grape [グレイプ]

上柳昌彦 あさぼらけ

おじいちゃんと孫のおだんご屋 伝えたいのはたったひとつだけ

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 お団子屋さん『ふるさと』 鈴木康夫さんは、昭和12年生まれの82歳。静岡出身で、若い頃は大日本印刷で働いていましたが、「自分の店を開きたい」…そんな思いがずっとあって…

「断る、という選択肢はありません」絶滅危惧種の飼育を依頼された園長が語った責任とは

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 草木の緑が、いっせいに萌え始めています。もう誰も見上げることのない桜は、緑の木に変身しました。地面では、咲き終えたタンポポの綿帽子が旅立ちの準備を整えています。おびた…

令和の空に100畳ぶんの大凧を! ドキドキの「大凧あげ祭り」とは

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 「大凧あげ祭り」に長年触れて来たという 川島栄 さん 昭和33年生まれの60歳、還暦を迎えた川島栄さんは、今年に入って1日も気の休まる日がありません。頭のなかは青空に…

洪水被害にあったまんじゅう店 社長が翌日出勤した時、早く出社した社員たちは

ストーリーBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 「柏屋薄皮小饅頭 つぶあん」 いよいよ10連休の始まり…。心はすでに行楽地へ飛んで落ち着かないという方もいらっしゃるはずです。さて、温泉宿に着いて「こちらでございます…

「お寺には食べ物があるのに、餓死する母子がいる」1人のお坊さんがSNSで呼びかけると…

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 グッドデザイン大賞展『おてらおやつクラブ 丸の内別院』 「Gマーク」でお馴染みの「グッドデザイン賞」……使いやすく魅力的なデザインに与えられる賞ですが、2018年度、…

過去最低評価だったラーメン それなのになぜ、店主は嬉しそうだったのか

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 「白エビ塩チャーシューめん」(麺家いろは) このコーナーではこれまでに、おいしいラーメンやその開発話をいくつかご紹介して来ました。 災害が起きるたびに被災地に駆けつけ…

焚き火に魅せられた男性が営む、業界初の「火の専門店」とは?

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 火とアウトドアの専門店を営む 堀之内健一朗 さん 埼玉県三郷市に住む堀之内健一朗さんは、42歳。最初に火を燃やした記憶は、3歳のとき……宮崎県小林市の実家にあった「五…

つまらない校長先生の話 すると先生はおもむろに演台からダイコンを取り出した

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 卒業式シーズンたけなわ。卒業をめぐるいい話を連日、耳にします。 長崎県の佐世保市立小佐々中学校の美術の教師は、卒業生60人の似顔絵を黒板に描いて、その門出を祝った。 …

著書『写真集』~余命3年と告げられたなか、「今を生きて写真を撮る」

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 『写真集』(著:幡野広志) 写真家・幡野広志さんは、36歳。3月1日の誕生日に、はじめての写真集を出版しました。タイトルは『写真集』……。 代表作「海上遺跡」「いただ…

「謝罪するのにイチゴを持って行ったら…」イヤイヤ農家を継いだ男性が笑顔になった言葉

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 『加藤農園』でのイチゴ摘み取りのようす 3月3日(日曜日)の『ちびまる子ちゃん』をご覧になった方、いらっしゃるでしょうか? こんなお話でした。『まる子が、ショートケー…

毎週土曜にだけ食べられるメンチのお店 その隠し味に驚いた

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 梅肉を練り込んだメンチカツ『前川メンチあまい梅』 何の名物もない、何の特長もない、どこにでもある商店街……そんな商店街の「メンチカツ」が、なぜか人気を呼んでいます。 …

3.11、あまりに美しかった夜空の記憶「あの夜の星空は、亡き人が道に迷わず天国へ行けるように…」

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 仙台市天文台の外観(仙台市天文台 提供) 今年もあの日、3月11日が近づいて来ました。 日本人として忘れられない日、忘れてはいけない日。3月11日。街が、家が、人々が…

35年以上、流し続けた「帰ってこいよ」 青梅マラソンの名物店閉店 そのお知らせが泣ける

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 大衆マラソンとして有名な「青梅マラソン」のようす 〝日本の市民マラソンの草分け〟とも呼ばれる青梅マラソン……東京オリンピック銅メダリスト「円谷幸吉選手と走ろう」を合言…

報道から動物写真家へ シマエナガちゃんを撮影した男性の数奇な出会い

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 -2℃の海中で撮ったというアザラシの写真(小原玲さんのFacebookより) 転身や転職。それは、思いがけないことがキッカケになるケースがあります。写真週刊誌『フライ…

「使いづらい、だけど美しい…」旧暦のカレンダーが人気の理由

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 話題のカレンダー『旧暦 棚田ごよみ』 『この時期にカレンダーの話?』と思うかもしれませんが、旧暦と、山の傾斜地に作られた棚田の風景が載っている、『旧暦 棚田ごよみ』と…

「料理は科学」中古車販売店の主人が作るラーメンがミシュランへ掲載された理由

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 「二刀流」とは、刀や剣などを左右の手にひと振りずつ持って戦う剣法のこと。あるいは、それを特徴とする武道の流派のことを指します。日本では特に、剣豪・宮本武蔵が『五輪書』…

「豚骨ではなく猪の骨で」猟師が作る猪骨ラーメン 彼の前職を聞いて驚く

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 亥年ですが、猪を食べたことはありますか? その旨さに魅せられた人がいます。吉井涼(りょう)さん、37歳。東京・丸の内のオフィスで働いていた吉井さんが脱サラして、愛媛県…

妊婦「私、サイコロステーキ」夫「850円かぁ、ダメだ」 その様子を見ていた店主、翌日驚きの行動に

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 あさぼらけを長く聴いてくださっている方のなかには、2016年9月21日、このコーナーでご紹介した上板橋の居酒屋『花門(かもん)』をご記憶の方がいらっしゃると思います。…

レストランに犬が? 常連客に愛され、いつしか店長になった柴犬の物語

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 レストランバー『STOLAS(ストラス)』外観 JR立川駅北口から歩いて6分ほど、賑やかな大通りからちょっと裏通りに入ったところに、「ストラス」という小粋なレストラン…

女性「子どもたちに毎朝、朝ごはんを作る!」区役所「そんな、アホな!」 その熱意が現実に

ストーリーBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 撮影:湯浅誠 内閣府の景気動向指数研究会は今月13日、『景気拡大の長さが、高度成長時代に4年9カ月続いた「いざなぎ景気」を上回り、戦後2番目になった』と発表しました。…

徒歩で本州一周した男性 記録の細かさに驚くも、前職を聞いて「なるほど、納得!」

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 本州一周を徒歩で達成した 小田征一 さん 「人生は、三毛作だと思うんです……」と言うのは、千葉市美浜区にお住いの、小田征一(ゆきかつ)さん、75歳。このほど5年をかけ…

【西日本豪雨】見知らぬ女性に泣きながら手渡された5千円札 男性はある決意をした

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 11月もあとわずか…。そろそろ今年を振り返ってもいいでしょう。2018年は本当に、自然災害の多い年でした。 地震で発生した北海道厚真町の土砂崩れ。広範囲で土が露出して…

『音浴博物館』~アナログの音が聴ける“体験型博物館”

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 森に囲まれた「音浴博物館」の外観 長崎県西海市、西彼杵(にしそのぎ)半島の、携帯電話も通じない森のなかに、小さな、小さな博物館があります。 音を浴びると書いて「音浴博…

母「ぼけますから、よろしくお願いします」娘が泣きながら撮影したドキュメンタリー

エンタメBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 (C)「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会 いま、全国で介護を必要としている人は、およそ644万人。そこには介護をする人とされる人、それぞれ644…

59歳で気付く「今ならトップアスリートにも勝てるんじゃ…」70歳になったおじいちゃん、日本新記録を達成

ストーリーBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 獲得したメダルを掲げる 相羽吉男 さん 福生市にお住いの相羽吉男さんは、70歳。定年後も非常勤務で月8日、タクシードライバーをされています。 月8日と言っても、朝6時…

「東京には出店しない」世界一のジェラート職人が何度誘われても地元を離れない理由

ライフBy - ニッポン放送

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。 季節はもう11月。朝夕の冷え込みも、一段と強まることでしょう。こんなときだからこそ、今回は冷たーいお菓子のお話をご紹介しましょう。 ジェラート専門店『マルガージェラー…

勤続36年! サラリーマン・アナウンサー「上ちゃん」の働き続けるための秘訣

ライフBy - ニッポン放送

36年間、ラジオ局ニッポン放送でサラリーマンとして定年まで勤めあげた「上ちゃん」こと上柳昌彦アナウンサーの自伝的エッセイ『定年ラジオ』(三才ブックス)が、今年8月27日に発売してから2度の重版が決定している。 1981年…

「病気はみんな私が背負うから、健康で長生きするのよ」妻が語った最後の『七日間』

ライフBy - ニッポン放送

毎週月曜あさ5時~6時・火曜~金曜あさ4時30分~6時に放送しているニッポン放送『上柳昌彦 あさぼらけ』で放送中の朗読コーナー『あけの語りびと』。 今回は、果敢に病と向き合った夫婦からのメッセージをご紹介します。 ドイツ…

page
top