grape [グレイプ]

日本各地に眠る『宝の地図』を発見した教授 「こ、これは…」よく見ると?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

漫画やアニメで登場する、宝の地図。冒険に出発する主人公に重ねて、ワクワクした子ども時代を思い出す人もいるのではないでしょうか。

この動画に登場する男性も、ついに夢にまでみた『宝の地図』を発見し、興奮を抑えられない様子。しかしこの地図、実は――。

地図をよく見ると…

見つけた…見つけたぞ。この国に眠る宝の地図を!

気になったことはとことん追求しないと気が済まない、とある大学のネベル教授。嵐が吹き荒れるある夜、研究室でついに探し求めていた『宝の地図』を見つけたようです。

地図をよく見ると、宝の位置を示すマークが日本各地にあちこちと大量に…。これは一体何なのでしょうか。すると、ネベル教授は"マークの正体"に気付き、思わず叫びます。

日本中が宝の山…、いや、『タカラレーベンの山』ではないか!

この動画は、総合不動産デベロッパーのタカラレーベンが公開したもの。ネベル教授が白熱のプレゼンテーションを展開するCMを見たことがある人もいるかもしれません。今回は『宝』と社名である『タカラレーベン』をかけた、ユニークな内容になっています。

「人生の"宝"となる住まいをつくりたい」という想いを込めて制作されました。

ところで、最後に少しだけ映った、ある男性の後ろ姿に気付いたでしょうか。この人物は、今後、新たに登場するネベル教授の『助手』なのだとか。

日本中に眠る"幸せなマンション"を探し求め、立ち上がった2人。これから彼らにどんな冒険が待っているのか…楽しみですね!

『幸せ』にまつわるエッセイを募集中!

「幸せを考える。幸せをつくる。」を企業ビジョンとして掲げ、幸せをかたちにする住まいづくり、街づくりを目指すタカラレーベン。

※写真はイメージ

現在、grapeで公募中のエッセイコンテスト『grape Award 2019』では、もっとも"幸せ"を感じた作品にタカラレーベン賞が贈られています。

宝探しのように、さまざまな"幸せ"は日常の何気ないところに転がっているものかもしれません。あなたのエピソードも応募してみませんか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top