grape [グレイプ]

深夜に働く新聞配達員、チラシを入れようと新聞を開くと?「びっくり」「元気出た」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

  • ん?これは一体…。
  • 新聞社さん、間違えてるよ!
  • なんか違和感を感じると思ったら?

今年10月21日に届けられた、新聞の朝刊。一面を見て、ある『異変』に気付いた人も多いのではないでしょうか。

あれ!?広告の向きがおかしい…。

新聞の一面を開くと、そこには、横向きに印刷された広告が。通常、新聞では読みやすいように縦向きに印刷されているはずですよね。

まさか、新聞一面を使ってミスプリントをしてしまったのでしょうか。でも、広告をよーく見てみると…。

優しい言葉でつづられた、手紙のような内容が。そこには、ある人たちへ向けたHondaからの『メッセージ』が隠されていたのです。

横向きになっている『意外な理由』とは…

人々が寝静まる、深夜2時すぎ。新聞販売店では、その日もいつものように、配達員たちがせっせと朝刊を届ける前準備していました。

チラシの折り込み作業は、新聞配達員の大事な仕事の1つ。折り込む際は、このように新聞を横に向けて手早く作業します。慣れた手つきで大量の新聞をさばいていく配達員たち。

そんな作業中、ふと新聞の一面を見た時に、"あること"に気付きます。

なんと、メッセージが正面を向いたではありませんか!なるほど、横向きの印刷はミスではなく、折り込み作業をする配達員が気付きやすいようにするためだったのですね。

実は、10月21日は『新聞配達の日』。いつも『スーパーカブ』に乗っている新聞配達員たちに向けた、Hondaからのサプライズメッセージだったのです。

思わぬサプライズに、「びっくり!」「元気が出た」と配達員たちも笑顔があふれます。配達員たちはスーパーカブにまたがると、日が昇る前にさっそうと出発していきました。

実は、以前にもサプライズが

2018年に誕生から60年を迎えたHondaのスーパーカブ。60周年キャンペーンの一環として、日々の中で『スーパーカブ』に乗っている“カブライダー”たちに、新聞を通して感謝の想いを伝える企画を展開しています。

今年の春には、毎日スーパーカブで登校してきた種子島の高校3年生たちへ向けた、こんな感動的なサプライズも…。

  • さすがHonda!やるなぁ。
  • なんて素敵な話なんだろう。
  • 目頭が熱くなりました…。

卒業式当日に合わせて、新聞の広告面にお祝いと応援のメッセージを掲載するという粋な計らいに、ネットでは感動のコメントが溢れました。

毎回、スーパーカブを相棒に頑張る人たちの背中をそっと押してくれる、Hondaの新聞メッセージ。次回は、どんな人たちの心を温めてくれるのか楽しみですね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top