grape [グレイプ]

審査に通りやすいおまとめローンは?選び方・審査に通るコツを解説

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

借入が複数あると、返済する手間がかかり、返済金額も多くなります。おまとめローンで借金を一本化できれば、返済が毎月1回になって利息も軽減できます。

しかし、果たしておまとめローンの審査に通るか不安に思う方も多いはず。おまとめローンの申込は手間がかかりますし、審査に落ちると精神的にも辛いですので、できるだけ審査に通りやすいおまとめローンに申し込みたいものですね。

しかし、実際に審査に通りやすいおまとめローンは存在するのでしょうか。今回は、どのおまとめローンが審査に通りやすいのか、おまとめローンの審査に通るためにはどうすればいいのかを徹底解説します。

「審査に通りやすいおまとめローン」は存在しない

いきなり期待を裏切るような結論になりますが、審査に通りやすいおまとめローンというものはそもそも存在しません。それには以下2つの理由があるからです。

おまとめローンの審査が厳しい理由2つ

  1. 希望額が高くなるから
  2. 申し込みする時点で多重債務者だから

1.希望額が高くなるから

おまとめローンは複数の会社からの借入を一社にまとめる商品です。全ての残高を合計しますので、どうしても借入金額が高くなります。希望額が高い場合、貸すほうもかなり慎重になりますので、おまとめローンが審査に通りやすいということは絶対にありえません。

2.申し込みする時点で多重債務者だから

複数の会社から借入をしている方はすでに「多重債務者」とみなされるため、審査は厳しくなります。「多重債務者」という言葉だけを聞くと「借金が増えすぎて返済に手が回らず、行き詰っている人」というようなイメージを持ちがちですが、実際は違います。

一般的に「多重債務者」とは借入が2件以上ある人のことを指します。借金は本来であれば減らすべきものです。その借金の会社数が増えている時点で、金銭的に行き詰っている証拠となり、審査には通りにくくなるのです。

ここまでの説明で少しがっかりしたかもしれません。しかし、審査には「通りやすさ」というものがあります。通りやすい順番から審査を受けていくことで、通過率が上がるのです。そこで次章では、どのおまとめローンの審査が通りやすいのか、その順番を紹介していきます。

審査に通りやすい「順番」はある

審査に通りやすいおまとめローンはありません。しかし金融機関同士で比較をした上で「こちらのほうが審査に通りやすい」という順番はあります。

審査に厳しい順に金融機関を並べ替えると以下の順になります。

審査が厳しい順
ろうきん→銀行フリーローン→銀行カードローン→消費者金融

この順番について詳しく解説をしていきましょう。

ろうきんは審査が厳しい

金利が低いことで知られるろうきん(労働金庫)の場合、審査に通過することは厳しいです。会員であれば審査の優遇がありますが、それ以外の方はかなり難しいです。勤務先が労金の会員になっている場合は一度審査を申し込んでみるのがオススメです。

銀行フリーローン・カードローン

フリーローンは審査が厳しく、申し込みや年収に制限があるケースも珍しくありません。銀行のカードローンはフリーローンに比べると審査に通りやすいとされており、アルバイトやパートの方でも申し込みができる商品が大半です。

同じ銀行のカードローンでも、メガバンクよりは地方銀行のほうが融通が利きやすいです。さらに、普段給与振込などに使用している銀行であればおまとめローンの審査に有利になります。

消費者金融は銀行に比べると審査が通りやすい

消費者金融は他の金融機関に比べると融資を受けられる対象が幅広く、審査が通りやすいといわれています。あくまでも銀行と比較した場合ですので、審査が甘いということは絶対にありません。

ただ消費者金融には総量規制があることを忘れてはいけません。年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。おまとめローンは総量規制の対象外ですが、消費者金融より金利が低いローンをまとめると金利負担が増えてしまうことに注意しましょう。

審査に通るためには上記の特徴をよく理解しておく必要があります。次章では、審査に通りやすい金融機関を見分けるコツを紹介します。

審査に通りやすい金融機関を見分けるポイント

金融機関によって審査の通りやすさを大まかに分けることができます。しかし同じ会社で複数の商品がある場合など、審査の難易度が分かりにくいケースも少なくありません。

実はもっと簡単に審査に通りやすい会社を見分ける方法があります。それは、以下の2つを確認することです。

審査に通りやすいおまとめローンの特徴2つ

  1. 金利が高い
  2. 限度額が低い

これは言い換えれば、お金を借りるための条件が悪い方が審査に通りやすいということです。どういうことかこれから紹介していきます。

1.金利が高い

お金を借りる際に不可欠な金利は、金融機関にとっての利益であり、万が一返済が滞った時の保険でもあります。貸す対象が広いほど貸倒のリスクは高くなりますので、利率を高く設定しなくてはいけません。つまり金利が高いと審査に通りやすいということ。逆に金利が低い場合は、その分保険も少ないということです。できるだけ貸倒を防がなくてはいけないため、審査は厳しくなります。

2.限度額が低い

限度額が高いローンは、貸倒をされると大きな赤字になるため、審査は厳しいです。限度額が低ければ低いほど審査は通りやすいです。

この条件を満たしているおまとめローンは審査に通りやすいと言われていますが、それでは意味がないと思う人が大半でしょう。となれば、審査に通りやすいおまとめローンを探すよりも自分の属性を上げることが大事になってきます。そのために必要な情報を次章で紹介します。

審査に通りやすい状態を自分で作ろう!

おまとめローンの審査基準は金融機関によって決まっています。おまとめローンの審査に通るためには、自分で審査に通りやすい状態に近づける工夫が必要です。

審査に通りやすい状態とは、主に以下の3つ。

  1. 借入件数が少ない
  2. 勤続年数が長い(1年以上)
  3. 年収が多い(200万円以上が目安)

それぞれの内容について、詳しく見ていきましょう。

1.借入件数が少ない

借入件数はできるだけ少なくしておきましょう。完済できそうなものは完済してしまう、審査に通りやすい消費者金融を使って徐々に会社数を減らしていくなどの工夫をしましょう。2件以下、多くても3件以下にまとめられると審査に通りやすい状態になります。

2.勤続年数が長い(1年以上)

勤続年数が1年未満だとおまとめローンの審査に通るのはかなり厳しいです。もう少しで1年になるという状態であれば、勤続年数が1年になるまで待ってから申し込みをしたほうが審査に通りやすくなります。

3.年収が多い(200万円以上が目安)

年収の金額で審査が決まるわけではありませんが、おまとめローンを申込むなら年収200万円はクリアしましょう。年収は高いほど審査に通りやすい状態になります。収入が証明できる書類として給与明細を用意するときは、できるだけ金額が高いものを選ぶなどの工夫をしましょう。

こうした条件に近づけておくが非常に大事です。そしてもう一点、あらかじめ審査基準を知っておくことも重要です。そこで気になる審査基準を次章で紹介していきます。

あらかじめ審査基準を知って先手を打とう!

審査に通りやすい状態にするためには、審査の基準を知っておくことが大切です。審査に影響するのは、主に以下の6つ。

  • 個人信用情報
  • 他社借入状況
  • 年収
  • 勤続年数、勤務形態
  • 勤務先
  • 家族構成、住居

それぞれについて、詳しく確認をしていきましょう。

1.個人信用情報

おまとめローンの審査では個人信用情報を必ず参照します。信用情報がブラックの状態ですと審査には絶対に通りません。他社で長期延滞をしている方はブラックになっている可能性があります。

2.他社借入状況

他社の借入件数は審査で重要視される基準のひとつ。おまとめローンは借入が複数件あることが前提ではありますが、件数があまりに多いとそれだけで落とされます。

3.年収

借りている金額に対する年収はもちろん、収入がどれくらい安定しているかも審査には重要です。アルバイトよりも正社員のほうが、雇用年数は長いほうが審査に通りやすいです。

4.勤続年数、勤務形態

年収の話と同様の内容ですが、勤務年数も重要なポイントです。おまとめローンは融資額が大きくなるため、長期に渡り返済をする必要があります。その時に、同じ勤務先に長く勤めている人は転職や退職のリスクが低く審査においては高く評価されます。

5.勤務先

会社の経営が破綻して給与支払いが滞ると返済ができなくなります。そのため勤務先の会社の規模も審査に影響します。大手企業や公務員は審査に有利です。

6.家族構成、住居

申込時に申告する住居や家族構成も審査に影響します。アパートなどの賃貸住宅よりも持ち家のほうが、未婚よりも既婚、同居家族ありのほうが審査に良い影響を与えるとされています。

審査基準を確認すると、大企業に長く勤める人が審査に通りやすいということがわかります。しかしその他の人がダメかというとそうでもありません。次章では、パートやアルバイトの人が審査に通るための情報をまとめました。

パートやアルバイト、自営業でも審査は通る?

おまとめローンは金額が大きいローンですので、パートやアルバイトの方、自営業の方は審査に通るか不安に思うかもしれません。確かに給与収入を得ている正社員のほうが審査には有利です。しかし、そうでなくてもおまとめローンが組めることがあります。

自営業は営業年数が審査のカギ

自営業の方は、勤続年数(営業年数)が1年程度ですと審査に通るのが非常に厳しいです。営業年数が長いほど経営が安定しているとみなされますので、3年以上あると審査に通りやすくなります。収入が確認できる書類を用意するよう指示される可能性が高いので、あらかじめ用意しておくと審査がスムーズです。

まずは消費者金融を検討しよう

パートやアルバイト、自営業の人は比較的審査に通りやすいと言われている消費者金融のおまとめローンを検討するのも良いでしょう。銀行のローンで金利が低い商品の中には以下の条件を掲げているところが少なくありません。

  • アルバイト・パート不可
  • 自営業不可
  • 自営業の方は営業年数が3年以上

これでは銀行でお金を借りることはできないので、安い金利でおまとめローンを組みたいと思っても無理ということになってしまいます。

アルバイト・パートや自営業の方でどうしてもおまとめをしたいのであれば、金利にはこだわらず、まずは申込対象が幅広い消費者金融でのおまとめをオススメします。ひとまずは消費者金融でおまとめローンの返済を行っていれば、勤続年数が伸びて審査に通りやすい条件になっていきます。条件が整ってから金利の低いおまとめローンに乗り換えても遅くありません。

まとめ

では最後に、おまとめローンの審査は通りやすいかどうか?についての要点についてまとめましょう。

  1. 審査に通りやすいおまとめローンはない
  2. 審査に通りやすい「順番」ならある
  3. 借入件数や勤続年数などが審査に影響する
  4. 借入件数を減らすなど、自分でも工夫が必要
  5. 不安な方は消費者金融を使ってコツコツおまとめをする

ここでの大切なポイントは以上の5つ。それぞれの内容について再確認をしていきましょう。

1.審査に通りやすいおまとめローンはない

おまとめローンは「既に複数の会社から借入がある」「残高が大きくなる」という性質上、審査は慎重に行われます。審査に通りやすいおまとめローンはありません。

2.審査に通りやすい「順番」ならある

金融機関同士で比較をした上で、審査に通りやすい順番というものは存在します。金利が低いほど審査は厳しくなります。ろうきんのローンや、銀行のローンはかなり審査に通りにくいです。それ以外は銀行のカードローン、消費者金融の順に審査の難易度が下がっていきます。同じ銀行でも、都市銀行より地方銀行のほうが審査に通りやすい傾向があります。

3.借入件数や勤続年数などが審査に影響する

おまとめローンの審査は、申込時に申告した内容を総合的に判断し行われます。その中でも、個人信用情報の異動情報の有無や勤続年数、借入件数などは審査に大きく影響します。

4.借入件数を減らすなど、自分でも工夫が必要

金融機関によっておまとめローンの審査基準は決まっています。おまとめローンを組みたいのであれば、借入件数をできるだけ減らす、勤続年数を意識した上で申込をするなどの工夫をする必要があります。

5.不安な方は消費者金融を使ってコツコツおまとめをしよう

アルバイトやパート、自営業の方でもおまとめローンは組めますが、正社員の方に比べると厳しくなるのが現状です。比較的審査に通りやすい消費者金融を使い、件数を少しずつ減らしていくなどの工夫をしましょう。

Share Tweet LINE

page
top