grape [グレイプ]

ヨン様は今でも日本を思い続けてくれていた お茶の間から姿を消した彼の現在

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

提供:産経新聞社

韓流ブームの火付け役でもある『冬のソナタ』に出演していた、ぺ・ヨンジュンことヨン様。ここでは、親しみをこめてヨン様と呼ばせていただくことにします。

冬ソナの大ヒットで、当時はテレビに雑誌に引っ張りだこだったヨン様も、今ではまったくと言ってよいほど日本のテレビで見かけることはなくなりました。

しかし、実はヨン様は今でも日本のことを思い続けてくれていたのです。

お茶の間から消えたヨン様が実は…

あまり知られてはいませんが、韓国で実業家として大きな成功を収めているヨン様。

倒産寸前だったソフト会社『オートウィンテック』を、ヨン様は2006年に買収。自身の所属事務所と合併させ、芸能事務所と映画製作を手がけるエンターテインメント会社『キーイースト』として再建させました。

そして、日本円で約9億円もの資金を投じて同社の筆頭株主となり、経営権を獲得。

その後のヨン様の活躍ぶりは、目に見張るものがありました。事業拡大を進め、韓国芸能界有数のエンターテインメント会社へと成長させたのでした。

また、日本支社を設立し日本市場への進出も果たしただけでなく、中国の大手テレビ局とも業務提携することを発表。

日中韓の3カ国でのビジネスを成功させたヨン様の資産額は、もはや財閥レベルといわれています。

日本への寄付額、約2億円

そんなヨン様は、事あるごとに日本へ多額の寄付をしてくれていました。

2004年に起きた『新潟県中越地震』の際には、約3000万円を寄付し、自身が出演している韓国ドラマでチャリティーも実施してくれました。

それだけではありません。2005年の『24時間テレビ〜愛は地球を救う〜』では、約2000万円を、2011年の東日本大震災では、たった1人で約7300万円という大金を寄付しているのです。

2016年の熊本地震では…

そして2016年に起きた熊本地震。ヨン様はまたしても、約5000万円もの寄付金を送ってくれていたのです。

今までヨン様が日本へ寄付してくれた金額は、総額約2億円にのぼるともいわれています。

彼が日本で活躍していた頃から約10年以上の月日が経っているにもかかわらず、昔と変わらずに日本を思い続けてくれているその優しさに胸が熱くなります。

そんなヨン様は、2013年に13歳年下の女優でタレントのパク・スジンさんと結婚し、2016年に、奥様の妊娠を発表しました。

また、2人の結婚式には、ヨン様の姿を一目見ようと多くの日本人ファンの方々がつめかけたそうです。

今もなおヨン様が根付い人気を誇るのは、こうした彼の温かい人柄や誠実な姿勢が一番の理由にあるのではないでしょうか。

出典
yongjoon_bae

Share Tweet LINE コメント

page
top