grape [グレイプ]

買い物で現金を使う? 47都道府県、意外な調査結果が出る

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

クレジットカードだけでなく、スマホでの決済が浸透しつつある昨今。

現金を持たずとも、買い物が気軽にできてしまう『キャッシュレス』というワードを耳にする機会も増えてきた。

すでにアメリカや中国、韓国などでは、各国それぞれにスマホ決済のインフラが整えられており、1本のジュースを自販機で買うことから、友達との飲み会の割り勘まですべて済ませることができるという。

まさに世界は『超キャッシュレス時代』に突入しているのだ。

これに対し、日本のキャッシュレス化は少し遅れているようだ。一体、実態はどの程度なのだろうか。

意外な結果に!キャッシュレスがもっとも進んだ地域が明らかに

気になる日本全国のキャッシュレス化事情について、NTTドコモが47都道府県別での意識の差を明らかにする調査を行った。

「あなたは買い物で、現金以外を使うことはありますか?」という質問に対し、もっとも頻度が高かった地域のランキングはこのような結果に。

1位:三重県 95%
2位:栃木県 93%
3位:沖縄県 92%

最下位 47位:大分県 74% (1位との差:21pt)

東京、大阪、名古屋などの首都圏が上位にランクインするかと予想されたが、実際は意外な県が上位に来ている。

1位の三重県はイオンの発祥地であり、電子マネーの『WAON』が普及していることが一因かもしれない。

そして何より驚きなのは、最下位の大分県でも、すでにキャッシュレス率は7割を超えているということだ。

一見、遅れているように見えていた日本のキャッシュレス化だが、このように数字として見てみると、着実に浸透してきていることが分かる。

財布を持ち歩く必要がなく、身軽かつスピーディーな決済を行うことができるのがキャッシュレスの魅力。

さらに、クレジットカードなどのポイントが貯まるというお得感も、浸透しつつある理由の1つなのではないだろうか。

【調査概要】
調査エリア:全国
調査期間:2018年2月5日~8日
調査実施機関:楽天リサーチ株式会社
調査対象:20歳~69歳 男女4700名(性別・年代・都道府県 均等割付)

クレジットカード選びがカギになる

これからキャッシュレスな生活にシフトしていきたいという人も、もうすでに始めているという人も、せっかくなら利便性に加えてお得なポイント特典などを享受したいものだ。

そのためには、普段よくお金を使うモノや場所などを考慮したクレジットカード選びが重要。

例えばドコモユーザーの人であれば、圧倒的にお得なのが『dカード GOLD』。

ドコモユーザーにはありがたい、主な特徴はこの4つだ。

毎月のドコモケータイ/『ドコモ光』ご利用料金の10%ポイント還元

『dカード GOLD』に契約すると、毎月のドコモケータイおよび『ドコモ光』の利用金額1000円(税抜)につき100ポイントが貯まる。

さらに、普段の買い物でも100円につき1%が還元される。

加盟店での割引

『dカード GOLD』加盟店でお得な割引の優待を受けることができる。

事故・紛失時の際の補償

万が一の事故・紛失時にも安心。

ドコモケータイの紛失や修理不能故障など購入から3年間、最大10万円分が補償される。
※同一機種・同一カラーのドコモケータイ購入をサポート

スマホ決済の電子マネー『iD』にも対応

スマホやカードをかざして支払いができる『iD(アイディ)』に対応。 『ポストペイ(後払い)』に加え、『プリペイド』、『デビット』にも対応しており、クレジットカードと同様の感覚で使用が可能。

年会費は1万円(税抜)だが、毎月支払う通信費の10%が還元されるなど、元を取るには十分な特典がそろっている。

ドコモユーザーにとっては、非常にお得感のあるカードだ。

なんといまなら、3月31日(土)まで入会&利用で最大1万円分がプレゼントされる特典も実施されている。

この機会に、一度検討してみるのもよさそうだ。

一歩先を進んだキャッシュレスへ

今回の調査の結果から、日本全国で確実にキャッシュレス化が進んでいるといえる。

ただ単に現金以外で買い物をするのではなく、自分のライフスタイルに合わせた賢い選択が、これからのキャッシュレス時代において重要になってくるに違いない。

Share Tweet LINE