grape [グレイプ]

「肌へのメークなし!?」クロエ・モレッツが『すっぴん素肌』撮影!美しさにため息

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

女優、モデルとして世界中を魅了する、クロエ・モレッツ。その可愛らしい外見と、等身大のファッションは、日本でも絶大な人気を誇ります。

子役のころから活躍し、ずっとカメラの前に立ち続けてきた彼女。今回初めてチャレンジしたのは、なんと肌へのメークなしという『すっぴん素肌』での写真撮影なのです!

日本での撮影を担当したのは、ニューヨークを拠点とする世界最高峰のフォトグラファー集団『マグナム・フォト』の精鋭、クリストファー・アンダーソンとアレッサンドラ・サンギィネッティ。

今回、撮影までの軌跡と、その裏側を収めたフィルムが公開されました。普段では見られないクロエの自然な美しさと輝きは必見です!

不安と興奮が交錯する中、自然体の美を表現

「女性のありのままの美しさを讃えることや、そのことに自信をもって自分らしくいられることについて、新しいムーブメントのきっかけを作れることに、とてもワクワクしました。これはまさに私が表現したかったものだと感じました。肌へのメークをしない状態での撮影は初めてなので、興奮と同時に不安も感じていました」

SK-IIの『#すっぴん素肌プロジェクト』の話を初めて聞いた時、不安を感じながらも、「素肌を見せる」という初めての挑戦に胸が高鳴ったと話すクロエ。

「このプロジェクトはとてもナチュラルな取り組みで、ある役柄を演じて自分とは違う誰かになるというこれまでの私の活動とは異なります。力強いメッセージと共に、ありのままの姿をお見せしたこのプロジェクトは、ファンの皆さんの心を動かすと思います。また、素の自分のままで、自然な美しさや輝きを出せたことは、私にとっても新鮮に感じられました」

女優として誰かを演じる時とはまた違う、自然体の表情をみせたことは、自分にとっても、ファンにとっても刺激的な取り組みだったといいます。

不安と興奮が入り混じる中、意を決してすっぴん素肌でカメラの前に立った彼女は、より一層輝きを放っていました。

「大人になるにつれて、素肌をケアし基本を大切にすることで、メークなしの自分の肌に自信が持てるようになりました。いまでは、素肌でいることはシンプルで美しいと感じています。すべての女性がこのプロジェクトを通して、すっぴん素肌でいることに心地よさを感じると共に、それによってさらに自信を持つことができることを願っています」

撮影を終えた後には、「これまで以上に素肌でいることが、自分の誇りであるように感じるようになった」というクロエ。今回、彼女がこのチャレンジングな撮影に臨む勇気を持てたのは、ある理由がありました。

私たちは、誰もがありのままの美を表現できる

「撮影に向けて、肌に潤いを与えるために昼間と夜にSK-IIのフェイシャル トリートメント エッセンスを使ってケアを続けたことで、自信をもって撮影に臨むことができたと感じています」

そう語るクロエ。彼女に勇気を与えた、SK-IIの『フェイシャル トリートメント エッセンス』は、年代や肌質を問わず、一人ひとりの肌悩みに合わせるかのように働きかけて、透明感のあるクリアな素肌へと導いてくれる、SK-IIを代表するロングセラー化粧水です。

SK-IIのプロジェクトに参加するのは初めてだった彼女は、本番に向けて、『フェイシャル トリートメント エッセンス』でスキンケアを続けてきたそうで、そのことがすっぴん素肌でカメラの前に立つという初めての経験にも自信をもたらしてくれたようです。

また、クロエは女性の美しさについて、こんな風に話してくれました。

「ありのままの自分を受け入れることを怖がらないでください。何かから隠れたり、メークをすることで個性を隠したりする必要はないと思います。みんながこうだから、こうしないといけないというような、社会の通例に流されることなく、あなたの心身の健康を大切にしてください」

すべての女性に自分自身のありのままの美しさに気付いて、受け入れてほしい――。クロエは、そんなメッセージを送ります。

世界中の女性に『ありのままの素肌』の美しさを見出し、さらに輝くきっかけとなってほしい…そんな思いが込められた、SK-IIの『#すっぴん素肌プロジェクト』

新たな自分の魅力を発見したクロエのように、あなたも、自然体の自分の美しさに気付いてみませんか。

SK-IIの公式インスタグラムでは、ここでしか見ることができない限定コンテンツも含め、彼女たちのさまざまな表情をとらえたビジュアルが公開されます。また、12日に公開された有村架純さんの挑戦を追った動画もチェックしてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE