grape [グレイプ]

温泉やグランピングも!千葉の『リソルの森』で非日常体験にどっぷり浸かる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

新型コロナウイルス感染症により、多くの人たちが外出自粛を余儀なくされ、家で過ごす時間が増えました。

その影響により、千葉県にある体験型リゾート施設『Sport & Do Resort リソルの森』では、2020年4月1日にオープンしたばかりだった新グランピングエリア『グランヴォー スパ ヴィレッジ』を臨時休業。そして7月1日、ついに再オープンすることになりました!

新型コロナウイルス感染症の影響により、自宅からそれほど離れていない身近なエリアでも気軽に利用できる『ステイケーション』のニーズが高まっています。

『ステイケーション』とは、滞在を意味する「Stay」と休暇を意味する「Vacation」を組み合わせて作られた、"近郊で休暇を過ごすこと"を表す造語のこと。

『グランヴォー スパ ヴィレッジ』は、千葉県長柄町という都心からもアクセスがしやすい場所にありながら、日常を忘れられる大自然に囲まれたリゾート体験が楽しめます。

非日常を楽しむ『グランヴォー スパ ヴィレッジ』

今回再オープンした『グランヴォー スパ ヴィレッジ』は、自然体験と天然温泉が楽しめるグランピング宿泊エリアです。

自然に囲まれた上質な宿泊体験ができる『テントキャビン』をはじめ、アウトドアダイニングで森の四季を満喫できる『テラスハウス』、天然温泉『紅葉乃湯』など、魅力的な施設が並びます。

テントキャビン

デッキテラスを備え、自然を感じながら上質なグランピングを楽しめる『テントキャビン』を8張用意。最大71㎡の快適空間となっていて、家族でゆったりと宿泊することができます。

多角形の不思議な形のグランピングテントは、夜になれば"まゆ"のように光り、昼間はテントに映る木陰も楽しめるなど、大自然の違った表情を切り取って見せてくれます。

テラスハウス、グランテラス

ウッドデッキと天然芝のプライベートガーデンを備えた、本格的なヒノキのログハウス。59㎡からなる全29室の『テラスハウス』は、森に張り出すテラスとハーブプランターのある前庭が設けられています。

前庭では、バーベキューを楽しんだり、目の前に広がる緑を眺めながらお茶を飲むなど、アウトドアリビングのある優雅な生活を体験できます。

また、リビングルームとキッチンを備え付け、Wi-Fiも完備してあり、快適な環境でテレワークをすることも可能な『グランテラス』も。グループでの利用や長期滞在にもぴったりなログハウスです。

グランテラスエリアは、デッキガーデンが全面に広がり、中央にはテレワークや読書にも最適なオープンスペースがあるなど、共有で利用できるようになっています。

ラク・レマンプール

スイスにある『レマン湖』をかたどった、全長130mの開放感あふれる大型野外プール『ラク・レマンプール』

遊泳ゾーン、ダイビングスポット、幼児用プールがあり、さまざまなアクティビティが楽しめます。日が暮れてからは、ナイトプールとして開放され、リゾート気分を盛り上げてくれます。

今回、本格オープン記念として、7月中の宿泊の際はデイタイムのプール利用は無料です。

露天風呂付き天然温泉『紅葉乃湯』

『グランヴォー スパ ヴィレッジ』内にある炭酸水素ナトリウムを豊富に含んだ黒褐色の天然温泉『紅葉乃湯』。『グランヴォー スパ ヴィレッジ』『ホテルトリニティ書斎』に宿泊している人のみが利用できます。

コンクリート本実(ほんざね)によって構成された半地下の建物は、建物自体の姿をできるだけ消すようにデザイン。可動サッシにより半露天にすることができる内湯と、中庭の緑に囲まれた露天風呂で構成された、四季折々の風景につかれる温泉です。

その他にも、憩いの場となる『焚き火ガーデン』や、本格的な調理器具が揃った『タワーキッチン』、のんびりリラックスできる『ハンモックガーデン』、ヨガや結婚式などが楽しめる『芝生ガーデン』など、魅力的な施設が盛りだくさん。

また、各所に設けられた『ハーブナーセリー』では、チェックインした人にここから1つハーブを選び、部屋に持って帰ってもらい、飾って香りを楽しんだり、ハーブティーにしたりできるサービスも。

なかなか遠出をすることが難しい今。都心からほど近くの『Sport & Do Resort リソルの森』でリフレッシュしてはいかがでしょうか。

『Sport & Do Resort リソルの森』

・所在:〒297-0201 千葉県長生郡長柄町上野521-4

・電話番号:0475-35-3333

・アクセス:東京湾アクアラインから圏央道利用『茂原長柄スマートIC』から約5分/東関東自動車道、京葉道路利用 千葉外房有料道路『板倉IC』から約5分


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top