grape [グレイプ]

箱に詰められた親の深い愛情!心が温かくなる『仕送りあるある』に感謝の言葉

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

新生活にあわせて親元を離れたものの、なかなか思うようにはいかない一人暮らし。

お金も時間もなく、食事もままならない…そんなとき仕送りに助けられて、親のありがたみや愛情を強く感じる方も多いのではないでしょうか。

子どもの食生活を心配してなど、様々な理由で送られる仕送りですが、中には愛情だけでなくほっこりと温かくなるようなものが詰まっていることも。

そんな心が温かくなる『仕送りあるある』をご紹介します。

親の愛情と繋がりを感じる

誕生日はマメに覚えている

誕生日に親から届く大きな段ボール。プレゼントかなと思って開くと、実用的な食料品の詰め合わせが入っていることが、案外多いのだとか。

誕生日プレゼントとは毛色が異なりますが、毎年忘れずにしっかりと祝ってくれることに親の愛情を感じます。

「誕生日おめでとう」など、直筆のメッセージが入っていることもあるようで、メールでは感じない温もりが伝わるのも親子ならではのやり取りなのかもしれません。

やっぱり親子だなぁ

食材を買い込んだ日に限って、届いた仕送りの段ボールを開くと、まさに今買ったばかりの食材がズラリ。食材の選び方に、やっぱり親子なんだなぁ、と見えない繋がりを感じます。

  • コレしょっちゅう食べてたよね、最近も食べてる?
  • 忙しいとは思うけど、食事はちゃんととってね

実は、忙しく過ごす一人暮らしの学生・社会人にとってカップ麺は、仕送りしてもらえると助かるものだそうです。

カップ麺などお店に売っているものでも、親が自分のことを想って送ってくれた食べ物なら、家族の温かさを思い出しながら美味しく食べられそうです。

これも愛情表現の一つ!?

他にも、ダンベルが送られてきたり、サプリメントが大量に送られてきたり、中には父親が面白いと思ったゲームが送られてきたりと、意外なものが送られてくることもあります。

箱を開いてすぐはリアクションに困ってしまいますが、「体を鍛えて強くなりなさい」「栄養ちゃんと足りてる?」「ゲームで息抜きでもしなさい」といった隠れたメッセージが込められているのかもしれません。

仕送りは愛情深めるコミュニケーション

子どもが独り立ちするのは嬉しいものですが、いつまでも心配していたいと思うのも親心。

親の愛情がたっぷり詰まった仕送りを、当の子どもたちはいったいどんな思いで受け取っているのでしょうか。

  • 最近仕送りしてくる父親の偉大さがわかった。本当にありがとう…。
  • 実家からの仕送りがドンピシャ!かあちゃん、ほんますき!
  • 親から荷物が届いてほんと感謝!家族と離れてから、今までのありがたみが痛いほどわかる。当たり前にしちゃだめなんだな~。

一人暮らしをして、はじめてわかる親のありがたみ。SNSには、優しさの詰まった仕送りに対する感謝の言葉が溢れていました。私も何気ない仕送りの中に入っていた親からの手書きの手紙に励まされ、感謝の言葉と涙が溢れたことを今でも思い出します。

そんな親と子のコミュニケーションや愛情表現のキッカケ作りができればと、東洋水産『マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき』が親子の仕送りを応援するキャンペーンを開催。

世代を超えて愛されてきた「マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき」は、発売から約40年間家族の思い出とともに存在してきたカップ麺。忙しい日々を送るお子さんでも、家族のことを思い出してほっとすることができるのではないでしょうか。

すでに仕送りをしている人も、この機会に親子の絆を深めたいと思っている人も、ぜひチェックしてみてくださいね。

愛情たっぷり 仕送り代行キャンペーン

※マルちゃん商品詰め合わせセットが、抽選で1,000名様に当たる「マルちゃんの仕送りプレゼントキャンペーン」と365日いつでも仕送りを要請できる『仕送りボタン』が、抽選で2名様に当たる「仕送りボタンプレゼントキャンペーン」の2本立てで開催されています。
さらに、仕送りをもらった子どもが気軽に親へ感謝の気持ちを伝えられるよう、キャンペーンサイトにて「オリジナル仕送りありがとう画像」を配信中。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top