grape [グレイプ]

年収以上の借金はおまとめローンできる?

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

複数会社からの借入金額が膨らみ、合計して年収以上になってしまった場合はどうしますか?安い金利でおまとめローンを組み、一本化すれば返済の負担を軽くすることができます。しかし、年収以上のお金をまとめることは実際にできるのでしょうか?

また、年収以上のお金を借りる上で避けて通れないのが「総量規制」です。ここでは総量規制の解説をふまえながら、年収以上の借金をおまとめローンでまとめる方法を紹介します。

おまとめローンだったら年収以上の借金ができる?

総量規制についてインターネットなどで情報を集めると、おまとめローンは総量規制の対象外と書かれているのを見かけます。

そのため、おまとめローンであれば、どこの金融機関でも年収に関係なく借金ができると思っている方も多いかもしれません。しかし実際に消費者金融で年収以上の借金を一本化しようとすると、思わぬ落とし穴にはまる可能性があります。

そこで本章では、総量規制外になるケースとならないケースなど総量規制とおまとめローンの関係について解説していきます。

総量規制とは

まずは総量規制についておさらいをしましょう。総量規制とは貸金業法改正の時に制定された決まりで、年収の3分の1を超える金額は借りられなくなるという規制です。年収が300万円なら100万円まで借りられるということです。対象は消費者金融と信販会社、クレカキャッシングで、銀行のローンは対象外です。

おまとめローンは総量規制の対象外

しかし、実際に年収の3分の1までしか借りられないとなると、おまとめローンを組むことができずに困りますね。そのため、総量規制には一部例外が設けられています。顧客に利益があるおまとめローンであれば、年収の3分の1を超える金額でも借りられます。

しかし注意しなくてはいけないのは、顧客が得をしないおまとめローンは組めないということ。つまり、借入前より金利が低くならないと、年収の3分の1以上の金額で一本化ができません

そのため、消費者金融のおまとめローンには、「貸金業者(消費者金融)からの借り換え限定」と条件がついているケースが多いです。その理由としては、銀行の方が低金利であるため、銀行から借りたお金を消費者金融で一本化すると金利が上がってしまうからです。

消費者金融で年収以上のおまとめローンができる条件は?

消費者金融のおまとめローンには限度額が300万円程度と低めのものが多いです。そのため、金額によっては全てをまとめることができない可能性もあります。そこで主要な消費者金融の限度額を確認しておきましょう。

【各大手消費者金融のおまとめローン限度額】

プロミス 300万円
アイフル 800万円
アコム 300万円

消費者金融でおまとめローンを組んで年収以上の借金をまとめるには、以下2つの条件があります。

  • 限度額が年収以上
  • 対象外のローンがない

つまり、消費者金融や信販会社から借りているお金が年収を超えている場合のみ、消費者金融で年収以上のおまとめローンを組むことができるということです。金利が下がるということが年収以上のお金を借りる際の絶対条件なので、銀行から借りているお金を一本化するためには銀行でおまとめローンを契約しましょう。

銀行でのおまとめローンの実態は?

銀行は総量規制の対象ではありません。元々借りている会社の種類や金利を気にすることなくおまとめローンが組めます。金融機関によっては、カードローンでおまとめローンが組めるものも少なくありません。

しかし、大手銀行のカードローンの中には、みずほ銀行のように「年収の2分の1まで」と借入を自主的に制限している場合があります。ローンの限度額だけでなく、申し込み条件にも注意が必要です。

銀行カードローンは最近過剰な貸出が問題視され、自主規制を設けるところが増えてきました。法的には年収以上のお金が借りられるとしながら、自主規制で審査に通らない可能性があるのです。そこで次章では、年収以上の借金ができるおまとめローンを紹介していきます。

年収以上の借金ができるおまとめローン一覧

では実際に、年収以上の借金を借り換えできる可能性があるおまとめローンを紹介します。

三井住友銀行

商品名 三井住友銀行カードローン
金利 年4.0%〜14.5%(限度額によって変動)
限度額 800万円

三井住友銀行では、カードローンを使い他社の借入を一本化することができます。申し込み方法はインターネットと電話、ローン契約機があり、来店不要で契約が可能。借入まで非常に早いのが特徴で、最短で翌日には融資が受けられます。

三菱UFJ銀行

商品名 バンクイック
金利 年1.8%〜14.6%(限度額によって変動)
限度額 500万円

バンクイックはカードローンですが、おまとめローンを含む様々な使い道に利用ができます。限度額が400万円以上であれば金利が年6.1%にまで下がりますので、高額のおまとめローンにはぴったり。審査結果が最短で30分で分かりますので、結果を早く知りたい方にオススメ。

東京スター銀行

商品名 スターワン乗り換えローン
金利 年12.5%
限度額 1000万円

おまとめローン専用の商品に申し込みしたいという方にオススメなのが東京スター銀行。高額融資にも対応していますので、年収以上の借金を借り換えできる可能性があります。しかし、金利が固定であること、パート・アルバイトは申し込みができない事がデメリット。

(カードローンタイプの「スターカードローン」はパート、アルバイトでも申し込みができます。)

りそな銀行

商品名 りそなプレミアムフリーローン
金利 年6.0%
限度額 500万円

年収が400万円以上ある事が条件ではありますが、りそな銀行の「プレミアムフリーローン」も高額のおまとめローンに対応しています。限度額に関係なく金利が6.0%ですので、できるだけ負担を減らしたいという方にオススメ。来店不要で契約が可能です。

アコム

商品名 貸金業法に基づく借換え専用ローン
金利 年7.7%〜18.0%
限度額 300万円

アコムのおまとめローンでは、貸金業者(みなし業者も含む)の借入を一本化することができます。銀行やクレカのリボ払いは借り換えできません。申し込みの際はフリーコールへ連絡をし、申し込み手順や必要書類の案内を受ける必要があります。契約手続は来店または郵送で行えます。

アイフル

商品名 おまとめMAX
金利 年3.0%〜17.5%
限度額 800万円

アイフルでは銀行のローンもおまとめができる「おまとめMAX」を取り扱っています。限度額も最大800万円と大きいですので、年収以上の借金をおまとめできる可能性があります。インターネットで申し込みができます。

プロミス

商品名 おまとめローン
金利 6.3%〜17.8%
限度額 300万円

プロミスのおまとめローンでは、消費者金融やクレカキャッシングでの借入をおまとめローンで一本化することができます。申し込みの際は電話での相談が必要です。

現在、これだけの金融機関でおまとめローンを契約することができます。次章では、どんな審査基準なのかを紹介していきます。

おまとめローンの審査基準は?

おまとめローンで実際に気になるのは、審査に通るかどうかですね。審査は総合的な判断で行われますが、特に重要視される項目は以下の5つ。

  • ブラック情報の有無
  • 勤続年数
  • 借入件数
  • 収入と返済のバランス
  • 住居・同居家族の有無

それぞれの項目について、どの点が重要なのかを詳しく見ていきましょう。

1.ブラック情報の有無

どの金融機関でも、審査の際は個人信用情報を参照します。おまとめローン申し込みの際も例外ではありません。他社で長期延滞などのトラブルがあり、信用情報がブラックになっていると審査には通りません

2.勤続年数

年収以上の借金をするとなると、返済が終わるまでにはかなりの年月がかかります。延滞をせずに完済ができるかどうか、つまりずっと収入が途切れないかどうかがとても重要です。勤続年数が短いと仕事を辞める可能性が高いため、審査に不利になります。

3.借入件数

おまとめローンは複数の会社から借入があることを前提としています。しかしあまりに借りている会社数が多い場合、返済に極度に困っている状況とみなされ、審査には通りません。ベストは2社、多くても3社程度の借入件数が望ましいと言われています。

4.収入と返済のバランス

年収以上の借金を返済する場合は一月あたりの返済金額も大きくなります。しかし月々の収入は限られているものです。そのため、自動車ローンや住宅ローンなど、他のローンの返済金額も考慮したうえで審査が行われます。

5.住居・同居家族の有無

アパートなど賃貸にお住まいの場合は家賃の負担があり、自宅住まいよりも簡単に引っ越しができるため、審査にマイナスの影響を与えます。家族と同居しているほうが延滞しにくい傾向があるため、審査に通りやすいです。

年収以上の借金を借りる場合、返済期間が長く、一月あたりの返済金額が高くなるので、審査はより厳しく行われる傾向があります。

審査に通る人、落ちる人の特徴

以上を踏まえ、審査に通る人、落ちる人の特徴をそれぞれまとめました。

【審査に通る人の特徴】

  • 勤続年数が長い
  • 借入件数が少ない
  • 他のローンが少ない
  • 家族と同居

年収以上の借金をした後は大きい金額を長い期間返していくことになります。それを継続できるどうかが、年収以上の借金を一本化できるかの鍵になります。

他のローンが少なく月々の返済に余裕がある方や、勤続年数が長い方は審査に通りやすいです。また、家族と同居していると貸倒のリスクが下がる傾向があるため、年収以上の借金の審査に有利です。

【審査に落ちる人の特徴】

  • 勤続年数が短い
  • 借入件数が多い
  • アパートで単身暮らし

勤続年数が短いと仕事をやめる確率が高く、収入が途絶える可能性があるため審査に不利になります。また、審査の決め手になるわけではありませんが、アパートで一人暮らしですと簡単に引っ越しができるため、貸倒のリスクが高いとされて審査に落ちやすくなる傾向があります。

おまとめローンの審査に落ちたらすること

年収以上のおまとめローンの審査に通るのはかなり難しいです。それでは、実際に審査に落ちたらどうすればいいのでしょうか。具体的な内容は以下の3つ。

  1. ブラックかどうかを確認する
  2. 不動産担保ローンを検討する
  3. 債務整理も検討する

それぞれの事柄について詳しく見ていきましょう。

対策1.ブラックかどうかを確認する

何度か延滞をした経験がある場合、個人信用情報がブラックになっているかもしれません。ブラックになっても金融機関は教えてくれません。確認するためには自分で情報開示手続をしましょう。個人信用情報機関は全部で3つ(CIC、KSC、JICC)ですので、それぞれのホームページの手順に従い申請手続きを行ってください。

対策2.不動産担保ローンを検討する

自分名義の不動産を所持している場合、有担保ローンが組める可能性があります。土地や住宅を担保にするので、一般的な無担保のローンよりも審査に通る可能性が高く、低い金利で利用できます。

対策3.債務整理も検討する

年収以上の借金があるのは債務過多の状態です。今は返済ができていても、ちょっとしたトラブルで返済が行き詰まってしまう危険があります。年収以上の借金があり、おまとめローンの審査に通らないのであれば、金融機関からも「危ない」と診断されている証拠です。債務整理も選択肢に入れましょう。

まとめ

この記事では、年収以上の借金をおまとめローンで一本化する方法やコツについて紹介を行いました。

  • おまとめローンは総量規制の対象外
  • 消費者金融のおまとめローンは条件に注意
  • 一部銀行のローンにも年収による制限がある
  • 年収以上の借金は審査がかなり厳しい
  • 審査に通らない際は不動産ローン、債務整理も検討を

ここでの要点は以上の5つ。最後に、それぞれの事柄について簡単におさらいをしましょう。

おまとめローンは総量規制の対象外

年収の3分の1を超える金額は借りることができない「総量規制」。消費者金融やクレカ会社を対象にした決まりですが、消費者金融のおまとめローンは対象外です。

消費者金融のおまとめローンは条件に注意

おまとめローンは総量規制の対象外ではありますが、借りる側が得をする時に限ります。つまり、金利が高くなるようでは借りる側の損。銀行等で低い金利で借りているローンを消費者金融でまとめることはできません。

また、消費者金融のおまとめローンは限度額が低めの傾向があります。消費者金融で年収以上の借金を借り換えしたい場合は注意が必要です。

一部銀行のローンにも年収による制限がある

銀行のローンは総量規制の対象ではありません。年収を超えた金額を借りられる可能性があります。しかし、一部の銀行では自主的に限度額の制限を設けている場合があります。年収以上の借金をしたい場合は申し込み条件を確認しましょう。

年収以上の借金は審査がかなり厳しい

年収以上の借金をおまとめすると、返済期間はかなり長くなります。1回あたりの返済額も高めですので、審査はとても厳しくなります。個人信用情報や借入件数だけでなく、勤続年数、ローンの返済額などを考慮したうえで慎重な審査が行われます。

審査に通らない際は不動産ローン、債務整理も検討を

もし不動産ローンが使えそうであれば、取扱いをしている金融機関に相談をしてみるのもよいでしょう。

しかし、年収以上の借金があるのは債務過多の状態です。生活が破綻する前に債務整理を検討することをおすすめします。

すぐにお金借りたい!最短1時間融資可能なカードローン

  1. プロミス

    プロミスプロミス
    実質年率 4.5%〜17.8%
    利用限度額 最大500万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は30日間無利息
    • 郵送物なし、カードレスで誰にもバレない
    • WEB申し込みで最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  2. SMBCモビット

    SMBCモビットSMBCモビット
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 10秒簡易審査
    融資スピード 最短即日※
    • 10秒簡易審査で結果がすぐわかる!
    • WEB完結申込で郵送物/電話連絡なし!
    • 近くの銀行/コンビニで24時間利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  3. アイフル

    アイフルアイフル
    実質年率 3.0%〜18.0%
    利用限度額 最大800万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめてなら最大30日間無利息
    • 審査回答は最短30分!即日融資も可能
    • 誰にも知られずに利用可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  4. アコム

    アコムアコム
    実質年率 4.5%〜17.8%
    利用限度額 最大500万
    審査時間 最短30分
    融資スピード 最短1時間
    • はじめての人は最大30日間利息0円
    • 最短30分で審査回答!
    • 最短1時間融資も可能

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

Share Tweet LINE

page
top