下記のようになっています。

  1. インターネット、電話、FAX、郵送などを使って仮審査申し込み
  2. 山形銀行による審査
  3. 審査結果の連絡
  4. 店頭もしくはインターネットでの正式申し込み・契約
  5. 融資開始

一部のローンプラザでは、土日での契約にも対応しています。休日にゆっくりと契約できますので、仕事が忙しくて平日に会社を休めないという人でも安心して利用できます。

審査基準

山形銀行でお金を借りるには審査を受ける必要があります。銀行ですので審査はとても厳しいことが予想されます。そうなると、事前に審査基準を知っておきたいと思うかもしれません。ところが審査基準は公表されていませんので、ここではどのような点を審査で重視されるのかについて説明します。審査の際に重視されるのは以下の7点です。

  • 年収
  • 借入希望額
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 他社借入件数
  • 他社借入総額
  • 個人信用情報機関での履歴

融資の可否を決める最も重要なポイントが、年収に対して余裕のある借入希望額であるかどうかということです。無担保ローンの場合は、借入希望額が年収の1/3を超えると、返済困難になる可能性があるとして、審査がとても厳しくなります。確実に借りたい場合は借入希望額をできるだけ低く設定しましょう。

どこに何年勤めているのかということも、審査に影響します。すでにご紹介しましたように、公務員や大企業、そして山形県内の有力企業勤めほど審査では有利になり、なおかつ勤続年数が長い人ほど会社を辞めない傾向にあるため、審査ではプラスの評価となります。

さらに、他社からどれくらい借りているのかというのも審査では重視されます。借入金額はもちろんのこと、何社から借りているのかというのも重要です。5社以上から借りている場合は、多重債務者になる可能性があるため、審査落ちする可能性がかなり高くなります。申し込み前には借入件数を3社以下にしておきましょう。

また、ブラックリスト入りしている人は、もちろん融資を受けることはできません。これは山形銀行に限ったことでなく、正規の金融機関はすべてNGです。個人信用情報機関の金融事故履歴が消えるまではどこでも融資を受けられませんので、借り入れは諦めてください。

借入方法

借入方法は大きく分けて3種類あります。

  • 口座への振り込み融資
  • 支払先への直接振り込み
  • ATMでの借り入れ

ほとんどのローンでは、返済用に設定した口座への振り込みで借入れ出来ます。一部のローンではお金の支払先に山形銀行が直接振り込みをすることもあります。さらに、カードローンの場合は、ローンカードを利用してATMからの借入れとなっています。

返済方法

山形銀行カードローン

  • 約定返済日の残高に応じた額を返済
  • 任意返済可

フリーローン「自由コース」
フリーローン「目的別コース」
フリーローン「おまとめコース」
マイカーローン「WEB完結型」
マイカーローン「来店型」
教育ローン「証書貸付型」
教育ローンEX
住宅サポートローン
新型リフォームローン「ビフォー&アフター」
先進医療ローン
サンクスローン
・毎月元利均等分割返済(半年ごとの増額返済可)
・繰り上げ返済:◯(有料)
※一部繰上返済をインターネットバンキングで手続きした場合は無料

長期固定型住宅ローン「フラット35」
・元利均等分割返済または元金均等分割返済(半年ごとの増額返済可)
・繰り上げ返済:◯(無料)

金利選択型住宅ローン「オーダーメイド」
無担保住宅ローン
無担保借換住宅ローン
サンクスリフォームローン
・毎月元利均等分割返済(半年ごとの増額返済可)
・繰り上げ返済:◯(有料)

教育ローン「カードローン型」
・据置期間中は利息のみ毎月3日に後払い
・据置期間終了後は毎月元利均等分割返済(半年ごとの増額返済可)
・繰り上げ返済:◯(有料)
※一部繰上返済をインターネットバンキングで手続きした場合は無料

まとめ

山形銀行で利用できるローンの種類と、お金を借りる前に知っておきたい基礎知識についてご紹介しましたが、自分がどのローンを利用すべきか判断できましたか?ローンの種類がとても多いため、結局どれを利用していいのか決められないという人もいるかもしれません。

そういう人は、銀行の窓口や電話での相談をしてみましょう。問い合わせをすれば、個別の環境に合わせて、最適なローンを提案してもらえます。相談することで、思ったよりも簡単に手続きを進められることもあります。1人で悩まずに思い切って来店もしくは電話してみましょう。

また、融資可能かどうかだけでも知りたいという人は、ホームページにある「5秒診断」を利用してください。ローンの種類ごとに融資の可否をチェックできます。ここでの融資可となっても審査落ちすることもありますので、判断材料の1つとして利用してください。

すぐにお金借りたい!最短1時間融資可能なカードローン

  1. プロミス

    プロミスプロミス
    実質年率 4.5%〜17.8%
    利用限度額 最大500万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は30日間無利息
    • 郵送物なし、カードレスで誰にもバレない
    • WEB申し込みで最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  2. SMBCモビット

    SMBCモビットSMBCモビット
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 10秒簡易審査
    融資スピード 最短即日※
    • 10秒簡易審査で結果がすぐわかる!
    • WEB完結申込で郵送物/電話連絡なし!
    • 近くの銀行/コンビニで24時間利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  3. アイフル

    アイフルアイフル
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめてなら最大30日間無利息
    • 審査回答は最短30分!即日融資も可能
    • 誰にも知られずに利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  4. アコム

    アコムアコム
    実質年率 4.5%〜17.8%
    利用限度額 最大500万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は最大30日間利息0円
    • 最短30分で審査回答!
    • 最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

銀行でお金借りたい!WEB申込可能な銀行カードローン

  1. 楽天銀行

    楽天銀行楽天銀行
    実質年率 1.9%〜14.5%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 ~数日
    融資スピード ~数日
    • 最短翌日融資可能!申込書類の記入が一切不要!
    • WEBで申込完結!ネット銀行ならではの金利!
    • ご入会で、楽天スーパーポイント1,000ポイント進呈!

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

Share Tweet LINE

page
top