そこまでやっちゃった… 利用者のことを考えすぎた自販機の進化にビックリ

ちょっと喉が乾いた時、近くにあったら嬉しい自動販売機。

街のいたるところに設置されていますが、特に利用頻度が高く、JR東日本を中心に展開しているエキナカ自販機『acure(アキュア)』は、ビックリするような進化をとげています。

ユーザーのニーズにあわせて!エキナカ自販機はここまで進化した!

交通系電子マネーで買える!

今では当たり前になってしまいましたが、駅ナカでみかける自販機のほとんどで『Suica』などの交通系電子マネーが利用出来ます。

最近では『Suica電子マネー専用自販機』というタイプも登場。交通系電子マネーだけで決済が可能で、一般のアキュア自販機と比べて、全品一律5円引きになっているとか。

あらゆるニーズにこたえる ラインナップが充実

コンビニじゃないと買えないような、カフェラテなどのチルド飲料を飲みたい気分の時って、ありますよね。

アキュアの中には、そういった一般的な自販機では扱っていない商品を扱う「プラスアキュア」や、素材にこだわる女性向け商品をセレクトした「ナチュラキュア」というものもあります。

ほかにも、ストレート果汁100%の「青森りんごシリーズ」や落ちないキャップが特徴の谷川連峰の天然水「フロムアクア」等、「アキュアメイド」というオリジナル飲料を展開するなど、利用者に良いものを提供したい!という熱意がすごいです。

触るだけでも楽しい、タッチパネルタイプ

ディスプレイにタッチしてドリンクを買うという、未来感のあるタッチパネルタイプの自販機。

こちらはただドリンクを買うだけじゃなく、自販機とのコミュニケーションを通じて楽しんでほしいという思いから生まれたそうです。

購入する人の年代や性別に合わせておすすめ商品を案内してくれる機能があるんですよ。

”目の前にない”のに自販機のドリンクが買える?

さらに進化した自販機は、ついに目の前に自販機が無くても飲み物を買えるようになりました。

「アキュアパス」というアプリで買って、駅ナカの専用の自販機で受け取るという仕組みだそうです。このアプリを使えば、離れた人に飲み物をごちそうすることもできるとか。

それはどのニーズ?ついに”擬人化”までやっちゃった!

これまで情熱を持って様々な要望にこたえてきた駅ナカの自販機『アキュア』ですが、今度はついに自販機の”擬人化”までやっちゃいました。

こちらの動画では、擬人化された自販機『アキュアくん』がユーザーの「あったらいいな」を届けるため、頑張っていますよ。

「毎朝の『ヨーグルト』が買えたらいいのに」

駅のホームで男性がそうつぶやいたのを聞き、アキュアくんは美味しい『ヨーグルト』を届けるためになんと牧場まで行ってしまいました。

牧場では乳搾りまでしてしまうアキュアくんに、思わずクスッとしてしまいます。

サイトではこだわりの商品をそろえる旅に出るアキュアくんや、女性の心を研究するアキュアくんの動画も公開されていますよ。

利用する人の期待にこたえるべく、どんどん進化していくエキナカ自販機。今後はどのような”おもてなし”を見せてくれるのでしょうか?楽しみですね。


[文・構成/grape編集部]

提供
株式会社 JR東日本ウォータービジネス

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop