grape [グレイプ]

おまとめローンでいくら借りられる?意外と知らない限度額の決まり方

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

複数の金融機関からお金を借りていると、毎日のように返済日がやってきて精神的にも追い込まれて大変ですよね。そのような状態から抜け出すのにおすすめなのがおまとめローンです。でも借金の総額が多い人は、おまとめローンで1本化できるのか不安かと思います。

  • おまとめローンはいくら借りられる?
  • 消費者金融は年収の1/3までしか借りられないと聞いたけど本当?
  • 銀行にはおまとめローンがないけど利用できない?
  • 利用限度額はどうやって決まるの?

ここではそんな疑問を解決するために、おまとめローンの限度額についての基本について分かりやすく解説しています。借金が高額で利用できるか不安だという人が読むことで、安心して1本化できる内容になっています。

おまとめローンの限度額はいくら?

おまとめローンを利用するときにまず気になるのが、自分の借金をすべて1本化できるのかどうかということ。借金の額が大きくなると、1つの金融機関に借り換えることが難しいのではないかと不安になりますよね。

でも安心してください。おまとめローンの場合には、原則としてすべての借金を1つにまとめることができます。ただし例外が2つあります。

  • おまとめローン商品の融資限度額を超えたとき
  • 審査により融資額を引き下げられたとき

すべてのローン商品には融資限度額が設けられています。もし融資限度額が500万円だとすると、その商品では500万円までの借金しか1本化することができません。このため、高額な借金がある場合には、融資限度額が高く設定されている商品を選ばなくてはいけません。

また、300万円の借金を1本化したいのに、審査を受けた結果200万円しか融資してもらえないということもあります。これについては後ほど詳しく説明しますが、「商品の融資限度額=借りられる金額」になるわけではないということを、頭に入れておいてください。

これらを踏まえたうえで、次章では限度額の考え方について、もう少し詳しくご紹介します。

混同しやすい限度額についておさらい

おまとめ専用ローンを取り扱っている金融機関は消費者金融です。でも、消費者金融には総量規制というルールがあり、年収の1/3までしか借りることができません。だとすると、それを超えた借金はおまとめできないように思えますよね。でも、実際には年収の1/3を超えた借金も1本化が可能です。

なぜそのようなことになっているのでしょう?その理由について、順を追って説明していきます。

消費者金融は総量規制がある

以前は消費者金融の判断で、いくらまで融資をするかを決めていたため、多重債務によって自己破産などの債務整理をする人が大勢いました。そこで国は消費者金融などの貸金業者に対して、消費者保護と多重債務の防止を目的に総量規制というルールを2010年に導入しました。

総量規制では、年収の1/3を超える貸付けを禁止しています。それ以上の融資を受けた場合、債務整理をする確率がとても高くなるためです。ポイントは1社での最大融資額ではなく、すべての貸金業者からの借入れ合計が年収の1/3までになっているという点です。

【借入の例】

年収 600万円
総量規制による借入れ上限 200万円(年収の1/3)
A社からの借金 120万円
B社からの借金 60万円

このような状態にあると、あと20万円しか借りることができません。これではA社とB社の借金をまとめることができませんよね。でも、おまとめローンを利用した場合には、このような借金も1つにまとめることができます。

おまとめローンは総量規制対象外になる

なぜ、おまとめローンでは年収の1/3を超えたお金を借りることができるのでしょう?実は消費者金融のローンのうち、借金を1本化して返済しやすくするための商品は、総量規制の対象外となっています。理由はとてもシンプルで「融資しても借金が増えるわけではない」からです。

上記の例でC社が180万円を融資すると、A社とB社の借金はなくなります。借金の総額が増えないのであれば、単純に考えて1本化をした結果、返済が苦しくなるということはありませんよね。むしろ返済が1社になり、月2回の返済日が1回になるので気持ちも楽になります。

それだけでなく、1社あたりの借りる金額が大きくなるので金利も低くなります。金利が低くなるということは、利息が減りますので返済総額を減らすことができます。利用者にとってメリットしかないという理由で、消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外になっています。

そのため1/3の限度額以上でも借り入れが可能

通常は年収の1/3までしか借りられない消費者金融ですが、おまとめローンに限ってはそれを超えての借り換えが可能です。ただし、利用するに当たっての注意点が2つあります。

  • おまとめ専用ローンを利用する必要がある
  • 貸金業者から借りたお金しかまとめられない

消費者金融にはカードローンという手軽に利用できる商品がありますが、このカードローンでは総量規制を超えての借入れができません。

すぐに返済すれば借金が増えないから問題ないように思えますが、カードローンで借りておいて返済に充てないという人もいるため、瞬間的であっても消費者金融のカードローンは年収の1/3以内しか借りることができないようになっています。

また、消費者金融のおまとめローンは、貸金業者から借りたお金しか1本化できません。貸金業者というのは消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどが該当します。銀行や信用金庫などから借りたお金はまとめることができませんので注意してください。

そうなると、銀行から借りたお金が多い人は、借金の1本化ができないのでしょうか?もちろんそんなことはありません。銀行から借りたお金は、銀行のローンを使ってまとめることが可能です。それについては次章で詳しく説明していきます。

銀行の限度額についておさらい

消費者金融では銀行からの借金をおまとめできませんが、銀行で借りたお金は銀行でまとめることができます。でも、銀行にはおまとめ専用ローンはありません。どうすれば銀行で1本化ができるのか、銀行の限度額の考え方と合わせて説明します。

銀行は総量規制対象外

銀行から借りたお金は消費者金融から借りたお金と違って、総量規制の対象にはなりません。なぜなら、総量規制というのは貸金業法という法律で定められたルールであり、銀行は貸金業法ではなく銀行法に従って運営されているから。

消費者金融には規制があり、銀行には規制がないというのは少し歪な状態にあるように感じるかもしれません。ただ、銀行まで総量規制を行うと、どこからも借りられなくなった人たちが、闇金業者などから借りるようになってしまう可能性が高いため、現時点では銀行は総量規制の対象外になっています。

ただし、銀行による過剰融資がニュースなどでも取り上げられたこともあり、将来的には銀行法にも総量規制が導入される可能性があります。とはいえ、それは確定したことでもなく、すぐに決まることでもありませんので、あまり気にする必要はありません。

銀行がおまとめに特化したローンを用意していない理由

銀行がおまとめ専用ローンを用意していないのは、総量規制の対象外になっていることが関係しています。もし借金が500万円あったとしても、カードローンなどのローン商品の限度額が500万円以上あれば、それを使って借り換えをすれば1本化ができます。

もちろんカードローンでも、年収以上の融資を受けるのは簡単ではありません。それでも総量規制対象外ですので、消費者金融よりも高額な借入れが可能です。しかも、銀行のカードローンなら使用用途が自由ですので、消費者金融の借金も1本化することが可能です。

ちなみに、すでにカードローンを契約しているのであれば、おまとめのために新しくローン契約をする必要はありません。カードローンの利用限度額を融資限度額いっぱいまで上げることで、おまとめローンとして使うことができます。次章ではその方法について解説していきます。

限度額を上げる方法

おまとめローンを新しく契約しなくても、すでに契約しているカードローンの利用限度額を上げることができれば、借金をまとめることが可能です。

【例】

A社からの借金 100万円(カードローン)
B社からの借金 60万円
C社からの借金 40万円

このような借金があったとして、A社からの借金がカードローンだったとします。A社からでの利用限度額が130万円だったとして、これを200万円に上げることで、B社とC社からの借金を完済できます。200万円は無理でも140万円に上がれば、C社の借金を返せます。

金融機関は多重債務を嫌うので、複数社からの借入れがある場合、それだけで審査落ちすることもあります。限度額の引き上げによって、おまとめするという方法も頭に入れておきましょう。具体的な方法については、消費者金融と銀行に分けて説明します。

消費者金融のケース

消費者金融のカードローンを増額する場合には、消費者金融に対して増額依頼をします。どれくらい増額されるかは会社によって違いますが、1回の増額で上がるのは平均で10〜30万円程度ですので、借金が高額な場合には、段階的なおまとめにしか利用できません。

さらに総量規制がありますので、すでに年収の1/3近くまで借りている場合には、限度額を引き上げることができません。また、増額には審査がありますので、契約からの期間が短い人や、延滞したことのある人は増額を断られる可能性があります。

銀行のケース

銀行のカードローンの場合は総量規制がありませんので、年収の1/3以上の増額も可能。ただし、年収以上の融資をすると、返済困難になって債務整理される可能性があります。このため、銀行も限度額の引き上げには慎重に審査を行います。

高額な借入れをしたいのであれば、おまとめローンでの利用であることを増額依頼するときに伝えておきましょう。そうすることで、借金の総額が増えるわけではないことを理解してもらえるため、融資を受けやすくなります。

ただし、カードローンの限度額いっぱいまで借りられるというわけではなく、年収などを考慮していくら増額するかが決まります。この点について次章で詳しく説明します。

限度額が高いおまとめローン=その額が借りられるわけではない

おまとめローンを選ぶときに重要なのが、「融資限度額>借金の合計」になっているということです。いくら金利が低くても融資限度額が低いと1本化できませんので、必ず融資限度額を確認しておく必要があります。

ただし、この融資限度額は必ずしも借りられる額というわけではありません。銀行も消費者金融もビジネスでお金を貸していますので、貸したお金が戻ってこないとなると、それが損失になってしまいます。このため審査を行って、絶対に返済できる金額までしか融資を行いません。

仮に限度額が600万円だったとして、融資額を限度額いっぱいまで上げてしまうと、これを10年で返済するには利息を無視しても1年間に60万円返さなくてはいけません。1ヶ月5万円の返済です。月収が15万円しかなかったら残り10万円で生活することになり、すぐに家計が破綻します。

これは極端な例ですが、銀行や消費者金融はこのようなことにならないように、融資額の上限を決めています。商品の融資限度額というのは、その商品で借りられるMAXの金額となっているだけで、実際には自分の年収に見合った額までしか借りることはできません。

とはいえ、「融資限度額>借金の合計」が基本であることには変わりありません。このため、次章では限度額が高いおまとめローンのうちおすすめの商品をご紹介していきます。

限度額の高いおまとめローン紹介

限度額が高いおまとめローンでないと借金を1つにまとめられません。ただ、自分でどれを選んでいいのか分からないという人もいると思いますので、ここではおすすめの商品を6つご紹介していきます。

1.アイフル「おまとめMAX」

融資限度額 800万円
金利 年3.0〜17.5%

消費者金融のおまとめローンのうち、最も高い融資限度額を設定しているのがアイフルの「おまとめMAX」です。800万円まで借金を1本化できますので、ほとんどの借金をまとめることができます。申し込みから契約まで来店の必要がなく、忙しい人に適した商品です。

2.プロミス「おまとめローン」

融資限度額 300万円
金利 年6.3〜17.8%

プロミス「おまとめローン」は融資限度額が300万円しかありません。ただ、プロミスが借入先に返済してくれるため、ほとんど手間がかからず、スムーズにおまとめできます。申し込みは自動契約機もしくは店頭窓口で行うため、その場で審査結果が分かるというメリットもあります。

3.アコム「貸金業法に基づく借換え専用ローン」

融資限度額 300万円
金利 年7.7〜18.0%

アコムの「貸金業法に基づく借換え専用ローン」も融資限度額は300万円です。こちらもプロミスと同様に、アコムが借入先への返済をおこなってくれます。利用するには、事前に電話での問い合わせして、店頭窓口・自動契約機で申し込みします(郵送も可)。

4.みずほ銀行カードローン

融資限度額 800万円
金利 年2.0〜14.0%

みずほ銀行のカードローンは融資限度額が800万円もあり、しかも金利が年2.0〜14.0%と消費者金融よりもかなり低く設定されています。みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合には、さらに金利が年0.5%も下がるため、返済総額を大幅に減らすことも可能です。

5.楽天銀行スーパーローン

融資限度額 800万円
金利 年1.9〜14.5%

楽天銀行のスーパーローンも800万円まで借りることができ、金利もみずほ銀行に見劣りしないくらい低金利で借りることができます。パートやアルバイトのようなステータスの低い人でも借金の1本化が可能で、50万円以下なら専業主婦でも申し込みできます。

6.三井住友銀行カードローン

融資限度額 800万円
金利 年4.0〜14.5%

金利はやや高くなりますが、三井住友銀行のカードローンも800万円まで借りることができます。三井住友銀行の普通預金口座とキャッシュカードを持っている場合には、申込みから契約まで来店不要のWEB完結で利用できます。

限度額が決まる基準6つ

  1. 年収
  2. 年齢
  3. 勤続年数
  4. 職業
  5. 持ち家の有無
  6. 信用

カードローンの利用限度額は審査によって決まるとお伝えしましたが、審査では上記の6つの基準によって限度額を決めています。それぞれの基準について詳しく見ていきましょう。

1.年収

限度額を決めるにあたって、まず基準となるのが年収です。消費者金融の場合は総量規制がありますので、年収の1/3が上限になります。この年収の1/3というのは、意味なく決められたわけではなく、これ以上の借入れは債務整理につながる確率が高いという理由で決められています。

このため、銀行もここからかけ離れた金額の融資は行いません。一般的には年収の1/2程度が限度額の上限になると考えてください。

2.年齢

おまとめローンの場合には、借金の額が大きいため返済まで時間がかかります。このため、60歳で借りたとすると、返済までに定年を迎える可能性があります。そうなると収入が途切れてしまいますので、返済によって生活が圧迫されてしまいます。

このため、定年までに無理なく返済できることを前提に融資額が決まります。40代以下であればそれほど気にする必要はありませんが、50代以降は年齢も影響すると覚えておきましょう。

3.勤続年数

あまり知られていませんが、勤続年数も限度額に影響します。勤続年数が短い人ほど会社を辞めやすく、将来の収入が不透明であるということから、転職したばかりの人などはどうしても融資額を低く設定されてしまいます。

銀行の場合は勤続年数が1年以下の場合には、融資額が低くなるどころか審査落ちすることもあります。それくらい重視されている項目であることを頭に入れておきましょう。

4.職業

公務員や弁護士といった、社会的信用度が高い人ほど融資額は高くなります。特に公務員はリストラされる可能性がほとんどありませんので、安定収入という面でもプラスに評価されます。そういう意味では、上場企業の社員や大手企業の社員は高額な借入れが可能です。

反対に限度額が低くなるのが、パートやアルバイト、そして自営業者です。いずれも将来の収入が不透明ということで、融資額が低く抑えられてしまいます。

5.持ち家の有無

持ち家などの資産があるかどうかも影響します。これは返済できなくなったときに、差し押さえできるものがあると、銀行や消費者金融の損失を最小限に抑えることができるためです。このため、都市部などに持ち家がある人ほど、高額な借入れができます。

6.信用

おまとめローンのような無担保ローンは、信用によって融資を行っています。この信用というのは「いい人だから」といった抽象的なものではなく、これまでの借入れや返済の実績をチェックして判断されます。

1本化したい借金を問題なく返済し続けているのであれば、1本化後もきちんとした返済が期待できるので高額な融資を受けられますが、延滞を何度も繰り返しているようですと、信用がなくなり、希望する額を借りられない可能性があります。

まとめ

  • おまとめローンなら消費者金融でも年収の1/3以上借りることができる
  • 銀行で1本化する場合にはカードローンを利用する
  • カードローンを利用しているなら、増額しておまとめする方法もある
  • 借りられる額と融資限度額は違う
  • いくら借りられるかは審査によって決まる

限度額の考え方についてご紹介してきましたが、たくさんの情報があって混乱しているかもしれませんので、重要なポイントをまとめておきます。

消費者金融からお金を借りるときには、総量規制によって年収の1/3までしか借りられないというルールがありますが、おまとめローンの場合には借金が増えるわけではないため、総量規制対象外となるため、年収の1/3以上の借金もまとめることができます。

銀行はそもそも総量規制の対象外ですので、おまとめ専用ローンが用意されていません。このため、カードローンを利用して1本化を行います。もしすでにカードローンを利用しているのであれば、増額してもらうことで、ひとつにまとめることも可能です。

ただし、おまとめ利用であっても、カードローンの融資限度額まで借りられるわけではありません。いくら借りられるかは審査によって決まりますので、ステータスが低い人は希望額いっぱいまで借りられない可能性もあります。

そのようなときは無理に1本化するのではなく、段階的に借入先を減らしていきましょう。延滞することなく返済を続けていれば、信用が高くなってまた増額してもらえます。それまではコツコツと返済を続けましょう。

Share Tweet LINE

page
top