grape [グレイプ]

おまとめローンの在籍確認はどう行われる?在籍確認不要で審査に通るには?

By - カリタイムズ編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

おまとめローンの申込で気がかりなことの一つが在籍確認ですね。在籍確認とは、勤務先に連絡をして実際に申込者が働いているかどうかを確認することです。

実際の在籍確認はいつ、どのように行うのでしょうか?もし電話が繋がらなかったり、在籍しているかどうかが分からなかった場合はどうするのでしょう。

また、できることなら在籍確認なしでおまとめローンの審査に通りたい、電話なしで契約したいと考える方は非常に多いと思います。在籍確認不要でおまとめローンを契約することはできるのでしょうか。

この記事は、そんな疑問に全て答えています。気になる在籍確認について、一度しっかり確認しておきましょう。

在籍確認不要のおまとめローンはない

結論から言うと、在籍確認不要のおまとめローンはありません。おまとめローンに限らず、ローン申し込みの際には原則として在籍確認を行っています。

それだけ聞くとガッカリしてしまうかもしれませんが、在籍確認をするのには理由があるのです。次章ではその理由を解説していきます。

おまとめローンに限らず在籍確認をする理由

金融機関からお金を借りたあとは、毎月の収入でコツコツと返済をしていくことになります。ローンを申し込みする際に勤務先情報を登録することで「ここで働いているので毎月返済ができます」という証明をするわけですね。

しかしこれはあくまでも自己申告に過ぎません。全員が正直に勤務先を申告すれば問題はありませんが、勤務先に借金を知られたくないからと嘘の情報を伝える人もいます。無職にも関わらず嘘の勤務先を書き、収入があると見せかける人も。

もし返済が滞ると金融機関はその分赤字になりますので、少しでも貸倒のリスクを減らさなくてはいけません。そのためには、嘘の勤務先を登録する人や、収入がない人を見極めなくてはいけないのです。

そこで確実なのが勤務先に電話をかける「在籍確認」。実際に申込者がそこの勤務先に勤めているかどうかを確認し、融資を決定しています。

金融機関は返済が滞らないようにしっかり仕事をしているかどうか確認するのです。中には例外もありますが、おまとめローンの場合は絶対に在籍確認が必要です。例外について少し詳しくお話します。

在籍確認をしない場合もあるがおまとめローンは例外

実際のところ、ローンの審査において在籍確認をするかどうかは、金融機関が判断することです。審査の状況によっては電話をかけないという例も実際にあります。事実、一部カードローンでは社員証の提出などで在籍確認をなしにできることもあります。

しかし、おまとめローンの場合は原則として在籍確認は不可欠です。一体なぜなのでしょう。その理由を次章で紹介します。

おまとめローンで必ず在籍確認を行う理由は?

おまとめローンの申込時に必ず在籍確認を行う理由は、主に以下の二つです。

  1. 他のローンよりも融資額が大きいから
  2. おまとめローンは返済能力が非常に重要だから

おまとめローンは他のローンに比べると融資額が大きくなる傾向があります。大きな金額を貸すということは、金融機関にとってもリスクが高いことです。途中で貸倒になったら大変ですので、審査は慎重に行われます。審査の要の一つである在籍確認は欠かすことができません。

また、おまとめローンを申込みする方は、他社の借入が複数ある状態ですね。減らさなくてはいけないはずの借金が複数あるということは、金銭的に困っている状態であるとみなされます。そのため、本当に返済能力があるかどうかを審査で見極めなくてはいけないのです。その方法として一番確実なのは在籍確認です。

以上の理由により、おまとめローンの審査においては在籍確認を欠かすことができません。こうした理由があるため、おまとめローンを契約するときには在籍確認があると思っておいた方が良いでしょう。

書類提出をすれば電話連絡不要にできる?

原則として在籍確認なしではお金を借りることができません。消費者金融のSMBCモビットは「web完結申し込みを選べば電話連絡なし」とはっきり明示していますが書類などで在籍確認は必要です。また、一部の消費者金融でも、状況によっては在籍確認不要で契約できる場合があります。

SMBCモビットで電話連絡なしにできる条件は?

SMBCモビットで電話連絡なしでお金を借りるためには、以下の3つを満たさなくてはいけません。

  1. 社会保険証(全国健康保険協会発行)または組合保険証があること
  2. 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のどれかの口座があること
  3. 「web完結申込」を選ぶこと

SMBCモビットは限度額は最大800万円ですが、おまとめローン専用の商品はありません。総量規制の関係で、借入限度額も年収の1/3が限界です。おまとめをしたい金額が少ない方にはオススメですが、大きい金額を借りたい方は他のローンも検討したほうがよいかもしれません。

前章で説明した通り、高額の融資をしてもらうなら在籍確認は必須。一部例外があっても限度額が低くておまとめローンに使えないというケースがあるのです。

それ以外の金融機関で在籍確認不要になった実例は?

消費者金融のアイフルやアコムでは、写真入りの社員証もしくは雇用契約書などを提出したところ、在籍確認不要で契約ができたという事例も実際に報告されています。

しかし、在籍確認の電話をするかどうかを判断するのは審査担当者です。書類を提出すれば必ず在籍確認不要になる、と言い切ることはできません。

勤務先の事情で在籍確認がどうしても不可能な場合も、書類の提出で対応するケースがあります。あくまでもやむを得ない場合のみであり、金融機関によって対応も異なりますので、意図的に在籍確認不要にすることは難しいと覚えておきましょう。

ここまでの説明で在籍確認は避けては通れない道ということがわかりました。そのため回避する方法を模索するより、そつなくクリアする方法を調べた方がいいと言えます。そこで次章では、在籍確認をどう行うかについて解説していきます。

実際の在籍確認はいつどうやって電話をする?

では、実際の在籍確認はいつ、どのように行われるのでしょう。電話をして借入がバレる心配はないのでしょうか。そのあたりの情報をまとめていきます。

電話をかけるのは審査の終盤

勤務先への連絡は、必要最小限に留めなくてはいけません。そのため在籍確認の電話をかけるのは、それ以外の審査が問題なく進んだときだけです。

電話をかける際には必ず申込者に「勤務先に電話をしていいですか」と確認をしてからかけますので、無断で電話をされることはありません。

会社名は絶対に名乗らず、個人名で電話する

電話をかける際は「○○(担当者の個人名)と申しますが、○○さん(申込者名)いますか?」と、担当者の個人名を名乗って電話をかけます。

プライバシーに細心の注意を払っていますので、用件などを聞かれても絶対に答えることはありません。

電話をする社員の性別や、時間などは応じてもらえる

在籍確認の時間帯は「この時間帯なら会社に人がいる」といったやむを得ない理由であれば、対応してもらうことができます。また、電話をする社員の性別も希望に応じてもらうことができます。

しかし、基本的にウソの内容を喋ってもらうことはできません。ウソの社名や個人名を名乗ったり、ウソの用件を話してもらうことはできないので注意しましょう。

ここまでの説明でわかるように、金融機関も会社の人にバレないように最低限の配慮はしてくれます。金融機関の目的は「会社に勤めているかどうかの確認」です。むやみに借金を人にバラすようなことは無いので安心しましょう

次章では、在籍確認に失敗するケースについて紹介します。

在籍確認に失敗するケースとその対策

在籍確認のために連絡をしても、スムーズに確認ができない例は珍しくありません。失敗例とその対策を紹介します。

ケース1.電話が繋がらない

時間帯によっては電話が繋がらない場合もありますね。その場合は電話が繋がりやすい時間帯を伝えれば、改めて在籍確認をしてもらうことができます。一度失敗したから審査終了とはならないので安心しましょう。

ケース2.在籍の有無を教えてもらえない

近年では社員の個人情報を守る観点で、個人宛に電話があっても「お答えできません」と返答される例が増えています。

その場合は金融会社に電話で在籍確認がとれない可能性があることを伝え、他の方法で対応できないか相談をしましょう。会社によっては書類確認のみで審査に通る可能性があります。

ケース3.「そんな人はいない」と言われる

部署が多い、もしくは従業員が多い会社だと、申込者のことを知らない人が電話に出る可能性があります。そうすると「分からない」「そんな人はいない」と対応され、在籍確認に失敗するリスクが。

いくつか電話番号が分かれている勤務先に勤めている場合は、自分に一番繋がりやすい電話番号を申告しましょう。在籍確認は代表番号以外でも対応してもらえます。

自営業や主婦の在籍確認はどうなる?

自営業でも電話で在籍確認が行われます。主婦の方は、専業主婦かパートかで在籍確認をするかどうかが分かれます。

自営業は提出書類のほうが重要視される

自営業の場合、自宅と営業所の電話番号が一緒だったり、携帯電話が会社の電話だったりする例も珍しくありません。そのため、在籍確認よりも営業の実態が分かる提出書類のほうが審査で重要視されます。自営業の方でおまとめローンの審査を受ける方は、提出する書類(課税証明書・確定申告書など)の準備に力を入れましょう。

パートをしていればパート先に電話がある

専業主婦でローンを申込む場合、本人が勤務していないので在籍確認は行われません。配偶者の勤務先に電話が入ることは絶対ないので安心しましょう。パートであれば、パート先に在籍確認の電話が入ります。

派遣会社に登録している場合の在籍確認はどうすればいい?

派遣会社の方は派遣元に登録をし、派遣先で勤務をしていますね。この場合、在籍確認はどうなるのでしょうか。

そもそもどちらを職場として申込みすればいい?

おまとめローン申込の際は、申込画面に「派遣元(出向元)の会社を記載してください」とはっきり指示があるケースが多いです。その指示に従って入力しましょう。

登録先か派遣先どちらに電話が来る?

どちらに電話をするかも会社によって異なりますが、基本的には派遣元に連絡をする場合が多いです。派遣先に電話をかけてほしい場合は、その旨を伝えれば対応してくれる会社もあります。気軽に相談をしてみることをオススメします。

アリバイ会社を使ったらどうなる?

世の中には勤務先を隠したい人のための「アリバイ会社」というものが存在します。在籍確認が嫌だからといって、アリバイ会社を使ってはいけません。おまとめローン申込の際にアリバイ会社を使うのは詐欺罪になります。

もしアリバイ会社を使っておまとめローンの申込ができたとしても、それがバレれば信用情報にそのことが登録されてブラックになります。また、虚偽の内容を申告するのは規約違反にあたるため強制解約となり、残高を一括で請求されます。アリバイ会社の利用は絶対にやめましょう。

借金していることを職場に知られたくない!どうすればいい?

個人宛の電話が少ない職場の場合、電話だけで怪しまれるかも…と不安になりますよね。もし会社の人に「さっきの電話は何?」等と聞かれたときはどう答えればいいのでしょうか?

オススメは「クレジットカードの在籍確認」

在籍確認はお金を借りる時だけでなく、クレジットカードを作るときにも行われます。クレジットカードはポイントや特典目当てで申込む人も多いです。クレジットカードの在籍確認だったと言えば借金がバレず、怪しまれることもありません。

まとめ

ここではおまとめローンの在籍確認について解説を行いました。最後に要点をまとめましょう。

  • 在籍確認不要のおまとめローンはない
  • おまとめローン以外なら在籍確認不要のローンがある
  • 在籍確認は絶対に借金がバレないよう行われる
  • アリバイ会社を使うのは絶対にNG
  • 不安なことがあれば金融機関に相談しよう

在籍確認不要のおまとめローンはない

おまとめローンは借入金額が大きくなる傾向があります。また、既に複数の金融機関から借入している方だけが申し込みを行いますので、カードローンなどに比べると審査は慎重に行われます。そのため、原則として在籍確認不要にはなりません。

おまとめローン以外なら在籍確認不要のローンがある

おまとめローン以外であれば、電話での在籍確認なしのローンが存在します。一部の金融機関では特定の条件を満たせば書類提出のみでローン契約が可能です。

在籍確認は絶対に借金がバレないよう行われる

在籍確認の電話は、借入の申込であることがバレないよう、細心の注意を払って行われます。担当社員は個人名を名乗って電話をかけ、社名や用件を言うことは絶対にありません。

アリバイ会社を使うのは絶対にNG

在籍確認を避ける目的でアリバイ会社を使うことは犯罪にあたります。金融機関にバレた場合、強制解約となり残高を一括請求されるだけでなく、信用情報にその旨が登録されてブラックになります。絶対にやめましょう。

不安なことがあれば金融機関に相談しよう

在籍確認について不安なことや希望があれば、金融機関に相談をしてみましょう。名前を偽るなど、嘘の内容を電話で言うことはできませんが、ある程度の希望は聞いてくれます。金融機関の方は様々な勤務先へ在籍確認を行っていますので、臨機応変に応じてくれるはずです。

Share Tweet LINE

page
top