grape [グレイプ]

大人のMusic Calendar

ギターを弾くこと、音楽を作ること、そして生きていくことの意味を常に自問自答しながら創作に挑んだ求道者・井上堯之。

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 昨年5月2日の突然の訃報から、早いものでもうすぐ1年を迎えようとしている今日3月15日は井上堯之の誕生日である。1941年3月15日、兵庫県神戸市に生まれた井上堯之は、2歳の時に父…

本日3月12日はジェイムス・テイラーの誕生日~ザ・ビートルズ/ジョージ・ハリスンの「サムシング」にインスピレーションを与えた曲とは

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 ボニー・レイットをゲストに迎えた2月~3月上旬に行われたアメリカ・ツアーが、ちょうど終わったばかり。4月と5月はラスヴェガスのシーザーズ・パレスでのロング・ラン公演、7月には地元ボ…

1967年3月11日、ザ・ビートルズ「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「ペニー・レイン」のMVが初めて放映

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 1967年3月11日、米TV番組『アメリカン・バンドスタンド』でザ・ビートルズ「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「ペニー・レイン」のミュージック・ビデオが初めて放映される …

本日3月6日は名馬・ハイセイコーの誕生日~意外な大ヒットとなった哀愁の競馬ソング「さらばハイセイコー」

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 歌謡曲の世界では、時折意外なヒット曲がチャートを賑わせることがある。「黒ネコのタンゴ」や「およげ!たいやきくん」などの新時代童謡をはじめ、間違ってヒットしてしまった感が否めない「老…

1968年3月5日、ザ・スパイダース「あの時君は若かった」リリース~若さを相対化したこの名曲の作詞者は?

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 1968年3月5日はザ・スパイダース「あの時君は若かった」のリリース日。 あの時君は若かった(中略)小さな心を苦しめた僕をうらまずにいておくれ、と歌う詞。それは、恋をした時には、ど…

40年前の本日、山口百恵「美・サイレント」がリリース~あなたの○○○○が欲しいのです…口パク歌謡の決定版

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 1976年の「横須賀ストーリー」を皮切りに、阿木燿子と宇崎竜童のコンビによる一連の作品でヒットを連ねていた山口百恵が、さだまさしの作詞・作曲による「秋桜」のヒットで作品の幅を拡げた…

本日、2月28日はザ・ローリング・ストーンズの創始者である故ブライアン・ジョーンズの77回目の誕生日

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 「ブライアン・ジョーンズを語らずして、ストーンズを語るなかれ」と高校生の時に友人から言われた言葉を思い出す。当時は、音楽情報も少なく、その意味がよく理解出来ず、ストーンズ自体にもさ…

1985年2月27日、菊池桃子「卒業-GRADUATION-」が発売~3者に初のシングル1位をもたらし“卒業対決”を制する

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 1985年、4人のアーティストが相次いで「卒業」という同名異曲をリリースし、ヒットチャートを賑わせた。先陣を切ったのは尾崎豊である。1月21日に12インチ盤で発売された「卒業」はオ…

1977年2月26日、イーグルス「ニュー・キッド・イン・タウン」が全米1位を獲得~ロック史に輝く名盤『ホテル・カリフォルニア』からの第1弾シングル

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 軽やかというほどではなく、そしてまた、重すぎるわけでは全くない。さりげないというのが、いちばんだろうか、ちょうどいいテンポに誘われるように、グレン・フライの歌声が流れ始める。40年…

1974年2月25日、西城秀樹「薔薇の鎖」がリリース~日本初のマイク・スタンド・パフォーマンスを披露

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 1974年2月25日、西城秀樹のシングル8作目「薔薇の鎖」がリリースされた。西城秀樹が日本で初めてスタンド・マイクによるパフォーマンスを持ち込み、その後の我が国のステージ・パフォー…

B面曲がA面曲を凌駕する大ヒット ガロ「学生街の喫茶店」も、そんな“下克上ヒット”の典型例だった

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 B面曲がA面曲を凌駕する大ヒットに。ガロの「学生街の喫茶店」も、そんな“下克上ヒット”の典型例だった 最近のアナログ・レコードのリバイバル現象もあって、デジタル世代の若い音楽ユーザ…

1971年2月13日、ブラッド・スウェット&ティアーズが武道館公演を開催~本場の現役アーティストによる初めての来日コンサート

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 日本武道館で体験した最初のコンサートはブラッド・スウェット&ティアーズのコンサートだった。1971年2月13日。プロモーターはキョードー東京。音楽雑誌の駆け出しの編集部員…

2月11日はホイットニー・ヒューストンの命日 映画『ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 2月11日はホイットニー・ヒューストンの命日~1月4日に映画『ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』が日本公開 2019年1月4日に日本公開となった映画『ホイットニー ~オ…

1982年2月8日、松田聖子「赤いスイートピー」がオリコン1位を獲得~出会いと才能が生み出した奇跡的な楽曲

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 1982年2月8日、松田聖子の8枚目のシングル「赤いスイートピー」がオリコン・シングル・チャートの1位を獲得した。松田聖子にとっては6作連続の1位であり、彼女の数ある楽曲の中でも、…

本日2月5日は弘田三枝子の誕生日~1983年に“MICO”名義で出されたシングル「O-KAY」はサザンオールスターズ「MICO」へのアンサーソング

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 1961年に東芝レコードから「子供ぢゃないの」でレコードデビューし、弱冠14才にしてポップスクイーンの地位を確立した弘田三枝子は、“ミコちゃん”の愛称で親しまれた。「ヴァケーション…

本日2月4日はJ-POPの源流を築いたカヴァー・ポップスの大ヒットメイカー漣健児の誕生日

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 1958年、『日劇ウエスタンカーニバル』のスタートによって最盛期を迎えたロカビリー・ブームだったが、平尾昌章(のちに昌晃)など、これまで同時代の洋楽ヒットの日本語カヴァー盤をリリー…

page
top