grape [グレイプ]

「優しい世界」「今年は絶対書こう」年賀状に添えられた『ひと言』に心温まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

大掃除や忘年会、仕事納めなど、何かと忙しい年末。中でも『年賀状』は、ギリギリまで宛名書きに追われてしまう人もいるのではないでしょうか。

最近では、メールやSNSなどで新年の挨拶を済ましてしまう人が増えています。でも、こちらの動画のように、年賀状だからこそ届く"想い"があるかもしれません。

添えられた『ひと言』が、愛になる

「今頃、元気にしているかな」「なんて書こうかな」

年賀状を書いているその時間は、きっと誰もが相手のことを想っている時間。

受験を目前に控えた中学3年生の男女が、照れくさそうに励ましあったり、単身赴任をしているパパに、覚えたてのつたない字で娘が気持ちを届けたり、一人暮らしをしながら就職活動をする息子に、不器用な父親が「まあ、楽しめ」とひと言だけメッセージを添えたり…。

どんなに距離が離れていても届く、温かい想い。年賀状に添えられたたった数行の言葉は、相手の心の奥深くに染みわたります。

「今年は何枚くらい届くかな」「今頃、あいつにも届いたかな」

年が明けて、郵便ポストに入った年賀状に1枚1枚目を通すと、相手の顔を思い浮かべながら微笑んでしまう人は多いかもしれません。

普段は付き合いがなくても、年に一度の年賀状のやりとりだけは続いている…そんな『つながり』も、日本独特の文化ですよね。

コミュニケーション手段が増えて手軽に連絡ができるようになった分、人とのつながりが希薄に感じられる昨今。簡単に消せてしまうメールなどとは違って、何年か経った後に読み返すと、またふわっと幸せな気持ちに包まれるのも年賀状の魅力です。

普段は、親しい人や、疎遠な人に、改まって気持ちを伝えるのは照れくさいもの。でも年賀状なら、送る側も、受け取る側も自然と温かい気持ちになれるから不思議です。

あなたも来年は、大切なあの人に年賀状で想いを届けてみませんか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top