「それ言われたらヘコむわ」愛煙家パパに放った、子どもの痛烈なひと言

※写真はイメージ

タバコの値段は上がり、喫煙スペースは減り、タバコを吸う人が減ってきている昨今。

最近は受動喫煙の問題なども、よく話題に上がりますよね。

しかし、愛煙家のパパは少なからずいるものです。そんなパパを見て、子どもたちはどう思うのでしょうか。

グサッと刺さった子どものひと言

パパ、臭いし危ない!話しかけないで、近寄らないで!

子どもにとってはタバコを吸う理由が分からないので、思ったことを口にします。

※写真はイメージ

元気に遊びまわる子どもに火が当たってしまっては危険だし、タバコの煙は我が子の健康にまで影響を及ぼす原因になる可能性も。

「火は危ないから…」と電子タバコに変えても、追い打ちをかけるようにグサッと刺さるひと言が…。

いっつもどっか行っちゃって、一人ぼっちでつまんない。

※写真はイメージ

遊びたいさかりの子どもたち。電子タバコにしたとしても、一服してばかりでは、なんでかまってくれないのかと不機嫌に…。

電子タバコでも普通のタバコでも、子どもにとっては関係ありません。

※写真はイメージ

「ただでさえ肩身が狭いのに、家庭にまで居場所がなくなるのは嫌だ!」と思っても、すぐに禁煙することは難しいもの。

それならば、ガムタイプの禁煙補助剤『ニコレット』(指定第2類医薬品)で無理のない禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。

禁煙の強い味方に!

禁煙の難しさには、身体的依存と心理的依存の2種類があります。

タバコに含まれるニコチンが体内から消失すると、イライラなどの離脱症状が。また、喫煙が根強い生活習慣になっていると、吸いたい気持ちがあらわれます。

心も体も誘惑に負けそうな時に、強い味方となってくれるのがニコレットです。

ニコチンをタバコ以外の方法で摂取する『ニコチン置換療法』なので、イライラや集中困難などのニコチン離脱症状を軽減し、生活習慣が改善され、無理なく禁煙に挑戦できるのです。

口寂しくなったらニコレットを噛んで、我が子の顔を思い浮かべてみてください。

愛する我が子のためにも

子どものひと言や何気ない言葉は、意外と引きずってしまいますよね。子どもは思っている以上に、親を見ているものです。

※写真はイメージ

罪悪感を抱いたり、子どもに嫌われないか気にしたりしながら吸うのはもう卒業!ニコレットで無理のない禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

提供
武田コンシューマーヘルスケア株式会社

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop