grape [グレイプ]

増田惠子は昔、ピンク・レディーとして大活躍! パートナーは未唯mie 現在の様子は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ケイちゃんことピンクレディの増田惠子さんが新アルバム『愛唱歌』の発売記念イベント・握手会を開催

ピンク・レディーとしてデビューし老若男女に愛されている増田惠子(ますだけいこ)さん。今でも衰えない美声と美貌は、デビュー当時から女性の憧れの的ですよね。

ここでは、増田惠子さんの活躍を振り返りながら、現在の活動状況や美しさの秘密まで、気になる情報をお届けします。

増田惠子と『未唯mie』はピンク・レディー

増田惠子(ますだけいこ)さんは1973年に楽器メーカー『ヤマハ』が主催したオーディション『チャレンジ・オン・ステージ』に合格。同じオーディションを受け、一緒に合格をした未唯mie(みい)さんと一緒に、1974年にフォークデュオ『クッキー』を結成します。

クッキーはオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系)に出演し決勝大会でレコード会社のビクターからスカウトを受け、1976年8月25日にCD『ペッパー警部』で『ピンク・レディー』としてデビューします。

デビュー後は『S・O・S』『渚のシンドバッド』『UFO』『サウスポー』と次々にCDをリリースし、どの楽曲も1位を獲得するなど一躍人気を集めました。

増田惠子は現在もピンク・レディーとして期間限定の活動をしている

ピンク・レディーはデビュー直後から数々の記録を打ち立てたことで、多くの音楽賞を受賞。日本国内で大きな成果を残したピンク・レディーは、海外での活動を開始し、日本以外でも大きな成果を打ち立てました。

しかし、海外での活動から帰国した1980年9月1日に解散を表明。翌年の3月31日にコンサートを行い、多くのファンから惜しまれつつも解散しました。

解散後はそれぞれソロで活動を行い各方面で人気を集めます。さらに、2019年までに4度、期間限定の再結成を行い、ピンク・レディーとしてコンサートなどを行っています。

中でも、2003〜2005年に行われたコンサートツアーは当時のファンが多く集まり、大盛況のうちに終了しました。

ピンク・レディー再結成ツアーファイナル公演 「ウォンテッド」を華麗に踊るピンク・レディーの未唯(左)と増田恵子

ピンク・レディー再結成ツアーファイナル公演で『ウォンテッド』を華麗に踊るピンク・レディーの未唯さん(左)と増田恵子さん(右)

そして、解散から30年目にあたる2010年9月1日に、今度は「解散をやめる」と宣言。つまり、期間限定ではなく永続的なピンク・レディーの活動を発表したのです。

2010年12月1日にはマスターテープで再び録音をしたニューアルバム『INNOVATION』をリリースし、大きな話題を集めました。

INNOVATION(イノベーション)

INNOVATION(イノベーション)

2,400円(12/07 04:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

増田惠子のソロデビュー曲は『すずめ』

ピンク・レディー解散後にソロでの活動を始めた増田惠子さん。ソロデビューシングルとなったのが、解散年である1981年11月にリリースされた『すずめ』です。

作詞作曲に中島みゆき(なかじまみゆき)さんを迎えた同曲は、ソロデビューを華やかに飾りました。

また、増田惠子さんの高い歌唱力と中島みゆきさんの失恋した切ない女性を表した歌詞が人気を集め、40万枚の売り上げを誇る大ヒット。

『YTV有線放送大賞特別賞』など多くの音楽賞を受賞し、女優として映画やドラマなどにも出演し始めたことから、さらに多くのファンから支持を集めました。

また、1989年には『Kei』という名前でフランスにて歌手活動を開始。フランス国内でも高い歌唱力が評価され、日本とフランス2つの国で活動し、国内外で多くのファンを獲得しています。

増田惠子はいくつになってもきれい!その秘訣とは

いつまでも変わらない増田惠子さんの美しさに、女性ファンはどうしたら美しさを保てるのか、どうしても気になりますよね。

増田惠子さんが積極的に対策を始めたのは50歳を過ぎた頃。それまでは、「変なマッサージを受けると逆にシワができやすい」と聞いた話を信じていたため、特に手をかけることはしていなかったのだといいます。

しかし、50歳を過ぎて「このままではいけない」と一念発起。そこから、対策を講じるようになったそうです。

増田惠子さんが行っているのは、朝に炭酸パックをすることと、パックの上からラップをかけて1時間ほど家事を行うことの2つ。しっかりと代謝を促進させる目的があります。

さらに、パックを取り蒸しタオルをしながら専用の器具で表情筋を鍛え、最後にオイルマッサージをして20回、口の体操をしています。

また、1週間に一度クラシックバレエとピラティスを行い、定期的に体を動かしているとのこと。自宅でも毎日ストレッチを欠かさず行うことで、見事なボディラインを手に入れているのです。

これだけをやればいいというものだけでなく、地道に運動を取り入れて毎日欠かさず手入れを行うことが、増田惠子さんの美の秘訣となっています。

増田惠子は現在も積極的にコンサートを開催

ピンク・レディーとしての活動を再開した増田惠子さんは、現在でも音楽活動を積極的に行っています。

2018年2月21日にはCD『最後の恋/富士山だ』をリリース。

最後の恋 / 富士山だ

最後の恋 / 富士山だ

750円(12/07 04:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

さらに、2019年12月13日にはピンク・レディーとして、アニメ『妖怪ウォッチ』の劇場版『妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』の主題歌をリリースします。

また、CDのリリースだけでなくコンサートも積極的に開催。2017年は4月に『増田 惠子 Anniversary year Live』、11月に『増田惠子コンサート2017 ~60Candles~』などが開催されました。

さらに、個人でのコンサートだけでなく、2017年11月に開催された『阿久悠 リスペクトコンサート』など、ほかの歌手の方々と一緒にコンサートに参加することもあります。

そのため、毎年開催されているようなコンサート以外でも歌を披露しているので、どんなコンサートに参加するのか、情報をチェックしておく必要があります。

公式ホームページでは、どのコンサートに出演するのか細かく記載されていますので、見逃さないようにしましょう。

増田惠子の現在・これから

増田惠子さんは現在、歌手だけでなく女優としても活動しています。2019年8月からは音楽劇『トムとジェリー ~夢よもう一度~』に出演し、名古屋、東京、大阪と大都市で公演が決定しています。

さらに、バラエティ番組『世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~』(テレビ東京系)に出演するなど、年々活動の幅が広がっています。

音楽活動では、2019年12月6日にソロコンサート『Winter rose』が開催されます。音楽活動やドラマ、バラエティ番組など多方面での活躍を続ける増田惠子さん。これからもどのような活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

増田惠子 プロフィール

生年月日:1957年9月2日
出身地:静岡県
血液型:O型
所属事務所:KEI OFFICE
所属レーベル:ワーナー・ミュージック

1976年オーディション番組でスカウトされ『ピンク・レディー』としてデビュー。デビュー曲『ペッパー警部』を始めとして『渚のシンドバッド』や『サウスポー』など数々のヒット曲をリリース。1981年3月31日にピンク・レディーを解散し、以降ソロでの歌手活動や女優活動で幅広い活躍を見せる。2010年9月にピンク・レディーの永続的な活動再開を発表し、ソロとユニット、両方の活躍が期待されている。


[文・構成/grape編集部]

出典
【最新予告大公開!】映画妖怪学園Y 猫はHEROになれるか【すべてがYになる・ ・・!】音楽劇「トムとジェリー 夢よもう一度」9月東京公演/10月大阪公演KEI OFFICE

Share Tweet LINE コメント

page
top