grape [グレイプ]

銀行系おまとめローンは審査が厳しいって本当?その実態と審査のコツ

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

複数の借入を一社にまとめたいときに便利な「おまとめローン」。できるだけ低い金利で、ひとまとめにしたいですよね。そこで気になるのが銀行系のおまとめローンです。銀行系のローンは金利が低く、限度額が高いのが魅力です。

しかし、銀行系は消費者金融よりも審査が厳しいのでは…と申込に踏み込めない方もいると思います。今回は銀行系でおまとめローンを組むコツや、審査のポイントを紹介します。

銀行系おまとめローン

まずは実際に、おまとめローンを組める銀行と金融商品の例を紹介します。

三井住友銀行

系列 都市銀行
商品名 三井住友銀行カードローン
金利 年4.0%〜14.5%(限度額によって変動)
限度額 10万円〜800万円

おまとめローンとして使える三井住友銀行カードローンは、インターネットで申込ができ、最短で翌営業日には融資が受けられます。あらかじめ三井住友銀行のキャッシュカードを持っていれば、そのカードでそのまま借りられるようになります。カードがなくても、郵送またはローン契約機でカードを受け取れるので、来店の手間がかかりません。

三菱UFJ銀行

系列 都市銀行
商品名 バンクイック(カードローン)
金利 年1.8%〜14.6%(限度額によって変動)
限度額 10万円〜500万円

三菱UFJ銀行が展開するカードローン「バンクイック」はおまとめローン・一本化での用途でも人気が高いです。三菱UFJ銀行のキャッシュカードを持っていれば最短でその日のうちに融資が受けられます。全国各地に設置されているテレビ窓口では最短40分で契約可能。急いでいる方にはぴったりです。

みずほ銀行

系列 都市銀行
商品名 みずほ銀行カードローン
金利 年2.0%〜14.0%(限度額によって変動)
限度額 10万円〜800万円

みずほ銀行には多目的ローンがありますが、借入金額が年収50%以内、年収が200万円以上と条件がかなり厳しいため、おまとめローンとしての利用はカードローンが人気です。最大で800万円まで限度額があるので大型のおまとめにも対応しています。みずほ銀行口座があればWEB完結申込が可能。来店の手間がかかりません。

りそな銀行

系列 都市銀行
商品名 りそなプレミアムフリーローン
金利 年6.0%
限度額 100万円〜500万円

りそな銀行のフリーローンは事業資金以外の様々な用途に利用ができるローンです。対応金額は100万円からと、大型の融資を想定した商品です。金利は年6.0%の固定金利ですので、安くおまとめローンを組むことが可能です。Webで手続きができるので、来店したり書類を用意したりする手間がかかりません。申込の際には前年度年収が400万円以上という条件があるので注意

楽天銀行

系列 ネット銀行
商品名 スーパーローン
金利 年1.9%〜14.5%
限度額 10万円〜800万円

楽天銀行が展開している「スーパーローン」はカードローンタイプの商品ですが、おまとめローンにも利用ができます。限度額は最大800万円まで。限度額が高いほど金利が下がるので、金利負担の軽減が期待できます。スマホの専用アプリを使えば必要書類をスマホから提出ができますので、コピーをして郵送したり、パソコンで添付などを行う手間がかかりません。申込をすると楽天スーパーポイントがもらえるという嬉しいオマケも。

東京スター銀行

系列 地方銀行
商品名 スターワン乗り換えローン
金利 年率12.5%
限度額 30万円〜1000万円

東京スター銀行は、地方銀行である東京相和銀行の後継として2001年から創業した銀行です。しかし、他の金融機関よりも早くから借りかえ・おまとめローンに力を入れています。他社乗り換え専用ローン「スターワン乗り換えローン」は金利は12.5%と固定ではありますが、最大1000万円という高額のおまとめローンにも対応。大型借入でも来店不要です。

デメリットはパート・アルバイトの方は不可ということ。パートやアルバイトの方向けのスターカードローン(限度額1000万円まで、金利1.8%〜14.6%)でおまとめローンを検討しましょう。

横浜銀行

系列 地方銀行
商品名 横浜銀行カードローン
金利 年1.9%〜14.6%
限度額 10万円〜1000万円

日本最大の地方銀行である横浜銀行のカードローンは、限度額が1000万円とかなり高く、おまとめローンを含む様々な目的に利用できます。インターネットで申込をすると審査結果は最短で翌日、借入までは1日と非常に早いことが特徴。審査基準は都市銀行に近いとされています。神奈川県、東京都のほか、群馬の一部地域に居住もしくは勤めている方が対象です。

千葉銀行

系列 地方銀行
商品名 ちばぎんフリーローン
金利 年4.3%〜14.8%
限度額 30万円〜500万円

千葉銀行の展開するフリーローンは、おまとめローンに使えることがホームページではっきりと記載されていますので、おまとめ目的で申込がしやすいローンです。千葉県だけでなく、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県(横浜市・川崎市)に住んでいる方も申込でき、来店不要で手続きができます。商品ページに10秒クイック診断がありますので、不安な方は診断をしてみましょう。

京都銀行

系列 地方銀行
商品名 京銀フリーローン「グッドサポート」
金利 3.675%〜13.675%
限度額 10万円〜1000万円

関西(京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県・奈良県)の方が申込ができる京都銀行のフリーローンは、おまとめローン・借り換えはもちろんのこと、複数の目的で一度に申込できることが魅力のフリーローンです。「おまとめしたいけれど、大きな出費があるから追加で融資も受けたい」という方には非常にオススメです。契約時は店頭で手続きが必要ですが、インターネットから借審査の申込が可能。

紀陽銀行

系列 地方銀行
商品名 おまとめローン
金利 3.8%〜13.8%
限度額 10万円〜1000万円

紀陽銀行が展開する一本化専用のおまとめローンは、アルバイトやパート、配偶者に安定した収入のある主婦、年金収入の方や自営業の方など、申込できる対象が幅広いことが魅力のローンです。おまとめローン専用ですので限度額も高め。Webで仮審査を行い、店頭で契約手続きを行うという流れになります。和歌山県や大阪府、奈良県の方が申込できます。

北洋銀行

系列 地方銀行
商品名 北洋銀行カードローンスーパーアルカ
金利 1.9%〜14.7%
限度額 10万円〜1000万円

北海道内にお住まいの方が申し込める北洋銀行のカードローンは、おまとめローンに対応可能な最大1000万円の大型融資が魅力です。インターネットから申込ができ、審査は早ければ1日程度で終了します。北洋銀行の口座を持っていなくてもOK。限度額が300万円以下であればweb完結申込が選べます

ここまでの説明で、銀行系のおまとめローンといっても大手のメガバンクと地方銀行が取り扱っていることが分かりました。これらにはどんな違いがあるのか、次章で確認していきましょう。

メガバンクと地銀のおまとめローンの違いは?

銀行系の金融機関は大きく分けるとメガバンク(都市銀行)と地方銀行に分類されます。商品概要だけでは違いは分かりにくいですので、これらがどう違うのか、具体的にまとめました。

  • 融資までの手間や時間
  • 地域性があるかどうか
  • 審査の融通性

違う点は以上の3つです。それぞれについて詳しく解説をしていきましょう。

1.融資までの手間や時間

都市銀行の場合はインターネット申込に対応しているだけでなく、融資まで来店不要なものが大半です。カードローン形式の場合、キャッシュカードを持っていればそのままそのカードで借りられるようになるものも多いです。融資までにかかる日数も短め。

地方銀行もインターネット申込に対応している会社が増えていますが、都市銀行のようにWeb完結ができる例は少ないです。おまとめローンのように限度額が高い場合は融資までに日数がかかり、窓口での手続きが必要になるケースが多いです。

2.限度額の差

メガバンクなどのカードローンは限度額が高く、金額が大きめのおまとめローンにも対応しています。都市銀行は全国展開ですので、年収がかなり高い人の申込も珍しくありません。顧客が多い分多様なニーズに答える必要があります。しかし地方銀行の場合はそこまで顧客が多くありませんので、都市銀行に比べると限度額が低め(300万円程度)にとどまっているものが多いです。

3.審査の融通性

都市銀行の融資に比べると、地方銀行は融資に若干の融通が利くことがあります。地方銀行は経営が都市銀行ほど安定しておらず、顧客獲得に力を入れているためです。

インターネットで解決してしまう都市銀行とは違い、窓口に行けば社員の方と話す機会もあり、相談にも乗ってもらえます。都市銀行ではダメでも地方銀行では借りられる可能性があります。また、地方銀行の場合は普段から取引があると審査に通りやすくなるといわれています。例えば給与振込に口座を利用している場合は、返済が滞る可能性が低いため審査に有利になります。

こうした違いを理解した上で、次章では審査基準を確認していきましょう。

銀行系のおまとめローンの審査基準

実際に銀行系に申込む上で気になるのは審査基準ですね。審査に重要なポイントは主に以下の4点です。

  • 年収と借入のバランス
  • 借入件数
  • 収入の安定性
  • 信用情報機関の情報

では、それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

1.年収と借入金額のバランス

銀行系のローンは、年収によって借入が制限される「総量規制」の対象ではありません。しかし年収が全く無関係というわけではありません。年収に対する借入金額のバランスは、審査に非常に大きな影響を与えます。借り換えをするとはいえ、希望金額が高すぎると審査に通りません。また、ローンによっては年収制限がある場合がありますので、必ず申込条件を事前に確認しましょう。

2.借入件数

借入件数が多いと、それだけお金に困っているとみなされます。銀行系の場合、会社数が3件を超えると審査がかなり厳しくなりますので、銀行系に申し込みたいのであればできるだけ借入している会社数を減らしましょう

3.収入の安定性

おまとめローンは金額が大きく、返済期間が長くなります。そのため返済を続けていけるかどうか、つまり収入が途切れないかどうかが大切です。そのため勤続年数は非常に重要視されます。勤続年数が1年に満たない場合、審査にかなり通りにくくなります

勤務先の規模も審査に影響を与えます。万が一給与の支払いが滞ると返済ができなくなるためです。上場企業、公務員は審査に有利です。また、アルバイトよりも正社員のほうが審査に有利と言われています。

4.信用情報機関の情報

銀行系に限ったことではありませんが、借り入れの前には個人信用情報機関の情報を必ず確認されます。他者の借入状況や返済状況のほか、異動情報がないかなどが参照されます。異動情報がある(ブラック)と審査には通りません
これが審査で大事な4つのポイントです。これらを対策した上で審査に落ちてしまった場合はどうしたらいいか、次章で解説します。

銀行系の審査に落ちたらどうするべき?

万全の体制で申込をしたにも関わらず、銀行系の審査に落ちてしまったらどうすればいいのでしょうか。

まずブラックになっていないか確認しよう

どんなに年収が高く、他社の借入が少なくても、個人信用情報に異動情報が登録されていると(いわゆるブラックの状態)絶対に審査に通りません。自信があるにも関わらず審査に落ちた場合は自分の信用情報を調べてみましょう。

日本の個人信用情報機関は以下の3つ。

  • CIC
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行信用情報センター)

手続きを行えば自分の信用情報を確認できます。各機関への申請方法はホームページなどを参照してください。

地銀(地方銀行)も検討しよう

普段使っている地方銀行でおまとめローンが組めそうなものがあれば、相談することをオススメします。地銀は都市銀行に比べると顧客数が少ないため、顧客が多い都市銀行に比べると審査が通りやすい可能性があります。(審査がゆるいわけではありません

消費者金融も検討しよう

消費者金融は銀行系の会社に比べると金利は高いですが、その分審査により通りやすいとされています。あくまでも基準が異なるだけで、審査そのものがゆるいというわけではありませんが、銀行系のローンよりは可能性が高いです。

消費者金融でおまとめをして返済を続けていれば、その間に勤続年数は伸び、残高は減りますね。つまり「属性」が良くなっていくわけです。しばらく消費者金融で返済をしてから銀行系ローンに乗り換えをしても問題はありません。少しの間消費者金融で返済をするというのも手です。

銀行系のカードローンはおまとめローンに使える

銀行系のおまとめローンを探していると、カードローンを勧められることがよくあります。「カードローンを探しているわけじゃないのに…」と候補からはずしてしまう方もいますが、銀行のおまとめローンはほとんどがカードローンです。

なぜなら、銀行系のカードローンは金利が低く限度額も高め。事業資金を除いて自由に使えるので、おまとめローンとして紹介されることが多いのです。審査もフリーローンに比較すると通りやすいとされています。

カードローンをおまとめローンに使うときの注意

銀行系カードローンをおまとめローンで使おうと考えている場合は、申込の際に必ず「おまとめローンとして使いたい」と銀行に伝えるようにしましょう。

なぜなら、他社借入がある状態でカードローンの申込をしますので、銀行側がおまとめローン目的だと分かっていないと「他社の借り入れが多すぎる」と判断されて審査に落とされてしまいます。それを避けるためにも、申込前に相談をしましょう。

まとめ

では最後に、銀行系のおまとめローンを組む上でのポイントをまとめましょう。

  • 銀行系カードローンはおまとめローンに対応している
  • 都市銀行のほうが便利でスピーディ
  • 地方銀行は都市銀行より融通が利きやすい
  • 年収や収入の安定性、借り入れ件数などが審査に影響する
  • 都市銀行がダメなら消費者金融や地方銀行を選ぼう

銀行系でおまとめローンを組む場合は、限度額が大きめで金利が低く、様々な使い道に利用できるカードローンが適しています。都市銀行のローンはネットで申込ができ来店不要のものが多く、手続きも早いです。しかし、大手ゆえに審査が厳しい・融通が利きにくいというデメリットも。

地方銀行は都市銀行に比べると融通が利きやすく、普段から取引があれば審査に有利になります。お近くの都市銀行でおまとめに使えそうなものがあれば候補に上げてみましょう。

審査には収入の安定性、他社借入件数などが大きく影響します。銀行系の審査に通るのが難しい場合、消費者金融でおまとめローンをし、様子を見るのも手ですね。

Share Tweet LINE

page
top