grape [グレイプ]

大人のMusic Calendar

1983年12月19日欧陽菲菲「ラヴ・イズ・オーヴァー」がオリコンチャート1位を獲得~発売当初はB面だった!

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 1983年12月19日、欧陽菲菲の「ラヴ・イズ・オーヴァー」がオリコン・シングル・チャートの1位を獲得した。彼女にとってはデビュー曲「雨の御堂筋」に続く1位作品であり、現在も愛され…

本日12月18日はザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズの誕生日~パブリック・イメージとは異なっていた素顔のキース

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 キース・リチャーズが生まれたのは、1943年12月18日、イギリスのケント州ダートフォードのリヴィングストーン病院。それは第二次世界大戦の真っ最中で、ヒトラー率いるドイツ空軍がイギ…

12月14日は上原“ユカリ”裕の誕生日~村八分、ココナツ・バンク、シュガー・ベイブ、ナイアガラで活躍した伝説のドラマー

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 「上原ユカリ」(本名・上原裕)というドラマーの名前を知ったのは、1973年9月21日に行われたはっぴいえんどの解散記念コンサート“CITY—Last Time Around”(東京…

1980年12月12日、近藤真彦「スニーカーぶる~す」がリリース~この曲がジャニーズのデビュー戦略の端緒となる

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 新人歌手のデビュー曲が週間チャートで初登場No.1に輝くという前代未聞の快挙を成し遂げた楽曲。作詞の松本隆にとっても作曲の筒美京平にとっても本格的に手掛けた最初の80年代アイドルで…

12月7日は双子デュオ・リリーズの誕生日~ザ・ピーナッツの後継者としてデビュー

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 地元・北海道の道花であるスズランの英語名からグループ名が付けられた双子デュオのアイドル、ザ・リリーズは北海道夕張市出身。北海道生まれの双子歌手といえば、こまどり姉妹が想い出されるが…

1980年12月5日山下達郎『オン・ザ・ストリート・コーナー』リリース~オールディーズ・マニアの真骨頂

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 「ドゥー・ワップ」という言葉を知ったのはいつのことだろう。言葉はともかくレコードでそのような音楽に触れたのは1972年、高校2年生のことだったと思う。ビートルズ不在の虚無感を埋めて…

40年前の今日11月27日、アリス『栄光への脱出~アリス武道館ライヴ』がオリコン・アルバム・チャートの1位を獲得

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 1978年(昭和53年)の今日、11月27日付オリコン・アルバム・チャートの1位を飾ったのは、アリスの2枚組ライヴ・アルバム『栄光への脱出〜アリス武道館ライヴ』である。同年8月29…

1974年11月23日、ザ・ローリング・ストーンズの傑作『IT’S ONLY ROCK’N ROLL』がビルボード・アルバムチャート1位を獲得

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 “たかがロックンロール”と命名されたこの傑作アルバムは、1974年10月18日に英米で同時発売された。躍動感溢れるロックンロールだけでなく、バラード、レゲエ感覚にフィリーソウル、つ…

11月22日はサザエさんの誕生日 こんなにもある!サザエさんの音楽ヒストリー

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 本日11月22日はフグ田サザエの誕生日~こんなにもある! サザエさんの音楽ヒストリー 国民的アニメとして知られる「サザエさん」の主役、フグ田サザエの誕生日をご存知だろうか? それは…

1981年11月14日、大瀧詠一プロデュース「うなずきマーチ」がレコーディング~歌うのは紳助・竜介、ツービート、B&Bのボケ=うなずき役によって結成されたうなずきトリオ

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 大滝詠一は、カッコいいシティ・ポップス『ロング・バケイション』でブレイクしたが、一方でお笑い的な楽曲「ノベルティ・ソング」も沢山残した。そのルーツはファーストアルバムに入っている、…

11月12日はニール・ヤングの誕生日~どれだけのアーティストが彼に影響を受けたことだろう

エンタメBy - ニッポン放送

【大人のMusic Calendar】 秋が深まりゆく、というか、すぐそばに冬の足音が迫る季節になると、決まって取り出してくるアルバムが幾つかある。ニール・ヤングの『プレーリー・ウィンド』も、そんな1枚だ。2005年の発…

page
top