高畑充希の無邪気な幼少時代も公開!子どもの夢は世界をこんな風に変えていく

あなたは子どもの頃、どんな夢を持っていましたか?

宇宙飛行士になって火星を探検するとか、好きなものだけを詰め込んだケーキ屋さんになるとか。

子どもの頃の夢は、大人になった今では「そんなの無理でしょ」と思ってしまうものばかり。

けれどもし、子どもの頃の”無邪気な心のまま”大人になったら、世界はどんな風になるのでしょう?

子どもの視点で世界を”夢だらけ”に!

公園で遊んでいた女の子が走り出すと、突然けむりに包まれ、中から出てきたのは大人の高畑充希さん!

周りで遊んでいた子どもたちも、次々に大人の姿になっていきます。

子どもの心のままに大人になった彼らは、斬新なデザインのクルマを発表したり、会社の中でトランポリンをしたり、討論会だって無邪気なやりとりで解決してしまいます。

大人になった私たちが忘れてしまった、子どもたちの『こうだったらいいな』は、世の中をもっと明るく楽しくしてくれるのかもしれませんね。

子どもの頃の高畑さんもポスターに登場!

今回「人生は、夢だらけ。」をテーマにしたかんぽ生命のキャンペーンポスターには、とっても貴重な高畑さんの幼少期の写真を使用。

「難しく考えすぎじゃない?5歳の私に言われました。」

そんなキャッチコピーとともに、写真を撮影した当時の姿を、大人になった高畑さん本人が忠実に再現しました。

『大人になっても、子どもの頃の気持ちはしっかりと自分の中にある』ということを表現しているんだそうです。

キャンペーンサイトではメイキング映像も公開中

キャンペーンサイトでは、今回公開された映像やポスターの撮影している様子を収録した、メイキング映像も公開されています。

現場では、エキストラのみなさんも和気あいあいとした様子で撮影にのぞみ、高畑さんも終始笑顔が溢れていたとか。

ポスターの撮影では、幼少期の写真の背景を忠実に再現するためのセットが組まれ、あまりのそっくり具合に高畑さんも感激していたそうです。

高畑さんに今回の撮影についてお聞きしました。

ーー撮影で楽しかったことは?

「ロケでのCM撮影で、水たまりにジャンプするシーンがあり、顔に泥が跳ねたりする感覚が久々で楽しかったです!」

ーー幼少の頃を完全再現したポスター撮影用のセットはいかがでした?

「まさかここまで完全に再現したセットができるなんて驚きました! おばあちゃん家がそのまま再現されていたり、子どもの頃に戻ったみたいで、すごく懐かしくなりました」

子どもの抱いている夢は、いつだって明るくてパワーにあふれています。

ちょっぴり元気のない今の世の中に、もしかしたら一番必要なチカラなのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

提供
株式会社かんぽ生命保険

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop