持ち運べる電動アシスト自転車『A1TS』 コンパクトで使いやすそう

自動車・バイク By - grape編集部 更新:

電動アシスト自転車があれば、移動が一気に楽になって助かりますよね。

一方で、「本体が重そう」、「使い方が難しそう」といったイメージを持っている人がいるかもしれません。

簡単に扱える、新世代の電動アシスト自転車をご紹介します。

電動アシスト自転車『A1TS』がアツい!

最新の電動アシスト自転車『A1TS』が日本に初上陸。

応援購入サイト『Makuake』にて、先行販売を開始しています。

ナチュラルに馴染む2色を組み合わせた、3種類のカラー展開はおしゃれで必見ですよ。

『A1TS』がライフスタイルを豊かに広げる

『A1TS』は電動アシスト自転車としての機能を拡充させ、実用性の優れた製品に仕上がっています。

簡単に折り畳んで持ち運べるというメリットが、従来のイメージを大きく覆したといえるでしょう。

自転車のある生活が、『A1TS』によって一層楽しめるようになりますよ。

2ステップで折り畳み完了!

わずか2ステップでコンパクトに折り畳めるところが、『A1TS』の特徴の1つ。

工具が要らないので、長距離の旅行先であっても簡単に持ち運べます。

また、本体には耐久性のあるアルミフレームを採用。

重量は約16.8㎏と、軽くて扱いやすい仕様で、老若男女問わず愛用できるよう配慮されています。

安全で効率的な構造設計

『A1TS』は、下り坂やペダルをこぐ際に発生する、モーターの回転エネルギーを、電気エネルギーに変換。

走行時の消費電量を減少させるのでバッテリーのもちがよくなる仕組みです。

また、衝撃や振動に強いサスペンションフォークを搭載。

ディスクブレーキによって、速度を落としたり急停車したりする制動性と、天候に左右されない安定性を両立させています。

テクノロジーを駆使した快適な乗り心地

『A1TS』には、さまざまなデータを表示するディスプレイを装備。

ディスプレイは、昼夜を問わず見やすいところが、嬉しいポイントです。

また、速度や走行距離といった基本的な項目はもちろん、消費カロリーなど詳しいデータもチェックできますよ。

ペダルなどの駆動部にはセンサーが搭載されており、5段階のアシストモードに切り替え可能です。

発進はいつでもスムーズに、そして加速も思い通りに。

「外出移動を簡単で、楽しめるものにする」という『A1TS』のコンセプトを、ぜひ全身で感じてみてください。


[文・構成/grape編集部]

関連ワード
自転車

この記事をシェアする