grape [グレイプ]

あけの語りびと

「あけの語りびと」に関する記事の一覧ページです。ニッポン放送の番組「上柳昌彦 あさぼらけ」で放送中の朗読コーナー「あけの語りびと」の紹介や話題をお届けしています。

「ぐるんとびー」が目指す介護~最初の利用者が言った忘れられない言葉

新着By - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 「株式会社ぐるんとびー」公式ホームページより 自分の命に限りがあることを知ったとき、あなたは何を望むでしょうか? 「ピッチャーズマウンドにもう1度立って、豪速球を投げ…

スポーツ大会のタイム計測を、安く簡単に~「LinkTOHOKU」の取り組み

新着By - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 秋にはマラソン大会が多く開かれるが、大会コストは大変 スポーツの秋、なかでも市民マラソンは大変な盛り上がりですね。マラソン大会の参加費は平均5000円ほど…。Tシャツ…

『旅人採用』~“旅人専門”の就職・転職サポートを始めたのはなぜ?

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 「旅人採用」公式ホームぺージより 「ヒッチハイクで、アメリカを周りました!」「自転車で世界一周をしました!」…学生時代のそんな旅の体験を、就職の面接試験で誇らしげに話…

八百屋『三茶ファーム』が、農家からの直接仕入れにこだわる理由

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 エコー仲見世商店街『三茶ファーム』外観 『緑の野菜がもしベーコンのような匂いだったら、人間の平均寿命は格段に長くなっていただろう』 これはアメリカのコラムニスト、ダグ…

転倒すれば1分以上滑走も…それでも魅力的なボブスレーという競技

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 日本代表のレーシングスーツを着た、篠原凌さん 今回ご紹介するのは、「氷上のF1」と呼ばれる、ボブスレーの日本代表選手です。 篠原凌さんは、東京都昭島市の出身で26歳。…

やなせたかしに見出された絵本作家・葉祥明の世界を象る美術館

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 「葉祥明阿蘇高原絵本美術館」外観 今年(2019年)の夏は、仕事や用事でもなければ家から1歩も出たくない、そういう日が多かったですね。家から出たら出たで、デパートやシ…

未だ破られない、満101歳で富士登頂の記録~なぜ富士山に登り続けたのか?

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 五十嵐貞一さんの富士登山の様子 毎年およそ25万人が登る富士山。いまでは夏の風物詩として、すっかり定着しています。富士登山には4つのルートがあり、登りやすさなどで人気…

86歳の店主が筋肉パフォーマンスも魅せるレストランとは?

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 写真には『健康は富に勝る』の名言が 『現代社会において、男の筋肉はもはや、その意味を失ってしまった』と書いたのは、作家の三島由紀夫でした。井戸端会議で「うちの夫は今度…

「英語多読」の魅力~図書館の館長が、英語を学びたい人に勧める理由とは

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 市立米沢図書館館長・岸順一さん 電車のなかで英字新聞や洋書を読んでいる人を見かけると、かっこいいな、羨ましいなと思ったこと、ありますよね。年をとったら英語なんてもう無…

一目惚れした柴犬が認知症に…献身的に支えたネコの愛情

動物By - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 豆柴「しの」と白ネコ「くぅ」 種類の違う2匹の動物が寄り添い、触れ合い、馴染んでいる。ドキュメンタリーやトピックスでは、そんな姿をときどき目にします。たとえば仔イヌと…

22年間、ウナギをペットに…「どちらが長生きするか競争」

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 そろそろ「ウナギ」の季節ですが、きょうは、ウナギを稚魚から22年もペットとして飼い続けている人のお話です。 不動産を営む 谷口徳幸さん 「私が子供の頃、川でウナギがた…

マイクロプラスチック問題~2050年には魚と海洋ごみが同じ重量に

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 G20大阪サミット・IMC(国際メディアセンター)。利用が始まったIMC(国際メディアセンター)=2019年6月27日午前11時38分、大阪市住之江区 写真提供:産経…

定食屋で働くお母さんが、娘と2人きりでやった「表彰式」とは?

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 蕨ピアロード商店街の景観 埼玉県蕨市、JR京浜東北線「蕨駅」西口を降りて、駅前通りを2分ほど歩くと、「蕨ピアロード商店街」が見えて来ます。昔ながらの商店街ですが、ここ…

“あしたのジョー”のふるさと「泪橋」に建つ映画喫茶とは?

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 『映画喫茶 泪橋ホール』外観 東京都台東区日本堤。昭和41年まで「山谷」と呼ばれたこの一帯の真ん中には、300mも続くドーム型天井付きのアーケイド、「いろは会ショップ…

「1度飲んだら忘れられない」コスタリカのコーヒーの味とは?

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 コスタリカ珈琲豆直輸入販売「豆こねくと」外観 「コスタリカ」と聞いて、どんな国をイメージしますか?「武蔵小杉駅」から歩いて5分ほど……川崎市立小杉小学校の前に、コスタ…

岐阜にある築100年の私設博物館 この場所に年間2万人以上が訪れる理由

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 詩人の西條八十は『蝶』という短い作品のなかで、『地獄へ下るとき 両親や友だちに何を持っていこう』と自問しています。そして彼は『懐から蒼ざめた蝶の死骸』を取り出して、こ…

漫画『コミック新宿史』~ナウマンゾウも存在した新宿の歴史とは?

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 新宿区立 新宿歴史博物館 新宿区立「新宿歴史博物館」をご存知でしょうか。四谷駅と四谷三丁目のほぼ真ん中、新宿通りから少し奥に入った閑静な住宅街のなかにあります。 常設…

履歴書ならぬ「魚歴書」も話題に! 日本で4番目に小さい竹島水族館が挑んだ工夫

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 画像は竹島水族館HPより 美術展や写真展、動物園や水族館に出かけますと、それぞれの絵や写真、動物や魚を説明するプレートが貼ってあります。 「高い予算をかけて、きれいに…

おじいちゃんと孫のおだんご屋 伝えたいのはたったひとつだけ

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 お団子屋さん『ふるさと』 鈴木康夫さんは、昭和12年生まれの82歳。静岡出身で、若い頃は大日本印刷で働いていましたが、「自分の店を開きたい」…そんな思いがずっとあって…

「断る、という選択肢はありません」絶滅危惧種の飼育を依頼された園長が語った責任とは

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 草木の緑が、いっせいに萌え始めています。もう誰も見上げることのない桜は、緑の木に変身しました。地面では、咲き終えたタンポポの綿帽子が旅立ちの準備を整えています。おびた…

令和の空に100畳ぶんの大凧を! ドキドキの「大凧あげ祭り」とは

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 「大凧あげ祭り」に長年触れて来たという 川島栄 さん 昭和33年生まれの60歳、還暦を迎えた川島栄さんは、今年に入って1日も気の休まる日がありません。頭のなかは青空に…

洪水被害にあったまんじゅう店 社長が翌日出勤した時、早く出社した社員たちは

ストーリーBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 「柏屋薄皮小饅頭 つぶあん」 いよいよ10連休の始まり…。心はすでに行楽地へ飛んで落ち着かないという方もいらっしゃるはずです。さて、温泉宿に着いて「こちらでございます…

「お寺には食べ物があるのに、餓死する母子がいる」1人のお坊さんがSNSで呼びかけると…

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 グッドデザイン大賞展『おてらおやつクラブ 丸の内別院』 「Gマーク」でお馴染みの「グッドデザイン賞」……使いやすく魅力的なデザインに与えられる賞ですが、2018年度、…

過去最低評価だったラーメン それなのになぜ、店主は嬉しそうだったのか

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 「白エビ塩チャーシューめん」(麺家いろは) このコーナーではこれまでに、おいしいラーメンやその開発話をいくつかご紹介して来ました。 災害が起きるたびに被災地に駆けつけ…

焚き火に魅せられた男性が営む、業界初の「火の専門店」とは?

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 火とアウトドアの専門店を営む 堀之内健一朗 さん 埼玉県三郷市に住む堀之内健一朗さんは、42歳。最初に火を燃やした記憶は、3歳のとき……宮崎県小林市の実家にあった「五…

つまらない校長先生の話 すると先生はおもむろに演台からダイコンを取り出した

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 卒業式シーズンたけなわ。卒業をめぐるいい話を連日、耳にします。 長崎県の佐世保市立小佐々中学校の美術の教師は、卒業生60人の似顔絵を黒板に描いて、その門出を祝った。 …

著書『写真集』~余命3年と告げられたなか、「今を生きて写真を撮る」

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 『写真集』(著:幡野広志) 写真家・幡野広志さんは、36歳。3月1日の誕生日に、はじめての写真集を出版しました。タイトルは『写真集』……。 代表作「海上遺跡」「いただ…

「謝罪するのにイチゴを持って行ったら…」イヤイヤ農家を継いだ男性が笑顔になった言葉

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 『加藤農園』でのイチゴ摘み取りのようす 3月3日(日曜日)の『ちびまる子ちゃん』をご覧になった方、いらっしゃるでしょうか? こんなお話でした。『まる子が、ショートケー…

毎週土曜にだけ食べられるメンチのお店 その隠し味に驚いた

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 梅肉を練り込んだメンチカツ『前川メンチあまい梅』 何の名物もない、何の特長もない、どこにでもある商店街……そんな商店街の「メンチカツ」が、なぜか人気を呼んでいます。 …

3.11、あまりに美しかった夜空の記憶「あの夜の星空は、亡き人が道に迷わず天国へ行けるように…」

ライフスタイルBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 仙台市天文台の外観(仙台市天文台 提供) 今年もあの日、3月11日が近づいて来ました。 日本人として忘れられない日、忘れてはいけない日。3月11日。街が、家が、人々が…

page
top