grape [グレイプ]

これぞ昭和の味!プロが伝授する『昔ながらの中華そば』を家庭で再現

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

餃子、チャーハン、ラーメンなど、大人も子どもも大好きな中華料理。世界三大料理にもあげられる人気料理の一つです。

26610_11

そんな中華料理を作り続けて16年になる、小幡友幸さん。

商品開発課長と料理人という二つの顔を持つ課長シェフが、こだわりぬいて作る『昔ながらの中華そば』をご覧ください!

簡単かと思ったら、かなり本格的だった…

まず用意するのは、中華麺や豚バラ肉などの具材。それから、中華料理店が愛用し、家庭でも手早く本格的な中華味を出すことができる『創味シャンタン』。

26610_02

これは、すぐにでも美味しい中華そばが食べられそう!と期待に胸を膨らませていると…。

煮豚を作りつつ、スープの下ごしらえをするのに、丁寧なアク取りが必要とのこと。時間がかかりますが、これも透き通った絶品スープを作るための作業…ジッと耐えましょう。

26610_07

さらに煮豚を取り出し味付けをしたら、なんと冷蔵庫で5時間も寝かせます

26610_03

その後も中華スープを作ったり、盛り付ける具材を用意したりと、お昼に作り始めて食べられるのが夕方…。手間のかかった本格中華そばの完成です!

26610_01

簡単、手軽に中華味が楽しめる創味シャンタンを使っているのに、あえて時間をかける心意気。小幡さんの中華へのこだわりと情熱を感じます。

ちなみに、小幡さんは創味食品の商品開発試食会でも、ダメ出しを連発するほどのこだわりを見せるそうです。その一方で、奥さんの料理には文句ひとつ言わない愛妻家なのだとか。

26610_08

いずれは『部長』シェフになるかもしれない、小幡さんの本格中華料理。

特設ページでは『水っぽくならない野菜炒め』や『失敗知らずの天津飯』など、こちらも美味しそうな料理が紹介されています。

興味のある方はぜひ、覗いてみてください!ただし…こちらも本格的すぎて、たじろいでしまうかもしれませんよ。

Share Tweet LINE

page
top