grape [グレイプ]

夕焼けエッセー

5年前に息子の病院で私を叱った小児科の先生 閉院の日、その優しさに涙

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 小児科の先生 とうとうその日が来た。大阪に引っ越し…

土手に座るおばあちゃんと孫 通りすがった女性とのやり取りが、優しい世界すぎた

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 春の香り 年配の女性と5歳ぐらいの男の子が土手に座…

カフェで偶然隣りに座った老婦人 すると彼女から、亡くなった父の名が…

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 きよっさんの娘 心配ごと、面倒なことが公私にわたり…

「しまった!」秘密がバレた女性 恋が終わったと思い、彼氏の自宅に行くと?

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 楽天的な肥料 私は片付けが苦手な母の元に生まれ、ど…

息子の墓参りに行った夫婦 友人たちがつぶやいた『本音』が、胸を打つ

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 春のお彼岸 去年のお彼岸は息子の友達6人とにぎやか…

「家事は妻の仕事だろう」と思っていた夫 息子の『ある行動』がキッカケで?

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 今回は大正生まれ、90代の男性のエッセーです。 女…

「いまから行くけどいてる?」突然やってきた弟 4日後の展開に、涙あふれる

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 弟との別れ 「ピン、ポ〜ン」インターフォンが鳴った…

87歳の母親に怒りをぶつけた息子 5年後の展開に、胸がしめつけられる

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 後悔 昨年十一月に旅立った母は、九十二歳のお誕生日…

単身赴任の夫がコンビニ弁当を、割り箸を使わずに家から持ってきた箸で食べる理由

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 コンビニ弁当 単身赴任中の私の昼食は、もっぱらコン…

「間違って…」亡くなった叔母のメールを削除してしまった母 ある日、悲しむ母の携帯にメールが届く

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 天国からのメール 叔母が煙になるのを待つ休憩所まで…

終わらない残業の中、独り言をいった男性 1時間後、帰宅したはずの同僚女性が戻ってきて

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 粕汁 今から40年前、ある土木事務所に勤務し仕事を…

「あなたたちのようになりたい」義両親への挨拶、初めて出会った義父は機械の声をしていた

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 身近な先輩 面と向かって「好きです」とか「愛してい…

「あかん、動けんがな」押さえ込まれた父 勝ち誇る息子に対し、心に誓ったのは

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 あかん、動けんがな。 あかん、動けんがな…。 どう…

「この中には主人も息子も生きた証が…」女性が今も日記を書き続ける理由

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 五年日記 五年日記を付け始めてから、もうすぐ3年が…

言えなかった「ごめんね」 母の荷物から出てきた幼児の服を見た時、思い出したのは

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 香り 七十五才になった私は終活に取りかかろうと二階…

「あなたたち3人を愛している」 妊娠中の母親が語りかけた3人の相手とは

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 愛しているを三人に 外は今日も風が冷たい。そこは寒…

「よく我慢したわ」結婚20周年、悪態をつく妻の元に届いたのは硬派な夫からの初めての手紙

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 恋文 4年前のことだった。「お届けものです」。イン…

13時間遅れで発車した電車 その時、老齢の男性が気付いた女性車掌の姿

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 13時間10分遅れ (2017年)10月22日、大…

お爺さんが気まずそうに入った女性下着店 その理由を知った時、心が暖かくなる

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 愉しめない買い物 私には、1年に2、3度ではあるが…

おねしょに悩む6年生の息子 修学旅行前、先生に相談すると「なぁんや、お母さん…」

エンタメBy - 産経新聞

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 校長先生 新学期が始まって間もないある朝、ゴミ出し…

page
top