grape [グレイプ]

進路のことで母親と衝突した少年 ある晩、目が覚めて横を見ると…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

親にとって、子供はいつまで経っても子供のまま。

しかし、ふとした瞬間に成長を感じた時は、何よりも喜ばしく感じることでしょう。

ある親子の絆と成長の物語

久々に実家に帰ってきた主人公の男性。

部屋の灯りをつけると、かつて自分が暮らしていた頃の懐かしい品々がそのまま残されていました。

まだ高校生だった時のこと。受験を控えていた彼は、進路についてある『悩み』を抱えていました…。

受験を控えた息子に、母が贈ったもの

幼い頃から絵を描くのが好きだった主人公。芸術系大学への進学を希望していましたが、家計の状況を考え、いい出せずにいました。

ほかの同級生の姿を見て、もどかしく思う日々を送っていたある日、母親が偶然にも志望校の参考書を見つけてしまいます。

親子はその日、進路について衝突。「好きなことをやって食べていける、甘い世界じゃない!」と叱責した母親でしたが、心では我が子を支える覚悟を決めていたのです。

ある晩、勉強しながら眠ってしまっていた主人公は、目を覚ました時に母親からの『贈り物』が置いてあることに気が付きます。

中に入っていたのは、受験に必要な画材でした。

決して余裕があるとはいえない経済状況。母親は通帳を眺め、余裕のない現状に1人思い悩みつつも、必死に働き、この画材を息子に贈ったのです。

母親の深い愛情を知り、涙した主人公は受験勉強に励むのでした。

大人になった息子が、母親と買い物へ行くと…

時は経ち、夢を叶えるために実家を出た主人公は、都会で働き、忙しい日々を送っています。

あの時、母親が応援してくれていなければ、今の彼の姿はなかったかもしれません。

「俺が払うよ」

帰省して親子で買い物をした際、主人公は支払いをしようとした母親に代わって、スマホ決済の『ゆうちょPay』を使い、スムーズに支払いを済ませます。

その姿を見た母親は、息子の成長を誇らしく思うのでした。

後日、『ゆうちょPay』デビューを果たした母親はその便利さを実感。そして人生の新たなはじまりを予感し、自然と笑みがこぼれました。

こちらの動画は、株式会社ゆうちょ銀行が公開したもの。『ゆうちょPay』でスマートに支払いをする姿を通じて、親子の絆やそれぞれの成長を描いています。

郵便局のネットワークで金融サービスを提供するゆうちょ銀行は、多くの人にとって身近な存在です。

「必要とする時、いつでも支えられる存在でありたい」…動画にはそんな想いも、込められているのでしょう。

暮らしに寄り添う『ゆうちょPay』

動画で紹介した『ゆうちょPay』とは、ゆうちょ銀行のスマホ決済アプリのこと。会計時、コードを読み取るだけで簡単に支払いができるんです!

1.使ったお金はゆうちょ口座から即時引き落とし

事前のチャージは不要で、使うたびにゆうちょ口座から引き落とされます。

2.残高の範囲内なので使いすぎを防ぐ

ゆうちょ口座の残高内でしか利用できないので、使いすぎる心配がありません。さらに、上限金額を自分で設定でき、利用履歴もすぐに反映されるので、お金の管理がしやすいのがポイント!

3.お金を数える手間がなく、スマホでカンタンに支払える

会計時に小銭を探すなど、慌てて現金を用意する必要がありません。簡単ワンタッチでスマートに買い物を楽しめます。

4.おトクなサービスにも注目!

お店の特典が受けられるおトクなクーポンを配信中。買い物にぜひ活用してみてください。

普段の買い物や飲食代金、公共料金の支払いにも利用でき、利用上限金額も自分で設定できるので、『キャッシュレス初心者』でも使いやすそうですね!

『下村陽子 × suis from ヨルシカ』によるゆうちょPayオリジナル楽曲

作中で流れるゆうちょPayオリジナル楽曲『#時をめくる指』は、若者を中心に人気のバンド『ヨルシカ』のボーカルsuisさんと、ゲーム音楽の作曲家・下村陽子さんがタッグを組んだ『下村陽子 × suis from ヨルシカ』が書き下ろしたものです。

動画をよく見ると、時計がヨルシカのロゴマークを想起させる『18時』を指しているなど、ファンにはたまらない仕掛けがされているそうです。

「このシーンってもしかして…」と探してみるのも楽しいかもしれませんね!

進学や就職、結婚、子供の出産など、生きているとさまざまな『はじまり』を人は経験します。時が経って振り返ると、一生懸命悩んだり、もがいたりしたことを懐かしく感じるものです。

そして、その時支えてくれた人の存在に感謝し、自分もまた誰かを応援したいと願うのでしょう。

人々の暮らしに寄り添う『ゆうちょPay』。キャッシュレス支払いで、新たな一歩を踏み出してみませんか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top