テレワークに最適な昼寝グッズは? おすすめ6選

生活雑貨 By - grape編集部 更新:

毎日、一生懸命働いていても、どうしても眠い日は誰にでもありますよね。

昼休みに会社の床で眠る…なんて大胆な行動をとる人は少ないでしょう。

しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの企業がテレワークを取り入れました。

テレワークのメリットといえば…。

しっかりと昼寝ができれば、午後からの仕事もスッキリ取り組めるはず。

しかし、「本気で寝入ってしまって、休憩時間内に起きられないのでは…?」という不安もあり、ベッドで眠ることは、はばかられますよね。

そこで、どこでも最高の昼寝ができるグッズをご紹介します!

テレワーク中の昼寝グッズ!おすすめ6選

いろいろな姿勢で眠ることができる『YOOVV』の昼寝枕

まずおすすめしたいのが、『YOOVV』の昼寝枕です。

低反発のクッションで、腕を枕の下に入れて寝てもしびれにくい構造になっています。

枕の中央にはくぼみがあり、顔の曲線にピッタリフィット。

うつぶせで眠っても呼吸ができる形になっているので、リラックスして昼寝することができるでしょう。

また、机の上でうつぶせで寝るだけでなく、首の後ろにはめて使用することも可能。その時々で眠る姿勢を変えることができます。

もっちりふわふわ『王様のうたた寝枕』

枕を選ぶ時、重視するポイントの1つは手触りですよね。

『王様のうたた寝枕』はもっちりふわふわな枕です。

枕の中材には綿とビーズの混合材が使用されており、適度な弾力があるのだとか。

枕の真ん中に穴があるので、腕を通したり、うつぶせになったり、いろいろな眠り方ができます。

商品名の通り、優雅な昼寝を楽しめるでしょう!

王様のうたた寝枕 ネイビー

王様のうたた寝枕 ネイビー

3,888円(07/01 20:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
王様のうたた寝枕 ハニー

王様のうたた寝枕 ハニー

4,070円(07/01 20:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

頭をすっぽり!『オーストリッチピロー』

昼寝の時に、まぶしさが気になる人には『オーストリッチピロー』がおすすめ。

頭をすっぽりと覆ってしまうので、すぐに眠れること間違いなしです。口元が開いているので、呼吸は苦しくありません。

装着すると少し異様な姿になってしまいますが、テレワークなので恥ずかしがることはありませんね。

値段は1万7千円と少しお高めですが、使用者からは「クッション性もいい」「とにかく頭や首に負担がかからない」など、絶賛の声が上がっています。

頭部を包まれる安心感を体験してみたい人は、ぜひ購入を検討してみてください!

千円以下のリーズナブルな昼寝枕も!

「昼寝用の枕に千円以上出したくない」という人には、『Efficary』の枕がいいかもしれません。

枕の真ん中に腕を通して眠るタイプの昼寝用枕です。

900円台と購入しやすい価格なので、昼寝用の枕を試してみたい人にはピッタリでしょう。

ただ、「手を入れる穴が少し小さめ」という声も。腕をしっかり穴に入れて眠りたい人は、検討が必要かもしれません。

お昼寝枕 机 デスクでまくらに手を入れチョイ寝

お昼寝枕 机 デスクでまくらに手を入れチョイ寝

1,298円(07/01 20:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

枕以外にも…昼寝の質を上げるグッズは?

人をだめにするソファで快適な昼寝を

椅子に座ったままでは眠れない人には、「人をだめにする」といわれる、特大ビーズクッションを試してみてはいかがでしょうか。

おすすめしたい昼寝方法が、ビーズクッションを2つ使う、ぜいたくな寝方

特大クッションに埋もれて眠る瞬間は、これ以上ない幸福感を与えてくれるでしょう…。

もう仕事に戻りたくなくなってしまうかもしれません。

優雅に昼寝を楽しみたいなら…自立式ハンモックもおすすめ

優雅な昼寝を楽しみたいのであれば、思いきってハンモックを購入してみてもいいかもしれません。

『Probasto』の自立式ハンモックは、工具を使わずに簡単に組み立てることができます。

これがあれば、天気のいい日にベランダで優雅に昼寝することも可能です。

こちらのハンモックの耐荷重は300㎏なので、家族や恋人と寝転がることもできますよ!

使わない時は収納しておけるのも嬉しいポイント。平日には昼寝用として使い、休日には公園やキャンプ場でハンモックを楽しんでもいいでしょう。

価格も1万円以下と、手が届かない値段ではありませんよね。

ハンモックに憧れていた人は、この機会に購入を検討してみてもいいかもしれません。

昼休みの時間にしっかりとリラックスして、午後からの仕事の効率をアップさせてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

関連ワード
テレワーク

この記事をシェアする