ニューノーマルに最適な新たな住まい 「365日風景が変わる家って?」

インテリア・家具 By - grape編集部 更新:

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の影響により、私たちの生活は変わりました。

今まで当たり前だったことが当たり前でなくなり「昔はこうだったのに」と、なげく声を聞くことも少なくありません。

しかし、これまで当たり前だったことが変わるということは、新しい生活スタイルが生まれるチャンスともいえます。

ニューノーマル

そんな新語を象徴するようなサービスが発表されました。

ニューノーマルを楽しく快適に!

株式会社ランドスキップが、日鉄興和不動産株式会社と連携し「365日、風景の変わる家。」をコンセプトとした個人向けデジタル窓『Lifestyle Window』を発表しました(2021年9月販売開始予定)。

どのようなサービスなのかは、ぜひ動画でご覧ください。

ランドスキップは、風景配信サービス『LandSkip』やバーチャルウィンドウ『Window Air』を提供する会社。

生活シーンに合わせて風景が切り替わる個人向けデジタル窓『Lifestyle Window』は、そんなランドスキップの技術を生かし、ニューノーマル時代を快適に過ごすためのサービスです。

たとえば、目覚めると窓には地中海が広がり、パリの街並みを眺めて朝食…リモートワークでは桜を背景にオンライン会議。

そして、リアルタイムの夕日に感動する瞬間や夜景で味あう贅沢な時間を過ごし、夜には星空を感じながら就寝。

『Lifestyle Window』は、季節や時刻、生活シーンに合わせて風景を切り替え、日常を彩ることができます。

コロナウイルスによって日常は変わりましたが、その変化をポジティブに利用すれば、より快適な時間や環境を生み出すことができるはず。

『Lifestyle Window』は、そんなキッカケを私たちに与えてくれるかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

この記事をシェアする