grape [グレイプ] lifestyle

ワークマンの靴で安いシューズを購入した結果… ネットでの口コミは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

作業服や工場、工事現場の関連用品の最大手『ワークマン』。近年では『ワークマンプラス』や『#ワークマン女子』といった関連店舗で、カジュアルな服などを販売し人気です。

そんなワークマンで販売されている、もっとも安い靴とはどのような商品なのか…実際に履いてその性能や弱点を確認してみました。

※価格はすべて税込みです。

ワークマンの靴で安い商品は? 実際に履いてみると

1500円で買える防水シューズや1900円で買えるジョギングシューズなど、「その値段で買えるの?」と驚かされる商品が多いワークマン。

この値段でも十分に驚きますが、調べてみるとワークマンの靴には680円で買えるものがあるというのです!

「いやいや、680円は安すぎでしょ?」

しかし、ワークマンの店舗に行ってみると、白や紺、黒などの680円の靴がたくさん置いてあるではないですか!

この時は在庫がありませんでしたが、棚には580円の値札もありました。もしかしたらもっと安い靴があるのかもしれません…。

筆者が買いに行った時に一番安かった『建さん2』という靴を購入。実際に履いてみることにしました。

ワークマンで一番安かった靴を履いてみた結果

『建さん2』についている札には、作業靴と書いてあります。どうやら外履き用の靴とは少し違うようです。

ソールは室内運動用の靴のような見た目。それほど厚みはありません。

作りもとてもシンプルで靴紐はなく、甲の部分はゴムのテンションで締めています。

履いてみるととても軽く、側面のゴムなども少ないため、歩きやすく感じました。

とはいえ、外履きとして履くには少し心もとない感じ…室内運動などに使うとその本領を発揮してくれそうです。

また、ソールが柔らかいため、足の裏で何かをつかむような動きをするのに向いているでしょう。こういったところが作業靴に向いた作りなのかもしれません。

ネットではこのような声が上がっていました。

・非常に安く、何より軽いです!

・トレーニングシューズとしてなら、本当におすすめ。

・近所を歩く時のサンダル代わりに使ってる。

・ジムに通っている人に履いてほしい。グリップ力が圧倒的。

ワークマンで一番安い靴の弱点は?

室内履きとしては、口コミの評価も高い680円のワークマンの靴。実際に履いてみて、筆者が感じた弱点をまとめてみました。

ソールが薄い

先述していますが、ソールが薄いため外で履くには心もとないでしょう。

ちょっとした段差などの感触もダイレクトに伝わってくるので、長時間履くと足が疲れそうです。

ただ、体育館など室内で履く分には特に問題はないように感じました。

タグに『建さん2』の文字

デザインがシンプルなため、さまざまな服装に合わせやすいなどの利点はあります。

ただ、靴の横についている『建さん』のタグの存在をはじめ、見た目的には好みが分かれるところかもしれません。

普段履き用というよりも運動など、身体を動かすような時に履くと靴の性能を余すことなく感じることができそうです。

滑りやすい

室内で履く分にはまったく問題がないのですが、少しでも濡れていると結構滑る印象でした。

地面が濡れていると、なめらかな石が使われているところでも少し怖さを感じます。

価格と比べてしっかりとした作りではあるのですが、あまり外履き用には向いていないかもしれません。

ワークマンの靴を比較 安いシューズで履き比べてみると

とても安いワークマンの680円の靴ですが、普段使いできるかどうかは好みが分かれるところでしょう。

ちなみに、筆者はワークマンで980円の靴も見かけて購入しています。

わずか300円の差ですが、デザインや履き心地はかなりの違いがあります。

某スニーカーによく似た見た目ですが、キャンバス生地はしっかりとしており、作りも丈夫。

走ったりジャンプしたりなど、激しい運動をしなければ問題ない履き心地も実現しています。

筆者的には普段履きするなら、こちらの980円の靴がおすすめです

ワークマンの980円の靴『Wクッション キャンバスシューズ』については、こちらの記事を参考にしてください。

ほかにも防水ながら、1500円という安さを実現しているワークマンの靴もあります。こちらもぜひ!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top