grape [グレイプ]

夜職で勤めている人がお金を借りる方法

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

夜職で働いているとたくさんのお金を稼いでいるというイメージを持たれますが、自分で仕事用の衣装を購入したり、出勤前にヘアメイクをしてもらいに美容室に行くような場合は必要以上にお金がかかります。人によって毎月稼ぐ金額も違いがありますから、一概に高給取りとは言えません。そのため、お金に困る場面も少なくないのです。しかし職業柄、他の人と同じようにお金を借りることが出来るのか心配ではありませんか? こちらでは夜職の方々がお金を借りる方法について詳しくお話していきます。

お金を借りたいけれど夜職でも借入は可能なの?

昼間のお仕事とは違うイメージが強い夜職のお仕事なので、お金を借りる場合に気になるのが夜職でも借入が可能なのかということです。お金を貸し出しているのは消費者金融や銀行のカードローンですが、それぞれに貸し出しに関する条件があります。業者によって多少の違いはあるものの、絶対に必要なのが「仕事をしていること」「安定した収入があること」の2つです。

特に「安定した収入」は業種や職種、役職なども関係ないので、パートやアルバイトでも毎月安定した収入が振り込まれていれば借入可能です。お給料のシステムは時給制や月給制など違いがあるほか、プラス指名料などで月によって収入額が上下することもありますが、チェックするのは月々お給料が振り込まれるのかどうかなので夜職でお金を借りるとき特に心配する必要はありません。

万が一、現金を手渡しでもらっているような場合は、安定した収入を証明することが難しくなります。給料明細が貰えれば問題ありませんが、そうでない場合は借り入れができない可能性があります。

どんな人たちが夜の仕事に分類されるのか

夜職と言っても様々な種類があります。今現在自分が働いている職場は何に分類されるのか、この機会に確認しておきましょう。

キャバクラ

給料のシステムは時給制のところがほとんどです。ノルマがないお店も多く、スナックのようにママがいるわけではないので一対一でゆっくりお酒と会話を楽しめます。一対一で接客するのは夜職の中でもキャバクラのみです。

ラウンジ

給料のシステムは時給制がほとんどで、キャバクラと比べると若干時給が低く設定されているところが多い特徴があります。指名制度がありませんし、一対一というシステムもなく、複数で接客することがほとんどです。

スナック

給料は時給制がほとんどです。年齢的に30代以降の女性が多く働いていますが、カウンター越しに接客するのが特徴的で、お客さんの隣に直接座るのが苦手という若い女性も勤めています。

高級クラブ

銀座のような高級地域で営業しているお店で、夜職の中でも特に敷居が高いイメージがあります。高級クラブで働く場合は日給制がほとんどです。ドレスコードがあることが多く、来店する場合はスーツにネクタイでなければお店に入れないというお店も少なくありません。そのため勤める側も安い服装だとお店側から注意を受けることもあります。高級な着物、高級なドレスを着て接客するのが高級クラブです。言葉遣いや立ち振る舞いも求められます。

このほかにもガールズバーミニクラブニュークラブなども夜職に分類されます。

あらかじめ知っておきたい借入の流れ

お金を借りるときの流れですが、夜職でも申し込み方は同じです。業者にもよりますが「店舗」「無人契約機」「インターネット」「郵送」これらを利用して申し込むことが出来ます。

1.借り入れの申込み

店舗の場合は直接店舗に出向いて手続きをします。スタッフが接客してくれますし、申込用紙の記入の仕方も親切丁寧に説明してくれます。無人契約機の場合は、業者が各地に設置している無人契約機を使って申し込みます。申し込みは画面を見ながら進めていけますし、途中でトラブルが起きた場合は設置してある電話から問い合わせをすることも可能です。インターネットは業者のホームページにアクセスをして、新規申込から手続きを進めます。必要事項を入力して送信するだけなので、時間も場所も問わず申込可能です。最後に郵送ですが、申込用紙に必要事項を記入して郵送します。申込用紙が業者に届いたら手続きが開始されます。

2.審査

申込が始まると、審査が行われます。審査とは申込者にお金を貸し出しても大丈夫かどうか確認する作業のひとつです。審査によって貸し出しが可能かどうか、さらには限度額はいくらぐらいまでなら大丈夫なのか、これらが調べられます。

3.入金

審査が終わると融資という流れになります。店頭の場合はその場でお金を借入が出来ますし、無人契約機の場合も隣にATMが設置されていることが多く、その場で借入が出来るようになっています。インターネットの場合は業者によるものの、その流れで自分の口座にお金を振り込んでもらったり、自動契約機に出向いてカードを発行してATMでお金を借りるという流れが一般的です。郵送の場合は即日で申込書が届かないため、数日経ってからカードが自宅に届けられて、それを使ってATMからお金を引き出します。

夜職の場合は職業欄になんて書く?

申込書には名前や住所、生年月日などのほかにも職業に関する項目があります。これは勤務先や業種について記入するところですが、夜職で働いていることは悪いことではありませんから正直に記入してください。勤め先の名前(お店の名前ではなくお店を運営している会社の名前)や住所、電話番号、それから業種はサービス業に分類されます。夜職はお客様を接客するのがサービスなので、サービス業で問題はありません。お金を借りるときに注意しなければいけないのは、内容に間違いがあることです。うっかり間違ったとしても、それが業者には嘘として伝わってしまうため心証が悪くなります。そのため夜職の場合は職業欄になんて書いたらいいのか迷う方もいますが、サービス業もしくは接客業と記入しましょう。お店を運営している会社名がわからない場合は、可能であれば店の人に聞きましょう。聞きづらい場合は給与明細を見るか、源泉徴収票などの書類を確認しましょう。

借入手続きに必要な書類をどうやって準備するか

申込に必要になるのは健康保険証や免許証など申込者の身分が証明できるもののほか、夜職の場合は収入面が重視されるので、給与明細を保管しておいてください。安定して毎月収入が振り込まれているかどうか証明できるものなので、お金を借りるときに役立つ書類のひとつになります。もしも給与明細をなくしてしまったとき、会社では再発行の義務がないため非常に難しいですが、控えの明細書をコピーしてもらうという方法もあります。会社に言いにくいという場合は、給与が振り込まれる銀行口座の通帳を持参すると証明できます。

限度額はいくらまで借入が可能なのか

どんな場面でお金が必要になるのか、これは借入をする人によって様々でしょう。次の給料日までの生活費が足りないという場合は小額でも間に合うでしょうし、結婚式や旅行などはまとまったお金が必要になります。そこで気になるのが限度額です。夜職の方が借入可能な限度額ですが、これは一律いくらと決まっているわけではありません。申し込む方の状況によって開きがあります。

例えば、会社員のように固定給で毎月決まった額が振り込まれている場合なら、年収の1/3程度の借り入れが可能です。逆に、歩合制で毎月の給料が安定していない場合、借りれる額はかなり低めになってしまうでしょう。このケースだと、一般的には10万円程度が限度と言われています。

借入をするときにこれだけは絶対に駄目!というお話

夜職は悪いことをしているわけではありません。後ろめたさを覚える方もいますが立派なお仕事です。ところが、お金を借りるとなった場合にやはり仕事のことを隠したいという方がいるのも現状です。そのため、申込の内容に嘘をついてしまうという話がありますが、これだけは絶対に止めてください。方法としては、夜職であることをバレたくないので偽装会社、アリバイ会社を使うのです。本当は在籍していないのに架空の会社に在籍しているように偽って申込をします。

噂として広まっていることですが、実はこれが犯罪行為であることを知らない方がまだまだいるようです。お金を借りるときに実際に勤めていない架空の会社やアリバイ会社の内容を記入して申込をすると、規約違反になります。これは詐欺罪に当たるため、懲役10年以下もしくは損害賠償の請求など、大変なことが起きてしまいます。すでにお金を借りている場合は一括で返済しなければいけなくなるので、偽装会社、アリバイ会社の利用は絶対に止めましょう

夜の仕事だから昼間の申込や手続きが難しい

夜職ですから、昼間仕事をしている人たちと間逆の生活を送っています。そのためお金を借りる場合も営業時間が過ぎていることが多いため、申し込むタイミングが難しいと悩んでいる方が多いようです。しかし、スマホやパソコンを持っていればインターネットを使って申し込むことが出来るので、特に時間を気にする必要はありません。ネットに接続できれば場所を選ぶこともないのです。業者が運営しているホームページには新規申込のページが用意されています。そちらに必要事項を入力すれば申込が完了です。

一連の流れとして、名前や生年月日、住所、勤務先、勤続年数、年収などを入力します。本人確認のための免許証や健康保険証はスマホで写真を撮ってメールで送信します。申込が終わったら審査が行われますが、例えば前の日の夜に送信した場合は、翌営業日に手続きが始まります。審査は業者にもよりますが早くて30分から1時間で終わるので、即日融資も可能です。審査が通ってすべての手続きが終わったら、口座に振り込んでもらうか、もしくは自動契約機でカードを発行すれば借入が可能となります。

借入先は信頼できる大手業者がおすすめ

お金を借りるときはどうしても手軽に借入ができるところを選びたくなります。そのため、うまい話にフラフラしそうになりますが、知名度のない業者から借入することはあまりオススメできません。なぜなら、知名度がないということは実績もありませんから、その業者が本当に信頼できるのかどうか判断できないためです。もしかしたら悪徳業者かもしれません。お金に困っている方の心の隙を狙っている悪い業者もいることを覚えておいてください。

お金を借りるならやっぱり知名度のある大手が一番でしょう。安心感がまったく違います。騙されることがないという安心感があるだけで、こんなにほっとするものなのかと必ず思うことでしょう。多くの人が利用していることも安心材料のひとつですが、困ったときに電話やメールで気軽に相談に乗ってくれるというスタンスも大手ならではでしょう。夜職として働いていてもお金に困ってしまうことはあります。そんなときはなかなか冷静になれませんが、必ず大手業者を利用したほうがいいという話を覚えておいてください。

Share Tweet LINE

page
top