grape [グレイプ] entertainment

清原果耶のドラマを楽しもう 「透明感すごいね」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優として活躍している清原果耶(きよはら・かや)さん。

高い演技力と美しいルックスで、数々のドラマに出演しています。

清原果耶さんが出演したドラマの情報を詳しくまとめているので、早速、見ていきましょう!

清原果耶の出演ドラマ一覧 18本以上の作品に登場!

清原果耶さんは2022年5月現在までで18本以上のドラマに出演しています。

どんな作品に出ていたのか、主な出演ドラマを一覧にまとめました。

※アンダーラインが引かれている作品は、清原果耶さんが主演のドラマです。

・2015年 連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)

・2016年 『精霊の守り人』(NHK)

・2016年 『素敵な選TAXIスペシャル~湯けむり連続選択肢~』(フジテレビ系)

・2016年 『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)

・2016年 『死幣ーDEATH CASHー』(TBS系)

・2017年 『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~』(テレビ朝日系)

・2017年 『セトウツミ』(テレビ東京系)

・2018年 『必殺仕事人2018』(テレビ朝日系)

・2018年 『透明なゆりかご』(NHK)

・2018年 『イノセント・デイズ 』(WOWOW)

・2019年 連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)

・2019年 『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』(フジテレビ系)

・2019年 『湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー』第3話(WOWOW)

・2019年 『螢草 菜々の剣』(NHK BSプレミアム)

・2019年 『マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~』(NHK)

・2019年 『俺の話は長い』(日本テレビ系)

・2021年 連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)

・2022年 『ファイトソング』(TBS系)

清原果耶さんは、2015年に放送された連続テレビ小説『あさが来た』で俳優としてデビューしました。

その圧倒的な透明感で視聴者を魅了し、以降、数々の作品に出演しています。

そんな清原果耶さんが主演やメインキャストを務めたテレビドラマを厳選し、その内容や主題歌をまとめました。

2018年 『透明なゆりかご』

番組概要

放送局:NHK

放送期間:2018年7月20日~9月21日

脚本:安達奈緒子

主題歌:Chara 『せつないもの』

メインキャスト

・清原果耶:青田アオイ役

・瀬戸康史:由比朋寛役

・酒井若菜:青田史香役

・マイコ:町田真知子役

・葉山奨之:町田陽介役

・水川あさみ:望月紗也子役

・原田美枝子:榊実江役

この番組について

20~30代の女性を中心に圧倒的な共感を呼んでいる、沖田×華さんの漫画作品をドラマ化。

物語は幸せな出産ばかりでなく、中絶や死産といった産婦人科の“影”の部分にも向き合いながら、時に明るく、時に切なく、主人公たちの命への“祈り”にも似た想いをつむいでゆく。

透明なゆりかごオフィシャルサイト ーより引用

​​詳細

1997年・夏。17歳のアオイ(清原果耶)は、アルバイトの看護師見習いとして「由比産婦人科」へやってきた。

いきなり中絶手術の現場を目の当たりにし、衝撃を受けるアオイ。院長の由比(瀬戸康史)、看護師の紗也子(水川あさみ)、榊(原田美枝子)らスタッフは、妊婦ひとりひとりにしっかりと向き合い、支えていた。

アオイの母・史香(酒井若菜)は不器用でコミュニケーション下手な娘を心配するが、アオイは独特の感受性と根の優しさで、妊婦さんたちの心に寄り添ってゆく。

「命って、何だろう…」産まれてくる赤ちゃんの圧倒的生命力にうち震えながら、アオイは自問自答し、少しずつ成長してゆく。

NHKアーカイブス ーより引用

清原果耶さんは同作でテレビドラマ初主演を務めました。

NHKのインタビューでは、初めて主演を務めるプレッシャーや役への思いをこのようにコメントしています。

この撮影に入る前から、私自身が人としての生き方や命ということがテーマになる作品に携わる機会が増えていたんです。

そうした中で、初主演としてこの青田アオイ役をいただけたことは運命的にも感じました。

でも、毎日必死でしたね。どうしたらアオイの気持ちが理解できるんだろう。どうしたらアオイの気持ちに寄り添えるんだろうと、模索を続けた日々でもありました。

そんな風に悩み、戸惑う私に、監督、スタッフ、キャストの皆さんがあたたかな声を掛けて見守ってくださいました

その心強さを今も忘れることはできません。

また、原作の漫画家・沖田×華さんも何度か現場に来てくださり、いろいろなことを話してくださったことも演じるうえでとても為になりました。

とある町の小さな産婦人科医院をめぐる命の物語ですが、アオイというコミュニケーション下手なキャラクターが主人公だからこそ、純粋に伝わるものも多かったと思います。

“解決はされなくても明るい方に向かってほしい”そんな願いを込めながらアオイと一心同体になって、毎回患者さんの人生の物語に向き合っていた気がします。

この作品を通して私自身も救われたというか、誰かにとって意味のある作品を創り出す尊さを学ばせていただいた気がしています。

放送後にも大きな反響をいただき、皆さんの心にこの作品がしっかり届いていたということが何よりの喜びです。

NHKアーカイブス ーより引用

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

2019年 連続テレビ小説『なつぞら』

なつぞらオフィシャルサイト

なつぞらオフィシャルサイト スクリーンショット

番組概要

放送局:NHK

放送期間:2019年4月1日~9月28日

脚本:大森寿美男

主題歌:スピッツ『優しいあの子』

メインキャスト

・広瀬すず:奥原なつ役

・松嶋菜々子:柴田富士子役

・藤木直人:柴田剛男役

・岡田将生:奥原咲太郎役

・吉沢亮:山田天陽役

・清原果耶:奥原千遥役

・草刈正雄:柴田泰樹役

ストーリー

昭和21(1946)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。

剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。

剛男の父・泰樹は偏屈者で知られていた。泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、不憫に思っていた。子供ながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う。

なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことん叩き込む。なつも天真爛漫な子供らしさを取り戻していく。

やがて、なつは素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。天陽から当時、アメリカで流行っていた漫画映画の魅力を教えられ、〝絵が動く“夢のような世界があるのかと感動する。

高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。なつに旅立ちの日が近づいていた―。

なつぞらオフィシャルサイト ーより引用

スピッツ / 優しいあの子

同作でヒロイン・なつの妹、千遥役を演じた清原果耶さん。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

NHKのインタビューでは、この役で出演することを事前に発表されていなかったと明かし、その時の気持ちをこのように語っています。

私が千遥役を演じるということは事前に発表されませんでした。

なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)が時間をかけて必死に探してきた妹の千遥を、事前に“誰が演じるか”ということが出てしまうと、物語の臨場感やリアリティに少なからず影響が出るかもしれない、と思って。

スタッフの皆さんと話し合って、こうしたサプライズ的な発表にしていただきました。

私にとって朝ドラは『あさが来た』以来で、とても懐かしく感じました。

北海道の柴田家での場面では、皆さんがとてもあたたかく迎えてくださったのもうれしかったですね。

特に泰樹役の草刈正雄さんや、富士子役の松嶋菜々子さんと向き合う場面では、お芝居にぐっと来るものがあり、私も千遥としてしっかり生きようと、現場に入って改めて覚悟が決まった部分もありました。

今回の千遥役は歩んできた半生が詳しく描かれてはいない分、私がしっかりとその過去を知って演じなければいけないと思いました。

だからこそ、千遥が抱いてきた思いをセリフにのせて表現するときに、言葉がないほうが伝わるのではないかなど、監督と相談しながら千遥らしさを必死に探して演じたつもりです。

千遥の長文の手紙を読むとき、千遥はとても頑張って生きてきた女性だな、と感じたのを覚えています。

いろいろな人のいろいろな思いをつないで存在する役ですので、短期間でも心を込めて演じたいという、心地よいプレッシャーと緊張感のあった役柄でした。

NHKアーカイブス ーより引用

2019年 『俺の話は長い』

俺の話は長いオフィシャルサイト

俺の話は長いオフィシャルサイト スクリーンショット

番組概要

放送局:日本テレビ

放送期間:2019年10月12日~12月14日

脚本:金子茂樹

主題歌:関ジャニ∞『友よ』

メインキャスト

・生田斗真:岸辺満(きしべ・みつる)役

・原田美枝子:岸辺房枝(きしべ・ふさえ)役

・安田顕:秋葉光司(あきば・こうじ)役

・小池栄子:秋葉綾子(あきば・あやこ)役

・清原果耶:秋葉春海(あきば・はるみ)役

第1話 ストーリー

岸辺満(生田斗真)は、喫茶店を営む母、房枝(原田美枝子)に寄生しながら暮らすニート。ある晩、姉の秋葉綾子(小池栄子)が夫の光司(安田顕)とすき焼き用の牛肉を携えて岸辺家にやってくる。

今回の訪問の目的は、マイホームの建て替え完成までの3か月間、娘の春海(清原果耶)も加えた家族3人がここで同居する許可を取り付けるためのものだった。

すき焼きが嫌いな満は「オレに相談に来といてすき焼き出すのはあり得ないよね。何か手土産を持って行こうと思ったら相手の好き嫌いを入念にリサーチするでしょ?

クライアントの嫌いなものを贈るってビジネスの世界で一番やっちゃいけないことだからね」

「ニートの分際でビジネス語るんじゃねぇよ!」と怒る姉の頼みを「ダメにきまってんじゃん」と断固拒否、「相談した私がバカだった」と怒り心頭の綾子。

するとそこに今日は来ないと言っていた春海がやってきて-。

俺の話は長いオフィシャルサイト ーより引用

関ジャニ∞ - 友よ [Official Music Video] YouTube ver.

清原果耶さんは生田斗真さんが演じる岸辺満の姪・秋葉春海役に抜擢され、コミカルな芝居を披露しました。

公式サイトでは作品に対する意気込みや見どころをこのようにコメントしています。

自分自身、未知の世界に一歩踏み出すような気持ちで臨む作品ですが、生田さんをはじめ、頼りがいのある先輩方に囲まれて秋葉春海という役を生きられる事がとても楽しみでもあります。

春海は少し複雑な事情を抱えた女の子です。でもこういったホームコメディ作品なので、家族との関係がどう描かれていくのかにも注目にしていただきたいです。

日常の延長線として楽しんでもらえるような空気感の作品になるよう、演じていければと思います。

俺の話は長いオフィシャルサイト ーより引用

2021年 連続テレビ小説『おかえりモネ』

おかえりモネオフィシャルサイト

おかえりモネオフィシャルサイト スクリーンショット

番組概要

放送局:NHK

放送期間:2021年5月17日~10月29日

脚本:安達奈緒子

主題歌:BUMP OF CHICKEN『なないろ』

メインキャスト

・清原果耶:永浦百音役

・内野聖陽:永浦耕治役

・鈴木京香:永浦亜哉子役

・蒔田彩珠:永浦未知役

・永瀬廉:及川亮役

・坂口健太郎:菅波光太朗役

あらすじ

宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で、両親・祖父・妹と暮らしていた永浦百音。

2014年春、高校卒業と同時に気仙沼を離れ、ひとり内陸の登米市へ移り住むことに。将来を模索する百音は新天地で、林業や山林ガイドの見習いの仕事をはじめる。

そんな百音に、ある日転機が訪れる。東京から、お天気キャスターとして人気の気象予報士がやって来たのだ。

彼と一緒に山を歩く中で、「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられ、深く感銘を受ける百音。

「自分も未来を知ることができたら」。

そして一念発起、気象予報士の資格を取ろうと猛勉強をはじめるが、試験の合格率は5%。

勉強が苦手な彼女はなかなか合格できず、くじけそうになるが、登米で地域医療に携わる若手医師や地元の人たちに支えられ、ついに難関を突破する。

……数年後の2019年。予報士として一人前となった百音は、大型台風が日本列島を直撃するのを目の当たりにする。

これまでに得た知識と技術をいかし、何とか故郷の役に立てないかと思った彼女は、家族や友人が待つ気仙沼へと向かう決意をする。

NHKスクエア ーより引用

連続テレビ小説 おかえりモネ 完全版 BOX1 PR動画

BUMP OF CHICKEN「なないろ」

清原果耶さんは同作で念願の朝ドラヒロインに抜擢されました。

NHKのインタビューでは、ヒロインを演じることへの喜びや周りの反応、見どころなどを語っています。

連続テレビ小説への出演は3作目です。初出演の『あさが来た』は、女優のお仕事を始めてまだ間もない頃に出させていただき、現場でたくさんのことを教わりました。私にとってはお芝居の原点になった作品ですね。

そんな“朝ドラ”の現場に『なつぞら』でふたたび帰ってこられたときもうれしかったですが、今回『おかえりモネ』でヒロインとして作品に参加できることは何よりうれしいです。

ヒロインのモネを演じることが決まり、家族や親しい人たち、事務所の方々など、みんながすごく喜んで、応援してくれたので、「演じられて良かった」と感じています。

また、『おかえりモネ』は、私が以前に出演した『透明なゆりかご』の脚本を担当された安達奈緒子さんが手がけられているんです。

安達さんの書かれる脚本は、私が言うのもおこがましいのですが、ちゃんと物語に空間があり、役者にお芝居の余地を残してくれるので、台本を読んだときから演じるのがとても楽しみでした。

しかも、私の個性やお芝居のクセを生かしてモネを描いてくださっているような気がして、とても演じやすいです。

モネはお天気に興味を持ち、やがて気象予報士を目指すようになる役。

モネはなんでも五感を使って感じ取ろうとすることに演じていて気づいたのですが、私自身もふだんから五感を意識して生活しているほうなので、親近感がわきました。

お天気についても、もともと少し興味があったので、モネを演じるうちに知識が少しずつ増えていくのを楽しんでいます。

そんなモネを育んでくれた家族を演じるのは、とても豪華な顔ぶれの皆さんです。父ちゃん役の内野聖陽さんはすごく繊細で、いつも私の悩みに寄り添ってくれる方。

お母さんを演じる鈴木京香さんはいつも私を気づかってくれ、優しくて、とにかく美しいです。

妹役の蒔田彩珠ちゃんは、いつも仲良くしてくれて、お芝居を一緒にするのがとても楽しいんですよ。そしておじいちゃん役の藤竜也さんは立っているだけでめちゃくちゃカッコいい!

おばあちゃんの竹下景子さんとは、お会いするとほっこりします。こんなにすばらしい方々が家族として支えてくださるのはとても光栄で、皆さんがそろうと本当に絵になります!

家族のシーンのほかにも、モネが働く登米(とめ)や、幼なじみとの場面など、多くのすてきな共演者に囲まれ、お芝居で色んな刺激を受けながら毎日を過ごしています。

物語も、登場人物も、描かれるモネの成長も本当に色鮮やかに描かれていますので、ご覧になる方々の毎日を朝から彩れるような作品になればと思っています。

NHKアーカイブス ーより引用

2022年 『ファイトソング』

番組概要

放送局:TBS

放送期間:2022年1月11日~3月15日

脚本:岡田惠和

主題歌:Perfume『Flow』

メインキャスト

・清原果耶:木皿花枝(きさら・はなえ)役

・間宮祥太朗:芦田春樹(あしだ・はるき)役

・菊池風磨:夏川慎吾(なつかわ・しんご)役

あらすじ

空手の日本代表をめざしていたが、突如としてその夢を絶たれてしまった木皿花枝(清原果耶)。

全てを失い人生どん底・・・無気力でぐだぐだした毎日を送っていたが、幼馴染の夏川慎吾(菊池風磨)が経営するハウスクリーニングでバイトとして働くことになった。

そんなある日、かつて一曲だけヒットを出したが今や落ちぶれたミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗)の家に客先として訪問することになる。

芦田は事務所から、残り2ヶ月でヒット曲を出さなければクビだと宣告され、窮地に立たされていた。

今まで空手一筋で恋もしたことがなかった花枝と、「人の心が分からないから良い曲が書けない」と追い込まれている芦田。そんな崖っぷちの2人がひょんなことから出会いを果たし…。

さらに、チャラいが長年花枝を一途に想っている慎吾は、花枝と芦田の急接近に焦りを感じ、やがて三角関係の恋に発展していく。

しかし花枝は誰にも言えない、ある“秘密”を抱えており、「これが人生最後の恋」と決めていて・・・。

ファイトソングオフィシャルサイト ーより引用

[Official Music Video] Perfume 「Flow」

この作品で民放ドラマ初主演を果たした清原果耶さん。役作りのために空手を練習するなど努力を重ねて撮影に臨んだといいます。

放送前のインタビューでは、主演が決まった時の感想や見どころをコメントしています。

ドラマのお話をいただいた時は、私がやってもいいのだろうか? という気持ちが少しありました。

緊張していますが、民放ドラマ初主演という形で作品に参加させていただくので、自分にできることを120パーセント出せたらいいなと思います。

私が演じる主人公の花枝は、ずっと空手一筋で恋もしたことがなかったスポ根女子で、人との出会いで成長していき、持ち前の明るさとスポーツ根性で、逆境を跳ね飛ばしていく、とてもポジティブな女の子です。

今まで演じたことのない役柄の女の子との出会いでこれからとても楽しみですし、新しい一面を見せられたらいいなと思っています。

また、空手に初挑戦できたことがうれしく、練習を頑張っていますので、空手シーンもぜひ見ていただきたいです。

毎週火曜日、皆さんに楽しんでいただけるようなドラマをスタッフ、キャストの皆さんと作っていけたらと思います。

ファイトソングオフィシャルサイト ーより引用

清原果耶の出演ドラマに今後も期待!

清原果耶さんはどの作品でも与えられた役に入り込んだ芝居を見せてくれます。

初めて主演を務めたドラマ『透明なゆりかご』では、『東京ドラマアウォード2019』主演女優賞をはじめとする数々の賞を受賞。

そして、2022年に行われた『第45回日本アカデミー賞』の授賞式では最優秀助演女優賞を獲得し、今後さらにビッグな俳優になるだろうと期待されています。

これからも清原果耶さんの活躍から目が離せません!


[文・構成/grape編集部]

出典
透明なゆりかごオフィシャルサイト@nhk_dramaskaya0130_officialなつぞらオフィシャルサイトスピッツ / 優しいあの子俺の話は長いオフィシャルサイト関ジャニ∞ - 友よ [Official Music Video] YouTube ver.おかえりモネオフィシャルサイト連続テレビ小説 おかえりモネ 完全版 BOX1 PR動画BUMP OF CHICKEN「なないろ」ファイトソングオフィシャルサイト[Official Music Video] Perfume 「Flow」fightsong_tbsNHKアーカイブスNHKスクエア

Share Tweet LINE コメント

page
top