grape [グレイプ]

地元民から愛されるお弁当が『最優秀賞』を受賞! 食べて納得したワケとは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

仕事終わりや、料理時間を短くしたい時に「作るのは面倒だけど食べたかった…」という願いも叶えてくれる惣菜コーナー。

選ぶのに迷うほど、たくさんの種類があり、少量ずつ食べることができるのも惣菜の魅力です。

食べるのが大好きな人必見のコンテストがあるらしい!

そんな惣菜を愛する人にとっておきのコンテストがあるのを知っていますか。

その名も、『お弁当・お惣菜大賞』

数ある弁当や惣菜の中から、特に優れた商品を選出し表彰するプログラムです。惣菜だけでなく、弁当・サラダ・パン・スイーツなど11部門から選出されます。

実は、業界関係者だけでなく、私たち一般消費者もお気に入りの弁当や惣菜を推薦できるのです!さらに、推薦した人の中から、素敵なプレゼントが当たるチャンスもあります。

2020年2月に行われた『お弁当・お惣菜大賞2020』では、5万件を超えるほどの応募がありました。

その中から選ばれた部門ごとの最優秀賞作の一部がこちらです!

弁当部門『お魚の美味しい西京焼のお弁当』680円

『世界一美味しい西京焼の弁当』を目指して作られたという商品。

漬け味噌は2種類の白味噌をブレンドするなど、おいしさを追求したこだわりが見えます。

サラダ部門『豆豆豆豆豆とクスクスのサラダ』198円

『母の手料理のように』を合言葉に作られた惣菜。

5種の豆を使用しており、商品名も『豆』が5つ並んでいます。『クスクス』は世界最小のパスタで低カロリーかつ食物繊維が豊富なんだとか。

丼部門『静岡丼』598円

地域密着のスーパーから生まれた最優秀賞商品。

なんと地元の高校生とともに商品開発をしてできた逸品といいます。

見ているだけでお腹が空いてきてしまいますね!

受賞することによって、担当者のモチベーションが上がったり、惣菜コーナーがさらに充実したりするといいます。

また、受賞した商品にはこのようなシールが貼られます。ぜひ、お気に入りの弁当や惣菜などにこのシールを輝かせたいですね!

最優秀賞の弁当を実際に食べてみた

2020年の、のり弁当(定番商品)部門では合計3千件以上の応募が集まりました。

その中から最優秀賞に輝いたのが、株式会社スズキヤが作る『鮭と彩り野菜の茶々のり弁』。

早速、実際に受賞した商品を食べてみました!

2年連続で最優秀賞を獲得しているのは、神奈川県鎌倉市西鎌倉駅近くにあるスーパーマーケット『スズキヤ』。

最優秀賞を受賞したことをきっかけに、1日最大130個ほど売り上げ、買い求める客で行列ができることもあったのだとか。

この日も、開店直後に店頭に並べた商品は約1時間で完売。出来立てのお弁当が店頭に並ぶと多くの人が手に取っていました。

このお弁当の特徴は、1つの商品で2度楽しめるということ。

まずは、女性や高齢者にも嬉しいひと口サイズになっているおかずと一緒にお弁当の半分をいただきます。

そして、半分を食べたら残りは付属しているお吸い物の粉末をかけて『お茶漬け』として味わいました。

開発を担当した店員さんによると、冬はお湯で温かい茶漬け、夏は水やお茶で冷やし茶漬けとして食べるとおいしいとのこと。

ひと口大になっているおかずは、どれもこだわりがあるだけに食べてしまうのがもったいないぐらい。

さらに、骨なしで蒸し焼きにした鮭は、お茶漬けにした時に絶妙な塩加減が効いていて、最優秀賞を受賞するのも納得のおいしさでした。

2020年の1年間で約4万食を販売する計画という、『鮭と彩り野菜の茶々のり弁』。

あなたのおすすめするお弁当が受賞すれば、このように全国から注目が集まること間違いなしです!

推薦応募した方の中からAmazonギフト券が当たるチャンス!

『お弁当・お惣菜大賞』はどなたでも応募が可能!

エントリーした人の中から、抽選で100名様にAmazonギフト券500円分をプレゼントされるチャンスもあります。

2019年10月1日~2020年9月4日までの期間で、実際に店舗で購入し、食べた商品が対象です。締め切りは同年9月4日まで。

あなたもお気に入りの弁当や惣菜をエントリーしてみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top