テレワークにチェアマットは欠かせない! 床を守る、おすすめのマットがこちら

インテリア・家具 By - grape編集部 更新:

テレワーク用のデスクやイスを購入して数週間後、ふと床を見てみると…。

フローリングに傷が付いている!

フローリングの上で、何も敷かずにイスを使っていたので、床が傷付いてしまったようです。

賃貸の家だと特に、傷を付けたくないものですよね。

また、2階以上に住んでいると、イスがフローリングの上を転がるゴロゴロという音が、「階下に響いているのでは…」と気になってしまう人もいるでしょう。

床を傷から守り、騒音対策にもなるチェアマットをご紹介します!

テレワークに使える、透明なチェアマットのおすすめは? 

シンプルで部屋のインテリアを損なわない、透明タイプのチェアマットが欲しい人にはPVC素材(ポリ塩化ビニル)のマットがおすすめです。

『巻き癖』が気にならない!『Latune』のチェアマット

『Latune』のチェアマットは、PVC素材の透明なマット。

サイズは120x90cm、厚さは1.5mmです。

このチェアマットのおすすめポイントは、「マットの巻き癖がすぐに戻る」というところ。

チェアマットの多くは、くるくると巻かれた状態で届きます。

そのため、開封した後は端が丸まった状態に。平らにするため、数日間、辞書などの重しを四隅に置いておかなければいけない商品もあります。

しかし、『Latune』のチェアマットは開封後、約1時間後には巻き癖がとれる、特殊PVC素材を使用しているのだとか。

快適にチェアマットを使い始めることができるでしょう。

また、4枚の透明な両面テープも付いてくるので、チェアマットの上でイスを動かしてもマットがズレることはありません。

購入者からは「チェアマット上でのイスの滑りもいい」「ロボット掃除機も引っかかることなく、掃除ができる」と、使い心地を絶賛する声が寄せられています。

透明なチェアマットが欲しい人は、『Latune』のマットの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

千円台で透明なチェアマットが欲しいなら『山善』

「安価で、透明なチェアマットが欲しい」という人には、『山善』のマットがいいかもしれません。

サイズは120x90cm、厚さは1.5mmで、価格は1,990円です!

チェアマットの上面はさらさらとした加工がされており、イスの動きを滑らかにするのだとか。

「チェアマット上でのイスの滑りはいい」「厚みもあって問題ない」という声が寄せられている反面、「チェアマットの巻き癖がなかなか戻らない」といった声も上がっています。

届いた後の、チェアマットの巻き癖が気になる人は、購入前に検討が必要でしょう。

[山善] チェアマット 椅子 120×90cm 1.5mm厚 クリア CFM-120

[山善] チェアマット 椅子 120×90cm 1.5mm厚 クリア CFM-120

2,419円(08/15 16:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

デザイン性を重視したチェアマット

チェアマットを選ぶ時に、デザイン性を重視したい人もいるはず。

せっかくなら、かわいいチェアマットが欲しいですよね。

『ラグリエ』のチェアマットは、カラーバリエーションが13種類もあります!

サイズも120x90cm~120x180cmまで選ぶことができますよ。

厚さは1.8mm。マットの表面の素材は塩化ビニル、裏面は不織布になっているため、誤って飲み物をこぼしてしまっても問題ありません。

四隅に貼る、吸着滑り止めシートが付いてくるので、ズレも防止できます。

ただし、床暖房やホットカーペットの上では熱により、マットが伸縮する可能性があるとのこと。足元の暖房と併用したい人は注意が必要です。

寒い冬でも快適に過ごせるチェアマット

表面がPVC素材や塩化ビニルなどのチェアマットは、夏の暑い時期に使う分には問題ありませんが、冬の寒い時期には、足元がひんやりします。

足元の冷えが気になる人は、表面がポリエステル素材のチェアマットを選ぶといいでしょう。

ただ、チェアマットが厚くなるほど、イスの滑りが悪くなることも。適度な厚みのチェアマットをご紹介します。

『サンコー』のおくだけ吸着、デスクマット

『サンコー』のデスク足元マットの表面は、ポリエステル素材。

裏面はアクリル樹脂の素材なので、置くだけでフローリングにピッタリと吸着してくれます。

サイズは120x90cm、厚さは4.0mmです。

ハサミで自由にカットできるほか、洗濯機で丸洗いも可能。また、掃除機をかけても吸いあがらないので、ストレスが少ないですね。

購入者からは「厚さが丁度よくて、イスがスムーズに動かせる」と、高評価が寄せられています。

カラーは、ベージュとグリーンの2色が展開されていますよ。

床にしっかり吸着!『Accenter』のチェアマット

『Accenter』のチェアマットは、床にしっかりと吸着するマットです。

裏面のフィルムをはがして設置すると、床にぴったりとくっついてズレにくくなります。

撥水加工が施されているため、マットの上に飲み物をこぼしてしまっても、サッとふき取ることが可能です。

また、丸洗いもできるとのこと。

サイズは120x90cm、厚さは4.0mmです。

カラーはグレー、ブラウン、ライトベージュの3色が用意されています。

デスク周り全体をカバーできるジョイントマット

チェアマットではなく、ジョイントマットを敷くのも1つの手でしょう。

『サンコー』のズレないジョイントマットは、1枚25×25㎝のマット。50枚のセットで、2畳分の広さをカバーできます。

厚みは4.0mm。撥水加工のため、汚れもサッとふき取ることができます。

万が一汚れた場合には、その部分だけ外して洗濯機で洗うことも可能。

何度洗濯しても、繰り返し使えるのは嬉しいですね。

余った分はキッチンやリビングなど、自分が使いたいところに設置するのもいいでしょう。

カラーバリエーションは全部で13種類あります。

自分の部屋に合ったチェアマットを見つけてくださいね!


[文・構成/grape編集部]

関連ワード
PCデスクテレワーク

この記事をシェアする