grape [グレイプ]

住宅ローンとおまとめローンは一緒に組める?関係や審査のポイントを解説

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

おまとめローンの返済中でも住宅ローンを利用したいと考える人、もしくはその逆で住宅ローンを利用している最中におまとめローンを利用したいと考える人は多いです。しかし住宅ローンは金額がかなり大きいローンですので、両方を借りられるかどうか不安になるのではないでしょうか。

また住宅ローンを借りるなら、低い金利で多めに借りて借金も一本化したい、と考える方もいると思います。今回はおまとめローンと住宅ローンの関係や、審査のポイントについて解説をします。

おまとめローン利用中に住宅ローンは借りれるの?

住宅ローンはおまとめローンとは別物の金融商品です。おまとめローンが無担保ローンであるのに対し、住宅ローンは住宅を担保にする有担保ローンだからです。

しかし、住宅ローンの審査においては、おまとめローンの状況が全く関係がないとは言い切れません。本章では、両者の関係をわかりやすく解説していきます。

住宅ローンで重要視される「返済比率」とは

住宅ローンの審査において一番重要視される項目の一つが「返済比率」です。返済比率とは、年間の返済額が年収の何%であるかを計算した比率のことです。返済負担率とも呼ばれます。

住宅ローンの返済比率の基準は年収や商品によって異なります。例えば、民間の住宅ローンで年収が300万以上450万円未満の場合、30%以下が基準であるといわれています。

年収300万円であれば
300万円×30%=90万円
一か月だと90万円÷12ヶ月=75,000円

が返済の上限という計算になります。

おまとめローンの返済額も審査に影響する

返済比率は住宅ローンだけでなく、カードローンをはじめとした無担保ローンの返済も含めて算出します。そのため、毎月の返済金額が多いと住宅ローンの審査に通らない可能性があります。

また、同じ金額を借入している場合、会社数が少ないほど返済金額は少なくなりますので、複数の借金がある方はおまとめローンをしているほうが審査に通りやすくなると言えます。

住宅ローンは有担保型とは言え、審査の際は借り入れがない人の方が有利です。そのためおまとめローンで高額の借り入れをしている場合、審査が不利になる可能性があるのです。次章では、そんな人が審査に通るための情報をお伝えしていきます。

おまとめローン返済中でも住宅ローン審査に通るコツ

おまとめローンを組んでいると住宅ローンが組めない、ということはありません。おまとめローンの返済中でも住宅ローンの審査に通りやすくするために気をつけたいことを紹介します。重要なポイントは3つあるので、本章はそれを詳しく解説します。

1.ローンの件数・金額はできるだけ少なく

住宅ローンの審査には返済金額が非常に重要視されますので、毎月の返済金額を減らすようにしなくてはいけません。そのためには、一本化できるローンはできるだけおまとめしてしまうことです。件数が少ないほど審査には有利になります。

また、もう少しで返せるローンがある場合は、少し無理をして返済をしてしまうか、完済まで住宅ローンの申込を待つようにしてください。住宅ローンは完済の履歴も審査に影響を与えます。借金を全て返したという事実が審査に有利に働くかもしれません。

2.借りる金額も低く抑えよう

おまとめローンを返済しているということは、家計に大きな余裕があるという訳ではないと思います。家を購入するのは人生で一度きりですので、できるだけよい家を買いたいと考えてしまいますが、ローンの返済が滞って家を手放すことになってしまっては意味がありません。

収入に見合った住宅を選び、借りる金額は低く抑えるのもポイントになります。借りる金額が低いほど審査に通る確率も上がります。

3.勤続年数は3年以上あると安心

住宅ローンの返済期間はかなり長期になります。そのため、収入の安定性はかなり重要視されます。勤続年数が3年未満の場合、住宅ローンの審査は厳しくなることが予測されます。

おまとめローンの返済を抱えつつ住宅ローンを組みたいのであれば、申込時の勤続年数にも意識が必要です。勤続年数は3年を超えていると審査に通る可能性が上がります。もし「もう少し待てば勤続年数が3年になりそう」という状況であれば、少し待ってから申込することをおすすめします。

これらのポイントを参考に対策をすれば、おまとめローンの返済をしている最中でも住宅ローンの審査に通る可能性があります。次章では、「住宅ローンを借りる際に他の借金もそこにまとめてしまえばいいのでは?」と考える人のために、それが可能かどうかを解説していきます。

住宅ローンでおまとめローンはできる?

住宅ローンは非常に金利が安く、借りられる金額も高いです。この住宅ローンで多めに借りて、借金を一本化できないだろうか…と考える方もいるかもしれません。実際にこのようなことは可能なのでしょうか。

住宅ローンで一本化はできない

原則として住宅ローンで借金のおまとめはできません。住宅ローンの申込には「オーバーローン」という、住宅ローンを多めに借りるという方法が存在するのは確かです。用途によっては認められる場合もありますが、それでも住宅購入に必要な資金しか借りられません。

余分なお金を借りられないのには理由がある

住宅ローンを借りる際は、購入する土地や建物を担保として融資を実行します。そうすることで、万が一返済が滞った際にそれらを差し押さえ、売却をして元本に充てます。つまり、借りられるお金は土地や建物の価値と同様でなくてはいけません。

もしオーバーローンで余分にお金を借りた場合、その分のお金は土地の売却では補填できなくなります。例えば車を100万円で購入したときに20万円余分に借りた場合、車を売れば100万円が手元に戻りますが、余分に借りた20万円分は戻ってきませんね。

金融機関にとってはリスクが高いため、原則としてオーバーローンは行っていません。

なぜ実際に「一本化できた」という人がいる?

しかしインターネットなどでは実際に「住宅ローンで一本化できた!」という人も存在しますね。不動産関連の書類を改ざんしてもらい、不動産代を実際よりも高く見積もってもらうことにより、余分にお金を借りるという方法です。

例えば実際の価格が2000万円のところを書類では2500万円に改ざんし、その分のお金を借りた場合、差額の500万円を自由に使えるというわけです。

これは書類を改ざんするという違法行為ですので、見つかれば罪に問われます。金融機関にバレた場合は借りているお金を一括で返済しなくてはいけなくなる場合もあります。くれぐれも気をつけましょう。

住宅ローン利用中におまとめローンは契約できる?

住宅ローン利用中におまとめローンを組みたくなった、という場合はどうすればいいでしょうか。

おまとめローン契約中の住宅ローンは返済率が影響するため不利になる場合がありますが、その逆(住宅ローン利用中にローンを組む場合)はそれほど悪い影響を与えないと言われています。

しかし、毎月の返済金額が変動することになりますので、返済計画を立てた上で申込をしましょう。

住宅ローン利用者向けのローンがある金融機関も

金融機関の中には、住宅ローン契約者だけが申込できる低金利のカードローン、おまとめローンが用意されている場合もあります。

例:みずほ銀行

商品名 多目的ローン[住宅ローン利用者専用]
限度額 10万円〜1000万円
金利 固定金利の場合年4.0%
返済期間 10年以内

みずほ銀行の住宅ローン利用者向けローンは、他社からの借り換え・おまとめに利用できる旨が明記されています。借り換えやおまとめで使う際は振込で直接返済ができることが条件となりますが、かなり低い金利でおまとめが実現できます。

みずほ銀行のように、おまとめにぴったりな住宅ローン利用者向けローンがあれば良いですが、そのようなローンが無い場合はどうすればいいのでしょうか。住宅ローンを組んでいる金融機関と同じ会社は利用できるのでしょうか。

同じ金融機関でおまとめローンと住宅ローンは使える?

住宅ローンとおまとめローン、同じ金融機関で借りることはできるのでしょうか?結論から言うと、利用することは可能ですが、返済の状況にもよります。

住宅ローン契約中は金利の優遇を受けられる場合が多い

銀行などのローンの場合、住宅ローン契約中であれば金利が安くなるケースが多いです。例えばみずほ銀行のローンの場合は0.5%の金利優遇があります。返済の管理もしやすいですし、住宅ローンとおまとめローンは同じ金融機関にするのがオススメであると言えます。

滞りなく返済をしていれば審査に通りやすい

気になるのは審査です。同じ金融機関に申し込んだ場合、審査は厳しくなるのでしょうか?

住宅ローンで毎月の返済を期日とおりに行っている場合、金融機関からは「優良な顧客」と判断され、審査の際にプラスになります。自分の取引状況に自信がある方や、延滞をしたことなく返済をずっとしている方は同じ金融機関を利用することをオススメします。

過去に延滞などがあった場合は注意

しかし逆に、過去に延滞などのトラブルを起こしていた場合は注意が必要です。別のローンを申込しようとすると、その情報が枷となって審査に悪い影響を与える場合があります。自信がない方は別の金融機関への申込も視野に入れましょう。

基本的には、住宅ローン返済中はおまとめローンを契約することができるということが分かります。返済実績がしっかりしていれば審査も有利になる可能性もあり、同じ金融機関で借りれば金利の優遇が受けられるケースも。次章では、返済が滞ってしまった時のことをまとめました。

おまとめローンが払えなくなったら住宅ローンはどうなる?

「おまとめローンの返済が滞っても、住宅ローンには関係がないから大丈夫」と思っている方はいませんか?おまとめローンの延滞は住宅ローンと全くの無関係ではありません。

住宅ローンの規約を確認しよう

住宅ローンの規約には「事前求償権(求償権の事前行使)」について記した項目があります。契約中に大きな問題があって貸倒などのリスクが高くなった場合、元金が本人から回収できなくなる前にローンの一括返済を要求できるというものです。

例えば三井住友銀行の住宅ローンの場合ですと、破産、民事再生手続開始など、法的な債務整理があった際はローン契約が完了できる(=残高を一括請求できる)旨が規約に記載されています。また、他の理由で与信継続が難しくなった場合、いわゆる信頼度が著しく落ちたと判断された場合も同様です。

住宅ローンを期日通りに返済をしていれば問題ない、という事例も

しかし実際は、おまとめローンの長期延滞などが原因でブラックになっても、すぐに住宅ローンの残りが一括請求されるわけではありません。フラット35はそのまま契約が継続します。それ以外の商品でもローンの返済をきちんと続けていれば、そのまま住宅ローンの契約は継続できるとされています。

とはいえ、個人信用情報がブラックになっている場合、住宅ローンを契約している金融会社は非常に警戒します。延滞をすると契約解除になり、残高を一括で請求される可能性がありますので注意しましょう。

延滞しそうなときは事前に連絡しよう

自分は延滞しないと思っていても、人生には何があるか分かりません。不慮の事態で支払いができないときもあるかもしれません。そのような時は早めに金融機関に連絡をしましょう。そうすることでブラックになるのを防げる可能性があります。

とにかく重要なことは「借りたお金の返済はしっかりする」の一点です。どうしても返済が滞りそうな時は、すぐに金融機関に相談をしましょう。

おまとめローンと住宅ローンの審査基準をおさらい

おまとめローンと住宅ローンは、どちらもローンであることに変わりはなく、審査基準も似ている部分が多いです。両方に共通する審査基準をおさらいしましょう。

収入の安定性

どちらのローンも返済期間が長いため、ずっと返済をし続けられるかどうか?が審査での重要ポイントとなります。特に住宅ローンは何年もの期間をかけて返済をしていくので、収入の安定性は非常に重要視されます。勤続年数が3年未満だと審査がかなり厳しくなります。また、審査の際には勤務先の概要が分かる書類が必要な場合もあります。

おまとめローンは住宅ローンほどではありませんが、油断は禁物です。勤続年数が少ないと審査が厳しくなりますので、あと少しで勤続年数が1年(きりのいい年数)になるという場合はそれまで申込を待ったほうが無難です。

返済金額と年収のバランス

収入が高ければよいというわけではなく、収入と返済金額のバランスが審査で非常に重要視されます。前半でも述べたとおり、住宅ローンの場合はこのバランスを数値化した「返済比率」がとても大切です。

他社の借入件数

他社の借入件数は多ければ多いほど審査が厳しくなります。おまとめローンは複数の借入をまとめるためのローンですが、銀行でおまとめする場合は借入会社数を2〜3件に抑えないと審査には通りません。消費者金融などのおまとめローンも活用し、会社数を少なくすることがポイントです。

まとめ

最後に、おまとめローンと住宅ローンの関係についてまとめましょう。

  • おまとめローン利用中でも住宅ローンが借りれる場合がある
  • 住宅ローン利用中のおまとめローンはお得に利用できる可能性がある
  • 住宅ローンでおまとめローンは組めない

おまとめローンを使っていると住宅ローンに通らない、というわけではありません。年収と返済金額のバランス(返済比率)や借り入れ件数によっては住宅ローンを利用できるチャンスがあります。

また、住宅ローンを既に契約している方がおまとめローンを希望する場合は、住宅ローン利用者専用のお得なローンや、同じ金融機関のローンを使うのがオススメ。通常のローンよりも低い金利で利用ができます。住宅ローンの返済をきちんと行っていれば審査にも有利になります。逆に、取引状況に自信がない方は別の金融機関でのおまとめを検討しましょう。

住宅ローンは金利がかなり低く、魅力的なローンですが、住宅ローンを多めに借りて借金をまとめる事はできません。不動産関連の書類を改ざんすれば借りられる可能性がありますが、犯罪行為ですので絶対にやめましょう

Share Tweet LINE

page
top