grape [グレイプ]

三井住友銀行おまとめローンの審査は厳しいって本当?

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

三井住友銀行は日本の三大メガバンクの中の一つ。安心して申込し、利用できる金融機関です。三井住友銀行でおまとめローンを組みたい!と思ったときはどうすればいいのでしょうか。

三井住友銀行には「おまとめローン」というような一本化・借り換え専用のものはありません。その代わり、三井住友銀行カードローンがおまとめローン代わりとして利用できるようになっています。限度額が高めで金利も安いので、他社の借入をまとめたいと考えている方にはとてもぴったりなローンです。

この記事では、三井住友銀行でお金を借りて借金を一本化するための方法や条件を詳しく紹介しています。

三井住友銀行でおまとめローンとして使えるもの

冒頭で紹介した通り、三井住友銀行はおまとめローンを用意していません。その代わりカードローンを利用して借金を一本化するのですが、本章ではその条件を紹介します。

商品名 三井住友銀行カードローン
限度額 10万円〜800万円
金利 年4.0%〜14.5%(限度額によって変動)
返済方式 残高スライド元利定額
借入期間 5年ごとの自動更新
申込条件 20歳以上69歳以下で安定した収入がある方
申込方法 インターネット、ローン契約機、電話

カードローンは事業性の資金以外であれば用途自由。限度額は800万円までで、総量規制の対象外です。限度額が高ければ高いほど利率が低くなる設定になっていますので、大きい金額のおまとめローンを考えている方にはぴったりです。

また、申込方法はインターネットとローン契約機、電話の3種類。三井住友銀行の口座を持っていれば、手持ちのキャッシュカードでそのまま借り入れができるようになるので、借入までが非常にスピーディなのが特徴です。三井住友銀行の口座を持っている方はぜひ候補に入れたいローンであると言えます。

三井住友銀行でおまとめローンを利用する流れ

では実際に、三井住友銀行カードローンをおまとめローンで利用するまでの流れを確認しましょう。

元々おまとめ専用として展開されているローンの場合、振込で他の金融機関へ完済を行うものが多いです。しかしここで使うのはカードローンですので、自分で他の金融機関に返済をしなくてはいけません。申込の際には他社の借入状況も申告する必要がありますので、申込の前に他社の残高を確認しておいてださい。

方法はインターネット、電話、ローン契約機(ACM)のいずれかから選ぶことになりますが、ここではいつでも申込が可能なインターネットでの手続きを例に紹介します。

  1. 申込
  2. 本人確認書類の提出
  3. 審査結果の連絡
  4. カード受取(カードがない場合)
  5. 借入・他社の返済
  6. 返済

以上の6ステップを詳しく説明していきましょう。

1.申込

公式サイトより、スマホまたはパソコンから申込ができます。約定に同意をし、必要事項をミスがないように入力します。申込には「かんたん申込」「通常お申込」の2種類がありますが、かんたん申込は30万までです。おまとめローンとして使いたい場合は通常お申込に進みましょう。

口座がある場合は簡単な入力でOK

既に三井住友銀行の普通口座を所持しており、インターネットバンキングに登録をしている方は、ログイン後に申込をすることで入力内容の一部を省略することができます。

2.必要書類の提出

本人確認書類はオンラインで提出することができます。免許証、個人番号カード、パスポート、顔写真つきの住民基本台帳カードなど、写真がついているものを用意してください。写真がない本人確認書類(保険証など)しか用意できない場合は、申込前にカードローンプラザへ問い合わせをしてください。

審査をするのは本人確認書類の確認後となりますので、早めに提出をしましょう。また、申込金額が50万円を超える場合、年収が確認できる書類も必要です。

3.審査結果の連絡

審査結果が出るのは、本人確認書類を提出した翌営業日が最短です。土日などは審査を行っていないので注意しましょう。入力したメールアドレス、もしくは電話に連絡が入ります。

4.融資・カード受取(カードがない場合)

三井住友銀行の口座を持っており手元にキャッシュカードがある場合は、そのカードですぐに借り入れができるようになります。カードがない場合、三井住友銀行のローン契約機(ACM)もしくは郵送でカードを受け取ります。

5.借入・他社の返済

三井住友銀行ATMやその他金融機関、コンビニなどのATMより借り入れができます。借入をしたら自分で他社の返済を行いましょう。おまとめローンではないため、他社への返済代行などは行っていません。必ず自分で各社に一括返済を行いましょう。

6.返済

三井住友銀行カードローンの返済方法は、振込・ATM・口座振替の3種類です。返済日は5日、15日、25日、月末のいずれかから選べます。毎月の返済は残高に応じて金額が決定する残高スライド元利定額方式ですが、振込やATMで好きな時に臨時返済もできるようになっています。

以上が三井住友銀行のカードローンを使って借金を一本化する手順です。次章では、気になる審査基準を確認していきましょう。

三井住友銀行でおまとめローンを使う上での審査基準

手順が分かった後に気になるのは、やはり審査ですね。三井住友銀行カードローンははっきりと審査基準が明示されているわけではありませんが、以下のようなことが審査に影響を与えています。

  • 収入の安定性
  • 信用情報機関の情報
  • 他社の借入状況
  • 収入と借入のバランス
  • その他属性

これがどういうことか、これから詳しく解説していきます。

収入の安定性

おまとめローンは借りる金額が大きくなりますので、返済期間も長くなります。そのため収入の安定性は審査に大きな影響を与えます。アルバイトやパートより、正社員のほうが審査に有利になります。勤続年数が長いほうが収入が安定しているとみなされ、審査に通る可能性が上がります

また、勤務先も審査に影響を与えます。会社が経営不振になってしまうと、リストラや減給のリスクが高まるため、経営が安定している会社(上場企業、公務員など)に勤務しているほうが審査に有利とされています。

信用情報機関の情報

他の金融機関同様、信用情報がブラックであれば当然審査には通りません。個人信用情報では、他社の借入状況や返済状況なども細かくチェックされます。他社できちんと返済をしているという実績があれば、それが審査にプラスになる場合もあります。

他社の借入状況

他社の借入状況が4件以上あると、審査に通るのはかなり厳しくなります。また、件数だけでなく他社の借入金額も審査に影響します。いくら年収が高かったとしても、それに対する借入金額が高すぎると審査には通りにくくなります。

おまとめローンを利用するということは、当然他社から借り入れをしている状態です。そのまま何も言わずに三井住友銀行カードローンで高額融資を申し込むと審査に通過することはできません。必ず申込時に「おまとめローンとして利用したい」と伝えましょう。

その他属性

勤務先や収入以外にも、様々な情報を入力するかと思います。それらは全て審査に影響すると考えて差し支えありません。はっきり基準が決まっているわけではありませんが、一人暮らしよりも家族と同居のほうが、独身よりも既婚のほうが延滞をする確立が低いとされているため、審査に有利になる可能性があります。

以上の情報を踏まえ、審査通過率を上げるためのコツを次章で確認していきましょう。

三井住友銀行カードローンの審査に通過するためのポイント

三井住友銀行カードローンの審査は、消費者金融などに比べると厳しいのが現状です。審査に通過する確率を少しでも上げるためには、以下のことを心がけましょう。

他社の借入件数を減らす

上の項目でも述べた通り、借入件数が多いと審査には通りません。そのため、三井住友銀行カードローンに申込をする前に、できる限り借入件数を少なくすることをおすすめします。

  • 残高が少ないものは少し無理をしてても返済をする
  • 消費者金融などの小額のおまとめローンを使い、数件にまとめる

など、利用会社数を減らす工夫をしましょう。例として、5社から3社に絞り、消費者金融などで一旦高金利のおまとめローンを使って2社に減らし、最後に三井住友銀行のカードローンを使って1社に絞るというイメージです。

必要な金額だけを希望する

希望金額は少ないほうが審査に通りやすくなります。三井住友銀行のカードローンは使用用途が自由ですので「少し余裕を持って申込をしよう」と考えている方もいるかもしれませんが、申込の際は本当に必要な金額だけを計算して申請しましょう。

三井住友銀行の審査に通らない!その理由と対策

では審査に通らない、という場合はどうすればいいのでしょう。審査に落ちても、その理由は絶対に教えてもらえません。審査落ちの理由として考えられる要因とその対策を紹介します。考えられる原因として、以下の4点が挙げられます。

  • 年収が足りていない
  • 借入件数が多い
  • 雇用形態・勤続年数などが基準に達していない
  • 事故情報が登録されている

それぞれの解説と適切な対処法をこれから紹介していきます。

1.年収が足りていない

借りたい金額に対して年収が足りていないと、他社と優良な取引をしていても審査に落ちます。もう少し収入が増えてから申込をするか、希望金額が減ってから申込をしましょう。

2.借入件数が多い

複数の借入をまとめる目的で申込むとはいえ、他社借入件数が3件〜4件になると審査に通りにくくなります。上の項目でも述べていますが、借入件数を減らしてから申込をしてください。

3.雇用形態・勤続年数などが基準に達していない

おまとめローンの審査は、様々な項目を組み合わせて総合的に審査を行うスコアリング方式です。雇用形態がアルバイトであったり、勤続年数が短かったりすると、それが審査に影響を及ぼしている可能性があります。

特に勤続年数が短いと仕事をやめる可能性が高いため、審査に落ちる可能性が上がります。月日が経てば勤続年数も延びますので、半年後などに申込をすると審査に通過するかもしれません。

4.事故情報が登録されている

個人信用情報に事故情報(ブラック)が登録されていると、どんなに状況がよくても審査に通りません。ブラックになる理由としては、債務整理や破産だけでなく、ローンや借入の延滞なども該当します。個人信用情報機関の情報は申請をすれば自分で確認ができますので、自分がブラックかどうか知りたいという方は確認をしましょう。

審査に落ちる場合、だいたいが上記のどれかに該当している時です。焦って何度も申し込むとそれもブラックリストに入る対象になってしまうので、一度状況を整理してから再度申込みをしましょう。

三井住友銀行のメリットやデメリット

三井住友銀行のカードローンをおまとめローンとして利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?デメリットも合わせて紹介します。

3つのメリット

1.融資までが早い

審査の結果が出るのは、本人確認書類を提出してから最短で翌営業日です。これはおまとめローンの中ではかなり早い部類に入ります。さらに、三井住友銀行のキャッシュカードを持っていれば、手持ちのカードでキャッシングができるようになるため、カードを受け取る手間がかかりません。カードがなくても、ローン契約機に行けば郵送で届くのを待たず融資が受けられます。

2.金利が低い

三井住友銀行のカードローンは限度額に応じて金利が低くなる設定になっています。例えば限度額が300万円であれば金利は年8.0%〜10.0%、500万円なら年6.0%〜7.0%で借り入れができます。三井住友銀行でおまとめローンを組むことで、完済までに支払う金額をかなり少なくできます。

3.返済方法が多く、手数料無料で使えるATMが多い

おまとめローンの中には返済方法を選べないものも少なくないですが、三井住友銀行は返済方法をATM・振替・振込から選ぶことができ、期日も複数から選択できます。また、手数料無料で提携をしているATMも多いので非常に使いやすいです。

三井住友銀行でおまとめローンをすることにより、自分にあった返済方法を選択できるようになるので、返済の金額だけでなく手間も軽減ができます。

デメリット

審査が厳しい

消費者金融などに比べると、三井住友銀行のカードローンの審査はかなり厳しいと言われています。おまとめローンとして使う際は、あらかじめ他社で借入をまとめておくなどの工夫が不可欠です。

メリットとデメリットがわかったところで、どんな人にオススメできるものなのかを次章で確認していきましょう。

三井住友銀行でのおまとめローンはどんな人にオススメ?

おまとめローンは様々な金融機関で申込ができるので、他の金融機関と迷っている方もいるのではないでしょうか。次に当てはまる方にはぜひ三井住友銀行での借り換えをオススメします。

  • 早く融資を受けたい方
  • 三井住友銀行の口座を持っている方
  • 銀行に来店する時間がない方

三井住友銀行のカードローンの魅力は、最短で翌営業日の融資が可能であることです。もちろん絶対に翌営業日に借りられるとは限りませんが、他の銀行系ローンに比べるとスピーディであるといえます。窓口に来店する必要もないため、手間なくスピーディに申し込みたい方はぜひ候補に入れてみてください。

しかも、三井住友銀行の口座を持っており、ネットバンキングが使える状態であれば、申込の際の入力事項を省略できるだけでなく、手持ちのカードでそのまま借入をすることができます。三井住友銀行の口座を持っている方はぜひ検討をしてみてください。

おまとめローンを選ぶ際のポイントを確認しよう

他の金融機関と迷っている方は、以下の点に注意しておまとめローンを選んでみることをオススメします。

総量規制の対象かどうか

消費者金融には総量規制があり、年収の3分の1以上は借り入れができません。おまとめローンは例外ではありますが、おまとめできるのは消費者金融からの借入のみに限られます。一本化したい金額が年収の3分の1を超えていて、銀行からの借入もある場合、総量規制の対象外である銀行のローンに絞って選ぶとよいでしょう。

返済方法

おまとめローンは長い期間返済を行っていくものです。金額の負担だけでなく、方法にも負担がないかどうかを確認をしてから申込をしましょう。三井住友銀行のように複数の方法・期日を選べると安心ですね。

金利

金利が低ければ低いほど、支払う金額は低くなります。消費者金融に比べると銀行のローンは金利が低く、支払いの負担を軽くできます。

フリーローンとの違いは?

今回おまとめローンができるローンとして紹介しているのは「カードローン」。カードを発行し、限度額の範囲内で好きな時に借りたり返したりができるカードです。カードや振込で前倒し返済が手軽にできますので、早く返済をしたい方にはぴったりであると言えます。

しかしカードローンは好きな時に借入ができるという点にも注意をしなくてはいけません。限度額があればあるだけ使ってしまう、という方は使いすぎに気をつける必要があります。

三井住友銀行のフリーローンは借り換え利用不可

三井住友銀行にはフリーローンもあります。こちらはカードローンとは違い、まとまった金額を振込で一度に融資するローンです。カードローンがおまとめに使えるのに対し、フリーローンは借り換え・おまとめには使えない旨がホームページに記載されています。おまとめローン目的で申込をしないようにしましょう。

三井住友銀行おまとめローンのポイントまとめ

最後に、三井住友銀行でおまとめローンを申込む上でのポイントをまとめましょう。

  • 最短で翌営業日に融資、来店不要
  • 三井住友銀行の口座があればさらに手間がカット
  • 利便性が高く、金利が低いがその分審査は厳しい

おまとめローンとして使える三井住友カードローンはインターネットで申込ができ、最短で翌営業日に融資が受けられます。来店の必要がなく、カードは郵送もしくはローン契約機で受け取れます。

あらかじめ三井住友銀行の口座を持っていれば、キャッシュカードがそのままカードローン用のカードになるため、カードを受け取る手間を省くことも可能です。

大手銀行のカードローンということもあり、返済方法は多彩。自分にあった返済方法や期日を選べます。金利はかなり低く、限度額が高ければ高いほど設定金利も低くなっていますが、その分審査は厳しいとされています。申込をする前に他の消費者金融などで借入件数を少なくするなどの工夫が不可欠です。

Share Tweet LINE

page
top