grape [グレイプ]

在籍確認なしでお金を借りる方法は?職場にバレないカードローン

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

お金を借りる際に便利なのがカードローンです。一度カードを作れば自分のタイミングで自由にお金を借りられます。しかし、そのカードの作成時に必ず行われるのが在籍確認です。
在籍確認を嫌がる人は基本的にこう考えています。

  • 職場に電話がかかってきたら会社の人に借金がバレそう
  • 自分が電話に出られなかったら審査に落とされそう
  • 何を聞かれるかわからない

しかし心配する必要はありません。最近は電話による在籍確認をなしにできる方法が登場しているのです。そこでこの記事では、どのカードローンなら在籍確認なしでお金が借りれるのかを紹介しています。
電話以外の方法で済ませることができれば、職場の人に借金がバレる可能性はかなり低くなります。慌てて申し込んでしまう前に、一度この記事を読んで内容を把握しておきましょう。

在籍確認なしでお金を借りることは可能?

在籍確認なしでお金を借りることができます。そもそも在籍確認とは、カードローンなどの申し込みをするとき、申込者が本当にその職場に在籍しているかどうか確認するために、金融業者が職場に電話をかけてくるというものです。この在籍問題を嫌がる人は多く、電話がキッカケで職場の人にお金を借りることがバレたら嫌だと思うわけです。在籍確認なしで借り入れが可能な業者を探したいという声が多いのも納得でしょう。次の章では、実際に電話による在籍確認なしで契約できるカードローンを紹介していきます。

在籍確認なしで契約できるカードローン

案外知られていませんが、在籍確認は契約者以外の第三者に契約していることを知られてはいけないと法律で定められています。そのため、業者も電話で変なことは言えません。消費者金融であれば会社名を名乗ればすぐにバレてしまうため、担当者が個人名で電話をかけてくるなどの配慮がされています。

SMBCモビットのWeb完結申し込みを利用する

それでもやっぱり万が一バレたら困ると思う方もいるでしょう。そういう人のために配慮をしているのがSMBCモビットです。SMBCモビットはWeb完結申し込みというシステムを採用しており、スマホがあれば契約がWeb上だけで行えるというものです。Web完結申し込みなら電話による連絡をなしにできるので、職場にバレたくないという人にオススメです。モビットでWeb完結申し込みを利用するための条件は下記の2点です。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  • 社会保険証もしくは組合保険証を持っている

この2つの条件を満たしていれば、Web完結申し込みを利用して電話による連絡をなしにすることが可能です。書類も電子化されるため、郵送物もありません。更にすでに口座を持っている銀行のキャッシュカードを利用してお金を借りるため、カード発行もありません。これなら職場に電話がかかってくるかもと心配する必要がないのでオススメです。

他のカードローンはどうなっている?

その他のカードローンを利用したいと考えている人は、各社の在籍確認に対する姿勢を事前に知っておきましょう。例えばアコムは基本的に電話による在籍確認を行っています。しかし、どうしても電話をかけないでほしいと相談することで、柔軟に対応してくれることもあるようです。基本的に電話による在籍確認を行う基本姿勢であるため、事前に電話で相談してから申し込むようにするのが良いでしょう。
もし、電話による在籍確認をなしにできるとなったとしても、仕事をしている証明をする必要があります。その時に必要となる書類があるので、次の章で紹介していきます。

在籍確認必要なしは書類提出が必要

お金を借りるためには仕事をしていることが大前提です。在籍確認は申込時に記入した職場に本当に勤めているかどうかを確認するための手段なので、別の方法でそれが証明できれば必ず電話である必要はありません。そこで、どんな書類を用意すればいいのかをこの章では紹介していきます。

会社が発行している書類を用意する必要がある

現在の職場に勤めていることを確認するためには、その会社が発行している書類を用意するのが最も確実です。一番有効なのが保険証です。中でも、以下の2種類のどちらかを持っていれば在籍確認なしにできる可能性が高まります。

  • 社会保険証
  • 組合保険証

これらの保険証は、その企業に勤めている間しか利用できないものです。社会保険証は全国健康保険協会が発行しているものが有効で、組合保険証は各企業の健康保険組合などが発行しているものが有効です。退職時には会社に返さなければいけないため、「その保険証を持っている=現在もその会社に勤めている」と判断されるのです。

国民健康保険証などは誰でも発行できるものであるため、在籍確認なしのための書類としては使えません。それから今現在の収入を証明するための書類として、源泉徴収票や給与明細などのコピーも必要です。これは収入があることを証明する以外に、申込書で申告した勤め先に本当に勤めているのか証明することが出来ます。ちなみに源泉徴収票は1通分のコピーでいいですが、給与明細は2~3ヶ月分のコピーを用意する必要があります。

その他に必要な書類

これらの書類を提出することで、電話による在籍確認はなくしてもらえるかもしれませんが、カードローンの申し込みには基本的に必要となる書類があります。それが、本人の確認が出来る運転免許証や健康保険証、パスポートなどのコピーです。それらがなければ顔写真付きの住民基本台帳カードのコピーでも問題ありません。これらの中からひとつ選んでコピーを用意しましょう。

これだけ事前に準備したら、まずは各カードローン会社のコールセンターに電話をしましょう。その上で事情を説明し、代わりの書類を提出することで在籍確認なしにできないかどうかを聞きましょう。次の章では、在籍確認をなくすことによるメリットを紹介します。

在籍確認なしはどんなメリットがあるのか

電話による在籍確認がないことのメリットは、主に以下の3点です。

  1. 審査がスムーズに進む
  2. 職場の人にバレる心配がなくなる
  3. 電話が繋がらなくて審査に落ちる心配がない

メリット1.審査がスムーズに進む

電話による在籍確認だと、勤め先が営業中の時間内に電話をかけなければいけません。営業中なら特に問題はないものの、例えば申し込んだ時間が遅く職場がすでに営業時間外だった場合、在籍確認は翌日になってしまいます。しかし電話による在籍確認がない場合は必要書類を提出すればいいだけなので、勤め先が営業中でなくとも滞りなく手続きが進められます。どうしても時間がなく、すぐにお金を用意したいという場合、電話による在籍確認がないのは非常に助かります。

また、職場が休日だった場合も電話連絡が取れません。まして土日がお休みで申し込んだのが金曜日の夜遅い時間だった時は、月曜日になるまで在籍確認が取れないため、それだけ手続き完了が先延ばしになってしまいます。今すぐお金が必要な時などは、書類提出の方がスムーズにお金を借りることができるでしょう。

メリット2.職場の人にバレる心配がなくなる

当然ですが、職場に電話がかかってくれば誰かに借金がバレるリスクが高まります。消費者金融は業者名を名乗らず電話をかけてくれますが、勘の良い人なら何の電話かわかってしまうこともあります。普段から自分宛てに電話がかかってくる人であれば心配はいりませんが、内勤などで外部の人から電話がかかってくる機会が少ない人は職場の人にバレてしまう可能性があるでしょう。クレジットカードを作ったなどと言い訳を考えておくのも回避方法の1つですが、うまく言い訳できる自信がない人は書類提出に切り替えた方が余計な心配がなくなります。

メリット3.電話が繋がらなくて審査に落ちる心配がない

これは大企業や派遣の人に多いのですが、電話に出た人が必ずしもあなたのことを知っているとは限りません。会社名を名乗らずにかかってきた電話を怪しみ、「そんな人はいない」と言って電話を切ってしまうケースも珍しくありません。その場合、電話による在籍確認は失敗となり審査に落ちてしまいます。派遣の人も同様で、正社員ならまだしも派遣の人の名前までは知らないというケースがあります。こうした理由で審査に落ちてしまうこともあるので、書類提出で電話連絡をなしにしておいた方が良いでしょう。

これらの方法で切り抜けることができればいいのですが、書類で代用できないカードローン会社であればやはり電話による在籍確認を行う可能性があります。その時どんなことを聞かれて、どんなやり取りが行われるのかを次の章で解説します。

在籍確認はどんなことを聞かれる?

在籍確認の基本は電話です。申し込み時に職場の会社名や電話番号を記入します。審査担当の人がその電話番号にかけてきて、本当に本人が働いているかどうかを確認するのです。
申し込みをした方が職場にいた場合、別の職員が電話をとった場合は担当者の個人名を名乗って申込者を呼び出します。申込者が電話口に出たのを確認した後は、業者の名前と担当者の名前を伝えてきます。本人確認が出来た旨を伝えられて、このあと審査に入ることを告げられて終了となります。

業者によって、電話口に出た人が本当に申込者本人なのか確認する意味で、申込者の住所や電話番号を聞いてくることもあります。

申込者がいないとどうなる?

もしも申込者が職場にいない場合、ほかの同僚が電話を取るでしょう。このとき、申込者が不在であることを告げられると、あらためて電話をかける旨を伝えてきます。もちろん再度電話がかかってくることはありません。不在であるという返答は、この職場に申込者が在籍しているという証拠になるため、あらためて在籍確認が行われることはないのです。

電話に出られないと審査に落ちることはある?

たまたま自分が休みの日に電話がかかってきたなど、いつでも電話に出られるとは限りません。同僚が「今は不在」ときちんと伝えてくれた場合は問題なく終了しますが、「知らない」「そんな人はいない」と伝えた場合は在籍確認は失敗に終わります。そのような場合、多くのカードローン会社は本人の携帯電話に電話をかけてきます。そこで事情を伝えてもう一度職場に電話をするタイミングを調整しましょう。一度失敗したからといってすぐに審査に落とされるわけではありません。

これらのことを知っているかどうかで、在籍確認の結果は大きく変わってきます。もしも職場の人にバレるのが嫌ならば、次の章で紹介する言い訳を用意しておきましょう。

職場にバレないようにする方法

もしも在籍確認の電話だったことがバレた場合、いくつか言い訳を用意しておくといいでしょう。お金を借りることは悪いことではないものの、借りることを知られることはなんとなく恥ずかしく思うものです。そのため、もしも在籍確認だったのでは、と疑われた場合、保険のセールスだったと答えてみてはいかがでしょうか。

保険会社もそうですが、銀行などでも保険を扱うところがあります。また、マイホームローンやマイカーローンのセールスだったという言い訳も現実味があるでしょう。

そもそも在籍確認です、と言って電話をかけてくる業者はありません。あくまでも勘のいい同僚が感づく可能性があるという話です。もしもバレそうになったときは先ほどの言い訳を例に話をスルーさせましょう。

まとめ

最後に、この記事の中でも重要な5つのポイントをおさらいしましょう。

  • 在籍確認は基本的に電話で行われる
  • SMBCモビットはWeb完結申し込みなら電話連絡なし
  • その他の消費者金融は事前に相談して交渉することになる
  • 会社が発行している書類で在籍確認なしにできる可能性がある
  • 在籍確認の仕組みを知っていれば電話におびえる心配はない

どうしても電話連絡が嫌な人は、SMBCモビットでお金を借りるのがオススメ。特定の条件を満たしていればWeb完結申し込みが利用できるので、電話での連絡をなしにすることが可能です。その他のカードローンでお金を借りる場合は、事前に別の書類を提出することで在籍確認なしにしてもらえないかどうかを相談しましょう。会社が発行している書類や、社会保険証を提出すればなしにしてもらえる可能性があります。
また、どうしても電話で在籍確認をされるとなってしまったら、その時は職場の人にバレないように言い訳を用意しておきましょう。こうして事前に準備をしておけば、必要以上に怯えることはありません。

Share Tweet LINE

page
top