grape [グレイプ]

「どちら様?」緊張感漂う事件現場に現れた謎の男 その正体とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

森の中にひっそりとたたずむ洋館。その前には、黄色い規制線が張られています。

パトカーのサイレンが鳴り響き、物々しい雰囲気に包まれた場所に、とある探偵が助手の少年と共にやってきました。

なんと、この洋館で一番高価な財宝が盗まれたというのです。彼らは、その事件を解決するためにやってきたのでした。

名探偵の推理が始まる

しかし、一見普通な身なりのこの探偵に何か違和感を感じます。手に持っているものが、おかしすぎて目を疑ってしまうのです。

「はっ?」

刑事も思わず、声を上げてこの表情。

むむむっっ…!!ソフトクリーム!?

一般的な探偵のイメージだと、ルーペを持っているはずなのになんということでしょう。

そう、彼の名は人呼んで「ソフトクリーム探偵」。ルーペの代わりにソフトクリームを持つという風変わりな探偵なのです。

そんな彼が、怒りをあらわにする今回の事件。

「絶対に犯人を許さない!犯罪史上に残る大事件です!」

実は、盗まれた財宝というのが…。

ソフトクリームサーバー(絶品濃厚ソフトクリーム『クレミア』を作れるソフトクリームサーバー)

『クレミア』といえば、食べた瞬間に口の中に美味しさが広がって、思わず叫んでしまう感動レベルのソフトクリーム!

これは、ソフトクリーム好きなら怒っちゃう大事件です。

犯人は、ソフトクリームが大好きで、なおかつサーバーが届くことを知っていた内部の人間の可能性が高いと推理されます。

探偵はメイド、使用人、清掃員、顧問弁護士、コックと洋館の中にいた人物たちの事情聴取を始めます。

その中で、ある人物のふとした行動に目をつけた探偵。

しかし、それだけでは決定的な証拠にならないので、あるトラップを仕掛けるのですが…。

「このソフトクリームが溶けてしまわないうちに…」

キメ顔でかっこいいのかダサいのかよく分からないセリフを吐きながら、犯人を特定しようと奮闘する探偵。

果たして、真犯人を見つけ出すことはできるのでしょうか。

コミカルな推理サスペンスにハマっちゃう

こちらはソフトクリームの日世が創立70周年を記念して制作した映像。探偵を演じているのは俳優の鶴見辰吾さんです。

第1話から第6話まであり、段々と真相に迫っていく推理サスペンスのような作りになっています。

探偵には、ソフトクリームが無くなるとただのおじさんになってしまうという設定も。

コミカルに展開される全6話。あなたの推理力を、ぜひ試してみてください。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top